学生 団体 おりがみ。 学生団体おりがみ|ガクサー

学生団体おりがみ ボランティア

学生 団体 おりがみ

オリンピック・パラリンピックを、学生、みんなで 2020年、東京オリンピック・パラリンピック。 世界各地の人がこの地、この時に思いを馳せ、東京、日本、そして世界が変わっていく。 このオリンピック・パラリンピックの大きな可能性に魅かれて、私たちは集まりました。 学生団体おりがみの夢 「学生が軸となり、ひとりでも多くの人が関われるオリンピック・パラリンピックをつくること」 それが私たち学生団体おりがみの夢です。 このようにして、ひとりひとりの心を動かし、そして大会が終わってもその心に遺していく。 そのようなオリンピック・パラリンピックを目指して活動しています。 おりがみの活動 活動には「学び」と「実践」2つのフェーズがあります。 最初は知識ゼロでOK!むしろ最初から知識のあるメンバーは少数です。 イベントはとても楽しく、誰もがワクワクするようなものを企画しています!難しく考えなくても大丈夫! この2つのフェーズを繰り返してオリンピック・パラリンピックについて知ることで、誰でも自分の得意分野でオリンピック・パラリンピックに向けて『これをやりたい!』が見つかります! 現在、おりがみが開催するイベントは以下の6種類の属性を組み合わせています。 もちろん、組み合わせず単独という場合もあります。 例えば教育では、高校生向けのディスカッションイベントを開催しました。 私たちはこのような活動を学生主体で産学官と連携し、広げています! What we can do 具体的にどんなことができるの?• オリンピック・パラリンピックに関わっているという確かな実感を得られる• 学生という立場から社会課題にコミットしていくことができる• 様々な分野の、一生ものの仲間と出会える• 様々な分野の大規模なイベントの企画・運営に携われる• 大学や官公庁、企業などと協力して活動ができる• 誰も挑戦したことのない未知の世界をどんどん切り拓ける• 「これをやりたい!」というテーマが見つけられる 新メンバー募集 学生団体おりがみで一緒に楽しく活動するメンバーを募集しています。 スポーツ、文化、環境、国際交流、ユニバーサルデザイン、教育のどれか一つにでも関心のある学生• オリンピック・パラリンピックが少しでも気になっている学生• 新しいことに挑戦したいという学生• 一生ものの仲間がほしいという学生• 熱意を持った学生•

次の

学生団体おりがみ ボランティア

学生 団体 おりがみ

2019年も2月を迎え、いよいよ2020年卒の新卒採用が始まろうとしています。 早い時期に優秀な学生を獲得したいと考える企業は多く、すでに本格的に採用活動を始めている企業も出てきています。 新卒の有効求人倍率は上昇傾向にあり、優秀な学生を中心に企業どうしで獲得競争が起こっている状況にあります。 このように、近年は学生から企業にアピールするという従来の就職活動から、 企業が学生にアプローチする採用活動に変わりつつあります。 その中で 企業は積極的に学生と接点を持ち、自社に会う人材を見つける必要があります。 そこで、企業が効率的に学生にアプローチするために知っておきたいのが「 学生団体」です。 本記事では、学生団体の実態から接触する方法、30の団体紹介まで、学生団体について徹底的に分析・解説します。 01|学生団体とは? 学生団体とは、大学生を中心に、同じ目的を持って活動する団体を言います。 学生団体といえば「意識が高いだけの大学生」や「サークルと変わらないのでは?」という意見があります。 このように、採用担当者も学生団体への理解が無いと、採用活動において「 果たして学生団体での活動を評価していいのか?」という迷いが生じてしまいます。 そこでまずは、学生団体とはどういった集団であるのかを解説していきます。 「学生団体」とは、大学生が中心となって活動している団体を言い、法的な概念では「任意団体・権力なき社団」とされます。 任意団体とは、同じ目的を持った人が集まって設立された組織であり、会社のように法律で定められた組織ではありません。 ただし、学生団体の中にはNPO法人(特定非営利活動法人)として登記し、活動している団体も存在します。 メンバー全員が同じ大学の団体もあれば、いくつもの大学の学生が集まって活動している団体もあります。 大きな団体になると全国各地に拠点を持っていたり、国境を超えて世界中にメンバーがいたりと、活動スタイルはさまざまです。 何をしているのか 学生団体は、それぞれの団体が「 理念」や「 ビジョン」を持ち、それらを軸にさまざまな活動をおこなっています。 その内容は、 イベントの開催やボランティア、国際交流などが挙げられます。 団体が大きいほどその影響力も強く、メディアに取り上げられるほどの活躍を見せる団体も存在します。 サークルとの違い 学生団体は、大学生が集まって活動するという点で「サークル」と混同されやすいですが、 学生団体とサークルは別物であると言えます。 その違いとして、 サークルが「内輪=サークルのメンバー」に向けた活動をおこなうのに対し、学生団体は「外輪=社会」に向けた活動をおこなうことが挙げられます。 外輪=社会とは、学生団体は活動の中で個人、企業、公共団体と、大学外の組織を指します。 学生が、社会に向けて何かを主張したり、影響を与えることができるのです。 一方でサークルは、趣旨が趣味の共有や同じ大学の学生どうしの交流であったりと、活動の範囲が大学内に限定される場合が多いです。 また、学生団体は企業のように「団体ホームページ」を持ち、サイトの中で理念や活動内容、活動報告を掲載していることがあります。 このように、社会との関わりがあるという点で、学生団体はサークルよりも公的な組織と言えるでしょう。 学生団体の学生を採用するメリット 活動する上で学生団体は「理念」という明確な軸を持ち、メンバーが同じ目的意識を持って活動するという特徴があります。 そのため 学生団体には、目的を達成するために行動し、芯が強い学生が多くいます。 このような学生は、新卒採用市場において価値が高いと言えます。 また、学生団体に所属する学生は、活動の中で経験したことが本人のやりたい仕事や将来の夢などに大きく影響します。 きちんとした根拠を持って自分の夢や将来像を語ることができる学生は、入社後の活躍が期待できるでしょう。 【メリット】 優秀な学生が多く、入社後の活躍が期待できる 03. 学生団体を採用するデメリット 一方で、 学生団体の学生はその意識の高さから「自分の思い描いていた社会人像と違う」と入社後にギャップを感じてしまうことがあります。 そういった場合に現実を受け止められない学生は、早期に退職してしまう可能性があります。 企業にとって、せっかく採用した学生が入社してすぐに辞めてしまうことは大きな痛手となるでしょう。 学生団体の学生を採用する際は、本人の考えと会社のビジョンや理念がマッチしているかを入念にすり合わせる必要があります。 【デメリット】 企業と学生の ミスマッチが生じる可能性がある 02|学生団体の種類 学生団体の活動内容は大きく分けて、 イベント系、 ビジネス系、 ボランティア系、 国際系、 研究系のジャンルに分けることができます。 そして、学生団体の種類によって所属する学生の特性に傾向があると考えられます。 では、学生団体の種類によってどのような学生が所属しているのでしょうか。 イベント系の学生団体 イベント系の学生団体は、イベントの企画・開催が主な活動内容です。 具体的には、学生が集まる音楽フェスやファッションショー、オリンピックに向けた国際交流の場の企画などが挙げられます。 イベント系の学生団体に所属する学生は、基本的に「イベントが好き」「人が好き」な学生が多い傾向があります。 また、「集団で何かをやり遂げることに達成感を感じる」「0から1を作り上げることが好き」など、イベントを成功させることに喜びを感じる学生も多いのではないでしょうか。 そして、「 主体となって企画したイベントで1000人以上を集めた」学生や「 10社以上の企業から協賛を受けた」という実績を持つ学生もおり、そのような学生は 入社後も マ ネジメント力や周りを巻き込む力を発揮できると考えられます。 ビジネス系の学生団体 ビジネス系の学生団体はビジネスコンテストの開催を目的としている団体もあれば、新商品の開発や企業のコンサルティングをおこなうなど、ビジネス要素の強い活動をおこなう団体です。 ビジネス系の学生団体に所属する学生は、そもそも企業に興味があったり、ビジネスの仕組みを理解したいという学生が多いと考えられます。 そして、商品開発や企業のコンサルティングをおこなう団体は「課題を解決したい」という考えを持っているため、問題を解決することにやりがいを感じる学生が多いと考えられます。 ビジネス系の学生団体の学生は、活動の中で交渉や営業をおこなうことがあるため、 活動の中で自然に コミュニケーション能力や ビジネスマナーが付くと考えられます。 ボランティア系の学生団体 ボランティア系は国内での募金活動、障がい者支援、ゴミ拾いなどの非営利目的の活動をおこなう団体を指します。 ボランティア系の学生団体には、「人のために何かをしたい」「社会の役に立ちたい」という気持ちが強い学生が多くいます。 お金というよりは、自分が何かの役に立つことに喜びを感じるのではないでしょうか。 ボランティア系の学生団体に所属する学生は、「 被災地への義援金として100万円集めた」ことや「 ボランティア活動のために全国何箇所も訪問した」などの実績を持つ学生がいます。 このような学生は、 目標を達成する実行力と行動力があると言えます。 国際系の学生団体 国際系の学生団体は、途上国での教育支援、ボランティア活動をおこなう団体もあれば、国内で外国人との交流イベントを開催する団体もあります。 国際系の学生団体に所属する学生は、ほぼ全員が「海外が好き」だと言えます。 加えて、途上国でボランティア活動をおこなったり国際交流会を開催したりと、他のジャンルが掛け合わさったような多様な活動をおこなうため、 好奇心の強い学生が多いと考えられます。 団体での活動の中で「 国際交流をきっかけに1年間の留学に行った」学生や「 ボランティアのために貧しい国に行き、元気で生活した」という実績を持つ学生は、 行動力のみならず環境が変わっても頑張ることができる適応力があると言えるでしょう。 勉強系の学生団体 研究系は、特定の分野の研究やその研究結果をコンテストで発表することを目的として活動する団体になります。 勉強系の学生団体は、専門分野の研究に力を入れることから「とにかく一つのことに集中して取り組むことが好き」な学生が多いでしょう。 なおかつその対象が学問であることから、勉強系の学生団体に所属する学生は知的好奇心が強いと言えます。 また、研究のための調査や発表をおこなうため、活動する学生には リサーチ力や プレゼンのスキルが身に着くと考えられます。 「 某研究機関と共同で研究をおこなった」ことや「 研究発表会で優秀賞を獲得した」などの実績を持つ学生もおり、 技術職・専門職での活躍が期待できる学生も多いと言えます。 03|学生団体と接触するには このように、学生団体に所属する学生は、企業から見ても十分に評価できる優秀な人材であると言えます。 そのため、 企業の採用担当者は学生団体に接触することで、優秀な学生に出会うチャンスを高めることができます。 また、一度学生団体と関わりを持つことで、 枝分かれ状に多くの学生とつながることができるうえに、その年の代だけでなく次の年の代、その次の年の代と 何年にも渡って交流できるというメリットもあります。 学生団体と接触する方法としては、以下が挙げられます。 学生団体検索サイトで調べる 学生団体と接触するためにはまず、どのような学生団体が存在するのかを調べましょう。 学生団体を調べるには専用の 検索サイトを利用することがおすすめです。 検索サイトを利用すると、学生団体が一覧で表示され見やすいうえに、知りたい情報をまとめてみることができます。 そのため、数多くある学生団体の情報を整理でき、自社に合う学生がいそうかどうかを判断しやすくなるでしょう。 本記事では、全国の学生団体を紹介している検索サイトまたはメディアサイトの中から、4つのサイトをご紹介します。 ガクサー 「ガクサー」は全国の学生団体、サークルが集まるサイトです。 大学別やカテゴリー別で探すことができるほか「メンバーが30名以上」や「活動頻度が週4日以上」などの細かい検索条件を設定することができ、効率よく学生団体を検索することができます。 その登録団体数は3,122団体(2019年2月時点)と、学生団体の検索サイトのなかではもっとも多くの学生団体が掲載されているサイトです。 学なび! 「学なび」は、学生団体および、学生による活動を紹介する情報プラットフォームです。 学なびには「常に新しい情報を掲載している」ことや「キーワードで検索できる」という特徴があります。 学生団体の詳細ページには「団体紹介」や「活動内容」の欄が設けられており、より深く知りたい場合に団体のホームページに飛ぶこともできます。 TASUKAKE TASUKAKEは、「an」が運営する学生応援コミュニティです。 TASUKAKEの特徴は、企業が協賛として学生団体に出資することができることです。 企業は協賛をすることで、学生と直接接点を持つことができます。 採用活動だけでなく、大学生対象のセミナー・イベント・マーケティング・商品開発などをおこなう際にも利用することができます。 ガクセイ基地 「ガクセイ基地」は、大学生のための情報発信サイトです。 スキルアップや留学・海外旅行についての記事や新卒就活サイトの一覧などのコンテンツとともに、約100の学生団体が紹介されています。 他のサイトと比較して紹介されている学生団体の数は少ないものの、一つ一つの学生団体に対してインタビュー形式でさまざまな質問がされており、エピソードとともにより詳しい団体の実態を知ることができます。 スカウトサービスでアプローチする 企業が学生と接点を持つ手段として「 スカウトサービス」があります。 スカウトサービスとは、 企業から学生に直接アプローチすることで、優秀な学生の採用に繋げるサービスです。 以下で紹介するサービスは、プロフィールの欄に「学生団体」の項目があり、学生がどの団体に所属しているかがひと目で分かります。 気になる学生が所属している学生団体を、検索サイトを利用して調べればどのような活動をしていたかを知ることができます。 気になったらすぐに 「スカウト」という形で、少ない工数でアプローチすることができます。 以下で、編集部おすすめのスカウトサービスをご紹介します。 ガクセン 「ガクセン」とは、上位1%程度の「すごい学生」ばかりを集めて紹介すると掲げる逆求人型の就活サイトです。 ガクセンでは、学生のプロフィールとインタビュー記事が掲載されており「企業自らが自社にマッチした学生を探し、アプローチをかける」という採用スタイルをとっています。 登録されている学生は、学生団体のリーダー格や、自ら企業に足繁く営業をかけて収益を上げている学生ばかりです。 アクティブで元気な学生にピンポイントにアプローチしていくことで、会社の将来を背負って立てる力強い学生を採用できるチャンスを広げることができます。 運営会社:株式会社グローアップ URL: SCOUT 「SCOUT」は、キャリアパークはスカウト型合同選考イベントです。 企業名を非公開で、イベント開催趣旨のみで学生を集客しています。 そのため、企業名やブランドといった表面的な要素で企業を選択している学生ではなく、イベントのコンセプトや、企業のより内面的な点に共感した学生を集客しています。 イベント1開催あたり参加学生数は約20名、参加企業数も5社と小規模での開催となっており、対話の量を増やし相互理解を高めることができる構成になっています。 また、大手・中小・ベンチャーをフラットに見ている学生が多く、また学歴はMARCH以上が5割、その他の大学が5割となっています。 運営会社:PORT株式会社 URL: 03. 学生団体に所属していた内定者(または社員)の力を借りる また、 自社の内定者(または社員)の所属していた学生団体と接点を持つことも挙げられます。 自社で活躍する社員が所属していた団体であれば、 社風に合う学生に出会える可能性が高いと言えます。 その場合は、内定者(または社員)の方に学生団体と連絡を取ってもらい、間をつないでもらいましょう。 あとは、気になる学生がいれば団体を通して紹介してもらうことができます。 団体にとっても、自分たちの先輩が働いている企業ということで、安心して学生を紹介することができるでしょう。 04|全国30の学生団体をご紹介! 学生団体を探せる検索サイトをご紹介しましたが、 そもそも探すことが手間だという採用担当者の方のために、HR NOTE編集部で 全国の学生団体の中から優秀な団体を30、ピックアップしました! 「 活動内容が明確で2019年現在も活動中であり、かつしっかりとしたホームページを持っている」というのが選出の基準となっております。 学生団体の規模は、小規模で10人~50人、中規模は50人~100人、大規模だと100人以上とさまざまです。 活動内容は企業取材、イベント取材、記事配信、イベント企画、理系学生コミュニティーの拡大などがあります。 団体名:学生団体Volante 団体HP: 12|180 Degrees Consulting Japan 「180 Degrees Consuting Japan 180DCJ 」は、NPOやNGOなどの社会活動を行う組織に対して、無償で課題解決のためのコンサルティングを行う学生団体です。 具体的には、組織の規模拡大や運営改善のための施策案の策定・提案を行っています。 これまでに17つのプロジェクトを担当しています。 源流は2008年にシドニー大学において立ち上げられた学生団体である180 Degrees Consultingです。 180DCJはその東京支部にあたり、2012年10月に東京大学の学生を中心としたメンバーによって発足しました。 現在は東京大学の他に、一橋大学、早稲田大学、慶應大学を始めとした大学生・大学院生によって構成されています。 団体名:NPO法人 ROJE 日本教育再興連盟 団体HP: 04 国際系の学生団体 10~50名の小規模団体 22|フェアトレードドリップパックプロジェクト 「フェアトレードドリップパックプロジェクト」は、ラオス産のフェアトレードコーヒーを取り扱う学生団体です。 ラオスの生産者の生活状況、フェアトレードを伝えるため、そして「フェアトレード商品を日本で売るだけでなく、一歩踏み込んだフェアトレード活動を!」という想いから2011年に発足しました。 活動内容は、ラオス産アラビカ種ティピカコーヒーを使用した商品開発から、渉外活動、イベントでの販売、ネット販売です。 また、年に一度ラオスのコーヒー生産者のもとへ訪れ、そこで得た情報等を日本の消費者へ発信しています。 団体名:STUDY FOR TWO 団体HP: 05 研究系の学生団体 10~50名の小規模団体 27|CORE Challengers Of Rocket Engineering 「CORE Challengers Of Rocket Engineering 」は関東圏の大学生が集まり,ハイブリッドロケットやCanSat(缶サイズの模擬人工衛星)の製作・打上を行っているインターカレッジサークルです。 航空宇宙に興味があり、ロケットを自分の手で打ち上げたいという想いを持った学生が多く集まっています。 COREの学生は、実践的なプロジェクトを通して、ロケットの設計製作に必要な技術や知識とともにプロジェクトマネジメント、ロジカルシンキング、システムズエンジニアリングなどを学んでいます。 団体名:東京学生英語劇連盟2019 団体HP: 05|【番外編】キャリア支援団体 キャリア支援団体とは、上記で紹介した学生団体やNPO法人とは少し異なり、学生の就職活動を支援することを目的とした団体を指します。 その活動内容は、面談などによる自己分析・就職活動の軸の整理といったキャリアコンサルティング・グループディスカッションなどの選考対策ワークショップ・学生と企業が接点を持てるイベントの開催などが挙げられます。 キャリア支援団体には自身のキャリアについて真剣に考えてる学生が多く所属しているため、彼らと接点を持つと就活に対する意識や情報感度の高い学生に出会えるというメリットがあります。 そこで本記事では、番外編として全国的に有名なキャリア支援団体をご紹介します。 en-courage 「en-courage」は2015年に京都大学で誕生した「全ての就活生が本質的なキャリア選択を通じて人生を最大化する」ことを目的として活動するキャリア支援団体です。 en-courageには各大学ごとに支部があり、各大学に合わせたキャリア支援をおこなっています。 具体的には、日系有名企業・大手・ベンチャーなどの内定者がメンターとなり、所属する学生(就活生)を支援しています。 各支部は地域や、場合によっては大学単位で存在し、支部の新設など組織としての規模も年々拡大しています。 団体名:en-courage URL: 06|まとめ いかがでしたでしょうか。 全国には、学生が主体となって社会に貢献している学生団体が多くあり、ただ意識が高いのではなくしっかりと目的意識を持って活動に取り組んでいます。 そして、学生団体で熱心に活動に取り組んだ学生は、活動中に関わりのあった企業や事業内容に興味を抱きやすく、志望度も高くなるでしょう。 企業は優秀な学生と出会うきっかけを積極的に作りだすことで、採用活動の成功につなげることができるでしょう。 そして企業と学生団体は、一度接点を持つと後輩、そのまた後輩と縦のつながりを作ることができます。 自社の社風にマッチした学生が所属する学生団体とうまく繋がり、リファラル採用活動に力を入れましょう。

次の

学生団体おりがみ ボランティア

学生 団体 おりがみ

本日はとても素晴らしい取り組みをされているので 当社のブログで絶対紹介しよう! 次の記事は絶対紹介しよう!と思っていた学生団体を紹介します。 そんな学生団体おりがみとの出会いは… 「撮影」 です。 1年間で学生が軸となり、ひとりでも多くの人が関われるオリンピック・パラリンピックをつくるためにどんな活動をしてきたのかが ギュッとつまっています。 ~*2018年度報告会にも参加させていただきました。 *~ 2020年オリンピック・パラリンピックを成功させるべく、若い世代が日本を盛り上げるためにできることを中心に熱い議論が繰り広げられていました。 学生のうちからこのような団体に入り一生懸命に活動するということは、今後の人生においても重要なスキルを得ることができるなと感じることができました。 (by社長) その願いの通り、今年は39名の参加! 全員で日本一の山で御来光を見ることができました!! 👏👏パチパチパチ 昨年に引き続き2年連続全員登頂です。 毎年全員が登れている訳ではありません。 特に新卒社員として参加した方の中には、 高山病による体調不良で立ち止まってしまう人が数名、、、😢 過呼吸や頭痛が起きてしまっても「登りたい」と、 皆で助け合いながら最後まで頑張りぬいたガッツある39名を \ とくとご覧あれ! / ワァーーーー😆👏🎉 \ 社員インタビュー! / 【引率の社員】全員登頂できた1番の要因は? 1番の要因は 新卒の同期を思いやる気持ちだと感じました。 体調不良の同期の荷物を元気な男子数人で交代しながら持ってあげたり、ペースを合わせてゆっくり登ってあげたりと本当に素敵な場面が沢山ありました! 【参加者一の巨漢(約100キロ)の社員】辛かったですか? 辛かった。 辛かったけど、この上ない達成感を感じれたことや、僕も頑張ればできるんだという自信にもつながりました。 皆との支えあいで仲も深まったので登って本当によかった。 人間の可能性を感じることができました!(今まで諦めていたダイエットに励みます!笑) 【体調不良になってしまった社員】根性あるね! 皆に迷惑かけっぱなしだったんですけど、色んな人に助けがあって、何とか頂上まで行けて 皆といい思い出が出来ました!頑張って良かったです!今後の仕事も頑張ります!! 【昨年登った社員】思い返してみてどう? もちろん富士登山は優しいものではありませんでした。 間違えた。 こちらがAさんです。 笑 明るさ優しさ面白さその他もろもろ たくさん兼ね備えておられる方です。 世界を動かす会社を創る。 」 千株式会社.

次の