メス フラスコ 100ml。 三商 宮原 メスフラスコ 白 100ml | 商品詳細 | 株式会社 三商

1

メス フラスコ 100ml

宜しくお願いいたします。 最近希釈の計算をする時に考えることがあります。 例えばAという物質を100mg秤り、100mLにうすめました。 これを40倍希釈しようと思ったときに、 すぐ頭で、 「4mLのホールピペットでとって10mLのメスフラスコに いれよう。 これで40倍希釈だ。 」 と考えます。 (使う量にもよりますが・・・) でも、「どのような計算でこうなるのでしょうか?」 普段あたりまえすぎて計算の過程がよく分からなくなってしまいました。 説明が出来る方、宜しくおねがいいたします。 100倍希釈をしたいのですが、それほど量が必要ないので希釈後の溶液は10mlくらいで大丈夫な場合、皆様どのように希釈されていますか? Q 農薬の希釈倍率についての質問です。 例えば、希釈倍率が100倍と表示されていたとします。 すると2つの考え方が頭に浮かびます。 1、水99ml+溶媒1mlとして最終的な液量を100mlとする方法。 2、水100ml+溶媒1mlという方法。 このように、どうしても希釈倍率と聞くと混乱してしまいます。 この2つの考え方は、どちらかが間違っていてどちらかが正しいと思います、または両方ともおかしいかもしれません。 この考え方について指摘などあればよろしくお願いします。 また、希釈倍率についての基本的な正しい考え方など教えていただければ幸いです。 Q エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。 両者の違いが良くわかりません。 宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。 (例) セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3. 89444、STDEVPでは3. 741657となります。 また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る 182 、これをデータの個数13で割る 14 、この平方根を取ると3. 741657となります。 では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。 A ベストアンサー データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。 また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。 で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。 公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。 まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。 AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。 A ベストアンサー 分子量というのは、1molあたり質量のことだとわかっていれば、出来ると思います。 結局、公式を羅列しただけになってしまったけれども参考にしてください。 Q こんにちは。 現在HPLCを扱っております。 検量線を使っているのですが 計算方法がよく理解できておりません。 【化粧品100g中に有効成分Aは何g含まれているか】を求めるものです。 まず、 標準品 0g、0. 1g、0. 3g、0. 5g を精密に量り、全て精製水で正確に 100mlとします。 この各液から、さらに1mlを精密に量りとり、精製水を 加えて正確に100mlとします。 試料は 1mlを精密に量り、精製水を加えて正確に100mlとしました。 ピークのAREAですが【標準品】 0. Excelで検量線の計算式を出したところ下記のような式になりました。 9998 この場合、100g中に何g含まれているかを求めるには どうしたらいいのでしょうか? 私なりに計算して四捨五入で0. 3gとなったのですが あっているでしょうか? 長くなってしまいましたが、教えてください! こんにちは。 現在HPLCを扱っております。 検量線を使っているのですが 計算方法がよく理解できておりません。 【化粧品100g中に有効成分Aは何g含まれているか】を求めるものです。 まず、 標準品 0g、0. 1g、0. 3g、0. 5g を精密に量り、全て精製水で正確に 100mlとします。 この各液から、さらに1mlを精密に量りとり、精製水を 加えて正確に100mlとします。 試料は 1mlを精密に量り、精製水を加えて正確に100mlとしました。 ピークのAREAですが【標準品】 0. A ベストアンサー ちょっと整理するために長くなりますが、順番に書きますね。 1.まず検量線に用いた標準溶液の濃度をきちんと計算しましょう。 1g、0. 3g、0. 9997 となります。 4.これで検量線ができたので、未知試料を分析したときのピーク面積1738876をyの部分に代入して計算します。 5.xの値として31. 6769... 6.この値はあくまでも"分析した試料"の濃度です。 mgやgに換算しなおすと、それぞれ3. 7.もし【化粧品"100ml"中に有効成分Aは何g含まれているか】ということならば、単純に濃度に100mlをかけて、0. 32gとなります。 ここで注意が必要なのは、【化粧品"100g"中に有効成分Aは何g含まれているか】となっていることです。 厳密には100mlと100gは同じ量を表していません。 32にかければ【化粧品"100g"中に有効成分Aの量】が出せます。 密度が不明なときは、例えば100mlを正確に量り取ってから、その質量を精密天秤で測ってください。 ちょっと整理するために長くなりますが、順番に書きますね。 1.まず検量線に用いた標準溶液の濃度をきちんと計算しましょう。 1g、0. 3g、0. Q 硫酸98パーセントを希釈して35パーセントの希硫酸500ml作る場合、手順の分からないところがあるので教えて下さい。 98)・水を約300ml程度用意して、「氷水の入った水槽の中に1Lビーカーを用意してその中に入れる」 ・撹拌しながら硫酸を徐々に入れる 一度に大量に入れたり硫酸の中に水を入れると沸騰して非常に危険 ・最後に500mlのメスフラスコに移して500mlに合わせる 加える水は一度ビーカーに入れてビーカーに残った硫酸を洗い入れる) これで完成。 分からないのは、 硫酸を179ml量るときにどんな容器で量るか? そしてその容器の内側には濃硫酸が付着しているが、これは1Lビーカーのように水で洗い、メスフラスコに入れるのか? その場合、濃硫酸に水を加えるので発熱すると思うのですが、どうするのでしょうか? A ベストアンサー 実験手順のフローチャートですから、実験を行った通りの順序、手法を書けば良いのです。 書き方はシンプル・イズ・ベスト! 誰もがそのチャートを見て、同じ操作が出来るように目指して書いて下さい。 実験手順、操作のフローチャートなんて、料理のレシピみたいなもんです。 「やった事」だけを書けば良いのですから、そう悩む必要はないと思いますよ。 むしろ、実験結果における考察の方が大切です。 古いモノですが、私が学生の時やった 「アルカリ性フォスファターゼによるp-ニトロフェニルリン酸の加水分解における温度の検討」 という実験のフローチャートを書きます。 反応液調製 酵素液調製 | | | pre-incubate 5min. 下付き文字がないので、変な部分ありますが、こんな感じです。 参考になると良いのですが・・・・ 実験手順のフローチャートですから、実験を行った通りの順序、手法を書けば良いのです。 書き方はシンプル・イズ・ベスト! 誰もがそのチャートを見て、同じ操作が出来るように目指して書いて下さい。 実験手順、操作のフローチャートなんて、料理のレシピみたいなもんです。 「やった事」だけを書けば良いのですから、そう悩む必要はないと思いますよ。 むしろ、実験結果における考察の方が大切です。 古いモノですが、私が学生の時やった 「アルカリ性フォスファターゼによるp-ニトロフェニルリン酸...

次の

【通販モノタロウ】

メス フラスコ 100ml

概説 [ ] メスフラスコはないしはで作られ、胴体部の平底の球体と長い首の部分から構成されており、首の開口部は栓で封ができるようになっている。 栓は本体と摺合せで出来ているガラス製かプラスチック製である。 首部分にはによる水位を示す1つの輪が付けられている(標線)。 標線はメスフラスコに示されている規定体積を示し、その他には許容誤差や製造メーカー、検定を受けたものは較正温度、精度等級、検定検印などがラベルされている。 普通は、無色透明のガラスもしくはプラスチックで作られるが、やなど遮光が必要な物質を操作するために、褐色透明の素材で作られるものもある。 操作方法 [ ] メスフラスコは規定溶液を調製するのに用いられる。 典型的な操作法の例として1 N塩化ナトリウム溶液の調製を例に示す。 規定体積1000mlのメスフラスコに1(58. 4g)の塩化ナトリウムを投入し、塩化ナトリウムを計った容器の洗いこみを含めておよそ800mlのをメスフラスコに一旦入れる。 その後にを加え、液の下面が標線(首部にすり線で示されている線)の上縁に達するまで追加する。 メニスカスの観測は首部に黒色背景を置き、メニスカス下面を標線上縁を一致させる。 濃い溶液から規定溶液を作る場合、濃い溶液500mlに精製水500mlを加えても1000mlにならないことに留意すべきで、と水がよい例であるが、溶液を合わせて均一化すると体積が変化することがある。 このような場合は、メニスカスの近傍では水の追加と振とうによる均一化を繰り返して徐々に標線に合わせ込むようにする。 メスフラスコの様な共栓フラスコはなどの様な装飾クリスタルデキャンタよりは簡素な形式の、、やのようなアルコール飲料のとしても使用されてきた。 栓をすることで、封をしてあるのとほぼ同等に蒸発による減量を防止する。 栓の結わえ付け方 [ ] たこ糸を本体の首に2周回し、固結び。 まず最初に、次のものを用意する。 メスフラスコ本体• メスフラスコの栓• たこ糸(約30~50cm)とハサミ• 栓にたこ糸を2周回し、固結びで結びつける。 栓から5cmほど確保した上で、メスフラスコ本体の首にたこ糸を2周回し、固結びで結びつけ、余ったたこ糸を切り取る。 注意点 [ ] メスフラスコは加熱してはいけない。 加熱膨張と冷却収縮に伴ってガラスに歪みが生じるために保証されている検定公差から逸脱してしまう可能性がある。 溶質を加熱溶解しなくてはならないときは、別の容器で加熱溶解させた後、室温まで冷却してからメスフラスコに移すようにする。 洗浄は通常、洗浄剤に浸漬しすすぎいだ後、蒸留水などでリンスし、逆向けにぶら下げて自然乾燥させる。 ブラシなどを入れ、こすって洗浄することは内壁に傷を付け容積変化の原因となるため禁忌である。 規格 [ ] 全量フラスコには、大別して2つの異なる等級が存在し、許容誤差が異なる。 高位規格(Class A、ないしは他国の薬局方相当公定書の基準に相当)は標線が正確で許容誤差が狭く、トレーサビリティーの為にシリアル番号が打たれている。 誤差がある程度あっても構わない場合は、低位規格(Class Bないしは相当品)が使われ、定性分析や教育現場などで使用される。 厳密な公定分析などにおいては、検定票を参照してその容量を補正する。 この際は使用する溶媒の膨張率等も考慮しなければならない。 の標示量がガラス表面に付着した濡れを含まない自然流下した液体の体積を表す出用 であるのに対し、メスフラスコの体積の標示量はガラス表面に付着した濡れを含む受用 である。 そのため一定量の体積の液体を計量するためのものではなく、 定容に用いられる。 出用のメスフラスコも特注品などで存在はするが、その精度は受用に比べて半分程度劣るため 、あまり使用されない。 註・出典 [ ] []• 学術用語集 化学編、増訂第二版、文部科学省、2004年 に拠る• , p. 化学分析用ガラス器具、JIS K 0050に拠る。 2009年6月1日, at the. 2009. 10取得 の図を参照• 2009. 10取得 の図を参照• 文部科学省; 教育研修センター; 大嶋稲良; 足立享志; 荒木文雄; 岩瀬信太郎; 神出建太郎; 小安由男 et al. , , , 高等学校専門教科資料, コンピュータ教育開発センター, の2009年6月15日時点におけるアーカイブ。 , 2009年6月13日閲覧。 「出用」や「TD」 To Deliverの意 、「Ex」、「A」 Ausgussの意 と表示される。 「受用」や「TC」(To Containの意)、「In」、「E」(Eingussの意)と表示される。 , p. 10 参考文献 [ ]• 日本規格協会, ed. 1994 , , 日本工業規格, 日本工業標準調査会, JIS R 3505 , 2009年9月13日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の

IWAKI メスフラスコ 白 スタンダード 300ml | 商品詳細 | 株式会社 三商

メス フラスコ 100ml

宜しくお願いいたします。 最近希釈の計算をする時に考えることがあります。 例えばAという物質を100mg秤り、100mLにうすめました。 これを40倍希釈しようと思ったときに、 すぐ頭で、 「4mLのホールピペットでとって10mLのメスフラスコに いれよう。 これで40倍希釈だ。 」 と考えます。 (使う量にもよりますが・・・) でも、「どのような計算でこうなるのでしょうか?」 普段あたりまえすぎて計算の過程がよく分からなくなってしまいました。 説明が出来る方、宜しくおねがいいたします。 100倍希釈をしたいのですが、それほど量が必要ないので希釈後の溶液は10mlくらいで大丈夫な場合、皆様どのように希釈されていますか? Q 農薬の希釈倍率についての質問です。 例えば、希釈倍率が100倍と表示されていたとします。 すると2つの考え方が頭に浮かびます。 1、水99ml+溶媒1mlとして最終的な液量を100mlとする方法。 2、水100ml+溶媒1mlという方法。 このように、どうしても希釈倍率と聞くと混乱してしまいます。 この2つの考え方は、どちらかが間違っていてどちらかが正しいと思います、または両方ともおかしいかもしれません。 この考え方について指摘などあればよろしくお願いします。 また、希釈倍率についての基本的な正しい考え方など教えていただければ幸いです。 Q エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。 両者の違いが良くわかりません。 宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。 (例) セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3. 89444、STDEVPでは3. 741657となります。 また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る 182 、これをデータの個数13で割る 14 、この平方根を取ると3. 741657となります。 では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。 A ベストアンサー データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。 また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。 で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。 公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。 まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。 AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。 A ベストアンサー 分子量というのは、1molあたり質量のことだとわかっていれば、出来ると思います。 結局、公式を羅列しただけになってしまったけれども参考にしてください。 Q こんにちは。 現在HPLCを扱っております。 検量線を使っているのですが 計算方法がよく理解できておりません。 【化粧品100g中に有効成分Aは何g含まれているか】を求めるものです。 まず、 標準品 0g、0. 1g、0. 3g、0. 5g を精密に量り、全て精製水で正確に 100mlとします。 この各液から、さらに1mlを精密に量りとり、精製水を 加えて正確に100mlとします。 試料は 1mlを精密に量り、精製水を加えて正確に100mlとしました。 ピークのAREAですが【標準品】 0. Excelで検量線の計算式を出したところ下記のような式になりました。 9998 この場合、100g中に何g含まれているかを求めるには どうしたらいいのでしょうか? 私なりに計算して四捨五入で0. 3gとなったのですが あっているでしょうか? 長くなってしまいましたが、教えてください! こんにちは。 現在HPLCを扱っております。 検量線を使っているのですが 計算方法がよく理解できておりません。 【化粧品100g中に有効成分Aは何g含まれているか】を求めるものです。 まず、 標準品 0g、0. 1g、0. 3g、0. 5g を精密に量り、全て精製水で正確に 100mlとします。 この各液から、さらに1mlを精密に量りとり、精製水を 加えて正確に100mlとします。 試料は 1mlを精密に量り、精製水を加えて正確に100mlとしました。 ピークのAREAですが【標準品】 0. A ベストアンサー ちょっと整理するために長くなりますが、順番に書きますね。 1.まず検量線に用いた標準溶液の濃度をきちんと計算しましょう。 1g、0. 3g、0. 9997 となります。 4.これで検量線ができたので、未知試料を分析したときのピーク面積1738876をyの部分に代入して計算します。 5.xの値として31. 6769... 6.この値はあくまでも"分析した試料"の濃度です。 mgやgに換算しなおすと、それぞれ3. 7.もし【化粧品"100ml"中に有効成分Aは何g含まれているか】ということならば、単純に濃度に100mlをかけて、0. 32gとなります。 ここで注意が必要なのは、【化粧品"100g"中に有効成分Aは何g含まれているか】となっていることです。 厳密には100mlと100gは同じ量を表していません。 32にかければ【化粧品"100g"中に有効成分Aの量】が出せます。 密度が不明なときは、例えば100mlを正確に量り取ってから、その質量を精密天秤で測ってください。 ちょっと整理するために長くなりますが、順番に書きますね。 1.まず検量線に用いた標準溶液の濃度をきちんと計算しましょう。 1g、0. 3g、0. Q 硫酸98パーセントを希釈して35パーセントの希硫酸500ml作る場合、手順の分からないところがあるので教えて下さい。 98)・水を約300ml程度用意して、「氷水の入った水槽の中に1Lビーカーを用意してその中に入れる」 ・撹拌しながら硫酸を徐々に入れる 一度に大量に入れたり硫酸の中に水を入れると沸騰して非常に危険 ・最後に500mlのメスフラスコに移して500mlに合わせる 加える水は一度ビーカーに入れてビーカーに残った硫酸を洗い入れる) これで完成。 分からないのは、 硫酸を179ml量るときにどんな容器で量るか? そしてその容器の内側には濃硫酸が付着しているが、これは1Lビーカーのように水で洗い、メスフラスコに入れるのか? その場合、濃硫酸に水を加えるので発熱すると思うのですが、どうするのでしょうか? A ベストアンサー 実験手順のフローチャートですから、実験を行った通りの順序、手法を書けば良いのです。 書き方はシンプル・イズ・ベスト! 誰もがそのチャートを見て、同じ操作が出来るように目指して書いて下さい。 実験手順、操作のフローチャートなんて、料理のレシピみたいなもんです。 「やった事」だけを書けば良いのですから、そう悩む必要はないと思いますよ。 むしろ、実験結果における考察の方が大切です。 古いモノですが、私が学生の時やった 「アルカリ性フォスファターゼによるp-ニトロフェニルリン酸の加水分解における温度の検討」 という実験のフローチャートを書きます。 反応液調製 酵素液調製 | | | pre-incubate 5min. 下付き文字がないので、変な部分ありますが、こんな感じです。 参考になると良いのですが・・・・ 実験手順のフローチャートですから、実験を行った通りの順序、手法を書けば良いのです。 書き方はシンプル・イズ・ベスト! 誰もがそのチャートを見て、同じ操作が出来るように目指して書いて下さい。 実験手順、操作のフローチャートなんて、料理のレシピみたいなもんです。 「やった事」だけを書けば良いのですから、そう悩む必要はないと思いますよ。 むしろ、実験結果における考察の方が大切です。 古いモノですが、私が学生の時やった 「アルカリ性フォスファターゼによるp-ニトロフェニルリン酸...

次の