サバク トビ バッタ 現在。 サバクトビバッタが日本に向かっている?コロナの次は害虫?対策はある?

サバクトビバッタは食用で食べるのは無理?食べられない理由を調査!

サバク トビ バッタ 現在

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 【サバクトビバッタ】最新の現在地はどこ? サバクトビバッタの現在地は、国際連合食糧農業機関(FAO)のホームページを見ると確認できます。 FAOのホームページで確認できるサバクトビバッタの情報は、2020年5月27日付のもの。 で、最新のサバクトビバッタの現在地は大まかに、 ・ケニア、ソマリア、エチオピアなどを中心とした東アフリカ ・サウジアラビアやイラン、イラク、イエメンなどの中近東 ・インドの北西部とインドのお隣のパキスタン となっています。 2020年6月2日時点 FAOのホームページには、サバクトビバッタの現在地が示されるデータエクスプローラがありましたので、それぞれの状況を画像で見ていきましょう。 ではまずは、今回の蝗害の発生源となってしまった東アフリカ周辺から。 続いては、サウジアラビアやイラン、イラク、イエメンなどの中近東。 こちらも全体的にサバクトビバッタが繁殖しているのが分かります。 成虫の集団はイラクやイエメンに集中している感じですね。 成虫の集団は東アフリカほどではありませんが、幼虫の数がかなり多いようです。 駆除が追いつかなければ、これらの幼虫もいずれ成虫として増殖、拡大、分散をしていく可能性があるかもしれません。 最後は中国と隣接するインドとその隣のパキスタンです。 インドの北西部がエグいことになっていますね・・・。 ちょっと見づらいですが、パキスタンにも成虫の集団や幼虫がいるのが確認できます。 ちなみに、2020年5月4日のリスクマップでは、インドにサバクトビバッタ存在は確認されていませんでした。 もしかすると、1ヶ月くらいの間に餌を求めて移動したのかもしれません。 下の画像が5月4日のリスクマップ 中国や日本にサバクトビバッタは侵入するのか? インドまでサバクトビバッタが来ているのなら、隣接する中国にも侵入し、いずれに日本にも来るのでは?と思ってしまいますよね。 結論から言いますと、 サバクトビバッタが中国に侵入する確率はほぼないようです。 理由は「広大なヒマラヤ山脈がサバクトビバッタの行く手を阻んでいるから」です。 サバクトビバッタは気温が低くなると飛行できなくなるので、高いヒマラヤ山脈を超えることはまず不可能。 その証拠に中国ではサバクトビバッタの蝗害は歴史上1度もありませんし、 現在も中国に侵入している情報はありません。 突発的な偏西風などで山脈を超える可能性はゼロではないようですが、普通に考えて中国にサバクトビバッタが侵入するのはありえないようです。 中国に入れないのであれば、 サバクトビバッタが日本に来ることもまず考えられません。 「海を渡る可能性もあるのでは?」という声もあるようですが、過去のサバクトビバッタの動きから見てそれも現実的ではないようです。 サバクトビバッタの日本への侵入については別記事にまとめましたので、詳しいことは以下の記事を参考にしてみてください。 関連: 【サバクトビバッタ】今後の移動経路の位置も 東アフリカからインドまで繁殖と拡散をしてきたサバクトビバッタですが、上述したように中国に侵入することはできません。 ではインドまで来たサバクトビバッタは、今後どこに移動するのか気になりますよね? 実は長年サバクトビバッタを追い続けているFAOは、 サバクトビバッタの今後の移動経路の位置も予想してホームページに記していました。 というわけで、早速FAOが示す今後のサバクトビバッタの移動経路の画像を見てみましょう! まずは、被害が拡大しているインドやパキスタン付近のサバクトビバッタの動きから。 その後は赤色の点線で囲んだあたりで夏の繁殖を迎えるんでは?というのがFAOの今後の見方のようです。 インド。 西からラジャスタンに到着した春の育った未成熟な大人のグループと群れは、州の東部を東に移動し、マディヤプラデーシュ州とマハラシュトラ州の中央州に移動し続けました。 5月26日の時点で、少なくとも1つの群れがボパールの北東に達していた。 これらの動きの多くは、ベンガル湾のサイクロンアンファンからの強い西風と関連していた。 制御操作が進行中です。 7月までラジャスタンでは侵略の連続的な波がいくつか予想され、 インド北部をビハールとオリッサまで東向きに急増し、その後西向きに動き、モンスーンに伴う風の変化でラジャスタンに戻る。 これらの動きは、群れが繁殖し始め、移動性が低下すると停止します。 群れは南 インドに到達する可能性が低い、ネパール、バングラデシュ。 引用: 中国へは入れないにしろインド北部に甚大な被害を与えそうですね・・・。 次は東アフリカ付近のサバクトビバッタの今後の移動経路を見てみましょう。 現在東アフリカのサバクトビバッタは、4月~6月に繁殖している個体や集団がインド、パキスタン方面に移動するようです。 先程の「赤い点線の部分に集結するのでは?」ということのようですね。 で、そのほかにもいよいよ西アフリカの方まで移動して、 アフリカの大部分に被害を及ぼすのではないかと予想しているようです。 東アフリカは、 現在の状況は、東アフリカでは非常に憂慮すべきまま ケニア、 エチオピア、および ソマリアは、食料安全保障や生活に前例のない脅威に直面しています。 現在の繁殖による新しい群れは、6月中旬以降に発生し、収穫の開始と同時に発生します。 その後、群れが インドパキスタン国境の両側に沿って夏の繁殖地に移動するだけでなく、 スーダンやおそらく 西アフリカに移動するリスクがあります。 引用: FAOはサバクトビバッタが西アフリカまで行く可能性は少ないとしつつも、繁殖具合によっては 西アフリカも警戒が必要としています。 ちなみに、西アフリカにも砂漠があり元々サバクトビバッタはいるようですね。 2003~2005年には西アフリカでサバクトビバッタの蝗害があったとのこと 一度西アフリカまで移動してしまったら、環境の相性も手伝ってサバクトビバッタがさらに勢いを増す可能性は少なくなさそうです。 【サバクトビバッタ】最新の居場所と今後の動きについてのまとめ 2020年5月27日時点のFAOのデータでは、 東アフリカ、中近東、インド北西部、パキスタンなどがサバクトビバッタの居場所になっているようです。 東アフリカのサバクトビバッタはインド・パキスタン付近へ移動し、 一部は西アフリカまで行くのでは?と予想されています。 あくまで予想なのでこの先さらに勢力を伸ばすのか、落ち着くのかがわかりませんね~。 食用として活用出来ればまだいいのですが、現実的にそれは難しいようです。 日本には来ないとはいえ、地球規模で考えたら相当ヤバいことですよね。 蝗害での食糧不足など、日本人にも出来ることがあるといいのですが・・・。

次の

アフリカにおけるサバクトビバッタの時空間的分布パターン

サバク トビ バッタ 現在

サバクトビバッタとは サバクトビバッタは、バッタ科のバッタで5センチ2グラムと大きめのバッタです。 その大きさだけでなく食欲が旺盛で自分の体重と同じ重さの食料を1日に食べてしまいます。 そんなサバクトビバッタですが新型コロナウィルスで世間が騒動となっていた2月中旬頃から東アフリカに猛威をふるっています。 現在は第二波が懸念されており、約2500万人が食料危機に陥るといわれています。 今回はサバクトビバッタの猛威と現状、そして現時点で行っている対策についてご説明します。 サバクトビバッタ大量発生に適した気候 サバクトビバッタが現在大量発生しているのは、気候にあります。 サバクトビバッタは卵を乾燥から守るために湿気のある土壌に卵を産みつけます。 東アフリカでは雨が多く降り湿気も多くサバクトビバッタの繁殖には非常に適した環境が出来上がっていました。 昨年10月〜11月の降雨量が3倍を記録。 ここから一気に繁殖が始まりました。 サバクトビバッタの成長ペースは以下の通り ・卵(10〜65日) ・幼虫(24〜95日) ・成虫(2. 5〜5ヶ月) 成虫になると飛行可能となり飛び回ります。 1日の移動距離は150キロ。 その間に食物がある地域で食い荒らし、卵を産み落とし次の地域に移動します。 東アフリカから始まり、6月には中国入りかという情報もある中で専門家の間でも意見が分かれているのが、ヒマラヤ山脈で遮断されるという部分。 しかし、中国は5月1日に農作物病虫害の防除に特化した初の条例を出し最大限に警戒しています。 当然中国に到達しないにしても東アフリカを中心としたエリアではすでに食料不足が起こっています。 1300人が「丸一日何も食べてないない」 食料不足が出ているエリアでは丸一日何も食べていない、食料が底をつきてしまっているという状況も出ています。 エチオピア、ケニア、ソマリア、ジプシ、エリトリアで被害が出ています。 この食料被害は第二波といわれる6月に一気に増殖すると食料被害は拡大します。 タイミングが最悪の第二波 サバクトビバッタは食料を食べ尽くすだけではなく、サバクトビバッタが食べ残した作物もダメにしてしまいます。 それはサバクトビバッタの糞により作物が腐ってしまうからです。 そして、卵を産み落として次の作物を求めて飛行を繰り返すサバクトビバッタ、ただこのサバクトビバッタは「変異」しています。 普段は緑色ですが茶色に変異し、群れをなして猛威をふるっています。 実はサバクトビバッタは普段は群れをなしません。 そして百歩譲ってサバクトビバッタが作物を食い荒らすことが仕方ないと考えても第二波のタイミングがあらゆる面で最悪です。 新型コロナウィルスの影響で殺虫剤が手に入らない サバクトビバッタの対策としてドローンを使って殺虫剤を撒いて対策をしていました。 しかし今回はその殺虫剤が手に入らない状況に陥っています。 それが新型コロナウィルス。 新型コロナウィルスの影響で航空便はストップ、減便し殺虫勢が手に入らない状況が起こっています。 そんな中でもサバクトビバッタは増殖を続けますので初動を潰すことが困難な状況ということです。 世界の支援に関しても同様のことがいえます。 新型コロナウィルスの影響でいくらFAOが呼びかけても支援が集まりません。 注目もされません。 理由は世界各国が自国の新型コロナウィルスの対応でそれどころではないというのが最大の要因といえます。 そうなってくると支援の輪もアテにできずに食料不足が増加するという危機的状況に陥る可能性があります。 作物生育のタイミングも最悪 東アフリカの作物の生育期は3月中旬です。 第一波は被害はあったとはいえ作物生育のタイミングからするとまだマシでした。 しかし今回は新芽を食べられてしまうタイミングにあります。 新芽を食べられてしまうと仕方なく、再度種まきを行わなければいけませんが、2回目の種まきがうまくいく保証がありません。 よって食料不足どころか次の食料も手に入らない状況となります。 蝗害は聖書にも載っている サバクトビバッタのようなバッタが食物を大量に荒らすことを蝗害(こうがい)といいます。 バッタの大量発生による災害を意味します。 中国では紀元前から蝗害の記録はありその記録数は20回以上にも及びます。 日本ではトノサマバッタやイナゴによる被害があり、最近では2007年オープン直前の関西空港にトノサマバッタが大量発生しました。 旧約聖書にバッタの記録があります。 世界全体が経済恐慌だけではなく、食料不足、そして改めてそれぞれを見つめ直す機会にきているという警告のようにも感じます。

次の

東アフリカのバッタ大発生で深刻な農業被害 日本に来る可能性は?

サバク トビ バッタ 現在

パキスタンでは先月から各地でサバクトビバッタの大群が姿を現し、小麦や綿花などの農作物を食い荒らす被害が広がっています。 バッタの大量発生はおよそ30年ぶりで、政府によりますと農作物への被害の総額は、およそ5500億円に上ると推計されています。 このうち、中部パンジャブ州で綿花を栽培する46歳の農家の男性の畑では、先月中旬からバッタの群れが襲来し、植えてから間もない苗を食べ尽くしました。 被害は畑の3分の2以上におよび、その総額は年収の3分の1に当たるおよそ100万円にのぼります。 男性はバッタを駆除するための対策を進めていますが、それを困難にしているのが、新型コロナウイルスの感染拡大です。 感染対策として続けられている外出制限の影響で、人手が不足していて、バッタに殺虫剤をまいて駆除するための作業員の確保すらできない状態が続いています。 また、国境管理の強化や経済活動の制限で物流が滞り、殺虫剤を手に入れることもままならなくなっていて、バッタの大発生と新型コロナウイルスのダブルパンチに見舞われています。 男性は「バッタの群れはとても大きく対処できなかった。 バッタもウイルスも今は我慢するしかなく、農家にとって非常につらい状況が続いています」と話していました。 さらに、被害は綿花の加工や販売にも広がっています。 パンジャブ州にある綿花を糸や生地に加工する会社では、月におよそ1500トンの綿花を仕入れていますが、バッタの被害によって、手に入りにくくなっているということです。 このため、急きょアメリカやオーストラリアなど海外からも調達して、急場をしのいでいます。 会社の経営者の男性は「バッタの被害が心配です。 綿花の質と量に悪影響が出ており、このままだと工場は閉鎖に追い込まれ雇用が失われるでしょう」と話し、先行きに懸念を強めていました。 パキスタン政府は、ことし1月に非常事態宣言を出し軍を動員して、地上と空から殺虫剤を散布してバッタを駆除しています。 しかし、バッタは1日に最大で150キロも移動し、広範囲に存在するため駆除は容易でなく、政府は国連などと緊密に連携して対応を急いでいます。 パキスタン政府の担当者は「パキスタン各地で1100以上の専門家チームがバッタを調査している。 FAO=国連食糧農業機関の支援を得て、バッタ監視システムの構築を目指します」と話していました。 パキスタンでは来月から雨季に入り、さらに大量のバッタが発生する可能性があることから、政府は、被害の拡大に警戒を強めています。 パキスタンではバッタの被害を食い止めようと、農家がさまざまな対策を試みていますが、「焼け石に水」の状況で国内の食料の安定供給に、深刻な影響が出ると懸念されています。 被害が最も大きいとされる南西部バロチスタン州で、農家を営む60歳の男性の畑では、先月からバッタの群れに襲われ、小麦畑の3分の2程度、およそ5ヘクタールが壊滅しました。 収穫直前だったあんずの実なども食べられてしまい、年収の3分の1に当たる日本円でおよそ100万円がバッタによって失われました。 バッタによる被害で農作物の出荷ができず、現金収入が途絶えたため、1日3回の食事を1回だけに減らして、しのいでいます。 男性は、少しでも被害を抑えようと対策に乗り出しています。 バッタが集まりやすい木に樹脂製のシートを巻きつけ、とまりにくくする対策です。 木の幹までバッタにかじられてしまうことがあるということで、木が枯れてしまわないよう、厚めのシートで覆っていました。 さらに、畑と畑の間には、飛ぶ力の弱いバッタの幼虫が移動しにくくなるよう仕切りも作りました。 しかし、個々の農家でやれることには限界もあり、バッタは対策をものともせず作物を食べ尽くしているということです。 男性は「被害はばく大で、まるで自分の体が食べられたように感じます。 この先どうすればいいのか分かりません」と話していました。 東アフリカのケニアで大量発生している、サバクトビバッタの対策に取り組んでいる、FAO=国連食糧農業機関のケニア事務所のハミシ・ウィリアムズ副所長はNHKのインタビューで、国境管理の強化や人の移動の制限といった、新型コロナウイルス対策によって、バッタを駆除する活動などが大きな影響を受けていると明らかにしました。 具体的には、およそ8割を輸入に頼っている殺虫剤が、航空便の制限で輸入しにくくなったり、輸送費の高騰で価格が高くなったりして、確保が難しくなっているほか、殺虫剤の扱い方やバッタの追跡などの知識がある専門家が、国外から現地入りしにくくなっているということです。 また、ウィリアムズ副所長は「今は、作付けの時期だが、バッタの発生が重なり、食料不足の脅威も大きくなっている」と述べ、作付けが始まっている主食のトウモロコシなどが、収穫前に被害を受けることになると懸念を示しました。 さらに「バッタはパスポートも持たず、国境を越えて移動している。 バッタ対策は、一つの国だけでなく、多国間で行う必要があり、各国で協力して取り組む必要がある」と述べ、国際社会に対し、駆除活動や被害を受けた農家の生活の立て直しなどへの、継続的な支援を呼びかけました。 広い範囲を移動し続けるサバクトビバッタの駆除に効果的なのが、飛ぶ力の弱い幼虫のうちに地上や空から殺虫剤を散布することです。 しかし、殺虫剤は環境や農作物への影響も懸念されるため、専門家の指導が必要であるほか、バッタの群れの追跡にも専門的な知識が必要で、駆除には専門家や経験豊富なスタッフの存在が不可欠です。 しかしいま、新型コロナウイルスの感染拡大で、各国が国境の管理を強化し、国内の移動も制限するなど対策をとっていることで、肝心の専門家が現地入りすることが難しくなったり、大量に必要な殺虫剤も輸送しにくくなったりするなどの影響がでています。 そこでいま注目されているのが、国連などが主導するスマートフォンのアプリやドローンを活用したより効率的な駆除方法の導入です。 スマートフォンのアプリでは、その地域に暮らす一般の人がバッタの目撃情報を発信することでき、バッタの正確な位置情報をリアルタイムで集めることが可能になるうえ、いま被害が出ていない地域でもバッタの最新情報を常に把握することができ、早めの対策につながると期待されています。 また、ドローンを使って群れを監視したり、殺虫剤を散布したりする取り組みが試験的に行われるなど、最新技術の応用も進められています。 一方で、こうした対策を行うための資金は不足しています。 FAO=国連食糧農業機関は、バッタの駆除などの活動を行うため、300億円余りの資金提供を国際社会に求めています。 しかし、新型コロナウイルスの影響で各国の財政が厳しい状況にあることから、これまでに寄せられた支援は、必要額の半分以下にとどまっていて、対策は思うように進んでいないのが現状です。

次の