パナソニック カーナビ 更新。 スバルの純正カーナビの特徴 2020年版

ポータブルナビ Gorilla Web地図更新のご案内

パナソニック カーナビ 更新

もくじ(クリック・タップで移動できます)• スバルの純正ナビはビルトインタイプが車種専用ごとにラインナップ スバルの純正ナビは、三菱、Pioneer、クラリオンなどのナビメーカーが販売しているナビがベースとなっており、それらが「ビルトインタイプ」として車種専用に用意されています。 この記事では、スバルの純正ナビのなかでも「ビルトインタイプ」の純正カーナビを紹介していきます。 レガシィの純正ナビ スバル レガシィに対応した純正ナビは、三菱の「DIATONEサウンド ビルトインナビ」がラインナップしています。 画面サイズは8インチで、ハイエンドオーディオへのこだわりとApple CarPlayへの対応がポイントです。 主な特長は以下のとおり。 詳細はをチェックしてみてください。 レヴォーグの純正ナビ レヴォーグの純正ナビは、パナソニックから発売されている「ストラーダ」がベースになっています。 8インチと5. 9インチ2つのディスプレイ連動に対応しており、ブルーレイ再生やCarPlayに対応しているハイスペックモデルです。 主な特長は以下のとおり。 WRX S4の純正ナビ WRX S4の純正ナビは、パナソニックのストラーダがベースになっています。 こちらもApple CarPlayやBlu-ray再生に対応したハイスペックモデルとなっています。 主な特長は以下のとおり。 インプレッサの純正ナビ インプレッサのビルトインタイプの純正ナビは2種類ありました。 パナソニック ビルトインナビ 1つ目は、パナソニックのビルトインナビ。 画面サイズは8インチと6. 3インチの2画面構成です。 ベースはパナソニックのストラーダで、こちらもApple CarPlayやBlu-ray再生に対応したハイスペックモデルとなっています。 主な特長は以下のとおり。 画面サイズはパナソニックと同じ8インチと6. 3インチの2画面構成です。 主な特長は以下のとおり。 XVの純正ナビ XVのビルトインタイプの純正ナビも2種類用意されています。 パナソニック ビルトインナビ 1つ目は、パナソニックのビルトインナビ。 画面サイズは8インチと6. 3インチの2画面構成です。 おもな特長は以下のとおり。 画面サイズはパナソニックと同じ8インチと6. 3インチの2画面構成です。 おもな特長は以下のとおり。 フォレスターの純正ナビ フォレスターの純正ナビも、パナソニックと三菱からビルトインタイプが用意されています。 パナソニック ビルトインナビ 1つ目は、パナソニックのビルトインナビ。 画面サイズは8インチと6. 3インチの2画面構成です。 おもな特長は以下のとおり。 画面サイズはパナソニックと同じ8インチと6. 3インチの2画面構成です。 おもな特長は以下のとおり。 ステラの純正ナビ ステラの純正ナビは、パナソニックのビルトインタイプが用意されています。 おもな特長は以下のとおり。 まとめ 今回はスバルの純正カーナビについて紹介してみました。 いずれもハイスペックなカーナビで、実際に売れているモデルがベースになっているので、案内機能やエンターテイメント面で好きなメーカーの純正ナビを選べば良いと思います。 画面サイズが大きくハイエンドモデルなので価格は20万円前後と高額になりますが、純正ナビならではの一体感や購入後の保証もありますので安心感があります。 逆に低価格なものが良ければ社外ナビの取り付けも検討してみてください。 また、上記で紹介したビルトインタイプ以外にも、7インチのカーナビなども用意されているので、詳しくはメーカーホームページ、もしくはディーラーへ問い合わせてみてください。 新車購入時の参考になれば嬉しいです! では.

次の

ポータブルナビ Gorilla Web地図更新のご案内

パナソニック カーナビ 更新

新しい道路ができたり、新しい建物ができたりと、地図情報は常に変化しています。 新しい道ができたり古い道が閉鎖されるといったこと以外にも、高速道路の料金が改定されたり、以前あった店舗がなくなっている場合などもあります。 そのため、購入したときのデータをそのまま長年使用していると、下記のような弊害が出る可能性があります。 ・市町村合併している場合、住所を入力しても目的地が検索できない ・新しい近道があるのに、遠回りの古い道を通ってしまう ・目的の場所が新しいスポットだと検索できない ・渋滞している道へと案内されてしまう 地図情報の古いカーナビを使い続けていると、道に迷ったり目的地に着かないなど、本来の便利なカーナビの機能を十分に活用することができなくなってしまいます。 カーナビは新しい情報に更新していくことで、持っている機能を最大限に活かすことができるのです。 カーナビの地図更新をする頻度や時期 メーカーが販売している純正カーナビの多くは、おおよそ3年間ほどの無料更新期間が付いているものが一般的です。 無料更新期間が付いたカーナビを購入した場合は、期間内なら何度更新しても費用がかからないため、面倒でなければ3ヶ月に1度くらい(年4回)の頻度で更新すれば十分と言えるでしょう。 ただ、更新ソフトを購入してカーナビの更新作業をする場合、費用のことを考えると、そんなに頻繁に更新作業をするのは現実的ではありません。 ほぼ毎年発売される更新ソフトですが、普通に生活する分には2~3年に1度の更新程度で不都合はないようです。 ただし、頻繁に遠出のドライブをしたり、出張や旅行などで普段運転しない場所へ行く予定があるなどの場合、予めカーナビを最新の地図情報に更新しておくことをおすすめします。 カーナビの更新に費用はかかるの? 前述の通り、無料更新期間が付いている機種の場合は、当然ながら期間中は更新に費用はかかりません。 更新の方法は、インターネットのサポートページなどから更新データをダウンロードし、そのデータをカーナビにコピーしデータ更新作業をします。 大抵のカーナビは、年に1度、地図更新ソフトが発売されますので、それを購入してデータ更新作業をする必要があります。 更新ソフトの値段は、機種にもよりますが、おおよそ1万円前後~2万円台が目安となります。 注意すべき点として、多くの場合、カーナビ本体の機種が古くなると、更新や保守などのサポートも終了していまい、地図更新ソフトも販売されなくなってしまうことです。 (販売から5年~10年ほどが目安)そういった場合には、最新情報に更新することができなくなってしまうため、新しいカーナビへの買い替えを検討することをおすすめします。

次の

カーナビゲーション 年度更新地図

パナソニック カーナビ 更新

ポータブルナビに特化したゴリラ パナソニックのポータブルナビ「ゴリラ」シリーズは、持ち運びが容易なコンパクトなボディと本格的なナビ機能を持ち味としています。 現行モデルのディスプレイサイスは5インチと7インチで構成されており、車種や用途によって最適なサイズを選べるようになっています。 もちろんパナソニックにはオーディオ一体型の2DINナビもラインナップされていますが、ポータブルナビ「ゴリラ」の魅力はどこにあるのでしょうか? 今回はゴリラのおすすめポイントや他メーカーのナビとの違いをご紹介していきます。 数年で新しい道が出来たくらいでナビの性能にそこまで差があるのかどうかと思う人もいるでしょう。 しかし、道が1本増えるだけで、ルート案内や渋滞情報などは大きく変わってきます。 さらに新しくつくられる道路というのは、その付近の主要道路となることが多く、目的地到達時間にはそれなりの差が出ます。 そのため、地図更新が無料で行えるというのは非常に大きな魅力なのです。 地図更新は有料の場合、価格は1. 5万円~2. 0万円ほどはするので、購入時の選定ポイントにもなります。 ポータブルナビに限って言えば、当然ながらゴリラシリーズよりも安価な機種は数多くありますが、操作性がいまいちだったり、地図更新自体ができないなど、長く愛用するにはやや心許ない製品も多くあります。 その点、ゴリラは本格的なナビ性能やAV機能を凝縮しており、価格と性能のバランスの高さはピカイチです。 物によって、5万円を超えるものもありますが、用途に合わせて選ぶとよいでしょう。 煩わしい配線はないので、レンタカーなどにも簡単に乗せ換えができます。 さらに、DC12V・DC24Vの両方に対応しているので、営業車やトラックなどを運転される方にもおすすめです。 他メーカーのナビと異なる点は? ポータブルナビをラインナップしている国内の競合メーカーは、ユピテル、パイオニアなどが挙げられます。 ここではゴリラが他のナビとどう違うのかご紹介します。 フルセグは視聴できない ゴリラシリーズは地デジを内蔵していますが、ワンセグのみとなっており、フルセグを視聴することはできません。 そのため、AV機能に関しては、他のメーカーに一歩譲ってしまいます。 しかし、機能を割り切ることで、良心的な価格で本格的なナビを使用できるので、人によってはとても魅力的な商品となるはずです。 GPSの制度の高さ ゴリラシリーズはポータブルであるにもかかわらず、人工衛星の「みちびき」「グロナス」の両方に対応しています。 その恩恵もあり、GPSの精度は非常に高く、一体型ナビに迫る性能を持っています。 もちろん、「ジャイロセンサー」も搭載しており、立体交差などでも自車を見失うことはありません。 この点に関しては他メーカーと比較しても、ゴリラシリーズが突出している点と言えます。 快適な操作性 カーナビのページ移動や地図の拡大縮小などで、読み込みに時間がかかりもたついた経験のある人はいませんか? ゴリラはプロセッサーに「ゴリラエンジン」を搭載しており、非常にスムーズな操作性を実現しています。 ナビ機能やAV機能だけでなく、こういったストレスフリーな動作速度を実現しているのもパナソニックのこだわりと言えるでしょう。 ゴリラシリーズ一覧 ここでパナソニックのゴリラシリーズの現行モデルを一覧でご紹介します。 しかし、ゴリラはドライブに本当に必要な機能を割り切ることでナビとしての使い勝手を向上させています。 今度ナビの買い替えを考えている方はゴリラを購入候補に入れてみてはいかがでしょうか? きっとドライブの頼もしいお供になってくれるはずです。 ポータブルナビについてより詳しく知りたい方におすすめな記事.

次の