えむこをち。 えむえむっ!

現代でも“モテる”光源氏はどう描かれた? 『いいね!光源氏くん』えすとえむの繊細な画風|Real Sound|リアルサウンド ブック

えむこをち

近視&乱視、ドライアイ、白内障の予防に「MRサポートシステム」を実践してみませんか? えむあーる株式会社では、近視&乱視、ドライアイ、白内障などの目病から目を守るために必要不可欠な4つの要素、「MRサポートシステム 超音波治療法・運動・栄養補給・視生活改善 」を推奨しております。 4つの相乗効果が目の予防に繋がります。 更に、えむあーる株式会社では「MRサポートシステム」をより効果的に進めるために、家庭用の超音波治療器「MRフタワソニック」を開発。 極めて微弱な超音波を1秒間24000回発振し、眼の視神経・筋肉等をマイクロマッサージを行う事で、眼が元気であった本来の状態に戻るよう治癒力を高めます。 視力は戻るんです!! また、電車やバスなどの乗り物に揺られながら、静止しないスマートフォン等の画面を見つめ続けることは目に極端に負担をかけ、それらから発光する ブルーライト問題も深刻化しており、近視等の眼病にならざるを得ません。 日本の近視人口は戦後70年の間に年々増加しており、近視になる年齢がどんどん低年齢化しています。 文部科学省が行っている学校保健統計調査によると、 裸眼視力1. 0未満の小学生が約30%・中学生が約50%・高校になると、なんと約60%以上にもなるのです。 (進学校では更に近視率は上がります) また、視力低下が進むスピードも加速しており、17歳(高校生)における裸眼視力が0. 2未満は、全体の30%以上を占めるまでになっています。 更に、 高齢者の眼の疾患も増大。 白内障手術 は年間160万人。 緑内障の患者は 540万人(発病380万人) そして 年間2000人が失明しています。 そのほか、新たに ドライアイという症状で 2200万人の患者がいると言われており今も増え続けています。 白内障を予防するには生活習慣の見直しが大切 白内障は加齢にともない、誰にでも起こりうる目の病気です。 白内障は進行しても基本的に痛みがなく、一度発症すると薬では治らないため、最終的には手術をすることになります。 その白内障手術も稀ではありますが、合併症のリスクも否定できません。 しかし、加齢による白内障を防ぐのは難しくても、今から始められる白内障予防があります。 それは、白内障と密接に関係している糖尿病などの生活習慣病にかからないようにすることです。 食べ物の量や味付け、体操などの運動習慣、睡眠の質といった改善しやすいところから見直しましょう。 また、眼球をまぶたの上から指でマッサージしたり頻繁に目をこすったりする癖も、直すようにすることが大切です。

次の

えむえむっ!

えむこをち

からお選び頂けます。 また、食品という商品の性質上、お客様のご都合によるキャンセル、返品はお断りさせていただいていますので、ご了承いただきますようお願いいたします。 返金及び交換をさせていただきます。 お電話では、下記の時間帯にお問い合わせして頂けます。 予めご了承下さい。 1配送先につき5,000円 税込 以上お買い上げの場合は送料無料となります。 ・送料は、地域別に異なります。 ・日時指定もうけたまわります。 ご注文の際に入力してください。 一部地域では時間帯指定を承れない地域もございます。 その後、3営業日までに(休みが入る場合)当店より受注確認メールを同梱などの送料計算したものを、お客様にご連絡致します。 ・クレジットカード、代金引換は、通常3営業日までに ・銀行振込では、ご入金確認後、通常3営業日以内 に商品の発送を致します。 商品発送時やご入金確認時に当店よりメールにてご連絡致します。 当店では、このメールを明細書とさせて頂いております。 お客様より情報の削除のご依頼がございました場合は直ちに削除させて頂きます。 又、ご購入情報はSSL暗号化通信により保護されていますのでご安心ください。 Copyright C ほっとえむ【ヤフーショッピング店】 All Rights Reserved.

次の

ほっとえむ

えむこをち

4月4日にスタートしたNHKの新ドラマ『いいね!光源氏くん』が、毎週土曜23時30分から絶賛放送中である。 ドラマの原作である漫画は雑誌『FEEL YOUNG』にて2015年12月号から連載を開始し、現在3巻まで単行本が発売されている。 原作者のえすとえむは2006年にデビュー後、主にボーイズラブ作品において人気を博していたが、ラブコメディ作品『うどんの女』で「このマンガがすごい!2012オンナ編」の第3位を獲得。 以来、今作品のようにジャンルに関わらず様々な作品を手掛けている。 どこにでもいる普通のOL・藤原沙織(27歳)はある日、仕事に疲れ帰ってきた部屋で、昔バリ旅行で買ったすだれを発見。 少しでも非日常を感じようと設置してくつろいでいたところ、突然妙な服を着た男性が窓からすだれをくぐって侵入してきた! 慌てた沙織が殴ったせいなのか、彼は「二条院に住んでいる」や「牛車で来た」などちんぷんかんぷんな発言ばかり。 しかし、その雅な装束とイケてる顔面から想像するに、もしかして光源氏なのではないか?と気づく。 平安時代に書かれたかの有名な『源氏物語』の主人公・光源氏。 誰しもが知っている平安のモテ男が現代に迷い込んでしまった。 全身ユニクロなのにインスタ映えして女子受けするし、感動すると短歌を詠む姿がバズって短歌サークルができるし、現代でもやっぱりモテる新しい光源氏が描かれている。 『はたらけ、ケンタウロス』(リブレ) 作者えすとえむの漫画の魅力は、美しい作画と絶妙なギャグセンスにある。 それは人物画だけに留まらず、オーダーメイドシューズや馬の肉体など美しい物を描く技術が抜群なのだ。 2011年に発売された『はたらけ、ケンタウロス』という作品は、ケンタウロスが新しい人種として馴染み始めた世界の中、サラリーマンやモデルなど様々な職業で生きていく物語である。 しかし、馬の筋肉や足の関節、たなびく尻尾の一本一本までが愛情を込めて描かれるおかげで世界観が保たれている。 もちろん人間の顔の作りや表情にも独特の美しさがある。 しかし馬や靴、ドレス等をこれほど魅力的に愛をもって描ける漫画家はそういないのではないか。 そんな安定した作画に絶妙なギャグ。 真面目に考えられたケンタウロスあるあるがとても面白い。 架空の生き物を迷いなく繊細に描いているからこそSF世界にリアリティが生まれ、普通ではない世界で起こる普通の出来事が面白く際立っている。

次の