オセロ ニア コンバート。 【逆転オセロニア攻略】オセロ世界チャンプ直伝!“ウサギ狩り定石”で最終的には白一色!? [ファミ通App]

オセロニア初心者です。この結果どうでしょうか?

オセロ ニア コンバート

オセロ必勝法入門 ~知っておきたい7つの常識~ このサイトでは、オセロ(リバーシ)の勝ち方を解りやすく説明しています。 初級者、初心者でも勝てるオセロ必勝のコツが満載です。 捨てて欲しい常識 下に記述していることは全て誤りです。 このような考えは捨ててください。 リバーシ(オセロ)の勝敗は運で決まる• リバーシ(オセロ)は隅を取れば必ず勝てる• 序盤では有利、不利などは分からない• リバーシ(オセロ)は石の数が多いほうが有利である• 辺はなるべく相手に取らさず、自分で取るべきである• 相手がパスをすれば必ず有利になる• 序盤では4X4のマスから出ないほうが良い 実際、リバーシ(オセロ)と言うゲームが完全に解かれた訳では無いので100%とは言えませんが、90%以上は誤りであると思ってください。 例を示しましょう。 図を見てください。 白はよく頑張りました。 黒はもう3石しか残っていません。 ですがこの局面、黒が圧倒的に優勢なのです。 これをコンピュータで完全読み切りすると64vs0で黒の完全勝ちとなります。 さて、ここで言いたいのは 石が多い方が有利だとは限らないということです。 たとえ盤上に石がたくさんあったとしてもその石が 確定石(絶対にひっくり返されない石)になるまではなんのメリットもないのです。 たとえば、こともあります。 一般的な正しい常識 では逆に知っておくべき常識を記述します。 しかし時と場合で全くの悪手の場合もあり、正解率60%~90%程度だと思ってください。 隅を取ると有利になる• 少なく取ると有利になる• 相手に自分の石を囲ませると有利になる• 自分の打てる選択肢を多くすると有利になる• 序盤は定石を外れると凡手、悪手になる• 中盤までのx打ちは不利になる• 天王山(両者の絶好手)に打つと有利になる 全ての記述に「ことが多い」と言う言葉が省略されていると考えてください。 また一つだけ例を示しましょう。 図を見てください。 先程の例と似ていますが、黒の石が2つしかありません。 この盤面は白が圧倒的に優勢なのです。 この盤面から4手進めば0vs48で白の完全勝ちとなります。 この例では時と場合で矛盾が生じるということです。 一つだけを信じきってしまうと、間違い無く失敗します。 大局的に盤面をとらえる必要があります。 【参考】谷田邦彦: "図解早わかりオセロ", 日東書院, 1989. 【はじめに】• リバーシのルール• 棋譜の見方と盤の名称• 勝ち負け計算表 【リバーシの常識】• 捨てて欲しい常識• 一般的な正しい常識• 捨てて欲しい常識• 一般的な正しい常識• 中割り• 引っ張り• 一石返し• 【リバーシの定石】• 縦取り• 斜め取り• 並び取り 【辺の攻防】• ウイング• ブロック• A打ち• B打ち• 置き打ち• 付け手• 辺は取るべきか? 【様々な理論】• 【局面評価】• 【評価値探索】• Minimax探索法• Negamax探索法• 最優先探索• Null windows search• NegaScout探索法• With Memory• MTD f 探索法• 他の探索法• 他の改良点 【リンク集】• 【付録】• 【参考文献】•

次の

【逆転オセロニア攻略】オセロ世界チャンプ直伝!“ウサギ狩り定石”で最終的には白一色!? [ファミ通App]

オセロ ニア コンバート

普通に神引き。 それも混合デッキで使える駒が多いので初心者にとっては嬉しい引き。 羨ましい引きっぷり。 ダーシェは闘化が使いやすい。 通常依存の特殊ダメージは進化トールと相性がいい。 アテナ 闘化スキルが上級者向けで混合とトリッキーなデッキ 花屋と言った害 悪デッキ でよく使われる。 しかし非常に優秀 トール 進化は通常アタッカーとして優秀。 atkが低いため手駒ロックに強い。 ただ進化ローランには火力が少し劣る。 ローラン 2700 トール2678 22差ですが混合で運用するとなるとかなりこの差は大きいのでどっち が良いかは人によります。 闘化はお手軽に4000の特殊ダメージを出せる非常に優秀な駒。 自分は闘化の方が優秀だと思います。 後の2駒はあまり使わないので一応保管というレベルの性能です。 また闘化素材がない場合は逆転コインで交換することが可能です。 交換できる上限があるので自力で攻略可能だと思える駒以外の必要素駒を交換しましょう。 あと補足しますとこの3体の闘化素材は比較的に最凶のなかで簡単なクエストが多いです。 交換しないことをお勧めします。 引きとしては、神引きなのでは。 S6枚は。 自分も5枚引きが1度だけあります。 その中にベルゼブブが居ました。 トール 進化が使いやすい。 属性縛りが無いし、スキルが相手に「1枚「以上」」返されていれば 発動するので、ほぼ無条件。 基本ATK値が少ないとはいえ コンボ元と返す枚数が多ければ、相当な火力を見込める。 コンボスキルは、自駒なので属性関係なし。 9は強い。 固定ダメは強いけど スキルが相手の手駒を残さないと火力が出ない。 コンボされても耐えれるデッキでないと、正直キツイかも。 2枚あるので、進化と闘化を作ってみては。 ダーシェ 闘化が使いやすい。 両面通常攻撃依存。 単純に強い。 オーラバフや置きバフでATKが爆上げの時に ドンと置けば、いい具合に削れる。 が…闘化素材が大変。 集められる様頑張って下さい。 進化は、闘化トールと似ています。 アテナ 闘化が使いやすい。 スキルはアイギスを3体召喚。 アイギスは、身代わりのスキルを持ちます。 返される駒の位置と入れ替わり、自分は返されます。 つまり…キャラ駒が生き残ります。 囁き系のスキルが多いデッキで輝くもの。 だが…アイギスが召喚された場所によっては 折角生き残れたけど直ぐに返されてしまうリスクがあります。 相手のコンボ導線上にとか。 進化は、スキルがレジスト。 2500以上の通常攻撃を消してしまいます。 文字通りにダメージを全く食らいません。 バハムートの攻撃すら消し去ります。 が…最大の弱点は…特殊に反応しない。 コンバートのダメにも。 コンバート相手なら、無条件でサンドバック状態。 全く意味を持ちません。 現環境では、まだ育ち切っていないコンバートデッキですが 駒が揃ってきて強いデッキを組むことが出来たら レジストは終わりです。 アペフチカムイ 中盤で出せる置きバフ駒。 属性縛りなしの2ターン1. 2ターンは微妙。 自分と次のターンで出す駒しか効力が無い。 なら、3ターンの闘化キムンカムイが良い。 コンボ要因かな。 けど、2枚ちょうどという縛りがある為 出せない場面が多くある。 エルザ 進化が使いやすい。 が…2枚以上返しが縛りである為、中盤以降にしか出せない。 HP縛りもある為 初手で手駒にあれば、序盤でもあるが出せる場面は少ない。 火力は申し分ないのだが…。 コンボは、竜デッキであれば無条件で1. コンボ要因。 闘化も微妙。 スキルが相手のリーダーが神でないと発動しない。 囁きのガブリエル。 でないと…まぁ…現環境でも神リーダーは多いので 当たる可能性は多いですが…使い辛いのは… コンボは、ライフバースト2倍。 これは、流石竜のS駒だなと言う性能。 此方もコンボ要因。

次の

オセロ

オセロ ニア コンバート

Tier4 コンセプトデッキ デッキ名 属性 評価点 順位変動 神 8. 0点 DOWN 魔 8. 0点 - 魔 7. 5点 - 神 7. 5点 - 魔 7. 5点 - 魔 7. 5点 - 竜 7. スキルがバフ系の竜駒とコンボで追加特殊ダメージを与える駒を組み合わせて大きなダメージを狙う戦い方となります。 デッキのバランスが良く組みやすいのが特徴で、初心者の方にもおすすめです。 デバフで「神単デッキ」や「暗黒デッキ」を抑えつつ、「魔フェリヤ」の強力な毒を中心に相手のHPを削っていきます。 「魔フェリヤ」の毒で安定してダメージを与えていけるので事故が少なく、 どんな補正でも勝率が高いデッキです。 神駒も多めに編成することでHPを高く保ち、毒や呪いでライフアドバンテージを取っていく戦い方となります。 特に 無補正やHPダウンで活躍できる強力なデッキと言えるでしょう。 4倍のリーダーバフオーラスキルを持つ「」をリーダーとした攻撃型の神単デッキです。 バフと囁きでATKを上げ、大きな特殊ダメージを与えていきます。 HPも高いので使いやすく、特に 神アップやHPダウンの補正で活躍してくれるデッキとなります。 神駒を増やし続け、中盤以降から強力な特殊ダメージを与えていくことができます。 特に 神HPアップの補正で活躍できるデッキです。 デバフで相手の高火力攻撃を抑えつつ、毒や吸収で攻撃していくのが基本的な戦い方となります。 ATK依存の攻撃をしてくるデッキに対して有利に立ち回れるデッキです。 発動条件が緩い罠を編成することで、相手に大ダメージを与えられます。 高火力アタッカーが多く編成された「」相手に有利に戦えるのが特徴です。 手駒竜鱗の登場によって安定感が増し、多くのデッキに対して優位に立てるデッキとなっています。 ただし、捕食・竜鱗・暗黒のスキルを持つキャラを揃えなければならないため、編成難易度は高くなっています。 4倍のリーダーバフオーラスキルを持つ「」をリーダーとした竜単デッキです。 高火力の竜駒をX打ちし、短いターンで攻め切るデッキとなります。 竜のHPやATKが上昇する竜アップの補正やコロシアム等で活躍できるデッキです。 獄炎スキルの登場により「火炎デッキ」が苦手とする 短期戦向けのデッキにも対応することができます。 終盤はアタッカー駒でバフコンボと繋げて大ダメージを叩き出せるデッキです。 雷撃ダメージは罠や防御に妨害されないため、 中盤以降に安定したダメージを出すことができます。 固定特殊やライフバーストのキャラも共に編成しておくことで、より安定感が増すデッキです。 「ヨシノ」でライフアドバンテージを取り、毒・呪い・吸収といった強力な魔駒で攻めていきます。 また、 神駒を編成できることもメリットで、通常の魔単よりも高HPで戦うことができます。 HPを大きく削られても、高い吸収量で回復しつつダメージを与えることができます。 吸収効果がアップしているウィークリーコロシアムでは無類の強さを発揮するデッキとなります。 罠スキルや、デバフなどを駆使しながら バフで殴っていく特殊な立ち回りが可能です。 「」や「」といった高火力バフアタッカーが必須になるので編成難易度は少し高いです。 「」「」がコレクション限定なので編成難易度は高めですが、 HPアップの補正の時は無類の強さを発揮します。 相手のキャラ駒数に応じて火力が上昇するので 定石とは違った立ち回りが必要となる玄人向けのデッキです。 「」や「」といった全体火炎スキルを持つ駒がキーとなり1ターンで大幅にHPを削ることができます。 オセロで盤面を制圧し相手とのHP差で勝利します。 相手のデッキによって勝率が左右するデッキとなっている上、充分なオセロ力も必要とされるのが特徴です。 「」「」等の強力な呪い駒を多数採用し、相手の手駒を呪い続ける戦い方となります。 耐久デッキにも強くHPアップや魔補正で活躍できるデッキです。 そのため、「ベルゼブブ」などので「」と非常に相性がよく、強力な魔駒を生かしやすいデッキです。 先攻の際は「」をすることで「夜行」を最大限生かすことができます。 バフと囁きでATKを上げ、大きな物理ダメージを与えていきます。 HPが高いので使いやすいですが、Tier2で紹介した神単デッキと比べるとデッキパワーが落ちてしまいます。 デッキパワーでは、「ヨシノデッキ」や「魔フェリヤデッキ」に劣りますがキャラが揃っていると非常に面白い立ち回りができます。 竜鱗や捕食スキルも編成して長期戦に持ち込み、大量の呪いを移す戦い方になります。 速攻竜は盤面に竜ゴマが 溜めにくいですし、コンボも正直倍率が出しにくいです。 進化テュポーンも盤面の竜ゴマ依存ですが、貫通を持っていないという欠点はあるものの、盤面に竜ゴマが二枚ある状態で出せば2. 74倍を出すことが可能で、 フェリヤよりも上の火力を出すことができ、コンボも 竜単であれば無条件で1. 9倍を出すことができます。 同シチュでは、バハムートは1. 95倍の倍率しか出せないので、ジェンイーよりも火力が劣ります。 よって、速攻竜でバハムートが弱いと言うのは、あながち間違っていません。 まぁ、速攻竜においてバハムートよりも最適な駒が 存在するので枠がないと言うのが現状です。 しかし、駒が揃っていない場合は、速攻竜にバハムートを採用するのもアリだと思います。 長文失礼しました。

次の