存じます 使い方。 「存じます」の意味と使い方、言い換え、謙譲語、「思います」との違い

「存じます」の意味とは?いただければと存じますのメールの使い方も

存じます 使い方

「存じます」と「存じ上げます」を正しく使い分けよう 就活にあたって戸惑いを覚えることはいくつかありますが、敬語の使い方もその一つでしょう。 社会人になると、学生時代はあまりなじみのなかった礼儀正しい言葉遣いをしなければなりません。 敬語は使い慣れれば比較的スムーズに出てくるようになりますが、それまでは少々訓練が必要です。 面接に臨む前に、敬語の使い方についてきちんとチェックしておいた方が良いでしょう。 敬語の言い回しで引っかかりやすいものは少なくありませんが、特に迷いやすいのが「存じ上げます」と「存じます」の使い分けです。 この二つはどういった場合にどういう意味合いで用いればよいのでしょうか。 本記事では、「存じ上げます」と「存じます」の意味や使い方について詳しく解説していきます。 「存じる」は知っている・思っているの謙譲語 「存じる」は、知っている・思っているという意味をあらわす謙譲語です。 謙譲語の「存じる」に丁寧語の「ます」を付けた動詞は「存じます」となり、敬うべき相手に対して「思います」「知っています」というときに使う言葉遣いです。 目上の人や上司に対して使う言葉であり、後輩や同期に対しては使わない表現です。 学生のうちはあまり使わない敬語ですが、社会人になると良く使う言葉遣いとなっています。 それでは、謙譲語は尊敬語とどう違うのでしょうか。 以下で見ていきましょう。 謙譲語・尊敬語・丁寧語の違い 謙譲語、尊敬語、丁寧語の違いについてみていきましょう。 謙譲語とは、自分をへりくだることで相手を立てるときに使う言葉です。 謙遜する意味があり、主語を自分に当てたときに同士を謙譲語に変えて使うことが多いです。 尊敬語は目上の人に使う言葉であり、謙譲語と同様に相手をたてるときに使います。 尊敬の意をあらわし、相手を敬う言葉です。 上司や目上の方に対して使います。 謙譲語は自分が主体となる言葉ですが、尊敬語は相手が主体の言葉という違いがあります。 丁寧語は聞き手に対して丁寧に述べる言葉です。 です・ますを付けて話すなど、相手と内容を問わない話し方となります。 謙譲語や尊敬語と同様に敬意を払った話し方ですが、上品に話をしたいときの改まった言葉遣いとなっています。 それぞれの意味と使い方 そもそも、「存じます」と「存じ上げます」にはどういった意味があるのでしょうか。 両者はどちらも「存じる」という言葉が元になっていますが、これは「知っている」「思う」という意味を持つ「存ずる」の上一段活用です。 つまり、意味としてはどちらも「知っています」「思っています」といったものになるわけです。 では、両者は同じ使い方をしてもよいのでしょうか。 実際にはこの二つは微妙なニュアンスの違いがあり、それぞれ使い方も若干異なります。 それについては以下で見ていきましょう。 「存じます」の使い方 まずは「存じます」の使い方から見ていきましょう。 この言葉は先にも述べたように「知る」「考える」という意味の動詞「存じる」に、丁寧語の「ます」が付いたものです「存じる」は謙譲語で、こちらがへりくだる際に使われます。 つまり、こちらの考えや知っていることを、上司や取引先など目上の相手に伝える場合に使われるわけです。 「存じます」が適用される対象は幅広く、人や物、場所などに対して使われます。 ニュアンスとしてはやや硬い表現のため、文書やメールなどの文章で用いられることが多くなっていますが、対面相手や電話の相手に対しても使われることが多くあります。 前述のように「存ずる」は謙譲語のため、相手の立場に対しては使えません。 例えば「存じていらっしゃる」などの使い方は、敬語として正しくないので注意しておきましょう。 「存じ上げます」の使い方 一方、「存じ上げます」の使い方はどうでしょうか。 こちらも謙譲語の動詞「存じる」が元になっているのは同様ですが、「上げる」という言葉が付属しているのが特徴です。 では「上げる」が付くことで、どのようなニュアンスが生まれるのでしょうか。 この場合の「上げる」は、動詞の後に続いて相手に敬意を表する意味を持っています。 つまり「存じ上げます」は、謙譲語の「存じる」を、さらに丁寧に敬意を込めて表現する言葉だと言えるでしょう。 「存じ上げます」の違いとしては、用いられる対象が物や場所ではなく、人に限られるという点があります。 また、「存じます」はビジネス文書などで主に使われるのに対し、「存じ上げます」は対面や電話の場合によく使われるという違いもあります。 「存じ上げております」の使い方 ところで「存じます」や「存じ上げます」と同様に、「存じ上げております」という表現もよく耳にします。 この「存じ上げております」という言葉は、どういった場合に使われるのでしょうか。 「存じ上げております」は、「存じ上げる」に「おる」という「いる」の謙譲語が付いた言葉です。 「いる」はすでにある状態を指し、過去から現在にかけて行われている様を表します。 つまり「存じ上げております」は、「すでに知っている」ということを丁寧に表現しているわけです。 物や事などに対しては使われず、人に対して使われるのは「存じ上げます」と同様です。 目上の人が目の前にいる時などに、「お名前はよく存じ上げております」などといった使い方をするのが一般的です。 「存じ上げます」「存じます」の使い分け 上では「存じます」と「存じ上げます」のそれぞれの使い方について見ましたが、実際に使う際にはやはり混同しがちです。 話している最中に悩んでしまい言葉に詰まって印象もよくありません。 逆にスマートに使い分けることで、面接の際なども好印象を与えやすくなるでしょう。 ここでは、「存じます」と「存じ上げます」の使い分けのポイントについて見ていくことにしましょう。 大まかな使い分けを覚えておけば便利 それぞれを的確に使い分けるには、両者が何に対して用いられるかを踏まえておくと便利です。 前にも触れましたが、「存じます」と「存じ上げます」は使われる対象が若干異なります。 「存じます」が使われるのは人や物、場所や案件などに対してですが、「存じ上げます」は主に人に対して使われる言葉となっています。 この違いを踏まえておくと、使い分けに迷うことはなくなるでしょう。 注意したいのは、「存じます」は人に対しても使われますが、「存じ上げます」に比べるとやや敬意に欠ける感があるということです。 ですから、特に対面の相手に対しては「存じ上げます」を用いた方がよいでしょう。 疑問で使う「存じる」 それでは、「存じる」を疑問形で使う場合にはどうなるのでしょうか。 これも前に述べましたが、「存じる」は謙譲語のため、主語が自分や身内の場合以外は使えません。 ですから「存じていらっしゃいますか?」といった使い方は間違いということになります。 「知る」を疑問で使う際には、「ご存知」を使うのが適切でしょう。 厳密には尊敬語ではありませんが、一般的に「知る」の尊敬語として使われるようになっています。 一方で、「ご存知」は敬語の「存じる」に丁寧語の「ご」を付けた言葉のため、「二重敬語にあたるのでは?」という見方もあります。 しかし、現在は一般的に使われる言葉として広まっており、ビジネスシーンにおいても違和感なく使用することができます。 「存じ上げます」「存じます」の正しい使用例文 「存じ上げます」と「存じます」の使い方について、なんとなく理解できた方も多いでしょう。 しかし、「存じ上げます」と「存じます」は、実際に使ってみるとなると難しい言葉遣いといえます。 ここでは、「存じ上げます」と「存じます」の正しい使用例についてみていきましょう。 使用例文を参考にすれば、ビジネスシーンでも正しい使い方ができるようになるはずです。 社会人として、正しい敬語表現が自然と出てくるようになるまで練習しておきましょう。 「存じ上げます」の使用例• 「田中様のお名前は、かねてからよく存じ上げております」• 「その方でしたら、金田様の奥様かと存じ上げます」• 「高橋様については存じ上げません」 以上が「存じ上げます」の使用例です。 前述のように、「存じ上げます」は人に対して使う言葉になります。 ですから、「この件に関しては存じ上げません」など、事物や案件の場合には用いない方がよいでしょう。 むやみに「存じ上げます」を使うことは、返って慇懃無礼な印象を与えかねません。 使用するときは対象を人物や名前に限って使った方が適切でしょう。 「存じます」の使用例• 「貴社ますますご清栄のことと存じます」• 「お忙しいこととは存じますが」• 「この件につきましては、すでにご承知のこととは存じますが」• 「わたくしもそのように存じております」• 「お心遣いいただき、まことにありがたく存じます」• 「今後一層努力していきたいと存じます」 以上のようなものが、「存じます」の使用例になります。 「存じます」は物や事が対象となるため、ビジネスシーンにおいては幅広く使われる言葉となっています。 特に、メールや文書などでややかしこまった言葉遣いをするときにはよく用いられますから、普段から使い方を練習しておいた方が良いでしょう。 面接の際も適度に使用することで、ぐっと印象が変わってくるはずです。 「存じ上げます」「存じます」の間違った使用例文 「存じ上げます」と「存じます」の正しい使用例についてみてきましたが、続いて間違った使用例文についてみていきましょう。 間違った例文をみてみると、その違いがより分かりやすくなるはずです。 「知っている」と「思います」のどちらの意味になるのか注意して、「存じ上げます」「存じます」を使うタイミングを間違えないようにしましょう。 間違った例文を知っておけば、この二つの言葉を混同しないように気を付けることができるはずです。 「存じ上げます」のNG使用例文• 「存じます」のNG使用例文• 「存じますように、福岡は九州にあります。 」も、「ご存知のように、福岡は九州にあります」の方が自然です。 言葉の違いを知って使い分けよう 「存じ上げます」と「存じます」は、どちらも「知る・思う」という意味の謙譲語「存じる」が元になっています。 よく似た言葉のために混同して使いやすい両者ですが、それぞれにふさわしい使い方があります。 「存じ上げます」は主に人に対して、「存じます」は物や場所、案件に対して使うと覚えておきましょう。 敬語は日本語においても特に混乱しやすい分野です。 普段使い慣れていないと、とっさの時に使い方を迷ってしまうことも少なくありません。 就活生はそれまでと違い、急に敬語を使う機会が多くなりますから、なるべく練習してスムーズに使えるようになっておきたいところです。 【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう コロナの影響で、先が読めない今年の就活。 自分が内定を取れるのか不安ではありませんか? そんな時は、「」をやってみましょう。 24の質問に答えるだけで、あなたの就活力を診断。 得意・苦手な分野をグラフで見える化します。 就活力診断で、自分の苦手な分野を発見&対策し、万全の状態で面接にのぞみましょう。 監修者プロフィール.

次の

「幸いに存じます」の意味と使い方・例文・正しい敬語表現

存じます 使い方

知っていると便利な「存じます」の使い方 日本で社会人として過ごす上で、「敬語を使う」というのはマナーの基礎です。 しかし、「正しい敬語がよくわからず、何となく使っている」という人も多いのではないでしょうか。 「敬語を正しく使うべきだ」と徹底して正しい敬語にこだわるのは大変かもしれません。 しかし一方で「自然に正しい敬語を使える人」はスマートに見られます。 日常よく使う代表的な敬語の中に、「存じます」があります。 使う頻度の高い敬語なだけに、正しく使うと相手にスマートな印象を持たれます。 そこでこの記事では、「存じます」の正しい使い方や注意点について紹介します。 「存じます」という言葉の意味 「存じます」とはそもそもどのような意味なのでしょうか。 「おっしゃる通りだと存じます」、「ご覧いただけましたら幸いに存じます」、「先日お引っ越しをされたと存じております」など、いろいろな使われ方をしています。 いろいろな使われ方をしているからこそ、「本当に正しく使われているのか?」と気になる人も多いでしょう。 「存じます」が正しく使われているかどうかを判断するには、まず「存じます」の正しい意味を知ることが必要です。 そこでここからの項では、「存じます」の意味や正しい使い方を紹介します。 正しい意味を押さえ、疑問を解消していきましょう。 「存じます」は「思う」の謙譲語 「存じます」は「思う」という動詞の謙譲語です。 もっと厳密に言えば、「思う」の謙譲語の「存じる」に、丁寧語の「ます」が付いた言葉です。 謙譲語は、「目上の人に対して自分をへりくだり、結果として相手を持ち上げる言葉」のことです。 つまり、「私は〜と思います」という表現を「私は〜と存じます」という表現に変えることで、より相手を立てた丁寧な言い方になります。 もともと「思う」という言葉は自分の考えや気持ちを表す際に多く使われる言葉であるため、「存じます」も必然的に多くの場面で使われることになります。 目上の方に対して使う 「存じます」はどのようなシーンで使うべき言葉なのでしょうか。 先ほど紹介した通り、自分をへりくだって相手を持ち上げる謙譲語です。 ということは、「目上の人に対して使う言葉」と言えます。 目上の人とはすなわち、会社の上司やお客様などです。 これらの人たちと話すときに、「思います」ではなく「存じます」を使うのが正しい使い方です。 一方で、目上の人ではない相手に「存じます」を使うと不自然な印象になってしまいます。 会社の同僚や後輩など、目上の人以外と話をする際には使わず、「思います」と伝えるようにしましょう。 志望業界を選ぶ前に、自己分析をしよう 自分に合った業界を探すには、自己分析をして、あなた自身の適性を把握しておく必要があります。 でも、そんな時間がとれない人も多いはず。 そこで、自己分析ツールのを活用してみましょう。 My analyticsでサクッと自己分析をして適性を把握し、業界研究を効率的に進めましょう。 「存じます」の使用例 それでは実際に、「存じます」はどのようなシーンでどのように使われるのでしょうか。 ここから先は、実際に「存じます」がよく使われる具体的なシーンと例文を紹介していきます。 これまで、「正しい伝え方がわからずモヤモヤした」、「本当にこの使い方で合っているのかな?と不安だった」などの経験を持っている人も多いでしょう。 これから紹介する例を参考にし、ぜひ自分の日常生活に応用してみてください。 正しい使用例を押さえておくことで、自信をもって「存じます」を使えるようになるはずです。 そして周囲の人たちにスマートな印象を与えることが可能になります。 2つの例を紹介しましたが、2つとも「目上の人に自分の意見を言っているケース」です。 同僚や後輩など、目上でない人と話す際にはこのように表現するのが適切です。 もし、同僚や後輩を前に話す場合は、「まさに部長のおっしゃる通りだと思います」と表現するのが適切です。 謝罪のシーンでは、自分に非があったことを謙虚に受け止めて相手に応じるため、謙譲語の「存じます」を使うのが一般的です。 「存じます」はこのように複数の使い方ができますが、一度に複数回使うとくどい印象になるので注意が必要です。 「存じます」は使い方に注意する 「存じます」は使い方に注意が必要な言葉です。 なぜなら、「存じ上げます」や「存じております」など、似通った表現が存在しているからです。 もし使い方を誤ってしまうと、せっかく相手を引き立てて好印象を与えるはずの言葉が、相手に違和感や、場合によっては不快感を与えてしまうケースもあります。 そういったミスを防ぐためには、「存じます」と似通った表現との違いを正しく理解し、使う上での注意点を知ることが必要です。 そこで、ここからは「存じます」の使い方についての注意点を紹介していきます。 注意点を参考に、正しく使っていきましょう。 就活さんの異動の件は存じ上げております。 存じております。 実は、「存じます」には「思う」の謙譲語以外に、「知っている」の謙譲語として使われるケースもあります。 なぜ、人に関する情報と人以外の情報で使い分けるのでしょうか。 それは、「存じ上げます」の「上げます」が、謙譲を強め、人を持ち上げる働きをするからです。 人を持ち上げることはありますが、人以外を持ち上げるのは不自然です。 そのため、人に関する場合は「存じ上げます」、人以外に関する場合は「存じます」という風に使い分けましょう。 使い過ぎはスマートではない 「存じます」は相手に丁寧な印象を与える謙譲語ではありますが、連続して使いすぎると、逆に違和感を与えてしまいます。 場合によっては嫌味な印象を相手に与えてしまいかねません。 なぜでしょうか。 相手からすると、「私はあなたに対してへりくだっていますよ」ということを何度もアピールされているような気分になるからです。 また、同じ表現を繰り返し使っていると、「覚えた言葉をひたすら繰り返し使っているんだな」と思われてしまします。 せっかく相手に好感を持ってもらうために使う敬語も、このように受け取られてしまうと逆効果です。 「存じます」の言い換え表現 続いてここからは、「存じます」の言い換え表現を紹介します。 どういった意味で「存じます」を使うのか、どのようなシーンで使うのかによって言い換え方は異なります。 例えば、「知っている」の謙譲語として「存じます」を使う場合、「承知しております」、「心得ております」、「認識しております」といった言葉で単純に言い換えることが可能です。 ただし、もし「思います」という意味の謙譲語として使う場合は、単純に言い換えることはできません。 その都度どのようなニュアンスで使用したいのかに注意して言い換えることが必要です。 「~であります」 このような講演会にお招きいただきましたこと、身に余る光栄に存じます。 名詞を使って自分の感情・気持ちを表す時には、「〜であります」という言葉で言い換えることが可能です。 例では、自分自身の感情を「光栄」という名詞で表現しています。 感情を表す名詞には、「光栄」のほか、「幸甚(こうじん)」、「遺憾(いかん)」などがあります。 ただ注意して欲しいのは、「嬉しく存じます」のように、自分の感情を表す際に「嬉しい」といった形容詞を使っている場合、この言い換えは使えないという点です。 「〜でございます」 以上が私の考えですが、いかがでしょうか。 まさにおっしゃる通りだと存じます。 相手の言っていることに同意したり、先ほど同様、名詞で自分の感情を表現している場合、「〜でございます」で言い換えることが可能です。 相手の考えに同意するために「存じます」を使っているケースです。 謙譲語を使わずに表現すると、「おっしゃる通りだと思います」となり、「おっしゃる通りです」というのと同じ意味になります。 そこで、「おっしゃる通りです」をより丁寧にすることで、「おっしゃる通りでございます」という表現になります。 「~です」 お手すきの際にご覧いただけましたら幸いに存じます。 相手に要望を伝えたい場合、「〜です」を使った言い換えもできます。 もともと「幸いに存じます」は、「幸いに思います」の謙譲です。 「幸いに思います」は、「幸いです」と言うのと同じ意味です。 そこで「思います」の部分を外し、そのままストレートに表現しています。 幸いに思うのは自分自身なので、特にへりくだった表現を使わなくても不自然にはなりません。 もし、もっと丁寧に表現したい場合は「幸いでございます」を使っても良いでしょう。 「存じます」を使いこなしワンランク上の人材になろう 「思う」や「知っている」という、日常よく使う言葉にたくさんの表現方法があり、大変だと感じる人も居るかもしれません。 しかもあまり使い慣れない言葉ばかりなので、戸惑ってしまう人も多いでしょう。 しかし、複数の表現方法があるということは、それだけ細かくいろいろなニュアンスを相手に伝えることができます。 「存じます」を完璧に使いこなすのは確かに簡単なことではありませんが、もしスマートに使いこなせたとしたら、周囲に非常に良い印象を与えることができるでしょう。 少しずつでいいので、「存じます」の使い方に慣れていきましょう。 他の就活生との違いを見せられると、それだけで魅力的な人材に見られますよ! 【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう コロナの影響で、先が読めない今年の就活。 自分が内定を取れるのか不安ではありませんか? そんな時は、「」をやってみましょう。 24の質問に答えるだけで、あなたの就活力を診断。 得意・苦手な分野をグラフで見える化します。 就活力診断で、自分の苦手な分野を発見&対策し、万全の状態で面接にのぞみましょう。 監修者プロフィール.

次の

「存じ上げる」の意味と正しい使い方【例文付き】

存じます 使い方

「存じます」の意味 「存じます」は「思います」という意味の言葉です。 「~だと存じます」と使うことが多いですが、これは「~だと思います」という意味になります。 「存じます」は謙譲語「存じる」に丁寧語の「ます」が付いた動詞で、敬うべき相手に対して使われます。 謙譲語は、謙遜(けんそん)する表現を用いて相手を立てる言葉のことです。 目上の人やお客様など敬意を払うべき人に対して使う言葉なので、部下や同僚に対して使うことはありません。 また、「存じております」という似た言葉もありますが、これは「知っております」という意味の言葉です。 「存じます」とは意味が異なるので注意しましょう。 「存じます」の使い方 謙譲表現のため、自らの行動をへりくだって表現する時に使用します。 基本的には、「~だと思います」「~かと思います」の「思います」の部分を「存じます」に言い換えて使います。 目上の人と話したり文書を送ったりする際に使うとよいでしょう。 また、「存じます」をつかうときに注意したいことは、文章の中で使いすぎないようにすることです。 丁寧な文書を書こうと心がけると、文末が何度も同じ表現になってしまうことはよくありがちです。 「いたします」や「申し上げます」などの言葉をうまく使い分ける文章を組み立てるとよいでしょう。 「存じます」の例文 「存じます」を使った例文を紹介します。 文書の中には相手への配慮や感謝の気持ちを伝えることが多いので、こちらが考えてる、伝えたい気持ちを丁寧な文章で表現する際には必ずといって良いほど出てくる表現になります。 業務上、取引先へのメールや送付状を書く際にも覚えておきたい表現です。 なんと言っても小学二年生の頃からの付き合いですからね。 ただ、設計変更の経緯はよく存じております。 知っておきたい「存じます」の類語 「存じます」という言葉は「思う」や「知っている」の謙譲語のため、それぞれについて類語があります。 1.「思う」を意味する「存じます」の類語 「~しようと思っています」「~するつもりです」という意味として使える「所存です」があります。 「今後も仕事に励む所存です」のように、決意や意向を示す際に使うことができます。 また、「存じます」は、シンプルに「~でございます」という表現に置き換えることができる場合があります。 このような事故を二度と繰り返さないよう、安全管理に万全を期していく所存です。 ご確認の上、ご連絡いただけますと幸いでございます。 2.「知っている」を意味する「存じます」の類語 「知っている」という意味の「存じます」を「存じております」にすることにより敬意を強調することができます。 また、同じような意味で使われる「存じ上げております」は、「私もそのように存じ上げております」というように、既に知っていることを伝えたい場合に使われます。 また、相手の置かれている状況を知っているという意味の類語として、「承知しております」、「心得ております」や「~とお察しします」というような使い方があります。 200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出す『MIIDAS(ミイダス)』 ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届くサービスです。 【無料で使える3つの診断コンテンツ】• 市場価値診断• コンピテンシー(行動特性)診断• パーソナリティ(人格)診断 「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にマッチしたオファーを受け取ることができます。 【オススメするミイダスのポイント3つ】• オファーは書類選考合格済み(面接確約)• 求人を検索しなくても、待つだけで企業からオファーやメッセージが直接届く• 7万人の転職データを公開。 自分と同じ経歴の人がどこに転職したのかが分かる ミイダスは面接確約オファーのみ。 まずはあなたの価値を知るために市場価値診断からはじめましょう。 興味のある方はをご覧ください。

次の