個体値 性格。 性格・個性一覧

性格or個体値どっちが優先?|ポケモン知恵袋|ポケモン徹底攻略

個体値 性格

色々なポケモンの数値を解説、解析などをしていきたいと思います!!! 普通のプレイ際にレベルやら性格やらの表記がありますけど、これは、ステータスに関係ある数値で、ステータスはHP、こうげき、ぼうぎょ、とくこう、とくぼう、すばやさの6つの値のあります。 HP=H、こうげき=A、ぼうぎょ=B、とくこう=C、とくぼう=D、すばやさ=S、などと略す事が多いです 基本的には高い方がいいが、戦略に応じて調節することもある。 レベル、ポケモンの種類 種族値 、個体値、努力値、性格の5つの要素で決定する 〜レベル〜 経験値を得ると上がる ポケモンのレベルの上がりかたは6タイプある 1から始まり、最大100まで 〜種族値〜 ポケモンの種類及びステータスごとに設定されている値のこと 例:ハピナスはHPが非常に高い、ケッキングは攻撃が非常に高い、伝説ポケモンは全般的に高め、など ゲーム中で値を見ることはできない 種族値という言葉は通称であり、正式名称ではない。 〜個体値〜 ポケモンの1匹1匹に設定されている数値であり、 同じレベル・種類でも、捕まえたポケモンごとにステータスが違うのは個体値の影響 個体値という言葉は通称であり、正式名称ではないです。 基本的にはポケモンと出会ったときに決まります トルネロスやボルトロスなどの飛び回るポケモンは、イベント後 飛び回り始めた時点 で決まる。 タマゴの場合は、タマゴを貰った時点で決まる。 タマゴの場合は、親の個体値が3つ遺伝することがある。 力が自慢。 体が丈夫。 好奇心が強い。 気が強い。 駆けっこが好き。 余りが「1」 昼寝をよくする。 暴れることが好き。 打たれ強い。 イタズラが好き。 ちょっぴり見栄っ張り。 物音に敏感 余りが「2」 居眠りが多い。 ちょっと怒りっぽい。 粘り強い。 抜け目がない。 負けん気が強い。 おっちょこちょい 余りが「3」 ものをよく散らかす。 ケンカをするのが好き。 辛抱強い。 考え事が多い。 負けず嫌い。 すこしお調子者 余りが「4」 のんびりするのが好き。 血の気が多い。 我慢強い。 とてもきちょうめん。 ちょっぴり強情。 逃げるのが早い。 9〜1. (少数点切り捨て) 答えは167,32なので、小数点切捨てで、「167」。 50のケース解説で、 Lv. 括弧内が奇数になる条件ですが、種族値がどんな数値であっても偶数になります x2されているため。 そんな仕様な為、個体値が偶数or奇数かで努力値振りの効率が変わったりします。 5となるので 反映されないので注意。 バレタ.

次の

孵化厳選、個体値厳選、性格厳選、特性厳選とは?やり方解説【ポケモン初心者講座】|ポケモット

個体値 性格

バトルで勝つためには、できるだけ能力の高い高個体値のポケモンが必要となります。 しかし、野生で捕まえたポケモンでは個体値がランダムであるため、1つの個体値がUやVのポケモンならまだしも、複数の個体値がUやVのポケモンを得るのは非常に難しくなります。 複数の個体値がUやVで、なおかつその他の能力も全体的に高くするためには、高個体値のポケモンを親にしてタマゴを産ませ個体値を遺伝させる方法が取られます。 この作業を 「個体値厳選」と呼びます。 遺伝による個体値の厳選には、同時に 「性格」や 「技」を遺伝できるという利点があります。 また、このとき親の 「個体値」「性格」「技」「夢特性」が遺伝されることがあります。 この遺伝を用いることによって、個体値にVが1つだけしかない親同士からでも、2V、3Vの子が作れます。 【個体値の遺伝】• 預けたポケモン2匹の個体値合計12個から、1~3個がランダムに選ばれて遺伝します。 遺伝する能力 どうぐ HP パワーウエイト 攻撃 パワーリスト 防御 パワーベルト 特攻 パワーレンズ 特防 パワーバンド 素早さ パワーアンクル• 【技の遺伝】 末永くポケモンを楽しむ方はコレをしておくと後がラクです。 HG・SSなどで をして、以下のメタモンを揃えます。 全ての性格のメタモン• HPがVのメタモン、攻撃がVのメタモン、防御がVのメタモン、特攻がVのメタモン、特防がVのメタモン、素早さがVのメタモン 2V、3Vのメタモンがいればなお良いです メタモンは全てのポケモンの親になれるので、高個体値のメタモンを親に使うことによって高個体値のタマゴが産まれ易くなります。 他のポケモンの厳選をするときにも使い回せるので、暇なときに頑張ってたくさん捕まえておきましょう。 【用意しておくもの】• 個体値遺伝用のメタモン• 性格遺伝用のメタモン 【厳選の手順】• 個体値は攻撃と素早さVは最低でも出そう、性格はようきにしようなどの大まかな目標• 【注意】• 例1を参照• 例2を参照。 と 4. の手順が入れ替わっています• 例3を参照 上の説明では分かりにくいので、以下の3つの場合で例を示します。 例1 チルットの厳選 DP・Ptの場合• 例2 ヨーギラスの厳選 HGSS・BWの場合• 例3 夢特性ムンナの厳選 BWの場合 例1 チルットの厳選 DP・Ptの場合 【用意しておくもの】• 性格おだやかのメタモン• HPがVのメタモン• 防御がVのメタモン• 特防がVのメタモン 【厳選の手順】• 耐久型だから個体値はHPV、防御V、特防Vは欲しい。 タマゴ技の「フェザーダンス」を覚えさせたい。 【参考】• 育て屋にポケモンを預けておくと、レベルが上がって新しい技を覚え、古い技を勝手に忘れていってしまいます。 新たな技に入れ替わるのはポケモンを引き取る瞬間なので、引き取らない限りいくらレベルが上がっても技を忘れず遺伝用として使えますが、一度引き取ってしまうと技遺伝用として使えなくなってしまいます。 そのため、忘れさせたくない技 遺伝技など があるときは注意が必要です。 新たな技は技一覧の一番下に追加され、古い技は一覧の一番上にあるものから忘れていくので、預けるときは忘れたくない技を一覧の一番下に置いておきます。 厳選中も定期的に引き取って忘れたくない技を一覧の一番下に移動させます。 ダイパ・プラチナではポケッチNo. 9「育て屋チェッカー」を使って預けたポケモンのレベルを把握できるので、新たな技が追加されて忘れさせたくない技が一覧の一番上に達するレベルになったら一度引き取って技を一番下に移動させます。 個体値を厳選するとき、同時にめざパも厳選することができます。 しかし、それをすると途端に難易度が上昇しますので、めざパを使いたい方は をよく読んで頑張りましょう。 例2 ヨーギラスの厳選 HGSS・BWの場合 【用意しておくもの】• 性格いじっぱりのメタモン• HPがVのメタモン• 攻撃がVのメタモン• 素早さがVのメタモン 【厳選の手順】• 物理アタッカー型だから個体値はHPV、攻撃V、素早さVは欲しい。 タマゴ技の「おいうち」を覚えさせたい。 【参考】• 特性が2つあるポケモンをHG・SSからDP・Ptに送って進化させると、HG・SSにいたときのものとは別の特性に変化してしまうことがあります。 逆に、DP・PtからHG・SSに送って進化させたときも同様の現象が報告されています。 詳細は現在検証中。 バグの可能性も。 HG・SSだと進化できないポケモンには、ジバコイル・ダイノーズ・グレイシア・リーフィアがいますが、この中でもとくに特性が2つあるジバコイルやダイノーズの厳選には注意が必要です。 HG・SSでの方が個体値厳選は簡単ですが、せっかく厳選してもDP・Ptに送ってテンガン山で進化させたときに特性が変わってしまう危険があります。 特性を変えたくない場合は、できるだけHG・SS同士またはDP・Pt同士で通信して進化させるとよいです。 例3 夢特性ムンナの厳選 BWの場合 【用意しておくもの】• 性格おだやかのメタモン• HPがVのメタモン• 防御がVのメタモン• 耐久型だから個体値はHPV、防御V、特防Vは欲しい。 タマゴ技の「バトンタッチ」を覚えさせたい。 【参考】• 役立ち情報 ポケモンの厳選をするにはタマゴをたくさん孵す必要があります。 タマゴを孵すにはタマゴを持って歩き、歩数を貯めなければなりません。 以下にタマゴ孵化に役立ちそうな情報をまとめておきます。 【タマゴを早く孵す】• 特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」を持つポケモン マグマッグ、マグカルゴなど が手持ちにいると、タマゴ孵化に必要な歩数が半減します。 タマゴ孵化のときは、これらのポケモンを必ず手持ちに入れておきましょう。 手持ちにタマゴが複数あるときは、より新しいタマゴが上に、より古いタマゴが下に来るように配置しましょう。 タマゴが1つ孵化すると、そのタマゴより下にある手持ちのタマゴは孵化する時間が少し長くなってしまいます。 効率よくタマゴを孵化させるには、古いタマゴほど手持ちの下の方に来るように配置して、タマゴが孵化する瞬間にその孵化するタマゴより下に他のタマゴがないようにします。 新しいタマゴをもらう度に手持ちの一番上に配置し直すのは多少面倒ですが慣れてくれば簡単です。 少しでも効率を上げるために心掛けましょう。 これを「ズイロード」などと呼びます。 1往復で246歩あります。 ここは道が一直線なので、マッハ自転車に乗っていれば北から南、南から北へとDSの画面を見なくても十字キーの上下を押すだけで往復できます。 ズイタウンから道路へ出たり、道路からズイタウンに入ったりすると音楽が変わるので、音楽を聴いて判断して210道路へ来たと思ったら十字キーを下に入れ、209道路へ来たと思ったら上に入れましょう。 この作業は慣れれば片手で無意識にできるようになるので、作業をしながら別のこと ネット、本を読む、別のDSでポケモンをプレイetc... をすることもできます。 ここには動くタイルがあり、乗ると矢印の方向に自動で進んでいきます。 これをタマゴ孵化に役立てられます。 特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」を持つポケモンと「なみのり」ができるポケモンとタマゴ4個を連れてタタラせいてつじょに行きます。 タタラせいてつじょに着いたら、適当な場所まで行き主人公を矢印ブロックに逆らうようにブロックに向かって歩かせます。 「何歩か歩くと矢印ブロックにたどり着き、矢印ブロックに乗ったら主人公はスピンしながら一直線に戻って壁にぶつかって止まる」という場所ならどこでもよいです。 ここまでできたらあとは主人公が勝手にブロックに向かって歩き続けてくれるように十字キーをテープで固定します。 この装置があればタマゴが一つ孵るまでの間何か別のこと おひるね、料理、ゴハンetc... ができます。 しかし、タマゴが孵る瞬間になると 「おや・・・?」 の画面が出てストップしてしまうので、たまに画面を確認しましょう。 タマゴが一つ孵る度に作業がストップしてしまうので、大量にタマゴを孵す時は上のズイロードの方をオススメします・・・ 【ズイロードにきのみを植えてみよう】.

次の

ポケモン剣盾のザシアン・ザマゼンタの厳選!種族値、努力値とおすすめの性格は?|ポケモニット

個体値 性格

性格値(せいかくち)は、ポケモンの個体ごとに存在する隠しパラメータの一種。 32ビット(4バイト)の値で、範囲は0から4,294,967,295(16進法で0x00000000~0xFFFFFFFF)。 初出は『』。 あらかじめ値が指定されている一部の「ふしぎなおくりもの」のような特殊なケースを除けば、性格値はポケモンが出現するとき、ゲーム内イベントで手に入れるときに決まり、基本的に後から変える手段は存在しない。 用語としての「性格値」は俗称で、解析情報サイト「ポケットモンスター情報センター 2号館」で用いられていたものが広まり定着したものと思われる。 海外では" Personality value"や" PID"と呼ばれている。 以降は、色違いに関係する独立した隠しパラメータが性格値と呼ばれており、まで性格値と呼ばれていたものは新たに 暗号化定数(あんごうかていすう、英: Encryption Key)と呼ばれている。 値の性質 各世代に特有の性質を解説する。 第三世代 イベント入手、野生、固定シンボルの性格値は、連続した疑似乱数2つの上位2バイトから生成される。 このような仕様と第三世代の疑似乱数発生器の性質上、4,294,967,296通りすべての値が実現することはない。 例えば、0x00000015は実現不可能である。 なお、育て屋で貰うタマゴと違い、0x00000000と0xFFFFFFFFは実現しうる。 『ルビー・サファイア』と『ファイアレッド・リーフグリーン』の育て屋でもらうタマゴの性格値の下位2バイトは、タマゴが発見されたときに決まり、仕様上0x0000と0xFFFFになることはない。 上位2バイトは受け取るときに決まる。 このような仕様から、0x00000001から0xFFFFFFFEのうち下位2バイトが0x0000か0xFFFFになるパターンを除外した4,294,836,224通りが、実際に実現しうる性格値のパターンとなる。 『エメラルド』では、タマゴが発見された時点で性格値全体が確定する。 かわらずのいしの効果が発揮された場合のみ、性格値の下位2バイトが0x0000および0xFFFFになることもありうる。 ただし、石を持った親の性格が「がんばりや」で下位2バイトと同時に上位2バイトも0x0000(つまり性格値が0x00000000)になる場合は、親と同じ性格という条件を満たしているにもかかわらず例外として再計算され、性格値が0x00000000になることはない。 役割 性格値が何に利用されるかは、世代ごとに異なっている。 余り 性格 0 がんばりや 1 さみしがり 2 ゆうかん 3 いじっぱり 4 やんちゃ 5 ずぶとい 6 すなお 7 のんき 8 わんぱく 9 のうてんき 10 おくびょう 11 せっかち 12 まじめ 13 ようき 14 むじゃき 15 ひかえめ 16 おっとり 17 れいせい 18 てれや 19 うっかりや 20 おだやか 21 おとなしい 22 なまいき 23 しんちょう 24 きまぐれ 性別 第三世代から第五世代までにおける性別は、性格値の下位8ビット(通称: 性別値。 範囲は0から255、16進法で0x00~0xFF)と、ポケモンの種類ごとに設定されている「性別を決めるための閾値」の2つによって決まる。 性別値が閾値より小さければメス、閾値以上であればオスとなる。 片方の性別しか存在しない種類、性別不明の種類のポケモンの性別は、この値の影響を受けない。 特性 第三世代および第四世代において、特性(とくせい)が2種類存在するポケモンの特性は、性格値の最下位ビット(下記に青色で示している)が0なら特性1、1なら特性2となる。 言い換えれば、性格値が偶数であれば特性1、奇数であれば特性2。 第五世代では、bit16(右から17番目のビット、赤色で示している)が0なら特性1、1なら特性2となる。 最も高い個体値が複数存在するときの個性の決定に性格値が使われる。 詳しくはを参照。 色違い• 参照 アンノーンの姿 第三世代におけるは、性格値と姿が連動している。 この8ビットの値Fを28で割った余りの数に対応した姿になる。 余り 姿 0 A 1 B 2 C 3 D 4 E 5 F 6 G 7 H 8 I 9 J 10 K 11 L 12 M 13 N 14 O 15 P 16 Q 17 R 18 S 19 T 20 U 21 V 22 W 23 X 24 Y 25 X 26! ケムッソの進化先 第三世代から第五世代におけるの進化先は、性格値の上位16ビットを10で割ったあまりの数が4以下なら、5以上なら。 パッチールの模様 の性格値は、4か所のぶち模様の位置を決めるためにも使われる。 模様一か所につき8ビットが割り当てられ、8ビットのうちの下位4ビットがx座標、上位4ビットがy座標を司る。 bit0-7(黄色で強調された部分)が左上の模様、bit8-15(緑で強調された部分)が右上の模様、bit16-23(青で強調された部分が左下の模様、bit24-31(赤で強調された部分)が右下の模様の座標となる。 00000000 00000000 00000000 00000000 表示領域がパッチールの顔部分に重ならない場合や模様が重複する場合もあるため、外見上のパターンは4,294,967,296通りよりも少ない。 ポケモンのサイズ• 参照 マボロシじま• 参照 備考• バーチャルコンソール版の初代及び金銀からで転送した場合、経験値を25で割った余りによって性格が決定される。 その法則は性格値の場合と同様である。

次の