大腸 ポリープ 切除 後 の 食事。 大腸ポリープ切除後の食事でパンやヨーグルト・バナナ・プリンは食べて良い?

大腸ポリープ切除手術翌日以降の注意点

大腸 ポリープ 切除 後 の 食事

大きなポリープを切除した場合など、出血の可能性が高い場合は手術後から絶食となる場合があります。 翌日診察のため来院していただき、順調であれば、流動食(ゼリー、ヨーグルトなど)から食事をスタートします。 大腸内視鏡検査前の下剤服用がつらかった方は、検査前日は固形物を食べず、ゼリーやヨーグルトなどの半固形物と飲料のみで過ごしていただくと、検査当日の下剤は半分ぐらいで排出物がきれいになりますので、少し楽に受けられます。 スポンサーリンク 当日の食事は控えめにして、軟らかい繊維の少ない食事(お粥、うどん、スープ、豆腐、ヨーグルト等)にして、一週間ほどは、傷の負担にならないような消化の良いものを取るようにしてください。 大腸ポリープを予防する食事は和食が良いですね。 和食の食事は低カロリーの上消化も良いですからね。 また、野菜・海藻類のサラダなどの食事を摂取して便秘改善をしほうが良いです。 大腸を洗浄すると、いわゆる悪玉菌は流れていってしまうのですが、善玉菌も流れていってしまい、ある意味、無菌状態になるそうで、このタイミングでヨーグルトなどをいただいて、善玉菌を大量に摂取するといいそうです。 ポリープ切除後の切り口はクリップで止めてあるので、腹圧を掛けると飛んでしまって、下手をすると再度の開腹手術だと、注意を受けています。 なので腸壁を傷つけない食事作りです。 食事は、野菜と魚をしっかり食べることが大切です。 食物繊維の多い食品、にんにく、牛乳、ヨーグルト、カルシウムの多い食事が、大腸がんのリスクを下げることがほぼ確実とされています。 野菜を小鉢で5皿、果物1皿、牛乳コップ1杯またはヨーグルト1個くらいは毎日とりましょう。 スポンサーリンク.

次の

大腸ポリープの原因と症状と切除後の食事や放置していると…。

大腸 ポリープ 切除 後 の 食事

スポンサーリンク 日本人は戦後の西洋文化の影響によって肉を食べる機会が増加しています。 日本人の食生活の欧米化によって日本人の体質も変化をしており、大腸がんの罹病率が増加しています。 男性に限定するとがんの中での死亡原因の第一位が胃がんから大腸がんに取って代わられています。 大腸がんを予防するには食生活を野菜中心にすることが重要です。 しかしながら大腸がんは早期発見をすれば治癒率の高いがんでもあります。 定期的な健康診断によって早期発見に努めることが重要です。 大腸の検査としては潜血反応が一般的ですが、ある程度の年齢に達したら、注腸検査やファイバースコープの検査を受けることが必要です。 潜血検査では分からないことも十分考えられるからです。 注腸検査は比較的簡単にできるのですが、バリウムで造影するだけですから細部まで完全に検査できるわけではありません。 ファイバースコープで検査をすることが重要で、ポリープがあればその場で切除することが出来ます。 スポンサーリンク ファイバースコープの検査は事前下剤を飲まなければなりませんし、前日は消化の良い食事をしなければなりません。 また、当日は大量の下剤を飲んで大腸をきれいにすることで細かいところまで検査が出来ることになります。 万一大腸ポリープが見つかった場合にはその場で切除して細胞を検査する必要があります。 細胞検査によって良性か悪性かが判断されます。 大腸ポリープ切除後の食事は一般的には当日だけ刺激の少ない消化の良いものを食べれば翌日以降は通常通りで問題のないことが多くなっています。 しかしながらアルコールは血液の流れを昂進する働きがあるので摂取についてはしばらく禁止となります。 切除後の状態にもよりますが止血止めのクリップをしたような場合には一週間程度はアルコールの摂取を控える必要があります。 切除跡がきれいな場合には二、三日空ければ大丈夫です。 旅行や過激な運動なども禁止されるわけですので、大腸ポリープの切除を行った場合には医師の指示に従うことが重要です。 スポンサーリンク.

次の

大腸ポリープ切除後の食事【牛乳はヤバい?!】

大腸 ポリープ 切除 後 の 食事

スポンサーリンク 大腸ポリープは40才を過ぎると、定期的に検査を行って、予防や早期治療を行う事が大切と言われています。 発見された場合は、大腸癌へのリスクを減らすために早めに切除手術をする事が多くなっていますが、切除後の食事はどのように気を配ればいいのでしょうか。 特に乳製品の摂取などは問題ないのでしょうか。 【大腸ポリープ切除後に注意したい点】 大腸ポリープの切除後は、傷口を縫合しているわけではなく、クリップで止めている状態になっているので、切除後1週間くらいは食事に特に気を配る必要があります。 特に大腸ポリープ切除後の傷口が完治するまでは、負担をかけないように心がける必要があるため、血行を促してしまうような事は避ける事はもちろん、刺激物などの摂取も控える事が必要です。 では腸にいいとされている乳製品などはどうなのでしょうか。 【乳製品はOKだけど、食物繊維はNG】 腸に良いとされている食事に乳製品と食物繊維があります。 大腸ポリープ切除後も腸にいいとされている食事なら大丈夫なのではと考えてしまいがちですが、乳製品はOKですが、腸に負担のかかる食物繊維の摂取は最低でも1週間はNGとされています。 果物や野菜、キノコ、海藻類は注意する必要があります。 乳製品は一度発酵しているので消化もいいため、摂取OKとなっています。 あくまでもアルコールや脂っこいもの、炭酸飲料など刺激物を避ける事が重要です。 スポンサーリンク 【大腸ポリープ切除後は食事に十分に注意を】 大腸ポリープを切除後は、腸になるべく負担をかけないように生活する事が大切です。 食に十分に注意をする事もそうですが、食事以外にも便秘や下痢など症状をしっかりチェックしておくことが必要です。 特に、傷口が開いてしまった場合、下痢のような症状が続き大量に下血する事もあります。 毎日排便の確認をしながら、少しでも様子がおかしい場合は、放置せずに早めに診察をうけるように注意しておきましょう。 大腸ポリープ切除後の食事は、乳製品などお腹に優しい食事を心がける事で、腸に負担をかけずに完治を早める事ができます。 また内臓に生傷がある事を忘れずに、十分に注意して生活するようにしましょう。 スポンサーリンク.

次の