酢豚 レシピ。 酢豚に合うおかず・献立27選!簡単付け合わせメニュー・副菜・スープは?

中華の定番料理!酢豚のレシピ・作り方まとめ

酢豚 レシピ

酢豚の材料(4人分)• 豚肩ロース(350g)・・塊• 干し椎茸(4〜5枚)• ピーマン(3個)• 片栗粉(大さじ6〜7)• 揚げ油(適量)• サラダ油(大さじ1)• ごま油(少々) 豚肉下味• すりおろし生姜(小さじ1)• 醤油(小さじ2)• 紹興酒(小さじ1)・・またはお酒• 砂糖(小さじ1)• ごま油(小さじ1)• 塩(少々)• コショウ(少々)• 卵白(1個分) 甘酢あん• 醤油(大さじ1)• トマトケチャップ(大さじ1)• 紹興酒(大さじ1)・・またはお酒• 塩(少々) 水溶き片栗粉• 片栗粉(大さじ1)• 水(大さじ1) 酢豚の作り方• 干し椎茸(4〜5枚)は軽く洗ってから少なめの水で戻し、水気を絞って軸を取り、3〜4等分に切ります。 ピーマン(3個)は縦に半分に切ってヘタを除き、横半分に切ってさらに上部は2等分に切ります。 豚肉(350g)は全体をフォークで刺してから筋切りし、2. 5cm角程度に切ります。 ボウルに豚肉を入れて、豚肉の下味の材料の卵白以外の調味料を順に加えてよく揉み込み、肉に吸わせます。 そして卵白(1個分)を加え、さらに揉み込みます。 小鍋に甘酢あんの材料を合わせ、温めておきます。 水溶き片栗粉の材料を別の容器に混ぜ合わせておきます。 深めのフライパンにサラダ油(大さじ1)を引いて熱し、玉ねぎ、しいたけ、ニンジンを入れて強めの中火で炒めます。 ピーマンを加えてさらに炒め、玉ねぎの周りが透き通ってきたら、温めておいた甘酢あんを加えます。 煮立ったら、水溶き片栗粉を回し入れてとろみをつけます。 豚肉を加えて手早くあんをからめて、ごま油(少々)を回しかけて器に盛り付けます。 お好みでパンを添えていただきます。 酢豚のポイント このレシピのポイントです。 素材の下処理が重要になります。 干し椎茸は少なめの水で1時間ほど置いて戻し、4等分に切ります。 ニンジンのポイントは、切った後に 「下茹で」をすることです。 このひと手間でほどよい食感になります。 豚肉はフォークで刺して、包丁で筋を切ってから2. 5cm角に切り、8種類の材料でしっかりと下味をつけます。 下味が付いた豚肉に 「卵白」を入れてコーティングすることで、カリッと仕上がります。 感想 豚肉に下味をしっかりとつけてあるので、揚げたてをそのまま食べてもとても美味しいということでした。 これはぜひ作ってみます! 栗原はるみの酢豚を作ってみました というわけで早速ですが、栗原はるみ流の酢豚を作ってみました。 子供もダンナもピーマン嫌いということで、ピーマンの代わりにレンコンで作ってみました。 だいぶ色味的なものがアレですけど、ダンナは美味しいと言ってたくさん食べていましたが、子供は酸っぱいものが食べられなかったので不評だったのが残念です。 はるみさんも言っていましたが、少し酸っぱめの酢豚でしょうか。 そこは調整するればいいとは思いますが、酸っぱくて美味しいというのもあったと思います。 ただしピーマンが入っていないと、見た目以上に味にしまりがない感じになってしまいましたが、基本的には美味しく仕上がったと思います。 食感的にはレンコンの方がいいですしね。 まあレンコンはオススメしませんが、はるみさん流の酢豚はオススメです。 ごちそうさまでした!.

次の

中華の定番料理!酢豚のレシピ・作り方まとめ

酢豚 レシピ

酢豚について 酢豚とは、中国料理の古老肉 クーラオロウ のことで、下味をつけた角切りの豚肉を使い、衣をつけて油で揚げ、甘酢あんを絡ませたもの。 古老肉は広東料理で、現在では具に野菜や果物を含めた彩りよくフルーティーな味のものが多いです。 また上海方面では、糖醋肉(タンツウロウ)と呼ばれ、具は豚肉のみ、もしくは他の具は少なめで酢と砂糖と醤油を使う比較的シンプルなものを指す場合が多いそうです。 日本に伝わってきた中国料理の中でも酢豚は人気の高い料理ですが、漢字表記が「古老肉」の為、古くなって腐った肉を食べさせられるみたいで印象が悪く、発音も「クーラオロウ」と言いにくかった為、日本では「酢豚」という分かりやすい名前になったと言われています。 酢豚の調理法について 酢豚の基本の作り方は、豚肉を2㎝角に切り、醤油と酒、しょうが汁で下味をつけ揉み込みます。 この時肉を室温に戻すこともポイント。 たけのこ、たまねぎ、にんじん、ピーマンは豚肉の大きさに合わせて切ります。 甘酢ダレの酢、醤油、ケチャップ、砂糖、塩、鶏ガラスープの素、水溶き片栗粉を合わせておきます。 豚肉は片栗粉をまぶし、揚げていき、野菜は油通しをしておきます。 にんじんは電子レンジで加熱しておきます。 フライパンに、大さじ1の油とにんにくを入れて香りをだしたら、甘酢ダレ入れて熱し、豚肉と野菜を絡めて出来上がりです。 ポイントは、火の通りが均一になるように具材の大きさを揃えること、甘酢ダレを熱した後に具を入れることです。 味が絡みやすく美味しく仕上がりますよ。 豚ロースで作る具だくさん酢豚です。 作り方は、肉とピーマン、にんじん、さつまいも、なすを一口大に切ります。 にんじんとさつまいもはレンジで3分加熱します。 フライパンにごま油をしき、肉を炒め、野菜も加えて炒めます。 ケチャップ、酢、醤油などの合わせダレを入れ、水気が飛ぶまで炒めたら出来上がり。 炒めすぎて柔らかくならないよう、食感を残す程度に仕上げるのがポイント。 中華の定番、人気の酢豚のレシピ。 作り方は、肉とピーマン、玉ねぎ、にんじん、椎茸を一口大に切り、肉は塩コショウをし、片栗粉をまぶします。 サラダ油をしいたフライパンで肉を炒め、焼き色が付いたら蒸し焼きに。 別のフライパンで椎茸、にんじん、玉ねぎを炒め、肉とピーマンも加えて更に炒めます。 ケチャップ、醤油、酢などの合わせダレを加え、炒め合わせたら出来上がり。 肉は蒸し焼き後に強火で表面を香ばしく仕上げるのがポイント。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

中華の定番料理!酢豚のレシピ・作り方まとめ

酢豚 レシピ

酢豚について 酢豚とは、中国料理の古老肉 クーラオロウ のことで、下味をつけた角切りの豚肉を使い、衣をつけて油で揚げ、甘酢あんを絡ませたもの。 古老肉は広東料理で、現在では具に野菜や果物を含めた彩りよくフルーティーな味のものが多いです。 また上海方面では、糖醋肉(タンツウロウ)と呼ばれ、具は豚肉のみ、もしくは他の具は少なめで酢と砂糖と醤油を使う比較的シンプルなものを指す場合が多いそうです。 日本に伝わってきた中国料理の中でも酢豚は人気の高い料理ですが、漢字表記が「古老肉」の為、古くなって腐った肉を食べさせられるみたいで印象が悪く、発音も「クーラオロウ」と言いにくかった為、日本では「酢豚」という分かりやすい名前になったと言われています。 酢豚の調理法について 酢豚の基本の作り方は、豚肉を2㎝角に切り、醤油と酒、しょうが汁で下味をつけ揉み込みます。 この時肉を室温に戻すこともポイント。 たけのこ、たまねぎ、にんじん、ピーマンは豚肉の大きさに合わせて切ります。 甘酢ダレの酢、醤油、ケチャップ、砂糖、塩、鶏ガラスープの素、水溶き片栗粉を合わせておきます。 豚肉は片栗粉をまぶし、揚げていき、野菜は油通しをしておきます。 にんじんは電子レンジで加熱しておきます。 フライパンに、大さじ1の油とにんにくを入れて香りをだしたら、甘酢ダレ入れて熱し、豚肉と野菜を絡めて出来上がりです。 ポイントは、火の通りが均一になるように具材の大きさを揃えること、甘酢ダレを熱した後に具を入れることです。 味が絡みやすく美味しく仕上がりますよ。 豚ロースで作る具だくさん酢豚です。 作り方は、肉とピーマン、にんじん、さつまいも、なすを一口大に切ります。 にんじんとさつまいもはレンジで3分加熱します。 フライパンにごま油をしき、肉を炒め、野菜も加えて炒めます。 ケチャップ、酢、醤油などの合わせダレを入れ、水気が飛ぶまで炒めたら出来上がり。 炒めすぎて柔らかくならないよう、食感を残す程度に仕上げるのがポイント。 中華の定番、人気の酢豚のレシピ。 作り方は、肉とピーマン、玉ねぎ、にんじん、椎茸を一口大に切り、肉は塩コショウをし、片栗粉をまぶします。 サラダ油をしいたフライパンで肉を炒め、焼き色が付いたら蒸し焼きに。 別のフライパンで椎茸、にんじん、玉ねぎを炒め、肉とピーマンも加えて更に炒めます。 ケチャップ、醤油、酢などの合わせダレを加え、炒め合わせたら出来上がり。 肉は蒸し焼き後に強火で表面を香ばしく仕上げるのがポイント。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の