ちっ うっせ ー な 反省 し て ま ー す。 國母和宏

チッ、うっせーよとは (チッウッセーヨとは) [単語記事]

ちっ うっせ ー な 反省 し て ま ー す

Contents• 【動画】国母和宏の腰パンフルボッコ事件とは? 國母さんは、2006年のトリノオリンピックに17歳で出場し、予選敗退。 しかし、その後の 2010年のバンクーバーオリンピックへも出場を果たします。 2回連続出場で注目を浴びますが、それが思わぬ 「騒動」につながってしまいます。 その原因になったのは、カナダのバンクーバーへ出発するときのこの写真。 他の選手たちと成田空港へ現れた國母和宏さんは、日本選手団のスーツを個性的に着こなしていました。 ゆるめたネクタイ、裾を出したシャツ、そして腰パン…。 スポーツ選手というよりは、アーティストやシンガーという赴き。 この姿を見た人から、日本オリンピック委員会と全日本スキー連盟には「日本人としての自覚が足りない」と多数の苦情が殺到。 それに対する國母選手の言動が火に油を注ぎ、さらなる大きな騒動 「フルボッコ事件」に発展していまいます。 その経緯は…• バンクーバーでの記者会見で、 出国時の服装の件について問いただされた國母和宏さんは 「チッうっせーな…」と呟き 「反省してま~す」と明らかに反省していない調子で返答。 これをテレビのマイクが鮮明に拾ってしまっていた。 日本中から 大バッシング。 オリンピック代表でありながら、国民から「フルボッコ」に。 全日本スキー連盟(SAJ)は 国母選手の大会そのものへの出場を辞退させる意向を示した。 しかし、 橋 本聖子団長の判断で競技には出場することを決定。 開会式参加だけを自粛することでなんとか収まった。 そのときの動画もありました。 反省しているようには見えませんね…。 「チッ・・・うるせーな・・・」「反省してまーす」で名を轟かせた國母和宏容疑者の当時の記者会見。 この決定を受けて、当時、國母選手もコメントを発表していました。 いろいろな方々にご心配とご迷惑をおかけしてすいませんでした。 応援してくれる方々のために雪の上でいい滑りができるよう頑張る。 責任を重く感じています。 archive. sponichi. html しかし、実は心の底からは反省していなかったようで、のちのインタビューではこのように語っていました。 当時、服装の乱れを批判されたことに対しては、「なんでだよ」ではなく「だろうな」と思っていたそうだ。 「えーって思うほどバカじゃない。 学校でも制服を着崩していたら注意されるじゃないですか。 ただ、日本代表じゃなくて、 俺はプロスノーボーダーの國母和宏として行ってたから。 そこを変える気はなかった」。 hatenablog. また、よからぬニュースで登場してしまった國母選手。 バンクーバーオリンピック日本代表でプロスノーボーダーの国母和宏容疑者(31)が、厚生労働省麻薬取締部に大麻取締法違反の疑いで逮捕されたことがわかった。 fnn. 去年、 アメリカから国際郵便で大麻を送り日本に密輸 した疑いがもたれていて、11月6日午前、東京・千代田区の厚労省 麻薬取締部に出頭し、逮捕された。 fnn. 大麻の使用に関しては、その前なのか、後なのか?もしくは使用自体は認めていないのかはまだわかっていません。 フルボッコ騒動後の ソチ五輪では、スノーボード男子ハーフパイプで 銀メダル獲得した15歳の 平野歩夢選手と、 銅メダルを獲得した18歳の 平岡卓選手の テ クニカルアドバイザーとして、國母選手がこの快挙を後押ししたという報道が各種スポーツ紙などでされました。 いろいろと言われてきましたが、スノーボードの実力は確かだった國母選手。 それだけに残念です。 マリファナだし,普通は起訴 初犯なら執行猶予付き まではいくだろう。 アメリカで生活してた筈では?と思ったらオフシーズンは日本で生活してるそうな向こうにいる感覚で日本でも吸おうと思ったんやろうね。 何で持ち込めると思ったんだ こいつに関しては、なるようになったなという感想しか無い。 真面目に取り組む他のアスリートが気の毒。 見た目は悪いが実際は、悪い事をやってそうでやってない本当は、とっても良い子てえ言うなら判るが見た目の悪い人が悪い事をやってそうでやってたてぇ!そのまんまやん!ダメダメじゃん!.

次の

ちっ、うっせーな、反省してまーす

ちっ うっせ ー な 反省 し て ま ー す

雲が厚くて次の季節が顔を覗かせている感じですね。 気がつけばもう11月、早いなぁ。 室温は執筆時で22. さて、夕方はどこまで熱せられるやら。 世界は不思議で出来ていますね。 昨日一番世間を騒がせたのはマーシーの再逮捕の話題でしょう。 今度は9年も耐えたのに。 とは言え、再使用がいつからか分からんので耐えていたのは5年とか6年と言う可能性もありますけど(汗)。 薬物の快感を脳が覚えてしまうと、もう引き返せないのかなぁ。 残念ですよね。 最近やっと禊が終わってきた感じでしたのに。 こう言うのは、もう大丈夫だと油断した頃が一番危なかったりするのかも。 ダイエットのリバウンドみたいに。 薬物経験はないので、適当な想像なのですけどね。 薬物を依存症に置き換えると、何かそんな気がするんですよ。 脳内の処理は似たようなものでしょうし。 私も止めたいのに止められない依存症的なものがいくつもありますから。 精神的な断捨離は物質的な断捨離より難しいですよね……。 さて、昨日は、JR東日本が台風19号で水浸しになった北陸新幹線の車両8編成を廃車処分にする事を発表したり、福岡で1歳4カ月の男児に短期間にエアガンを撃ち続けて怪我をさせたとして男児の両親が逮捕されたり、東京でスリングショットと言うゴム銃を撃って近所の家々の雨戸をへこませてストレスを発散させていた医師が逮捕されたりと、この他にも様々なニュースがありました。 今回取り上げるのは、冬季オリンピックでの発言もまだ記憶に新しいあの選手が、社会に迷惑をかけたと言う話題です。 どうやらまだ反省が足りなかったようで……。 国母容疑者は14歳だった2003年(平15)に開催された、バートン・グローバル・オープンのひとつ、全米オープンで2位となり注目されました。 10年のバンクーバー五輪では8位入賞しますが、選手村入村時に日本選手団公式ウエアのネクタイをゆるめ、シャツのすそを出してバンクーバー入りするなど、態度が悪いと言うので抗議が殺到します。 入村式後に開かれた記者会見で「反省してます。 競技に影響はありません」と口にした一方で、質問を受けて「チッ、うるせーな」と言い、またしても抗議が殺到。 開会式を欠席する事態にまでなりました。 帰国時には服装を整えていたものの、反省の言葉はなかったために一連の行動が物議を醸したのも記憶に新しいところですよね。 現在、国母容疑者は米カリフォルニアに在住ですが、インスタグラムによると4つのスケートウェブムービーの披露試写会「Ozone Present by G-SHOCK」の上映を受けて、10月から新潟県の村上市スケートパークや北海道旭川市を訪れていたところだったのだそうです。 この記者会見は当時随分と話題になりましたし、今でもネットのテンプレとしてたまに目にしますよね。 ずっとネタにされ続けるのは、本人としても精神的にキツいのではないかと思います。 私も今回使ってしまっていますけど(汗)。 で、最近はまともになったと言うか、いいイメージになって業界の兄貴分みたいな立ち位置にいたそうなんですよね。 それがこんな事になってしまって、本当に残念です。 事件を伝えるニュース記事でも写真は現在の彼ではなく、イキっていた頃のものが使われていますし。 そのせいで、ネットコメントでもやると思ってた系のものばかりですよ。 一度ついたイメージの払拭は難しいものですよね。 態度が悪かった頃もしっかり反省したものと思いますが、今回の件もまたしっかり反省してもらいたいところです。 どうか、うっせーなと言う態度が出ませんように。 刑期が終わったら、今度こそまっとうに頑張って欲しいと思います。 覚せい剤の話題で始まり、大麻の話題で終わる。 偶然にも今回は薬物の話題ばかりでしたね。 一度ハマったら抜け出せないクスリ、ダメ、絶対。

次の

【チッ、うっせーな】元スノボ五輪代表、国母和宏を逮捕!大麻取締法違反の疑い→イメージ通り…【腰パン】

ちっ うっせ ー な 反省 し て ま ー す

雲が厚くて次の季節が顔を覗かせている感じですね。 気がつけばもう11月、早いなぁ。 室温は執筆時で22. さて、夕方はどこまで熱せられるやら。 世界は不思議で出来ていますね。 昨日一番世間を騒がせたのはマーシーの再逮捕の話題でしょう。 今度は9年も耐えたのに。 とは言え、再使用がいつからか分からんので耐えていたのは5年とか6年と言う可能性もありますけど(汗)。 薬物の快感を脳が覚えてしまうと、もう引き返せないのかなぁ。 残念ですよね。 最近やっと禊が終わってきた感じでしたのに。 こう言うのは、もう大丈夫だと油断した頃が一番危なかったりするのかも。 ダイエットのリバウンドみたいに。 薬物経験はないので、適当な想像なのですけどね。 薬物を依存症に置き換えると、何かそんな気がするんですよ。 脳内の処理は似たようなものでしょうし。 私も止めたいのに止められない依存症的なものがいくつもありますから。 精神的な断捨離は物質的な断捨離より難しいですよね……。 さて、昨日は、JR東日本が台風19号で水浸しになった北陸新幹線の車両8編成を廃車処分にする事を発表したり、福岡で1歳4カ月の男児に短期間にエアガンを撃ち続けて怪我をさせたとして男児の両親が逮捕されたり、東京でスリングショットと言うゴム銃を撃って近所の家々の雨戸をへこませてストレスを発散させていた医師が逮捕されたりと、この他にも様々なニュースがありました。 今回取り上げるのは、冬季オリンピックでの発言もまだ記憶に新しいあの選手が、社会に迷惑をかけたと言う話題です。 どうやらまだ反省が足りなかったようで……。 国母容疑者は14歳だった2003年(平15)に開催された、バートン・グローバル・オープンのひとつ、全米オープンで2位となり注目されました。 10年のバンクーバー五輪では8位入賞しますが、選手村入村時に日本選手団公式ウエアのネクタイをゆるめ、シャツのすそを出してバンクーバー入りするなど、態度が悪いと言うので抗議が殺到します。 入村式後に開かれた記者会見で「反省してます。 競技に影響はありません」と口にした一方で、質問を受けて「チッ、うるせーな」と言い、またしても抗議が殺到。 開会式を欠席する事態にまでなりました。 帰国時には服装を整えていたものの、反省の言葉はなかったために一連の行動が物議を醸したのも記憶に新しいところですよね。 現在、国母容疑者は米カリフォルニアに在住ですが、インスタグラムによると4つのスケートウェブムービーの披露試写会「Ozone Present by G-SHOCK」の上映を受けて、10月から新潟県の村上市スケートパークや北海道旭川市を訪れていたところだったのだそうです。 この記者会見は当時随分と話題になりましたし、今でもネットのテンプレとしてたまに目にしますよね。 ずっとネタにされ続けるのは、本人としても精神的にキツいのではないかと思います。 私も今回使ってしまっていますけど(汗)。 で、最近はまともになったと言うか、いいイメージになって業界の兄貴分みたいな立ち位置にいたそうなんですよね。 それがこんな事になってしまって、本当に残念です。 事件を伝えるニュース記事でも写真は現在の彼ではなく、イキっていた頃のものが使われていますし。 そのせいで、ネットコメントでもやると思ってた系のものばかりですよ。 一度ついたイメージの払拭は難しいものですよね。 態度が悪かった頃もしっかり反省したものと思いますが、今回の件もまたしっかり反省してもらいたいところです。 どうか、うっせーなと言う態度が出ませんように。 刑期が終わったら、今度こそまっとうに頑張って欲しいと思います。 覚せい剤の話題で始まり、大麻の話題で終わる。 偶然にも今回は薬物の話題ばかりでしたね。 一度ハマったら抜け出せないクスリ、ダメ、絶対。

次の