結婚式 ピアス マナー。 [お呼ばれ結婚式]イヤリング・ピアスのマナーと選び方

実はNG?!結婚式のアクセサリーマナー6つの基本

結婚式 ピアス マナー

友人などの一般客のゲストが結婚式で色留袖を着用するのは、マナー違反とされています。 また、新郎新婦の母親は、最も格が高いとされる 第一礼装の黒留袖を着るのがマナーとされているため、色留袖はやめた方が無難でしょう。 結婚式に色留袖を着るのがぴったりなのは、 新郎新婦の兄弟や姉妹、従妹など近しい親族です。 近しい親族なら未婚、既婚共に 結婚式に色留袖を着ていくのはマナー違反に当たらないため、安心して着ていくことができます。 また、結婚式の主役は新郎新婦のため、 新婦よりも目立つ服装をしていかないのがマナーです。 色留袖を着ていく際には、 淡いクリーム色や水色など、落ち着いた色の色留袖を選んで行くことも、結婚式の色留袖のマナーのひとつと言えます。 結婚式に黒留袖を着ていこうと考えている方は、こちらのページに 結婚式の黒留袖のマナーについて詳しく書きましたので、よかったら参考にしてください。 留袖とは?種類や訪問着との違いを比較! 留袖と訪問着の違いはどんなものでしょうか? 留袖は基本的には2つの種類があり、黒留袖と色留袖に分かれています。 黒留袖は最も格式の高い服装といわれており、結婚式では主に 新郎新婦の母親が着用します。 着物の地の色が黒で、裾におめでたい模様が入っているものが黒留袖です。 色留袖は、 結婚式では主に新郎新婦の親族が着る着物で、 地の色が黒以外の留袖です。 黒留袖と同じく、 裾にはおめでたい模様が入っています。 色留袖と訪問着はよく似ていますが、 一番の違いは模様の入り方です。 色留袖が裾に模様が入っているのに対し、訪問着は肩から裾へかけて模様が入っています。 色留袖と訪問着の判断に迷ったら、胸元に模様が入っているかどうかで確認するようにしましょう。 また、色留袖が基本的に結婚式では親族の服装とされるのに対し、訪問着はゲストとして呼ばれた一般客でも着用することができます。 一般的にゲストとして結婚式に呼ばれた際に着物を着ていく場合は、 色留袖ではなく訪問着を選ぶようにしましょう。 ここまで留袖と訪問着の違いをまとめてきましたが、 より詳しく留袖について知りたい場合はこちらに書いています。 是非参考にしてください。 さっそうと結婚式で着物を着こなすためにしっかりチェックしておいてくださいね。 訪問着については、こちらのページに詳しくまとめました。 こちらもよかったら参考にしてみてください。 留袖、色留袖、訪問着の違いまで分かるようになれば、 自分で着るのも楽しめるし、ほかの人が着ている着物を拝見する楽しさも知ることができます。 その分、マナーをしっかりおさえてきちんと着こなさないと……!というのはありますけどね。 (笑) 結婚式の色留袖のマナー!髪型や髪飾りのおすすめは? 結婚式に色留袖を着ていく際のマナーでは、髪形や髪飾りはどうしたらいいのでしょうか? 結婚式に色留袖を着用する際の髪形や髪飾りのマナーとして挙げられるのは、まず新婦よりも目立たない髪形や髪飾りにするということです。 結婚式の主役は新郎新婦ですので、まずそのことを念頭に置いて考えるようにしましょう。 結婚式で色留袖を着た場合、 髪形は落ち着いたものにするのがマナー。 まず、 毛先や襟足を垂らさないよう髪をしっかりまとめることが重要です。 ロングヘアーなら 人気の夜会巻きがおすすめです。 落ち着いた上品な大人の女性を演出してくれます。 また、 後ろで編み込んでまとめるなどのアレンジもおすすめで、後ろにボリュームがでるようにするのがポイントです。 髪飾りの選び方 髪飾りについては、こちらも落ち着いていて上品な装飾のものを選びましょう。 おすすめは かんざしや櫛など日本古来に伝わる格式高い伝統のあるものです。 べっ甲や小さなパールのついたものなどは、見る人にも 華やかで良い印象を与えます。 結婚式で色留袖を着る際のマナーとしては基本的には、ピアスやイヤリングなどを着用するのはマナー違反となっています。 というのも、色留袖は購入すると高価なため、レンタル着物で レンタルをして着用する人が多いです。 そんな中、ピアスやイヤリングは動いた際にひっかかりやすく、 色留袖を傷つけてしまう場合があります。 借り物を傷つけるというのはマナー違反ですし、最悪弁償になることもあります。 そういった点からも結婚式で色留袖を着る際のマナーとしてピアスやイヤリングは避けておいたほうが良いでしょう。 なお、どうしてもピアスやイヤリングをつけていきたい場合は、 垂れさがったり揺れるタイプのものは避けるようにしましょう。 心が揺れる、落ちるなどが連想され、 縁起が悪いと言われるからです。 結婚式で色留袖を着た時のマナーとしてのピアスをやむを得なくつけていく場合は、 目立たない色の小ぶりのものをつけていきましょう。 結婚式の色留袖のマナーではアクセサリーはNG? 結婚式に色留袖を着ていく際のマナーとして、アクセサリーはつけて行ってももよいのでしょうか。 基本的に結婚式に色留袖を着用する際のマナーでは、 アクセサリーをつけていくのは、マナー違反とされています。 腕時計ですら、「時間を気にしている」と思われる場合があるということで、NGとされているくらいです。 友人知人としてのゲストとして、結婚式で色留袖を友人が着る場合、マナー違反にならない色留袖は、三つ紋、一つ紋の色留袖です。 五つ紋のものは黒留袖と同じ第一礼装となり、新郎新婦の親族が着るものとなるため、結婚式に色留袖を 友人が着ていく場合のマナーとしてはNGです。 また、色留袖の色などについても、 新婦よりも目立たない落ち着いた色合いのものにしましょう。 主役よりも目立ってしまうことはNGなので、事前に新婦の衣装の色が分かっていればそれと被らないものにするのがおすすめです。 色留袖は基本的に新郎新婦の親しい親族が着るもののため、結婚式に色留袖を友人が着ていくのはマナー違反ではありませんが、 可能であれば色留袖ではなく訪問着を着ていった方が、 親族と間違われないためにも無難だといえます。 結婚式で色留袖を友人ゲストとして着ていく際は、マナーを考えて本当にこの服装でよいのかよくチェックしてから結婚式場に向かうようにしましょう。 ここでは色留袖に限定してマナーや選び方をご紹介していますが、 着物全般についてのマナーや選び方はこちらのページに詳しく書いています。 よかったら参考にしてください。 最近では 配送まで行ってくれる便利なネットレンタルもあります。 結婚式の色留袖のレンタル相場については、 黒留袖より着られる年齢層が広いとのことで、 黒留袖より高めの2~10万円ほどが相場とされています。

次の

結婚式お呼ばれゲスト<女性向け>アクセサリーのマナー

結婚式 ピアス マナー

アクセサリーの基本マナー まずはアクセサリーの基本的なマナーを紹介します。 主役より目立ってはいけない! 基本中の基本ですが、結婚式での主役は新郎新婦。 身につけるアクセサリーも主役より目立ってはいけません。 女性ゲストの皆さんは、ネックレスや髪飾りには特に注意しましょう。 「ティアラ」や「生花」は花嫁の特権 新婦の特権である「ティアラ」や、生花もしくは花をモチーフとした大ぶりな髪飾りは絶対にNGです。 パール以外の白いアクセサリー 新婦の色である「白」のアクセサリーは基本的にNG。 白いアクセサリーでも、冠婚葬祭の基本である「パール」のみは許されています。 昼と夜の違い 昼は光らないもの、夜は輝くものを着用することが、洋装におけるアクセサリーの基本マナーです。 昼の結婚式では、パールや布製のコサージュといった、光らない素材のアクセサリーを。 夜の結婚式では、宝石類やゴールドやシルバーといった貴金属など、照明に輝くきらびやかなアクセサリーを着用しましょう。 サイズは控えめに 夜のアクセサリーはキラキラ輝くものが基本。 ただし派手にし過ぎない事が大切です。 新郎新婦より、あなたが目立ってはいけません。 カジュアルなものはNG! 結婚式はフォーマルな場。 アクセサリーもカジュアルなアイテムはNGです。 素材が布製や革製のネックレスやブレスレットなどは避けるようにしましょう。 和装の際はアクセサリーはつけない 基本的に着物のときは、結婚指輪以外のアクセサリーをつけない方が良いとされています。 ピアスやイヤリング、ネックレス、腕時計やブレスレットは、着物のときは外しましょう。 着物には和装小物を 着物の柄に合わせた、かんざし・櫛などの髪飾りといった和装小物を取り入れると良いでしょう。 パールアクセサリーのマナー 冠婚葬祭におけるアクセサリーの基本素材「パール」。 形状や色など様々な種類があります。 色は白系を選ぶ 結婚式のようなお祝いの場では、白系のパールを選びましょう。 ブラックやシルバーグレーのパールもありますが、年配の方の中には忌み嫌う方もいらっしゃいますので、避けたほうが無難です。 fa-arrow-circle-right出典 イミテーションパールでも大丈夫 イミテーションパールとは人工真珠のことで、プラスチックやガラスをベースに本物に似せて作った真珠のこと。 最近は新婦のパールアクセサリーもイミテーションパールの場合が多くなってきました。 ドレスやアクセサリーをレンタルすることが主流となってきた事が1つの理由です。 イミテーションパールを使用したアクセサリーのデザイン自体が、上品かつ華やかなものであれば問題ありません。 フォーマルでは真円のものを フォーマルシーンでは、真円の真珠を選ぶようにします。 歪んだ形のもの(バロックパール)は、カジュアル寄りのデザインであるため結婚式には向いていません。 コットンパールは基本NG コットンパール(綿をパール加工したもの)は、綿というカジュアル寄りの素材で作られているため、結婚式といったフォーマルの場には向いていません。 レストランウェディング&二次会で! バロックパールやコットンパールのアクセサリーはデザインも多様。 レストランウェディングや二次会など、比較的カジュアルな結婚式で着用すると良いでしょう。 ピアス&イヤリングのマナー 最近は男性でもピアスを付ける方が増えてきました。 そんな男性にも女性にも人気のピアス。 今回は結婚式でのピアスやイヤリングのマナーを紹介します。 男性は結婚式では外す 「付けているとマナー違反」という事ではありませんが、結婚式では男性はピアスを外した方が無難です。 新郎新婦の親族や会社関係の方など、様々な方が招待されている披露宴等では、男性のピアスを毛嫌いする方がいらっしゃるかもしれませんので注意しましょう。 気心知れた友人のみでの結婚式や二次会などでは大丈夫です。 耳たぶ以外は外す 軟骨ピアス、鼻ピアス、舌ピアスなどの耳たぶ以外のピアスは外すようにします。 このようなピアスは、おしゃれではありますが毛嫌いする方が多い事も事実。 年配の方も多く出席する結婚式では、特に注意するようにしましょう。 揺れるものでも大丈夫! 「揺れるアクセサリーをつけるのはNG」というマナー、女性の方なら1度は聞いたことがあるのでは。 実際にはこのようなマナーはありません。 揺れるタイプのピアスやイヤリングを付けても大丈夫です。 ただし、肩の近くまで垂れ下がるもの、左右非対称といった個性的で目立つものは避けましょう。 fa-arrow-circle-right出典 腕時計のマナー 最近はスマートフォンなどの普及から、腕時計をする方が減ってきたようです。 結婚式のようなフォーマルシーンでは、基本的な腕時計のマナーがあります。 腕時計を着けてはいけない 披露宴などフォーマルなパーティーでは、腕時計をする事はマナー違反とされています。 理由は、「時間を気にしている」「早く席を立ちたいと考えている」という印象を主催者に与えてしまうから。 最近は気にしない方も増えてきましたが、格式高いホテルでの結婚式などでは、腕時計を外して行った方が無難です。 二次会などで レストランウェディングや二次会などでは、腕時計もファッションアイテムとしておしゃれのアクセントになります。 ただし、大きくて派手な装飾が施された目立つものではなく、ブレスレット感覚で着けられるようなものにすると良いでしょう。 ブレスレットのマナー 結婚式ですのでブレスレットもフォーマル感のあるものを着用します。 レザーのブレスレットといったカジュアル系のブレスレットはNGです。 もちろん派手すぎるブレスレットもマナー違反。 大きな宝石がたくさん付いているような派手なブレスレットも避けましょう。 パワーストーンはNG? 年配の方の中には「数珠」と勘違いする方もいらっしゃいます。 特にタイガーズアイなどは、よく間違われます...。 どちらかというとカジュアルな服装にあわせるイメージですので、ドレスとコーディネートできている場合は別ですが、結婚式や披露宴の最中は外した方が無難です。 どうしてもパワーが必要な方は、ポケットやバッグに入れておくと良いでしょう...。

次の

結婚式お呼ばれゲスト<女性向け>アクセサリーのマナー

結婚式 ピアス マナー

どんなアクセサリーがNG? まず、結婚式でNGとされることの多いアクセサリーを4つ見ていきましょう。 1 派手すぎるもの・花嫁とかぶるもの 華やかな場だからといって、派手すぎるものはNGです。 あくまで主役は花嫁なので、次のようなアクセサリーは避けましょう。 ・花嫁とかぶりがちな、ティアラや真っ白なボンネット ・ビジューがたくさんついた、キラキラしすぎの派手なアクセサリー 2 殺生をイメージさせる素材のもの ファーや革製品、アニマル柄など、動物の殺生をイメージさせる素材は避けた方が無難。 特にマナー違反ではないという意見もありますが、年配の方など気にする人もいます。 あえて身につけなくても良さそうです。 3 ブランドロゴが目立つもの デカデカとブランドロゴが入ったアクセサリーは、あまり上品とはいえませんよね。 普段使いには素敵ですが、フォーマルな場では控えめなものをチョイスしたほうがベター。 4 カジュアルすぎるもの 素材が綿や毛糸だったり、普段使いのネックレスや髪飾りなど、カジュアルすぎるものはNG。 フォーマルなドレスにも合いませんよ。 昼と夜でマナーが変わる!? 輝きの強いダイヤやビジューなどは、結婚式にピッタリな華やかなアクセサリー。 しかし、実は昼の結婚式では、そんなキラキラと光る華美なアクセサリーはNGとされているんです。 その理由は、アクセサリーにカメラのフラッシュが反射して、写真写りに影響してしまう可能性があるから。 フラッシュをたかない場合でも、昼間だと窓から入る光の影響を受けることがあります。 よく晴れたお庭で撮影、なんてこともあるかもしれません。 だから昼の結婚式では、シルバーやサンゴ、パールなど落ち着いたトーンのアクセサリーをチョイスするのがおススメです。 逆に夜の結婚式では、華やかで光り輝くアクセサリーもOK! ゴールドやクリスタル、ダイヤなど、夜のパーティーに映えるものを選びましょう。 最近では昼間の結婚式でも、カジュアルなパーティーならそこまでマナーを気にしない傾向にあります。 それでも色々な年代の人がくる結婚式では、マナーに気を付けておいた方が無難。 たとえば昼の結婚式でゴールドを使いたい時は、優しい輝きのピンクゴールドのものを選ぶなど、少し配慮しましょう。 続いて、アクセサリー別のマナーをご紹介します。 【首】アクセサリーのマナー 胸元の開いたドレスを着る時、首を飾ってくれるネックレスは重要なアイテムですよね。 フォーマルな場にぴったりのネックレスといえば、「パール」があしらわれた一連のもの。 どんなドレスにもよく合い、昼夜も問いません。 華やかさを出したければ「二連ネックレス」も素敵です! ネックレスについてはこちらで詳しくご紹介しているので、参考にしてくださいね。 【耳】アクセサリーのマナー イヤリング・ピアスのマナーで「揺れるタイプはNG」と聞いたことはありませんか? よくある理由としては、「家庭が不安定になる」という縁起的なもの。 でも、実はそれとは別に現実的な理由があるんです。 それは、「耳元で揺れる大きな耳飾りはバランスが悪く、悪目立ちしがち」というもの。 あまり長くて目立つものでなく、パールやクリスタルが上品に揺れる程度のものなら、気にする必要もないはずです。 【髪】アクセサリーのマナー 髪飾りで気をつけたいのは、「花モチーフ」や「ティアラに見えるようなもの」を避けること。 キラキラした立体的なカチューシャなどは、一見ティアラのように見えて花嫁とかぶってしまうことも。 お花の髪飾りも花嫁のアイテムなので、造花でも生花でもNGです。 どうしてもつけたい時は、胸元にコサージュとして飾りましょう。 カチューシャについては、「カジュアルなのでマナー違反」という声もちらほらありますが・・・ フォーマル用に華やかなカチューシャも売られていますよね。 結婚式の雰囲気や出席者の顔ぶれによって、考えるといいですよ。 【腕・手】アクセサリーのマナー 腕につけるものといえば、「時計」や「ブレスレット」ですよね。 でも実は、結婚式に「時計」はNG。 時計にチラチラ目をやっていると、まるで「早く終わらないかな」と思っているようにとられることも・・・。 結婚式お呼ばれで腕を飾りたいときは、時計ではなくブレスレットを選びましょう。 あまり太いものではなく、細身で上品なものがドレスにはピッタリ。 指輪に関しては、特にマナーはありません。 すごく大きくて華美なものでもない限り、コーディネートに合っていればOKです。 結婚指輪と婚約指輪は、セットのものなら重ねづけすると華やかですよ。 知っておきたい!コーディネートのコツ 最後に、アクセサリーコーディネートのコツを3つお届けします。 1 ドレスや小物と合わせる アクセサリーも全体のコーディネートの一部。 ドレスや小物の雰囲気と合わせて選びましょう。 ドレスが華やかなものならアクセサリーはシンプルなものを、落ち着いたドレスならアクセサリーで個性をプラスするとバランスが取れます。 特に、 ・真っ黒でデザイン性もない髪飾り ・黒パールのネックレス などについては、ドレスも黒、その他の小物も黒・・・という「全身黒」コーデだとお葬式のようになってしまうのでご注意を。 また、和服(着物)を着る時は、基本的にアクセサリーはつけないほうが良さそうです。 和服は襟元がしまっているのでネックレスも必要ないですし、手首も隠れるのでブレスレットもいりません。 結婚指輪はつけてもOKです。 2 素材の持つ特色で選ぶ シルバーはクールで、涼し気な印象に! 落ち着いた暗めカラーのドレスによく合います。 華やかで元気なイメージを出したいならゴールドがおすすめ! 色黒な人にもよく似合って、夜のパーティーにも映えます。 演出したいイメージに合わせて、素材をチョイスしましょう。 3 季節感も大切に アクセサリーの「季節感」も大切です。 特に布製の髪飾りは、使われている素材で季節感が出やすいもの。 秋冬ならベロアやコーデュロイ、春夏ならレースなど透け感があるもの・・・ といったように、結婚式の季節を考えてふさわしい素材を選びましょう。 サテン素材なら季節問わず、フォーマルシーンにピッタリです。

次の