モンスト 無課金 最強。 【モンスト】封印の玉楼の適正キャラと無課金おすすめ降臨モンスター

【モンスト】アンチテーゼ自陣無課金攻略/立ち回り

モンスト 無課金 最強

入手できる降臨クエスト「」の難易度が若干高いのが難点だが、ほかのキラーもちとは格が違う活躍をする。 「運極」を目指さないとしても複数体育てておきたい もっていればどこでも大活躍!? 最強の汎用性をもつモンスター 「運極」デビューにもってこいの、どのクエストでも使えること間違いなしのモンスターを紹介する。 まだ『モンスト』をはじめたばかりのストライカーには、とりあえずゲットしておきたいモンスターとなる。 棘女王クィーンバタフライ(神化) 初「運極」がこのモンスターというストライカーは多いだろう。 その人気の秘訣は、降臨クエストの難易度が非常に低いうえに、地雷と重力バリアに対応でき、ステータスが非常に高いことにある。 さらに、超絶クエストデビューにおすすめので活躍できてしまう飛び抜けた優秀さを発揮する。 スピード値が少し低いがほとんど気にならない。 雷メテオ系SSも約50万ほど与えられるためザコ処理に優秀 複数のギミックに対応可能! 便利なモンスター 続いては、上記の汎用性の高いモンスターたちにはステータスなどで劣るが、複数ギミックに対応できるため、もっているとお世話になることの多いモンスターを紹介する。 レルネーの主 ヒュドラ(進化) ワープとダメージウォールに対応できるモンスター。 同じアビリティ構成の降臨モンスターに「フェンリル(進化)」、「フェンリルX」が存在するが、ストライクショットでの火力などで頭ひとつ抜ける。 ステータスがかなり低いので、直接攻撃によるダメージにはあまり期待しすぎないように。 どのモンスターももっていれば、対応できるギミックのクエストで使いやすいこと間違いなしのモンスターだ。 アンチダメージウォール 昆虫大帝ギガ・マンティス(進化) HP以外のステータスが高く、貫通タイプと雷メテオ系のSSの組み合わせが、当てやすく使いやすい。 滝夜叉ほどではないが、ダメージウォールが展開するクエストで活躍しやすいモンスターだ。 にも最適なモンスターとなるので、滝夜叉をもっていても必ずとっておきたい1体。

次の

ドッカンバトルで無課金最強キャラは?入手法もこちら!

モンスト 無課金 最強

こんにちは友幸です。 モンストをリセマラなし完全無課金で始めて2年が経過した。 無課金でモンストを2年したときのガチャ限定の数や運極数などを紹介するよ。 モンスト無課金2年目のランクや運極数など 現在のログイン日数は、751日。 2年と1ヵ月経たないくらいの日数だ。 ランクは318だ。 特に力を入れてノマクエを周回していないので、自然にレベルが上がるといった感じだ。 サブ機がログイン日数610日くらいでランクが293なので、そこまで大きく差はない。 運極数は全部で124体。 運極作りは途中で飽きてやらなくなっていたが、エスカトロジーのために紋章力を上げていたら、他の紋章力も上げようということになり、次第に運極数が増えていった。 現在も運極作りというよりも、紋章力稼ぎが目当てで運極を作っている。 目指せ全属性紋章力5000! モンスト無課金2年目のガチャ限について ガチャに関しては無課金でやっているので、ガチャを引ける回数が限られている。 なので属性限定ガチャや新イベントガチャは基本スルーしている。 ほとんどの場合、確率が少しでも高い超獣神祭、激獣神祭の時にガチャを引いているよ。 話がそれるが、超獣、激獣は、確率割合が表記がされてから星5率が下がったと思うのは自分だけだろうか。 爆死する確率が上がった気がするんだけど。 ガチャ限定の数は全部で158体 現在のガチャ限の数は158体だ。 各属性のガチャ限の数は以下の通りだ。 火属性 40体• 水属性 25体• 木属性 29体• 光属性 39体• 闇属性 25体 ちなみに光属性は、ストライクを1体混ぜているので、それをあわせれば40体になる。 属性ごとにみてみると明らかに偏りがあり、火属性と光属性が多く、水属性と闇属性が少ないことがわかる。 水属性は明らかに手持ち不足で、強いキャラが少ないのでつらい。 水属性の強キャラが属性限定などに偏っているせいでもある。 特にアンチダメージウォール持ちの強キャラがいないので覇者の塔36階が未だにつらい。 誰か助けて。 かぶりが多いガチャ限キャラ 続いて、手持ちのキャラで被りが多いキャラを紹介するよ。 4体 モーツァルト、ストライク 超獣神祭と激獣神祭を中心にガチャを引いているので、超獣神祭限定モンスターのストライクがランクインした。 ちなみにサブのかぶり1位はルシファーとハンターキングが5体、次がカムイで4体だ。 モーツァルトは何故かよく引くが、もういらない。 サブは1体も持っていないので、できればそっちででてほしい。 3体 ノア、卑弥呼、ルシファー、アトス、ブリュンヒルデ 3体持ちも半分以上が超獣神祭限定モンスターだ。 ほとんどそこでしか引いてないからね。 しかもこの3体、最近あまり使い道がない。 獣神化はよ。 クエストは基本サブとマルチで周回するので、ガチャ限定は1体いれば十分なことがほとんどだ。 封印の玉楼で使ってみて輝くやつがたまにいるくらいかな。 超絶モンスターの運極数は5体 超爆モンスターの運極数とラックを紹介するよ。 ガチ勢ではないので、必要なキャラだけ運極にする感じかな。 まずは超絶から。 1周目超絶シリーズ モンスター名 ラック イザナミ 運極 クシナダ 運極 ヤマトタケル 運極 イザナギ 9 ツクヨミ 運極 1周目超絶は、イザナギ以外は運極にしている。 イザナギはまじで使い道がなさそうなので作っていない。 イザナギを運極にするくらいなら、紋章力稼ぎに別の究極モンスターを運極にする。 2周目超絶シリーズ モンスター名 ラック 阿修羅 15 毘沙門天 25 摩利支天 8 大黒天 34 不動明王 9 2週目超絶は、周回していないので誰も運極になっていない。 全体的にラックも低めだ。 大黒天のラックが高いのは、大黒天廻を周回したためだろう。 こちらも全キャラ追憶の書庫で周回できるので、ボチボチ周回したい。 とりあえず大黒天と不動明王は運極にする予定。 零シリーズ モンスター名 ラック イザナミ零 5 クシナダ零 45 ヤマトタケル零 88 イザナギ零 1 ツクヨミ零 運極 零シリーズは、ツクヨミ零だけ運極になっている。 ツクヨミ零は、クエストの難易度が低く降臨の紀伊が活躍するので、地道にラックを上げていたら運極になった。 特に使ってはいない。 一応韋駄天で使えるみたいだけどね。 クシ零は、マナ2で楽々周回できるので最近時間があえば周回している。 タケ零は次で運極にする予定。 後はいいかな。 闘神シリーズ モンスター名 ラック ドゥーム 未所持 ニルヴァーナ 3 メメントモリ 未所持 カルマ 8 アカシャ 5 闘神シリーズは、クエストがめんどくさいわりにそこまで使える性能ではないので、ほとんど周回していない。 メメントモリとかどうするのあれ? そのためラックは全体的に低めだ。 ドゥームとメメントモリは神化素材でいなくなったので未所持になっている。 アカシャがエルドラドの運枠として使えるので、カナン運極後に運極を目指すかもしれないけど、その前にエルドラドの方が先に運極になる気もする。 咎シリーズ モンスター名 ラック カイン 27 呂布 30 ブルータス 4 デーヴァダッタ 3 ジューダス 1 咎シリーズは、カインと呂布が運2で簡単に周回できるので、ボチボチやっている。 といっても、優先度はあまり高くないのでスルーすることも多い。 後はめんどくさくて1回クリアしてから周回していない。 〇〇天シリーズ モンスター名 ラック 閻魔天 2 帝釈天 24 韋駄天 未所持 帝釈天だけ簡単なので周回している。 閻魔天はめんどくさいので、スルー。 韋駄天はほとんどやっていないので、未クリアのまま放置している。 爆絶モンスターの運極数は3体 1周目爆絶シリーズ モンスター名 ラック アヴァロン 運極 ニライカナイ 運極 シャンバラ 32 エデン 62 黄泉 運極 アヴァロン、ニライカナイ、黄泉は運極にした。 シャンバラは、アヴァロンが運極になってから2回くらい周回。 エデンはサタンを持っていないので妲己で周回している。 そのせいで周回に時間がかかるので、ラックがなかなか上がらない。 エビルインライトの短距離拡散弾をくらう事故でアイバーするのも問題。 2周目爆絶シリーズ モンスター名 ラック アルカディア 13 蓬莱 3 マグメル 46 エルドラド 11 カナン 76 カナンとマグメル以外はほとんど周回していない。 蓬莱は一番苦手で一度クリアしてから周回していない。 試行錯誤が足りないせいもあるんだろうけどね。 アルカディアはたまにソロでやるくらい。 ミロクが手に入ったらちゃんと周回する予定。 蓬莱も、ヘングレや雪舟といった適正キャラが手に入ったら周回することにする。 カナンはあと2回くらいで運極になる予定。 3周目爆絶シリーズ モンスター名 ラック ラグナロク 未所持 アルマゲドン 未所持 エスカトロジー 24 カタストロフィ 未所持 3週目爆絶は、エスカトロジー以外は未クリアのまま放置している。 ラグナロクはサブ機の方はクリアしている。 エスカトロジーは、紋章で防御力ダウンを防いだらヌルゲーになる 本当は運2で周回したいが、メインが龍馬を持っていない関係で運1(ヤクシニー)で周回している。 ドロ率が低くて戦慄する。 モンスト無課金2年目の使用回数ランキング モンストの使用回数ランキングはこんな感じだ。 モーツァルト獣神化• ラー獣神化• レチリード• クシナダ• 蒲公英獣神化• カムイ神化• アトス進化• クイバタ神化• モンストローズ神化• 新春ガブリエル ライクインしているキャラのほとんどがモンストを初めて最初の方にお世話になったキャラたちだ。 今レチリードを使う人なんていないんじゃないかな。 カムイ、アトス、モンストローズは獣神化したので今後使用回数が増えないだろうし、クシナダもクシナダ廻を使っているので増えないだろう。 クイバタ、ラー、ガブリエルも最近はあんまり使わないなぁ。 この中で今後もよく使うのはモーツァルト、蒲公英くらいだろうか。 モンスト無課金2年目の運極使用回数ランキング 運極モンスターを使用回数順に並べてみた。 クイバタ• ヤマトタケル• 光源氏進化• ウルトロン(マベツム)• アヴァロン• ニライカナイ• メルエム• バトラ• ゴースト神化 クイバタは初期に運極にして大分お世話になった。 最近は全く使っていない。 ヤマトタケル、アヴァロン、ニライカナイは運極になる前にも、ガチャ限がまだ少ない時に覇者の塔などでよく使っていたので使用回数が高い。 光源氏はスピード型、貫通タイプで爆発持ちなので、究極クエストを周回するときによく使う。 黄泉でも使えるし、エデンが運極になっていないなら絶対に運極にした方がいいキャラだ。 メルエム、リザ辺りは今後も使用回数が伸びるだろうね。 反対にクイバタ、ウルトロン、ゴースト、バトラは昔お世話になったが、今後使うことはほとんどないだろう。 まとめ モンストを無課金で2年プレイした状況を紹介したよ。 わたしは周回にオーブを使わないスタンスなので、ほとんどをガチャに回しているが、周回を優先してオーブを使う人はガチャを引く回数が少なくなるはずだ。 そのためガチャ限の数などは、人によって大きく差があると思う。 無課金の場合、超爆は無理に周回せずに適正キャラが揃ったら周回するくらいの気持ちでいたほうがいい。 負け続けるとストレスが溜まってイライラするからね。 無理をせず少しずつガチャ限を集めて、周回できるクエストを徐々にクリアしていくのがいいよ。 tomoyukitomoyuki 広告について 当サイトはAmazon・楽天等のアフィリエイトプログラムを利用しています。 商品の詳細な情報、購入方法、その他お問い合わせはリンク先の各店舗でご確認ください。 商品購入に関するトラブルに関しては、当ブログでは責任を負いかねますのでご了承ください。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 免責事項 当サイトは可能な限り注意を払ってサイトを運営管理しておりますが、その正確性や適切性に問題がある場合、告知無しに情報を変更・削除する事がございます。 当ブログの情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。 ご了承ください。

次の

モンストガチャ過去のイベントや昔の古いキャラ!歴史最強は誰だった?

モンスト 無課金 最強

課金の有無にかかわらず、ダンジョンでドロップする、虹メダルで手に入る、コラボ、イベントで手に入る「育てておくべき」キャラのランキングです。 リーダーとしての適性を重視していますが、サブとしての性能も評価しています。 ですが、ダンジョンをクリアできるだけのキャラが既に揃っているのであれば、 あえて育成する必要のないキャラも存在するので、自分に不足している要素を持つキャラを選ぶべきです。 ガチャ限キャラを含めても代用できるキャラが極端に少ないことが多いためです。 育成コストなどは一切考慮しない 例えばエリスの林檎は優秀なキャラですが、ダンジョン難易度、育成必要経験値、スキル上げ幅、コストなど初心者や無課金の人にとっては運用が難しいキャラです。 ですが、ランク付けをするにあたって育成コストや入手難易度などは一切考慮していません。 評価は「代用の有無」を重視 無課金最強ランキングでは 代用の有無にも重点をおいて評価をしています。 覚醒スキルやスキルの内容がそのキャラの唯一性を保ち、代用の難しさにつながっています。 特に周回ランキングではその傾向が顕著です。 掲示板・スレッド• ランキング一覧• キャラの一覧• 属性別の一覧• スキル別の一覧• 進化・育成に関連する一覧• ダンジョンの一覧 最新ダンジョンの攻略一覧• ダンジョン一覧• お役立ち情報• 各種稼ぎ• その他• メニュー•

次の