メドレー の 株価。 メドレー【4480】株の基本情報|株探(かぶたん)

メドレー 株価 2ch 掲示板 4480 【株ドラゴン】

メドレー の 株価

日中~5年のチャートがラインチャートや4本足チャートなどで閲覧可能です。 現在値:4,080. 0円 始値:4,100. 0円 高値:4,140. 0円 安値:3,910. 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

メドレー (4480) の株価・株式|QUICK Money World

メドレー の 株価

企業名 メドレー 市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業 事業内容 【1. 人材プラットフォーム事業】医療ヘルスケア分野における日本最大級の人材採用システム「ジョブメドレー JobMedley 」とその周辺事業を運営。 医療プラットフォーム事業】日本最大級のオンライン診療システム「CLINICSオンライン診療」を中核とし、患者と医療機関双方にとってテクノロジーの恩恵を受けることが出来るプラットフォームづくりに注力。 関連テーマ メドレー【4480】の株価推移・材料 遠隔医療 オンライン診療 関連銘柄としてテーマ性を強める!! 厚生労働省は2020年3月23日、 新型コロナウイルス感染症の患者数が爆発的に増加した場合、自宅療養する軽症者へのビデオ通話によるオンライン診療に対する保険適用を特例的に認めることを発表しました。 オンライン診療ならば経過観察などのために通院しないで済むようになることから、院内感染を防ぐ利点を期待することが出来ます。 これまで生活習慣病など、慢性疾患のみが対象だったオンライン診療による経過観察が、新型コロナウイルス感染症の患者にも特例的に認められる流れとなり、メドレー 4480 など関連テーマとして「 遠隔医療 オンライン診療 」が挙げられる銘柄はテーマ性を強める流れとなりました。 2020年3月17日に発表となったIR「 新型コロナウイルス感染拡大への対応と影響について」にて、CLINICSオンライン診療のマスメディアでの露出が増え、それに伴い各種問い合わせが計画以上の推移となっていることが発表されていますが、利用者増により業績を伸ばしてくることを期待した買いが向かった印象ですね。 また、2020年3月31日、加藤勝信厚生労働相が経済財政諮問会議にて、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、 オンライン診療を初診から認める検討に入ると表明したことが報じられ、遠隔医療 オンライン診療 関連銘柄は軒並み高の展開となりました。 オンライン診療は原則として初診は対面と定められていたり、緊急時に概ね30分以内に対面診療が可能であることなどの基準が設けられており、法的規制の緩和が期待されてきていますが、院内感染を減らすには初診からオンライン診療を受けれるようにした方が明らかに良さそうですよね。 材料が続き遠隔医療 オンライン診療 関連銘柄はテーマ性を強め3月半ばあたりから大きく買われてきている印象ですが、メドレーは 年初来高値を2020年4月20日高値3,645円まで更新してきてますね。 メドレーの急騰を予想したオススメの株情報サイト コロナショックで相場が不安定な中で大きく買われる展開となったテーマ性を分析し、メドレー 4480 の人気化を見事に予想し、早い段階で銘柄紹介していた株情報サイトが「 アレス投資顧問」です。 アレス投資顧問がこれまでに紹介してきた銘柄に関してはサイト内で見ることが出来ますが、メドレーは2020年1月27日に公開された「アレスの厳選注目銘柄」にて紹介されていました。 アレス投資顧問は「Google」で「投資顧問」と検索した時に1ページ目に表示されるようなサイトなので、既に多くの方がご存じかとは思いますが、時事ネタに絡んだ銘柄や、旬なテーマ性に絡んだ銘柄など、利益に繋がりそうな銘柄情報をリアルタイムに紹介していて凄くオススメの株情報サイトです。 アレス投資顧問の代表取締役社長CEOである「阿部隆」さんは最近YouTubeで「アベタカシの投資TV」を始められたようですが、2020年3月15日に配信された第1回の動画でもメドレーが取り上げられていますね。 69% の上昇となってますが、チャートを見ると2020年3月15日 日 にYouTubeで動画を見て3月16日 月 に買いで入った人も短期で結構なプラスとなっていそうですね。 メドレーは短期で株価2倍超えとなってますが、国策絡みで中長期的な成長を見込めそうなので、今後の取引にも注目したい銘柄ではないでしょうか。 アレス投資顧問は「関東財務局長 金商 第3093号」と財務局に投資助言を行うのに必要な金商登録があるサイトで、錚々たる顔ぶれが役員を務め業界で話題の投資顧問かと思いますが、メドレーの他にもeラーニング関連銘柄の「アイスタディ 2345 」や、マスク関連銘柄の「興研 7963 」や、テレワーク関連銘柄の「アセンテック 3565 」や、院内感染関連銘柄の「日本エアーテック 6291 」など、テーマ性の流れに沿った個別銘柄をいくつも紹介してきています。 紹介内容を見ていた多くの会員は、相場が不安定な中でもしっかりと利益を得てこれていたりするのではないでしょうか。 日々サイト内で紹介されている銘柄情報などを実際にご自身の目で確認してみてもらえれば、アレス投資顧問の有益性をすぐ体感頂けるかと思いますが、良さそうな個別銘柄を探す上で大きなアドバンテージとなるのではないかと思うので、まだ配信情報を見ていないという方は今日からでもチェックしてみることをお勧めします。 アレス投資顧問の紹介銘柄 上昇株ピックアップ.

次の

メドレー (4480) の株価・株式|QUICK Money World

メドレー の 株価

)は、にを置く、医療ヘルスケア関連のインターネットサービスを提供する会社。 概要 [ ] 2009年6月、創業代表の瀧口が株式会社メドレーを創業。 2009年11月、医療介護の成果報酬型求人サイト「ジョブメドレー」を開設。 2015年2月に共同経営者としてが代表取締役医師に就任し、同月オンライン医療事典「MEDLEY」を開始。 2016年2月に提供開始したオンライン診療システム「CLINICS」は、全国の診療所や大学病院などで幅広く導入されている。 最新のオンライン診療システム/サービスカテゴリにおける医療機関導入シェアの調査では、医療機関どシェアNo. 1 医療IT・医療情報プラットフォーム編」(富士経済社、2020年1月7日) 沿革 [ ]• 2009年6月 - 東京都港区に株式会社メドレーを設立• 2009年11月 - 医療介護の求人サイト「ジョブメドレー」開始• 2012年11月 - 東京都渋谷区に移転• 2015年2月 - 共同経営者として、代表取締役医師・豊田剛一郎が就任• 2015年2月 - オンライン医療事典「MEDLEY」開始• 2015年3月 - 東京都港区に移転• 2015年4月 - 介護施設の検索サイト「介護のほんね」を運営開始• 2016年2月 - オンライン診療支援システム「CLINICSオンライン診療」提供開始• 2016年6月 - 「日経メディカル ワークス」開始(日経BP社と共同運営)• 2018年4月 - クラウド型電子カルテ「CLINICSカルテ」提供開始• 2018年11月 - 「MEDLEY DRIVE」プロジェクト開始• 2019年12月 - 市場上場。 受賞歴 [ ]• 2018年2月 - 日経ヘルスケア ベンチャーが選ぶベンチャーランキング1位• 2018年11月 - Forbes 起業家ランキング2019 TOP20に選出• 2019年1月 - 日経優秀製品・サービス賞2018 最優秀賞 日本経済新聞社賞• 2019年10月 - 2019年度グッドデザイン賞 グッドデザイン・ベスト100• 2019年11月 - 総務省後援「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2019」 ASP・SaaS部門 ベスト社会貢献賞 脚注 [ ] [].

次の