大きな シャボン 玉。 大きいシャボン玉に挑戦したら子どもより大人のほうが夢中になった話

シャボン玉液の作り方!大きいのが作りたいけど洗濯のりは必要?

大きな シャボン 玉

シャボン玉 Asobi-ya Network ジャンボ シャボン玉を作ってみよう! いろんな シャボン玉液の作り方がいっぱい 身近にある材料(食器洗い用合成洗剤や砂糖、洗濯糊)を使って巨大なシャボン玉や変わったシャボン玉を作って見ませんか? 15mを超える長さの 「なが〜いシャボン玉」や「人間よりも大きなシャボン玉」を作ったり 「シャボン玉の中に人が入ったり」・・・・・いろんなシャボン玉液の作り方、道具の作り方をまとめてみました。 ABCテレビ「 ホップ!ステップ!! シャンプー」(毎週土曜日11時20〜45分)で 新兵器?「シャボンハット」でシャンプーハットさんをシャボン玉の中に閉じ込めました。 4 (200cc) 1:5:7:0. 高さは、牛乳パックを利用しました。 真ん中の人が乗る台も親子で入りたかったので工夫をしました。 オレンジページの記者さんから 「親子で遊べるシャボン玉」をゴールデンウイークの企画として考えていると、お話がありました。 針金の輪で作るシャボン玉と綿ロープで作るジャンボシャボン玉について協力させて頂きました。 使用の液は「なが〜いしゃぼん玉」用の 食器用洗剤(界面活性剤30%以上) 200ml 、グラニュー糖 20g、 合成洗濯のり(PVA)」 200ml、 水道水(一度沸騰させたもの)または硬度100mg以下の軟水 1600ml さすがに洗剤のメーカ名は載せられませんでした。 ここで今まで使っていた「泡のチカラ」の家庭用は販売中止だと分かりました。 ネットで調べると業務用4リットルは残るものの家庭用としては販売を止めたとのことでした。 (2014年の夏ごろから販売する店が限られていましたが、私の住んでいる所は田舎なので 4月でも売っている店がありましたが・・・) 急遽、新製品や他のメーカの洗剤を比較実験を行い シャボン玉の出来具合とコストパフォーマンスを考慮して、 花王 「キュキュット」 をこれからお勧めしていきます。 (ホームページは差し替えています。 2008年はシャンプーハットといい新聞の取材といい条件の悪い冬場での実演となりました。 ただ、この取材のおかげで冬場の乾燥した時期に、どうすれば大きなシャボン玉を作る事が出来るのか?を考える機会となりました。 シャンプー」の出演依頼が決まり、仕事も忙しく準備期間も無いので人の入れるのはやらないと決めていましたが、5年ほど前に百円均一ショップで買っていた8mmの綿ロープを思い出しました。 フラフープより大きい4mに切って輪にし、植木に刺してあった支柱を4本引き抜いて4隅に固定して2人用の道具を5分程度で作り上げました。 「輪!なんとでっかいシャボン玉ダ!輪!」よりも太く大きいので少しは迫力のあるものが出来るだろう。 もしかしたら人も入れるかもしれないと思いながら綿ロープの汚れを取る為に洗浄液に2日漬け込みました。 全くのテストも無く無謀にもぶっつけ本番での使用でした。 (うまく行かなかったらカットしてもらうだけと開き直った使用でした) 本番ではバッチリ、シャンプーハットのお二人を頭の上から帽子のようにシャボンのドームを被せる事が出来ました。 この方法だと綿ロープの長さを長くすれば簡単に大きなシャボン玉のドームが出来、大人数を一度にシャボン玉に入れる事が可能となります。 しかも本当にシャボン玉の中に閉じ込められるようになりました。 また一歩前進した気がしました。 巨大シャボン玉もこの方法だと安あがりで出来そうです。 この様なキッカケが無いと新しいアイデアが生まれることも無く同じことの繰り返しでマンネリ化していた事でしょう。 そしてまた新しいアイデアも浮かんでいます。 近いうちに公開出来るかも・・・・・。 大阪ローカルですが ABCテレビ「 ホップ!ステップ!! シャンプー」で放送されました の写真 (皆さんから送って頂いたシャボン玉遊びのメールと写真) マスコミ関係 オレンジページ 2015年5月2日号の「すごいしゃぼん玉つくろう!」に協力 講談社「たのしい幼稚園」2007年8月号 (スーパーしゃぼんだまをつくろう!)に協力 日経新聞 趣味人「大きなシャボン玉作り」 「ウィークリーファン」 このホームページは Asobi-ya Network が著作権を持っています。 無断使用はご遠慮願います。 シャボン玉に関する情報やご意見ならびに質問等がございましたらメールでお願いいたします 雑誌、テレビ企画担当者のご要望にも応じますので、まずはメールを! Asobi-ya Network.

次の

大きなシャボン玉

大きな シャボン 玉

どうしてそうなったかというと優真くんの妹が生まれたのですが、暫く の間はママと一緒に我が家に滞在しているからです。 そこでジイジも優真くんの相手を色々考えねばなりませんので、D. と言えないテーマですが、大きなシャボン玉を作ることにしました。 そこで子供向けのテーマとしてご紹介いたしましょう。 インターネットで 『大きなシャボン玉』と入力して検索すれば沢山の レシピーが出てきます。 大きなシャボン玉を作るには安全性に問題 ありの合成洗剤を始めとした有害な材料を使う調合例が殆どです。 私が愛用しているレヒピーもその問題がありますから、絶対に口の中 に入れない、遊び終わったら顔や手を良く洗う。 (シャボン玉が壊れる 時にしぶきになって体に付着するので、出来ればお風呂に入ったほう が良いくらいです。 )などをきちんと守って遊んでください。 先ず私が愛用しているレシピーは以下のようなものです。 材料 使用量 説明 購入単価 2リットル価格 食器用合成洗剤 1 花王のキュキュット補充液。 75 無くても良いが大きなシャボン玉を作りやすくなる。 最も重要な材料は台所用合成洗剤ですが、日常使用で不可欠な物だけに激 戦状態と言うか様々なものがあります。 ここで使った花王の キュキュットはそのひとつです。 この洗剤のラベルには 右のように記載されており、界面活性剤含有率が確認できます。 合成洗濯糊はクラノールと称 した物を以前は良く見かけま したが最近は余り見かけま せん。 成分として PVA (ポリビニール アルコール)が使われているのであれば、商品名に拘わりなく使えます。 左の写真は今回購入した合成洗濯糊のラベル部分ですが、PVAであることが確認 できます。 洗濯糊といえばその昔からデンプン糊が知られていますが、シャボン 玉の目的には使えないので間違って購入しないようご注意ください。 各材料の使用量は洗剤を1として他の容量がどうなるかで表しています。 私は1合のコップ (180cc)を1としこれを合成洗剤の量とします。 こうすると計算上の合計は1935ccになり、2リットルのボトルに丁度良い量になります。 ということで私は1回に約2リットル作ることにしていますが、これが最少量だと考えています。 その理由はシャボン玉液で遊ぶ時の容器に洗面器を使うのですが、滞留部分の平均した直径は240mm程度となります。 従って2リットルのシャボン玉液の洗面器に滞留時の深さは44mm前後でしかないので、最少量と考えるわけです。 -になります。 ところで2リットルのボトルはポリエチレン製ですが、ホームセンターの塗料を販売しているエリアで発見した物です。 シャボン玉枠 シャボン玉溶液は遊ぶ時には洗面器にあけて使いますが、上で触れたよう にシャボン玉液の滞留部分の直径が240mmになることから、シャボン玉枠は 直径220mm程度で作っています。 また柄の部分は50mm上方にオフセット させる事により枠が底に当るようになり、液の量が減っても使えます。 この直径220mmの枠でどの程度の大きさのシャボン玉が出来るかですが、 うまくすれば2倍の500mm位は作れるようです。 もっと大きなシャボン玉を 作りたいとなったら枠も大きくしないとなりませんが、当然ながら作る液の 容量も増量しないとならなくなるでしょう。 枠の材料としては太さ2mmの亜鉛引き鉄線を使いました。 繋ぎ合わせる部 分は0. 5mm錫メッキ銅線を巻いてその上から半田を沁み込ませて固め、最後 に瞬間接着剤を隙間に沁み込ませている。 この方法はやりすぎとも言える 方法であり、もっと簡単に考えても良いと思います。 シャボン玉枠製作で大事なのは、枠に毛糸を巻きつけてやることです。 これをやるとシャボン玉液をたっぷりと枠が保持できるようになるからで、沢山の大きなシャボン玉を生成できるシャボン玉液を含ませられます。 上の写真に見える四角い枠は、仕切りを入れて9個のシャボン玉が一度に出来るであろうと考えた物ですが、シャボン玉同士がくっ付いてしまいうまく作動しませんでした。 他にもありますが、以下の写真も参考にしてください。 大きなシャボン玉を作る4種類の材料。 それぞれの必要量を表しているわけではありません。 所要の容量比で混合し2リットルのポリタンクに入れたシャボン玉液。 このまま1昼夜寝かせてから遊びます。 強めの風のお陰でこんなにも長細いシャボン玉ができてしまう。 途中でうまく閉じられれば相当の大きさになります。 このように直径30-40cm位の複数の球が作れますが、これが常に作れるようコントロールできると技術は万全です。 別な日に優真くんのパパと一緒に遊びました。 パパがやるとご覧のとおり大きなシャボン玉が沢山出来ます。 それをまねて優真くんも少しずつコツを掴みかけたようです。 ページトップの写真もその一こまで、大変嬉しそうです。

次の

大きなシャボン玉

大きな シャボン 玉

市販のものでも楽しいですが、自分でシャボン液をつくると 大きなシャボン玉ができるので、子供に大人気です。 それは分かるけど、洗濯のりとかグリセリンとか使うのよね。 いちいち揃えるの面倒なんだけど…。 なんて思っちゃぃます。 でも…。 洗濯のり、大事です。 入れなくても一応、作れることは作れますが、 大きい物をつくろうとか、ひと吹きで沢山のシャボン玉が作りたいというのなら、なくてはならないものです。 シャボンの膜の持ち具合が全然違うんですよね。 グリセリンにしてもそうです。 ハチミツやガムシロップなどでも代用できるのですが、 グリセリンの方が膜が丈夫になる感じです。 どちらもそう高いものではないので、 ここは一つ、シャボン玉用と割りきって購入した方がより楽しくシャボン玉遊びが出来ると思います。 こんな感じに! シャボン玉液の作り方 ネットで検索すると、沢山のシャボン玉液の作り方が出てきます。 微妙に配合が違うけど、いったいどれが一番いいのか!? そんな疑問が湧いたので、我が家では、何種類かのシャボン玉液の作り方を試してみました。 500mlのペットボトルに作ると、一番使いやすいと思いますので、 分量もそのようになってます。 個人的に第一位だったレシピ ・水道水 280ml ・台所洗剤 45ml ・洗濯のり 140ml ・グリセリン 35ml シャボン液の材料を選ぶ上での注意点 ・台所洗剤 大抵裏のラベルに書かれている「成分」をよく見ましょう。 界面活性剤35%以上のものを選びます。 ・洗濯のり 我が家では100円ショップで購入する事が多いです。 PVAとラベルに表示されているものを選びます。 その中でも弱酸性のものが良いです。 ダイソーさんで購入したのはちゃんと弱酸性でした! 遊ぶ場所に注意 シャボン玉は、お庭や公園でやることが多いと思います。 が! お庭は要注意です。 家では、ウッドデッキの上で遊ばせていたら大変な事になりました。 もう、泡だらけ! 気をつけてねと言っても、1人は液をひっくりかえしたりするんですよねー。 滑って転ぶ子続出。 危ないし、後始末も大変です。 花壇の洗い流す際に、花壇のお花が泡まみれになったのは悲しかった…。 その後は、駐車場で遊ぶようにしてます。 水で流すのも簡単だし。 花壇の土に染みこんでいった洗剤はどうなるんだろう。 花が枯れないといいなぁ。 シャボン玉の枠は何で作る? 100均などでも小さいサイズのものなどが売ってますが、 針金ハンガーなどで作るのが手っ取り早いと思います。 液が絡みやすいように、毛糸を巻くとか、布を裂いて巻きつけると良いです。 アルミホイルをよじって枠を作るのも簡単で良いのですが、 遊んでいる途中で強度が足りなくて壊れるので、1人の子につき3つは準備しておいた方がよいでしょう。 男の子なんて、あっという間に壊します…。 液を入れるのは、植木鉢の受け皿とか、洗面器がいいですね! 鍋焼きうどんとかのアルミの器もなかなかいい感じでした。 最後に 楽しく遊んだ後は、もれなく子供たちの体に洗剤がつきまくっている事と思います。 恐ろしいです。 シャボンが割れた時に液が飛び散ったり、下に落ちてドームっぽくなったシャボン玉で泡遊びしちゃったり。 後半は純粋なシャボン玉遊びでなくなってる事も多いので。 なので、遊び終わったらすぐにお風呂に入れるようにしておくのがオススメでする 時間的に風呂は早いのではあれば、うがい、手洗い、顔を洗うなどして 着替えもした方がいいかも。 台所洗剤…体によくなさそうですもんね。 そもそも使い方違うし。 検索:• 最近の投稿• 良く読まれている記事• - 399,151 views• - 199,568 views• - 188,453 views• - 88,936 views• - 76,721 views• - 74,001 views• - 46,758 views• - 36,663 views• - 35,506 views• - 34,020 views• 最近のコメント• に mimi より• に mimi より• に mimi より• に 赤飯 より• に Kojima より• アーカイブ アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の