ライン 電話 youtube 共有。 LINEの画面共有方法!スマホやPCの画面をリアルタイムで共有する!

【LINE】スマホとタブレットで共有/同期/同時に使う方法を解説!

ライン 電話 youtube 共有

YouTube動画を一緒に見る(5月4日公開) グループ通話をしながらYouTube動画を同時に視聴できます。 スマホ片手にみんなで動画を見ながら、感想を言い合ったりして楽しみましょう。 方法1:動画を検索して視聴する YouTube動画をLINE内で検索して見ることができます。 ビデオ通話はその後[YouTube]をタップ。 音声通話• ビデオ通話 2.検索ボックスに動画タイトルやキーワードを入力して検索し、動画を選択すると視聴を開始します。 方法2:動画のURLをコピーして視聴する YouTube動画のURLを端末にコピーしてから通話を開始すると、視聴したい動画がすぐ表示されるので便利です。 1.視聴したいYouTube動画のURLを端末にコピーします。 2.そのままグループ通話を開始、またはグループ通話画面に戻るとコピーした動画が画面下に表示されます。 動画をタップすると視聴開始できます。 スマホの画面を共有する 1人のスマホ画面を共有しながらグループ通話ができます。 家族や友だちの誕生日プレゼントを一緒に探したり、思い出の写真を一緒に見ながら通話するなど、画面を共有しながらみんなで会話を楽しめます。 通知設定を変更するなど事前に確認した上で操作してください。 パソコンの画面共有機能について詳細は。 その後[画面シェア]をタップ。 2.iPhone、Androidそれぞれ以下の操作を行ってください。 iPhoneの場合 [ブロードキャストを開始]をタップし、真ん中のマークが赤く変わると画面シェアが開始されます。 終了するには[ブロードキャストを停止]をタップします。 関連記事• UPDATE 2020.

次の

LINEアカウントを複数端末で共有する裏技

ライン 電話 youtube 共有

Contents• LINE(バージョン10. 5)の「みんなで見る」機能とは? LINEアプリ(バージョン10. 5)がバージョンアップして、ビデオ通話や音声通話中にスマホの画面を共有できる機能が追加されました。 この機能により、ビデオや音声通話中に相手のスマホの画面を見せてもらったり、自分のスマホ画面を相手に見せたりできます。 YouTubeの映像を相手と1対1はもちろん、グループ通話を利用して、みんなで見たり、スマートフォンの画面をシェアしたりしながら通話することができます。 SkypeやZOOMのように、家族や友人、同僚など複数の人と写真や動画を共有しながら会話を楽し無事が出来るようになりました。 この記事では、LINEビデオ通話で画面共有のやり方をご紹介します。 また、画面共有できない場合や画面が表示しない場合に考えられる原因や対処方法についても解説していきます。 ぜひ参考にしてみてください。 スポンサーリンク LINE(バージョン10. 5)の「みんなで見る」機能の利用方法 離れていても同じ画面を共有をして、お互いにあるいはグループ内でスマホ画面を共有できるようになりましたが、実際にどんな場面で使用することがあるのでしょう? 例えば、通話しながら通販サイトを見てネットショッピングを一緒に楽しんだり、写真を一緒に見たり、言葉だけでは伝わりにくい場面でも原稿やマニュアル、会議資料など画像を一緒に共有しながら話し合うことも可能になり、ますますテレワークなどがしやすい環境になってきました。 また現時点では、 スマートフォン版のLINEのみの限定機能にはなりますが 「 YouTubeの動画を一緒に見れる機能」では、音楽のライブ配信やスポーツの試合、おもしろ動画にYou Tuberの配信動画を、共有視聴しながら通話ができるので、まるで一緒にいるような共通の時間を過ごせ、外周自粛や遠距離で離れていても繋がりたい人たちにも朗報です。 ただし、今回LINEで初めての画面共有という機能を使用する方も多いと思います。 そこで、お互いに見られたくない画像や情報ファイルなどプライバシーに関することなど誤って共有して相手やグループ内に見られてしまったという失敗のないように、 「画面をシェア」する際には、自己責任で共有ファィルを選択して、くれぐれも誤爆して後悔しないように気をつけましょう。 YouTube動画を一緒に見る(5月4日公開予定) グループ通話をしながらYouTube動画を同時に視聴できます。 スマホ片手にみんなで動画を見ながら、感想を言い合ったりして楽しみましょう。 方法1:動画を検索して視聴する YouTube動画をグループ通話のLINE内で検索して見ることができます。 ビデオ通話はその後[YouTube]をタップ。 音声通話• ビデオ通話 2.検索ボックスに動画タイトルやキーワードを入力して検索し、動画を選択すると視聴を開始します。 方法2:動画のURLをコピーして視聴する YouTube動画のURLを端末にコピーしてから通話を開始すると、視聴したい動画がすぐ表示されるので便利です。 1.視聴したいYouTube動画のURLを端末にコピーします。 2.そのままグループ通話を開始、またはグループ通話画面に戻るとコピーした動画が画面下に表示されます。 動画をタップすると視聴開始できます。 スマホの画面を共有する 1人のスマホ画面を共有しながらグループ通話ができます。 家族や友だちの誕生日プレゼントを一緒に探したり、思い出の写真を一緒に見ながら通話するなど、画面を共有しながらみんなで会話を楽しめます。 通知設定を変更するなど事前に確認した上で操作してください。 パソコンの画面共有機能について詳細は。 その後[画面シェア]をタップ。 2.iPhone、Androidそれぞれ以下の操作を行ってください。 ・ iPhoneの場合 [ブロードキャストを開始]をタップし、真ん中のマークが赤く変わると画面シェアが開始されます。 終了するには[ブロードキャストを停止]をタップします。 4、LINE v10. LINEアプリを起動します。 ビデオ通話するトークルームを開きます。 画面収録のメニューから「LINE」を選択して【ブロードキャストを開始】をタップします。 すると、カウントダウンが始まり、画面共有が開始します。 相手側に自分のスマホの画面が見えている状態です。 終了する場合は、画面左上の【時計(赤くなっている)】をタップし【停止】をタップするか、コントロールセンターの【画面収録のアイコン】をタップして停止できます。 iPhoneでは画面収録機能を利用し、画面共有を行いますが、データは保存されません。 iPhone8、iPhone SEなどのホームボタンのあるiPhoneは画面下から上方向にスワイプして呼び出せます。 なお、画面収録の機能は、iOS11で追加された機能です。 iOS11未満の場合はOSアップデートが必要です。 出典元:スマホサポートライン iPhoneの画面録画(画面収録)ボタンをまだ設定していない場合はこちらの設定方法を参考にして下さい。 iPhoneの画面録画(画面収録)ボタンの設定方法 画面録画は「コントロールセンター」からおこないます。 録画したい画面を開いてコントロールセンターを呼び出し、録画ボタンをタップして画面録画を開始します。 終了したいときには再びコントロールセンターを表示して、録画停止ボタンをタップします。 画面収録の項目にある +をタップすると、コントロールセンターに「画面収録」ボタンが追加される• 録画したい画面でコントロールセンターを表示させる• 録画ボタンをタップする(録画ボタンを長押しすると外部音声も取り込める)• 3秒のカウントダウン後、画面録画が始まる• コントロールセンターをカスタマイズする 最初に、画面収録のボタンをコントロールセンターに追加します(初期設定では画面収録のボタンが非表示になっています)。 これにより、画面を録画するためのボタンがコントロールセンターに追加されます。 4、LINE v10. LINEアプリを起動します。 ビデオ通話するトークルームを開きます。 これで画面共有が開始し、相手のスマホに自分のスマホの画面が映っています。 Androidはペン機能に対応しています。 右下の【ペンアイコン】からペンを選んで書けます。 停止したい場合は、右下の【停止ボタン】をタップしてください。 2173• LINEアプリを起動します。 ビデオ通話するトークルームを開きます。 【左下のアイコン】をタップして画面共有できます。 もう一度タップすると停止します。 画面共有できない原因と対処方法 画面共有ができない原因として、アプリのバージョンが古い、ビデオ通話のカメラをオフにしているなどの原因が考えられます。 音は出ない、共有されない 画面共有機能では、動画などのスマホ本体から出る音、メディア音は相手側にはシェアされません。 通話用のマイクから、音量を上げれば少しは音を拾えるかと思いましたが、私の環境では聞こえませんでした。 カメラをオンにしてくださいと表示する場合(Android) Androidの場合、ビデオ通話で自分の顔が見えないようにカメラをオフにした状態で画面共有をしようとすると、「カメラをオンにしてください」と表示します。 「終話ボタン」の右隣にある【ビデオカメラ】のアイコンをタップしてオンにできます。 iPhoneについては、カメラをオフにしている状態であっても画面共有はできます。 アプリバージョンが古い場合(iOS・Android) アプリのバージョンが古い場合は、画面共有することができません。 アプリバージョン10. 5以上にアップデートしてから実行してください。 5未満の場合は、Androidの場合は「画面をシェアする」が表示しません。 相手側のアプリバージョンが10. 5未満の場合は、自分から画面共有はできませんが、相手からの共有は、正常に相手側の画面が表示します。 一時的な不具合の場合 何らかの問題で一時的に不具合が起きることがあります。 電話をかけなおす• 通信状態を見直す(電波が良好な場所に移動)• LINEアプリの再起動• スマホの再起動 一時的に発生している問題なら、大抵は上記3つのいずれかで改善します。 ニュース — ひ㍍㍍な㍍㍍こ🏠STAYHOME nakusitatubasa コロナの影響もあってか、ここ最近はオンラインツールがどんどん進化してる😁 不便が増えれば、便利なモノやサービスも増える。

次の

【LINE】ビデオ通話(テレビ電話)のやり方|顔を見合って会話しよう!

ライン 電話 youtube 共有

LINEのトーク画面からYouTubeの動画URLを共有する方法 共有したい相手のトーク画面を開き、左下の +のアイコンをタップします。 表示された一覧から 「YouTube」を選択。 YouTubeの動画検索画面が表示されるので、画面上部の検索バーからお目当ての動画を探しましょう。 動画ページを開いたら、画面下部に緑色で表示されている トークに送信をタップしましょう。 これで共有完了です。 トーク画面にYouTubeの動画URLとサムネイルが送信されていることがわかります。 共有自体はとっても簡単ですが、動画検索画面では検索バーからしか動画を探すことができないというデメリットも。 さっき見た動画を送りたい!と思っても、動画のタイトルが思い出せないと余分な時間がかかってしまいます。 そのため履歴などから簡単に動画を探したいという方には、次の方法がオススメですよ。 YouTubeアプリからLINEのトーク画面に動画URLを共有する方法 YouTubeのアプリを起動し、動画のページを開いてからLINEのトーク画面にURLを貼り付ける方法です。 まずはアプリを起動し、履歴や再生リスト、動画検索などから動画ページを開き、動画タイトル下にある 「共有」をタップ。 共有先一覧が表示されるので、その中から LINEを選びます。 画面上部の 友だち グループ トークのタブから送信したい相手を探し、右側のチェックボックスにチェックを入れたら、右上の 「送信」をタップしましょう。 チェックボックスは複数選択が可能です。 テキストボックスには動画のURLが自動で入るので、そのまま送信します。 これで無事、共有完了です。 ChromeなどのブラウザからLINEのトーク画面に動画URLを共有する方法 アプリのアップデートにより、WEBサイトやGoogleの検索画面などから動画を開こうとすると、自動的にYouTubeのアプリが起動するようになったため、基本的には前述した2種類の方法で問題なく動画共有を行えます。 しかし、YouTubeのアプリをインストールしていない方や、PCのLINEで共有したい方などは、ブラウザからYouTubeを開いて共有することも可能です。 例として、AndroidスマートフォンとGoogle Chromeを用いた共有方法をご紹介します。 ブラウザからYouTubeの動画ページを開き、アプリと同様 「共有」をタップします。 共有用の動画URLと、共有先候補としてTwitterとFacebookが表示されました。 今回はLINEのトーク画面への共有が目的なので、一番上の動画URLを長押しします。 表示された操作の中から、一番下の 「リンクを共有」を選びます。 アプリから共有する場合と同じく、送信した相手のトークにチェックを入れて 「送信」をタップしましょう。 テキストボックスにURLが入るので、そのまま送信。 こちらも問題なく共有できました。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の