ゴルフ スイング 切り返し。 ゴルフで切り返しのタイミングを確実に掴める動きを暴露します!

ゴルフスイング

ゴルフ スイング 切り返し

切り返し、つまりバックスイングからダウンスイングに移行する際の動きはショットの良し悪しを左右することがよくあります。 タイガー・ウッズは切り返しについて、自身の著書、「」でこんなことを言っています: インパクトエリアでクラブを速く振れば振るほど、ボールは遠くへ飛ぶ。 口にするのは簡単だが、実際に実行するのは大変なこと。 殆どのゴルファーは切り返しを急いでしまうために一番重要なスポット(インパクト)でスピードを失っている。 Reference:Tiger Woods How I Play Golf 今回は切り返しのマジック・ムーブと題して、ゴルフスイングの切り返しとそのコツについてご紹介したいと思います。 タイガー・ウッズが考える切り返しのコツ Source: File:Military Families share golf memories at Tiger Woods tournament 090702 by SecretName101 タイガー・ウッズは切り返しでどんなことに気をつけているのでしょうか? 彼はそのことについて: 1)切り返しでは左に体重を移動させること 2)両腕が下に落ちる感覚 3)両肩をすぐには開かないこと の3つを主に挙げています。 1)の左への体重移動はわかりやすいとは思いますが、これがなかなか出来ない。 その理由は? それはそもそもバックスイングで右足に体重が十分に乗っていないから・・・かも知れません。 では本当に右足(右利きの場合)に乗っているかどうかを確かめるにはどうしたらよいのでしょうか。 それには、バックスイングのトップで背骨の角度がどうなっているかを確認すること・・だと思います。 (詳しくは「を参照ください) 2)両腕が下に落ちる感覚 3)両肩をすぐには開かないこと ダウンスイングで両肩のラインが開いてしまう癖はやっかいなものです。 切り返しですぐに肩が開いてしまうと、左に打つしかオプションがなくなってしまいます。 ()無理に真っ直ぐ打とうとすればフェースが開いてスライスか、勢いのないショットになります。 これでは最初から左を向いて構えているようなものです。 しかし、僕がやっかいであると言った理由はそれだけではありません。 「肩を開かないようにスイングすればいいのではないか」・・・そう思って実践してみてもまず上手く行かないからです。 その理由はフェースがバックスイングのトップの時点で既に開きすぎていて、切り返しでは肩を開かなければフェースがインパクトまでくると大きく開くことがひとつ、もうひとつはスイング中のフェースコントロールです。 今回は切り返しの話ですので、フェースコントロールのお話はひとまず置いておきます。 2)両腕が下に落ちる感覚 打ち急いでしまう癖のある方には、とっても信じられない言葉かも知れません。 すぐに打ちにゆきたい気持ちを抑えるようなものですから。 しかし、切り返しについてこんなことを話しているのはタイガー・ウッズだけではありません。 以前にも グリップエンドをボールに向かって引きおろすというアーニー・エルスの方法をご紹介しています。 飛ばし屋と呼ばれる人たちは皆、バックスイングで作った手首のコックをぎりぎりまで解かない打ち方をします。 ダウンスイングで「ため」を作っているわけですね。 ためを作れない、ためを作ると余計ひどいショットになる理由はダウンスイングで両肩のラインが開いてしまう原因とよく似ています。 切り返しのマジック・ムーブ ゴルフスイングにマジック・ムーブ(魔法のような動き)があるとしたら、それは何でしょうか・・・? ある程度上達をしてくると、誰もがちょっとしたゴルフの秘訣や秘密を持つようになるものだと思います。 こう構えると真っ直ぐ打てる、こうやってグリップを握れば、スライスを抑えることができる・・・etc 気づいたら傘を持つ手がグリップの握り方になっていた・・・何てことがあったりして。 ゴルフは、悩めば悩むほど、魔法のような何かが欲しくなるものかも知れません・・。 さて、トム・カイトやベン・クレンショーといったスターを育て上げたハーヴィー・ぺニック (1904-1995)というゴルフレッスンプロがいました。 彼は: もし、ゴルフにマジック・ムーブ(魔法のような動き)があるとすれば、それは切り返しにある。 そんな風に話したことがありました。 彼の言う切り返しのマジックムーブとは: 切り返しを行うには、左足に体重を移動させながら、右ひじを体の近くに持ってきて下さい。 この動きは同時に行います。 Reference: Harvey Penick's Little Red Book "Magic Move" 左足に体重を移動させると同時に右ひじを体の近くに寄せる・・・右の脇をしめるような動きになりますね。 彼はこの練習をする際、ボールがあると思って行うこと、そして切り返しで左足に体重が移行する際に頭も一緒に左に移動しないようにすることを注意しています。 その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。 一度ご覧になってみてください。

次の

解説!腰の切り返しのベストタイミング

ゴルフ スイング 切り返し

ゴルフスイングの切り返しは野球スイングとは異なる よく、プロ野球選手はゴルフが上手いと言われます。 やはり、バットを振る動作とゴルフクラブを振る動作とが同じだからでしょうか。 実の所、スポーツセンスなどの要素を除くとこの考えは勘違いな事がわ分かります。 野球のスイングはピッチャーが投げたボールに対して上から叩くという表現になります。 このスイングでゴルフクラブを振ると、ドスライスとなります。 なぜでしょう? ダウンスイングの切り返しから右肩が前に出て、そこからクラブを下ろしてくる動作になる為です。 この軌道ではどう頑張ってもアウトサイドからしかクラブは下りてきません。 ゴルフを始めて最初にクラブを振ると、ほとんどの人がスライスします。 これは、ゴルフスイングというものがそれまで経験してきた棒を振ったり、バットを振ったりする振り方と異なるからです。 どこが一番違うのでしょう。 それは、切り返し後の腕の自然落下になります。 プロ野球選手にゴルフが上手な方が多いのは、それだけゴルフをプレーされているからです。 また、この自然落下を身につけると、ゴルフの内容がガラッと変わります。 日々スライスでお悩みのゴルファーには、是非身につけていただきたい動作です。 ゴルフスイングの腕の自然落下はどの様な動作なのか ゴルフ雑誌でプロゴルファーの後方からの写真がよく掲載されてますよね。 アドレスから、バックスイング、トップ、切り返し、ダウンスイング、インパクト、フォローと写真が並んでおります。 ここで、トップからダウンスイングに移る際、右わきが狭くなり、人によっては体にピタッと引っ付く位のプロもいます。 そうです。 この動作があるから腕が自然落下している様に見えるのです。 ゴルフスイングにおいて、ストレートボールを打つにはインサイドインの軌道が必要になります。 インサイドアウトならフック系、アウトサイドインならスライス系の球筋になります。 ダウンスイングの初期にインサイドにクラブを下ろすために、手が真下に下りてきてオンプレーンに載せる事ができます。 これを写真で見ると自然落下している様に見えるのです。 また、これが ダウンスイングのタメと言われます。 切り返しで腕を自然落下させるために必要な事 では、どの様にすればインサイドにクラブを下ろしてくる事ができるのでしょうか。 まず、手や腕でなんとかしようとされる人がほとんどだと思います。 ゴルフ雑誌でプロのスイングを見て、ここでこうして、こう振ってみたいな感じでしょうか。 しかし、手や腕だけで振っても切り返しで腕を自然落下させ、スクエアにボールへコンタクトさせる事は難しいのです。 これは、ゴルフスイングは回転しながらボールを打つものであり、回転が止まった状態で腕だけ下に下ろしてもボールの前を叩くだけであり、ダフるだけなのです。 では、どうしたらよいかと言いますと、クラブをトップまで持っていった後、身体の左サイドで引っ張るのです。 いくつか練習方法がありますが、 トップで手を止めて壁などにグリップエンドを引っ付けてクラブを下ろす練習を行ってみてください。 きっと、身体の左サイドでクラブを下ろす感覚が身につくはずです。 切り返しで自然落下する動作が大きいとどうなるのか 身体の左サイドで振れる様になれば、極端なスライスは出なくなります。 これは、ダウンスイングの初期で左肩が前に出なくなる為です。 左肩が前に出なくなるという事は、アウトサイドからクラブが立って下りてこなくなります。 ここから、更に左サイドでクラブを振る動きを強めて、切り返しで右腕の自然落下する形を大きくしてみます。 タメを大きくするのです。 恐らく、タイミングで身体の回転が遅いとダフり、早いと振り遅れになって右へボールが飛び出すと思います。 この打ち方には究極的なコツが一つあります。 ダウンスイングに入るや否や、一瞬身体の左サイドを止めるのです。 身体の左サイドに向かってクラブをぶつけてくるイメージでしょうか。 昔のクラブ(スチールシャフトに木のヘッド)、そうパーシモンですね。 この時代はそんな打ち方をしていました。 あのクラブはシャフトをたわませて反動で飛ばす、いわゆる弾くスイングの為、タメがないと飛距離が出なかったり、ヘッドがボールにスクエアに当たりにくいという事がありました。 その為に、昔のプロゴルファーは強烈なタメで打つ選手が多かったのです。 しかし、現代のクラブはカーボンシャフトに金属ヘッドという、タメなくてもクラブが飛ばしてくれる時代です。 現代のクラブで極端なタメをつくって振るというのは、ゴルフを難しくしてしまいますので、身体の回転でオンプレーンを意識したスイングが、ゴルフが上達する近道となります。 ゴルフスイングで切り返しが最も難しい さて、ゴルフスイングで腕が自然落下するとオンプレーンで振れる事はわかりましたが、壁にグリップエンドを当てる以外に練習方法はあるのか見てみましょう。 私が考える切り返しの練習は、練習場でボールを打たない事。 しっかり素振りをして切り返しのイメージを先に作ってしまう事だと考えております。 これは、練習場でボールを打つと、どうしても視覚から脳がボールを打つ事を優先してしまい、身体の後ろにある腕とクラブの動きを意識できなくなるからです。 ただやみくもに打つだけでは上手にならないと誰もがわかっているのですが、どうしても打ってしまう。 当たり前なのですが、 間違った動作で練習を続けても上手くなるはずがありません。 左手は通常の位置、握り方で右手を20cm程離してシャフトの方を握ります。 その状態でバックスイングを行って、トップから切り返してみてください。 どうです? 身体の右サイドが遅れてでてこないでしょうか。 この動作を繰り返し、繰り返し行ってみてください。 きっと腕の自然落下、右わきが締まったスイングが身につくと思いますよ。 ゴルフはアドレス、グリップでほとんど決まります! 当たり前ですが、ゴルフはスイングが大事です。 しかし、しかしです。 実はゴルフスイングは、アドレスとグリップ(ポスチャー)でその大半が決まってしまいます。 悪いアドレス、グリップからは悪いスイングしか生まれません。 逆に、良いアドレス、グリップからは良いスイングが生まれます。 よく言われる事ですが、 上手い人ほどアドレスやグリップを気にし、下手な人ほどスイングを意識する。 これは当たっていると思います。 どんなにヘッドが速く振れても、どんなにパワーがあっても、インパクトの瞬間にオンプレーンでスクエアにボールに当たらなければナイスショットは生まれません。 ゴルフのスコアが安定しない人、毎回スイングがばらばらの人は、切り返しや自然落下を意識する前に、アドレスとグリップを見直されてみてはいかがでしょうか。 上達への近道になるかもしれませんよ。 ゴルフスイングは全体が大切です ゴルフスイングは、クラブをオンプレーンにする為に、身体の左サイドで始動する事や切り返しからの腕の自然落下が大切です。 しかし、アドレスやグリップも同じように大切であり、全体のスイングバランスを強く意識する必要があります。 日々の練習で、クラブを振る事だけでなく、ボールを打たない身体の動きを意識した練習がオススメです。

次の

トップからの切り返しは車のローギアのように「ゆっくり」行うと力む癖が直る

ゴルフ スイング 切り返し

ゴルフにおけるスクワットの役割は? ゴルフスイングにおいてのスクワットの役割は何でしょう? それは 下半身の力をインパクトで伝えることです。 人間はいろんな動きができますが 最も大きい力を出せるのが スクワットだと思います。 人間の筋肉は上半身よりも下半身の方が大きいです。 そのため腕の力よりも足の力の方が大きな筋力を発揮できるんです。 ただし効率よく力を伝達するには知っておくべきことがあります。 それは 「地面反力」です。 地面反力をインパクトで使える 「地面反力」という言葉を知っていますか? 言葉通り 地面から受ける反力のことです。 反力とは 押し返される力のことです。 つまり地面を押すことで地面から押し返される力を指します。 例えば ジャンプがそれにあたります。 足を曲げて地面を蹴ることで地面から反力(押し返される力)をもらい飛ぶことができます。 ゴルフスイングでも 切り返しにおいてスクワットをすることでこの地面反力の力を使うことができます。 以前に詳しく 地面反力を解説してますので読んでみてください。 正しいスクワットの姿勢は? まず 正しいスクワットの姿勢から確認していきましょう。 スクワットのみのフォームを確認しますが、ゴルフにおいても基本的な動きは同じです。 背筋はまっすぐになっているか? まず一つ目は 背筋がまっすぐになっていることです。 足を曲げようとするあまり 猫背にならないように。 また反対に 腰が反ってしまう方も多いです。 背中が曲がったり反ったりしているとお腹に力が入らなく効率的に足の力を発揮できません。 お腹は常に引っ込めた力を入れた状態でスクワットをします。 この力の入れ方は ドローインと言います。 ゴルフでは必須の動きなので是非練習してください。 股関節は曲がっているか? 二つ目は 股関節がしっかり曲がっていることです。 スクワットの強い力は ひざと股関節で生み出されます。 膝が曲がっているが股関節が曲がっていない方が多いです。 ダメな例を見ながら姿勢を確認していきましょう。 純粋に股関節が曲がっていないと ひざだけが前に出てきます。 また 猫背の状態でスクワットすると一見曲がっているように見えますが、実は股関節は曲がっていません。 このような姿勢では効率よく力を発揮できません。 またバランスも悪くなり安定しなくなります。 切り返しにおけるスクワットのタイミング ではゴルフスイングにおいて どのタイミングでスクワットをするのが良いのでしょうか? 効率よく力を伝達するためには、曲げるタイミングと伸ばすタイミングが重要になってきます。 切り返しで沈み込み、 インパクト以降で伸び上がるのが最も効率が良いと思います。 切り返しの同時に沈み込む 沈み込みは力をためる役割です。 スクワットで一番力が発揮されるのは 伸びている間です。 そのためインパクト以降に伸びることを考えると、 沈み込むのはその前の切り返しの時であるべきです。 「どうせ伸びるなら最初から沈んでいればいいんじゃないの?」 と思う方もいるかもしれません。 しかしスクワットを最大限使うには、 反動を使う必要があります。 高くジャンプしようと思ったら 勢いよくしゃがんでから飛びますよね? 空気椅子の状態から飛ぼうと思っても高く飛べません。 これは 伸張短縮サイクル(SSC というメカニズムが関係しています。 この動きをうまく使うことによって筋力が強くなくても強い力を発揮することはできるんです。 つまり切り返しで クラブが下り始めるのと一緒に身体も沈み込みます。 インパクトより後で伸びる スイングで一番強い力を出したいのはインパクトの瞬間です。 そのためインパクトにスクワットの伸びるタイミングを合わせる必要があります。 しかしここで注意点があります。 それは 伸びきるのはインパクトの後ということです。 スクワットの地面反力のピークは伸びている間です。 つまり伸びきってしまうと力は弱くなってしまいます。 そのため切り返しで沈み込んだ後、地面を蹴って 伸びながらインパクトを通過していくというイメージです。 ここまでわかったでしょうか? 体の仕組みと運動学を考えると、このタイミングと動き方が 最も効率よく地面反力を使えるスクワットになると思います。 では実際にスクワットをスイングに取り入れている方もいると思いますので、悪い例を見ていきましょう。 悪いスクワットのタイミング スクワットの悪いタイミングを沈み込みと伸び上がりにわけて紹介しますが、両方とも「早い」と力の伝達がうまく出来ません。 それぞれの悪い例をみていきましょう! トップで沈み込んでしまう 一つ目の悪い例は トップスイングですでに沈んでしまっているパターンです。 これでは ダウンスイングでクラブが降りるのと同時に伸び上がってしまいます。 そうすると、インパクトより前にスクワットを終えてしまいます。 これは パワーロスや トップする原因になってしまうので注意が必要です。 先ほども紹介したように、筋肉は反動をつけるとより強い力を発揮できるという仕組みがあります。 これを SSCと呼びましたね! これをスクワットでも最大限に活用するためには、地面反力のピークである インパクトの直前に沈み込む必要があります。 そのためトップで沈み込んでしまっては タイミングが早すぎるのです。 インパクト前に伸びきっている 二つ目は インパクトの前に伸びきっているパターンです。 これは非常に多いパターンです。 要は ボールを打つ前にジャンプが終了してしまっているということです。 先ほども説明したように地面反力のピークは伸び上がっている時に生じます。 そのため、伸びきってからでは力はうまく伝わらないのです。 インパクトの瞬間にひざが伸びきって、つま先も離れそうになっていてはタイミングが早いということです。 伸びきるのが早い方は、一つ目の沈み込みも早い人が多いです。 ここまでが悪いスクワットのタイミングの例です。 いかがだったでしょうか? 今回スクワットのタイミングについて解説してきましたが、スクワットがスイングに効率よく使えているかは自分では判断できません。 なぜなら、自分の感覚ではスイングは早すぎてわからないからです。 そのため客観的にスイングを分析するのにスマホなどで撮影することをオススメします。 まとめ この記事ではスクワットを取り入れたいけど、やり方がわからない! という方に向けて解説をしてきました。 ポイントとしては、.

次の