学資保険 いくら。 学資保険で大切な3つの「いつ」を徹底解説!学資保険の保険料を下げる方法

学資保険はいくらにすべき?保険料と貯蓄額の最適なバランスは?

学資保険 いくら

子供の教育費の準備のために学資保険を検討している方は多いことと思います。 マイナス金利の影響で、銀行などでは積立をしてもなかなかお金が増えないのが現状だからです。 こんな中、学資保険は金利面において教育費の備えで一つの選択肢になり得るでしょう。 そして、学資保険を検討する際に迷われるのが、いったいいくら位を満期金額で設定すればよいか、また平均的にどれくらいの保険料が妥当なのかという点だと思います。 一般的に子供の教育費は大学卒業まで総額約1,000万円以上かかると言われています。 生活費及び住宅費(住宅ローン)並びに学費の家計の三大支出のバランスの中で、子供の学費を学資保険でどのくらい補えばいいのかを確認し、毎月の妥当な保険料を試算してみましょう。 ご存知ですか?子供の教育費の平均額 まずは、具体的に子供の教育費がどれくらいかかるのか確認していきましょう。 学費の平均的な金額を確認していきましょう。 幼稚園から大学まで全て国公立でも1000万円を超える 子供の教育費は、幼稚園から大学まですべて国公立でも一人当たり1,000万円を超えます。 文部科学省の「」によれば、幼稚園3歳から高校3年までの15年間にかかる費用の平均額は以下の通りです。 幼稚園から高校まですべて公立の場合:約540万円• 幼稚園から高校まですべて私立の場合:約1,770万円 次に日本政策金融公庫の「」によれば、大学の進路別でかかる費用の総額は以下の通りです。 国公立大学:約503万円(うち入学費用は約69万円)• 私立大学文系:約738万円(うち入学費用は約93万円)• 大学4年間で教育費の約半分がかかる 日本政策金融公庫の「」によれば、国公立大学に入学する場合、入学費用の平均は約69万円、1年あたりの在学費用は平均約108. 5万円です。 私立理系では、入学費用の平均が約87万円、1年あたりの在学費用の平均は約180. 3万円となります。 つまり、高校卒業後、子供の教育費のおよそ半分が大学生活の4年間で必要になるということです。 しかも、この数字はあくまで授業料、入学金、受験料などの純粋な学費です。 遠い大学に入学して一人暮らしとなると、更にその生活費用や家財道具の購入費用などもかかります。 子供が小さい頃にはなるべく将来の可能性は広く持ってほしいものです。 お金がないから進学させないという選択肢にならないようにしなければなりません。 そうしないと、子供がせっかく一生懸命勉強して目指している大学に受かったとしても、入学金、学費等が払うことができず、入学させてあげられないこともあるのです。 そのため大学4年間の教育費を子供が小さいうちから計画的に積立てしておくことが大事です。 2.学資保険は大学の費用のために検討する 学資保険を検討する時は、お金が最もかかる大学の入学費用等を賄うという考えが一般的です。 先ほど確認したとおり、受験時費用、入学金、授業料など初年度にかかる費用に加え、下宿する場合は敷金・礼金など生活費も必要になるからです。 そのため、多くの子育て世帯が最も学資資金が欲しいのは大学入学時なのです。 大学の4年間は家計にとっても大きな負担 下図のように、子供が大学入学すると、子育て世帯の平均貯蓄率はガクンと減っていることが、文部科学省の調べで分かっています。 【子ども1人世帯の平均貯蓄率】 【子ども2人世帯の平均貯蓄率】 出典:『平成21年度 文部科学白書』 この時期は一般的な家計では、生活費に加えて、住宅ローン等の支払いが残っています。 それに加えて、子供の大学の入学費用・学費と重なるため、家計としては、貯蓄を切り崩さなければならないつらい時期になります。 一方、ご覧のように、子供が小中高の間は、ほとんどのご家庭では貯蓄率がプラスになっています。 このことから、小中高の間の学費は、日常の家計の中から支出可能な範囲であることが分かります。 なお、高校は公立では日常の家計の中で支出可能ですが、私立に進学した場合は、学費負担が重くなりますので、子供の教育プランに合わせたシミュレーションが必要になります。 学資保険は大学の費用のために検討するのが一般的 以上のことから、子供の高校卒業まで(18歳まで)の、家計の貯蓄を増やしていける時期に、大学4年分の学費を積み立てておくことが重要と言えます。 そこで、大学4年間の教育費の準備として貯蓄(貯金)と貯蓄性のある学資保険の両方で準備しておくのがいいでしょう。 それでは、いくらを学資保険でためて、いくらを貯金としてためるのが良いのでしょうか? 2. 大学の入学費用は学資保険から、その後の4年間の毎月の費用は貯蓄から 大学の入学費用は、日本政策金融公庫の「」によれば、私立大学(文系)で平均約93万円です。 この入学にかかる費用を学資保険で準備するというのが基本的な考え方です。 大学卒業まで大きな負担がかかることを考えると、継続して学資金を受け取りたい世帯は少し心もとない金額かもしれません。 4年間にかかる費用のトータルの平均は、上記調査結果によれば私立文系で約645万円、私立理系なら約721万円、国公立で約434万円であることを考えると、約200万円では少なく感じることでしょう。 それでも、学資保険を子供の大学入学時に約200万円受け取れるもので設定することに人気があるのは理由があります。 学資保険を大学入学費用の約200万円に設定する方が多い理由 学資保険は、貯金に比べて一度加入したら保険料の増減や、見直しをするのが難しいです。 追加で加入するという手段も保険会社によってはありますが、学資保険は子供がせいぜい7歳になるまでしか加入できないのが一般的です。 そのうえ、契約途中で短期間に解約すると、払い戻される解約金(解約返戻金)は、ほとんどの場合でそれまでに払い込んだ払い込み保険料よりも少なくなります。 つまり、途中解約には元本割れのリスクがあるのです。 したがって、大学4年間の教育費を学資保険で準備するためには、突発的な収入減少があっても、途中解約しなくて済むような余裕のある支払いの保険料を設定しなければいけないのです。 それが、積立額を約200万円に設定されるご家庭が多い理由です。 貯蓄と学資保険のバランスで準備するのが得策 A生命の学資保険(2018年12月時点)を例として、子供が生まれた0歳児から学資保険に加入した場合で試算します。 大学4年間の費用全額を賄うなら保険料は月々約5万円 仮に私立大学文系を目指して進学資金を準備すると、大学の教育費だけで約650万円が必要になります。 家計を支える生活費及び住宅費(住宅ローン)を支払っているうえに、もし将来年収が減ることがあっても、学資保険はその性質上減額しずらく、この試算では多くの家庭で学資保険の保険料が払えない場合も出てきます。 大学入学費と雑費を賄うためなら保険料は月々約2. 月ケの保険料も約2. 4万円と半分程度になり、一般的な学資保険の平均保険料もこの程度の金額と言えます。 なお、今回は返戻率(払込保険料総額に対しての保険金受取金額の割合)が104%以上と利回りの良い学資保険に加入したものとして試算しています。 大学4年間の教育費を全額学資保険で準備しようとすると、毎月5万円の積立てが必要になります。 家計は、教育費だけでなく、生活費及び住宅費もあるため、いざというときに本当に必要なのは現金です。 そのため、学資保険を利用しつつ貯金できる、余裕のある保険料を目指すのが得策といえます。 それでは、他のご家庭は、一般的に学資保険はいくらで設定されているのでしょうか。 5万円で設定される方が最も多い 下図をご覧ください。 大学生以下の子供がいる20~69歳の男女に対し、学資保険の保険料をいくらで設定しているのかを聞いたアンケート結果です。 ご覧のように、0円をのぞくと「1万円~5,000円未満」と答えた人が最も多く、次いで多かったのは「5,000円~1万円未満」のようです。 将来の家計をシミュレーションして決定することが必要 先ほど、一般的な観点から私立大学の入学時費用から学資保険の相場を見てきましたが、実際に加入する際は、想定する教育計画や家庭の収入、学資保険以外で貯める貯蓄がどれくらい用意できるのか等、個別の視点から慎重に決定することが大切です。 学資保険は途中解約すると、積立てた分がほとんど戻ってこない等、デメリットがあります。 教育費以外の生活費及び住宅費等の出費をきちんと確認したうえで、貯蓄に回せる額がどれくらいあるのか、それは長期にわたって払い込みできそうかなどを計算し、自分たちの家計に合った保険料を試算するといいでしょう。 私はお客様が赤ちゃんが生まれ、これからの子供の教育費のご相談をいただくときは必ずライフプランニングを勧めています。 ライフプランニングをやると、子供の教育プログラムが明確化し、教育費以外の生活費及び住宅費(住宅ローンの支払い)も把握できます。 その中で、子供の大学4年間の学費のうち、学資保険でいくらぐらいの金額を備えるべきか、また貯蓄で備えるべきかのバランスが検証できます。 必ず、ライフプランニングをした上で、子供の教育費を学資保険でいくら備えるのか、決めていただくと間違いはありません。 まとめ 学資保険に加入をご検討した時に、どのくらいの金額を満期に設定するのか、1か月あたりの積み立てをいくらにするのか、迷われると思います。 紹介したデータでみる限り、学資保険は、子供の大学入学費用を目的に月額10,000円~15,000円くらいの保険料に設定している方が多いようです。 子供が大学入学時には、生活費及び住宅費も重なることが予想されるため、それらをあわせて検討して教育費を準備することが家計の面からもいいでしょう。 この設定金額は、一般的な面からの視点のため、子供が生まれた段階でライフプランニングを実施したうえで、子供の教育プログラム及び将来の生活費・住宅費を考慮したうえで設定することをお勧めします。

次の

学資保険250万円で足りる?足りない?~大学の学費を計算してみた~

学資保険 いくら

教育費を学資保険で補う場合、月々いくらぐらいの保険料が妥当なのでしょうか。 当サイトが独自に行なったアンケート調査では、小学6年生以下の子供がいる20~40代の主婦のうち、「 1万円~1万5,000円未満」と答えた人が最も多く、次いで多かったのは「 5,000円~1万円未満」でした。 選択肢 n 100 % グラフ 5千円未満 13 13. 0 5千円~1万円未満 31 31. 0 1万円~1万5千円未満 45 45. 0 1万5千円~2万円未満 5 5. 0 2万円~2万5千円未満 2 2. 0 2万5千円~3万円未満 1 1. 0 3万円以上 3 3. 以下同 受取総額(満期金)の設定は「200万円~250万円」が31. 0%でトップ。 月払1万円を18年間積み立てた場合の合計は216万円なので、計算が合います。 選択肢 n 100 % グラフ 100万円未満 6 6. 0 100~150万円未満 19 19. 0 150万円~200万円未満 16 16. 0 200万円~250万円未満 31 31. 0 250万円~300万円未満 9 9. 0 300万円~350万円未満 12 12. 0 350万円~400万円未満 2 2. 0 400万円~450万円未満 1 1. 0 450万円~500万円未満 2 2. 0 500万円以上 2 2. 0 これはこれで参考にできるデータなのですが、調査サンプルがやや少ないとも思えるため、一般的な学費の平均額から保険料の相場を考えたいと思います。 一度にまとまったお金が必要になる大学1年目の費用を学資保険でまかなう考えが一般的です。 教育費は貯蓄と学資保険で補うものとすれば、学資保険の出番はいつがベストでしょうか? でも触れましたが、学資金を分割して受け取ると返戻率が下がるため、少しでも金額を増やしたい人は、 ここぞというときにまとめて受け取った方が得です。 その「ここぞ」とは、多くの子育て世帯にとって 大学入学時でしょう。 受験費用、入学金、授業料など初年度にかかる費用に加え、下宿する場合は敷金・礼金など生活費も必要になります。 そうした負担が影響し、子育て世帯の平均貯蓄率は子どもが大学に入学するとガクンと減っていることが、文部科学省の調べで分かっています。 現実にはその他雑費もかかるでしょうが、それらは貯蓄で対応すると考えると、学資保険の受取総額は 200~300万円あれば安心でしょう。 大学卒業時まで継続して学資金を受け取りたい世帯には、少し心もとない金額かもしれません。 4年間にかかる費用のトータルは、私立で約690万円、公立で520万円が相場なので(関連:)、ある程度学資保険に頼るにしても 350万円~400万円に留めておき、残りは貯蓄で準備しましょう。 すべて学資保険で用意するのは、あまりの保険料の高さに解約する恐れが高くなり、危険です。 保険料の相場はやっぱり1万強~2万円 保険料は、契約者(保護者)・被保険者(子ども)の年齢、受取プラン、払込期間などにより変わるため、ここでは、契約者30歳、被保険者0歳の場合で話を進めます。 各社の貯蓄型(=医療保障のない)学資保険を見積もってみたところ、受取総額を200万円~300万円にしたときの月額保険料はおおよそ1万円強~2万円ほどでした。 当サイトのリサーチと同じ結果になりましたね。 受取総額を400万円まで上げると3万円弱かかり、月々の負担としては少し苦しいかもしれませんが、年払いなど、まとめて払い込むと若干安くなります。 一度に支出しても問題ない人は、払込プランを変えるのも有効でしょう。 教育計画ありきで受取総額の決定を 私立大学の入学時費用から学資保険の相場を試算してみましたが、実際に加入する際は、想定する教育計画や家庭の収入、学資保険以外でためる貯蓄がどれくらい用意できるのか等、個別の視点から慎重に決定しましょう。 学資保険は解約してしまうと積み立てた分がほとんど戻ってこないなど、デメリットもあります。 教育費以外の出費をきちんと頭に入れたうえで、貯蓄に回せる額がどのくらいあるのか、それは長期に渡って払っていけそうかなどを計算し、 自分たちの家計にあった保険料を試算してみてください。 具体的な学資保険の賢い選び方について、プロのFPの意見をまとめたページもあります。 よろしければ参考にしてください。 関連記事• 高い貯蓄性と選べる受取プランで人気の学資保険。 確かに他社と比べて返戻率は高めで、プランによっては110%超えも可能。 また後述しますが、兄弟そろって加入すると保険料が割引になる制度があります。 2つのプランの特徴ステップ型:入園・入時学の出費に備えるジャンプ型:大学入学時の出費に備 […]• 保険会社13社の学資保険返戻率を「満期金の受け取り年齢」「保険料払い込み年齢」などの様々な条件別に絞り込んで比較することが可能です。 絞り込み検索 満期金受け取り年齢 指定なし15歳17歳18歳20歳21歳22歳 保険料払い込み年齢 指定なし10歳 […]• 学資保険は子どもの成長に合わせて給付を受ける保険なので、何事もタイミングを考えることが大切です。 少しでもお得に利用できるよう、学資保険にかかわるベストなタイミングを見ていきましょう。 加入時期:早ければ早い方が良い 学資保険の保険料はさまざまな条件により決定しますが […]• 学資保険に加入する際は「満期の時期」「保険料の払い込み年齢」「月々の積立金額」など決めなければいけない項目が複数あります。 どういう風に決めればいいのか、人によってアドバイスが異なるので、混乱する方も多いかと思います。 […]• 学資保険は、主に教育費の貯蓄を目的とした保険商品です。 15歳、17歳、18歳、22歳など設定した満期時期に、それまで積立をしてきた保険料を、満期保険金として受け取る事が可能です。 「学資保険」という名称が使われているのは、銀行の定期預金と違い保障が存在するためです […].

次の

学資保険とは?学費はいくら必要?その疑問と保障内容をわかりやすく解説

学資保険 いくら

学資保険の平均的な金額は1~2万円/月です。 学資保険は途中解約すると、支払った保険料より戻ってくる金額が少なくなり不利になる可能性がありますので、加入する場合は無理なく長く支払っていけることが大切です。 そこで着目したいのが、子育て世帯に国と地方自治体が協力して支給する「児童手当」です。 この手当は3歳未満で15,000円、3歳以上では10,000円になります。 中学生以降は一律10,000円です。 ) この児童手当で賄えるくらいの金額を目安に学資保険に加入している人が多いことも、保険料の平均的な相場が1~2万円となっている理由のひとつと言えます。 実際、多くの保険会社でも1万円~という保険料を設定した商品がメインとなっています。 (1万円以内の保険料で加入できる商品を扱う保険会社もあります。 ) 子どもを一人育てるにはいくら必要なのか 子どもを育てるためには、たくさんのお金が必要だということはよく耳にしますね。 でも、子どもが生まれた瞬間に一度にお金がかかる訳ではありませんからご安心ください。 子どもが成長する過程でかかるお金を、トータルでみると大きな金額に見えるのです。 通常の収入(給与)の範囲で賄える部分以外に必要となる教育費を知り、しっかりお金を貯めることができれば、むやみに心配することはありません。 では、どんなタイミングでどのくらいの教育費がかかるのか? 簡単にご紹介します。 実際の進路や地域によっても違いがありますので、目安として参考にしてくださいね。 高校については私立に進学する場合はもう少し多めに教育費を見込んでおくほうが安心できます。 ただし、私立高校の授業料は、年収910万円未満 目安 であれば、年間11万8,800円が国から学校に支払われます。 また、年収590万円未満(目安)であれば、年収に応じ1. 5倍~2. 5倍の加算があり、授業料無償化が進んでいます。 大学入学時には、一般的に入学時納入金と合わせて前期分の授業料等を納めます。 高校までとは違いまとまったお金が一気に動くことになりますね。 これは、多くの方が抱いているイメージ通りかと思います。 大学4年間だけで、最低でも240万円以上が必要になる計算になります。 毎月の保険料額の平均1〜2万円は家計負担としてはどれくらい? 大学入学時には、一般的に100万円~200万円という単位でお金が動くことが、おわかりいただけたと思います。 その時点での経済的な負担感を軽減するために、学資保険という方法が役立ちます。 親が、子どもの小さい頃から無理なくコツコツと保険料を支払うことで、子どもが大学に入学する時に必要とした金額を、まとめて受け取ることができるのです。。 では、最初にお話した学資保険の毎月の保険料額の平均1~2万円は家計に対してどのくらいの負担になるのでしょうか。 の調査によると、30代の会社員の平均年収は約450万円とされていますので、この年収をもとに見ていきます。 毎月1万円を払い込むとした場合に、全体的な保険料の負担はどのくらいの割合になるのでしょうか。 30代平均年収(参照)のおおよそのボリュームゾーンである300万円~600万円の中で、それぞれ負担の割合をまとめました。 月々の保険料額から満期保険金をシミュレーション 一例として、平均的な月々の保険料額1~2万円で、満期保険金と保険料を支払う期間についていくつかシミュレーションした結果をご紹介します。 下記の表ではすべて満期保険料額が220万円で、子どもが2019年度生まれ、父親が1989年度生まれという状況で算出しております。 毎月の支払い額 保険料を支払う期間 返戻率 17,842円 10年間(子どもが10歳まで) 102. 7% 12,078円 15年間(子どもが15歳まで) 101. 1% 10,714円 17年間(子どもが17歳まで) 100. 6% 満期保険金額は契約時に決めるため、最終的に受け取る金額は同じですが、保険料の払込期間や月額保険料額が変わることで総支払保険料額が変わります。 結果として、払込期間と月額保険料額により、返戻率の変動につながるのです。 長い目で見て、負担に感じることのないような支払期間や保険料額を設定するようにしましょう。 返戻率については、商品やプランなどによっても異なりますので、実際検討するときにしっかり確認してくださいね。 学資保険には大きく分けて「貯蓄型」と「保障型」という2つのタイプがあります。 「貯蓄型」は教育資金を積み立てて増やすことを重視したタイプで、「保障型」は教育資金の積み立てとともに入院などの医療保障がプラスされたタイプです。 それぞれの代表的な商品として、ソニー生命とかんぽ生命の学資保険を例として、満期時に受け取れる金額の違いなどを比較してみましょう。 学資保険でいくら準備するかを考える• 返戻率が高い商品を選ぶ• 毎月の保険料額とお金が受け取れる時期を希望に応じて設定する 順番に解説します。 1.学資保険でいくら準備するかを考える 国公立大学に進学した場合でも入学金・授業料だけで4年間240万円以上の費用がかかります。 2人目の時の学資保険を選ぶポイントは? 子どもが2人となると、1人目の時とは少し違う点に注意して教育資金の準備をすることが必要です。 例えば、 「1人目のときにはなかった住宅ローンの支払いが、2人目が生まれるときにはスタートした・・・!」ということもありますよね。 1人目の満期保険金の一部を2人目の子に使うことも可能ですので、無理のない金額で加入しましょう。 基本的には、返戻率が高い商品を選べば良いのですが、兄弟割引がある学資保険を選ぶのもひとつの方法です。 2.返戻率が高い商品を選ぶ 先ほどシミュレーションしたように、学資保険の総支払保険料額をいくら払うかは返戻率によって左右されます。 学資保険に加入するときには、支払う保険料の総額と受け取れる金額の総額によって導き出される返戻率を確認できます。 一般的に返戻率が高ければ高いほど、支払う保険料よりも多くのお金を受け取ることが可能です。 また、保障が手厚いために返戻率が100%を下回っている商品は、払い込んだ保険料よりも少ない金額しか受け取れません。 保障を重視した保険は、教育資金とともにもしもの時に備えて医療保険(特約)も付けたい方には適していますが、教育資金作りを重視して学資保険に加入する方には向いていないでしょう。 学資保険を選ぶ際には、返戻率の高さに注目して選びましょう。 3.毎月の保険料額とお金を受け取れる時期を希望に応じて設定する 長い期間継続して保険料を支払うことになるので、家計に無理のない支払額を考えて保険を選ぶこともとても大切です。 また、実際にお金を受け取るときにどのタイミングで受け取るかも、同じように大切です。 大きなお金がかかる大学入学時に一括で受け取るのか、進学するごとにある程度のまとまったお金を受け取るのか、受取り方の視点から選ぶことも、希望に合う学資保険を選択するポイントになるのです。 家計に無理のない学資保険が月々いくらかを知るには、専門家に相談が最短! 学資保険の月額保険料をいくらにするのか。 家庭の状況や色々な事情によって、適切な保険料額は変わります。 どのように割り出していくべきかを解説してきましたが、この記事では解説しきれないことがたくさんあります。 何から始めていいかわからないと感じるのが普通です。 専門家へ無料相談をおこなえば、無駄なくスピーディに最適な学資保険がみつかります。 保険見直し本舗でまずは学資保険のシミュレーション 専門家への無料相談や、保険会社の紹介には保険見直し本舗がおすすめ。 保険見直し本舗は全国に店舗を構えている保険の相談窓口す。 上場企業が運営しており相談者に公平な案内をしてくれるため、安心して相談に乗れるのが特徴です。 最適な保険を探したいけどよく分からない、保険の種類が多すぎて自分に合っているものがどれかが分からないなどという人にはぴったりなサイトです。 全店舗が直営のためお客様に関する情報が一元管理されているので、引っ越しで他県の別店舗に行くことになっても、 お客様の情報を引き継いで手間なく保険の相談ができるのが強みです。 自宅やの近くに店舗がなかったり、子供の面倒を見るため外出が難しかったとしても、保険見直し本舗は 自宅や職場へ出張費無料でコンサルティングアドバイザーが保険のプランを提案しに来てくれます。 時間を気にせず保険の相談ができるので、まずは無料相談に申し込んでみてはいかがでしょうか? 相談は簡単 無料相談は簡単です。 から、生年月日や連絡先などの基本情報を入力するだけでおおよそ30秒で保険相談の受付ができます。 登録されている保険会社数は40社以上。 生命保険や学資保険、法人保険など取り扱い商品は多岐にわたっています。 生命保険 死亡保障 医療保障 ガン保険 介護保険 積立保険 一時払系保険 学資保険 個人年金保険 法人保険 生命保険 損害保険 相続相談 相続相談全般 まとめ 今回は学資保険の毎月の保険料額の相場や契約期間による満期保険金の違い、学資保険を選ぶポイントなどについてお話ししてきました。 簡単におさらいしてみましょう。 学資保険の毎月の支払額の平均は1~2万円です。 一般的には支払う期間を短く設定する方が、満期保険金の返戻率はアップします。 2人目の子の学資保険は1人目の子と必ずしも同額でなくても良いです。 支払額だけでなく、受け取り方の違いにも注目して学資保険を選びましょう。 教育資金の準備方法は、学費ローンや奨学金を利用する、子ども自身がアルバイトをするなどいろいろな方法があります。 また、学校独自の特待生になることで学費免除が受けられることもあります。 学資保険を含め、複数の方法をうまく活用し、希望に適した方法で教育資金をしっかり準備しましょう。 今回の記事が、学資保険選びの参考になればうれしいです。

次の