テンメンジャン 作り方。 甜麺醤(テンメンジャン)とは?どんな使い方ができるの?

コチュジャンの代用に甜麺醤は使える!?代用甜麺醤の作り方

テンメンジャン 作り方

甜麺醤(テンメンジャン)とはその名の通り、甜(甘い)麺(小麦粉の)醤(味噌)という意味で、小麦粉と塩を混ぜたあと、特殊な麹を加えて作られた黒または赤褐色の味噌です。 砂糖を加えて甘く仕上げ、辛くない、甘みと深みのあるのが特徴です。 別名「 中国甘味噌」とも呼ばれています。 また甜麺醤にはたんぱく質、カルシウム、鉄分、ビタミン、カロチンが豊富に含まれているので、中国では「緑色調味料」として愛用されています。 北京ダックなど、そのまま肉や野菜につけて食べる方法がありますが、加熱すると香りが増すので、回鍋肉や麻婆豆腐などの炒め料理の調味料としても使われています。 中華料理には欠かせない調味料の一つですね。 甜麺醤と豆板醤との違いは? 豆板醤は、そら豆を主原料とした辛味のある味噌です。 そら豆を麹につけて発酵させ、さらに唐辛子を加えて作られたもの、香りが高く、そして辛いことが特徴です。 加熱すると、香りが引き立ち、料理に香りとコクを加え、よい風味を与えるので、四川料理で特によく使われる調味料です。 一見似ているようですが、実は強い辛味や香りが出したいときは豆板醤、優しい甘い味噌味を出したいときは甜麺醤ですね。 甜麺醤の使い方や美味しいレシピ 甜麺醤(テンメンジャン)を買ってみたけど、使い方がわからず、困っている方のために、甜麺醤の使い方について紹介します。 甜麺醤は、北京ダックなどに生の状態で、つけだれとして使うことができますし、また他の調味料をほんの少しだけ混ぜることで美味しい甜麺醤ソースになります。 甜麺醤の甘味とコクを楽しむことができますよ。 蒸し鶏&甜麺醤 レシピ• 耐熱皿に鶏肉を皮目を下にしてのせ、酒を全体にふり、塩をふってなじませる。 ふんわりラップをかけて電子レンジ(600W)で5分加熱する。 鶏肉は粗熱を取り、食べやすい大きさに切って、器に鶏肉を盛りつけ、粗みじん切りのねぎをその上に添える。 材料(2人分):• 豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用)150g• キュウリ1本• プチトマト2個• ニンニク1かけ• 酒大さじ2 ソース:• 甜麺醤 大さじ2、• すりおろしニンニク 少々、• 酒 大さじ1、• 酢 小さじ1 作り方:• キュウリは千切りにし、プチトマトは2等分に切る• ソースの調味料を、よく混ぜあわせておく• 鍋に湯をわかし、酒・ニンニクを加える。 豚肉を入れる。 豚肉は、さっと茹でてザルにあげておく。 器に1の野菜と共に肉を盛り、ソースをかけると完成!。 茹で湯に、酒やニンニクを加えると、香りよく仕上がります。 残った湯はスープにしても良いですよ。 蒸し茄子の甜麺醤ソース (参考:) 材料:• 茄子(中ぐらい) 2本• 長ネギ(白い部分)• 甜麺醤 30g• おろしショウガ 5g• ゴマ油 小さじ1• 砂糖 2g• 塩・味の素 各いつまみずつ• 酢 小さじ1• ナスは縦に4等分・横に2等分くらいに切って、水にさらす。 耐熱皿に水気を切ったナスを並べ豚ラップして、レンジ600w 5分程度チンします。 茄子は柔らかさが足りないようであれば、更に電子レンジで加熱します。 長ネギは、縦に細く千切りにし、白髪ネギにします。 甜麺醤・おろしショウガ・ゴマ油・砂糖・塩・味の素・酢を混ぜます。 またトーストに塗るのがおいしいという方もいますよ、ぜひいろいろとチャレンジしてみて下さい。 甜麺醤が無いときの代用は? 甜麺醤を使い切った!でも麻婆豆腐を作りたい、そのとき、代用できるものについてご紹介します。 お味噌の味と、コクのある甘みが出ますね。 八丁味噌は赤味噌の一種です、最も甜麺醤に似ていると言われています。 また普通の味噌に醤油・砂糖・ごま油を混ぜると、似た風味を出せます。 作り方は非常に簡単でシンプルですが、ちょっとしたおもてなしの時に出してみても素敵ですよ、ぜひ作ってみてくださいね。

次の

自家製甜麺醤(テンメンジャン)

テンメンジャン 作り方

ホイコーローについて 中国四川料理の1つ、回鍋肉(ホイコーロー)は中国語。 「回(ホイ)」は戻すという意味で、最初に肉を煮て、火を通してから「鍋(グオ)」に戻し、「肉(ロウ)」を炒める料理手順からこの名前がつけられました。 ホイコーローは、中国の清の時代、成都に住んでいた秀才が作り出した料理。 山奥で料理の研究をし、先に豚肉を茹でて臭みを取り、その後、油で炒める調理法を生み出したのです。 そんなホイコーローは、四川の人たちにとって、旧暦の一日から十五日のお正月にしか食べられないご馳走。 その世帯の数だけレシピが存在するとされ、郷土料理という意味を含む、「回国肉」という俗名を持っています。 ホイコーローの調理法について 「ホイコーロー」は本場・四川を代表する料理。 四川では皮付きの塊の豚肉を煮て使用し、野菜にはニンニクの芽を使います。 そこへ豆板醤をたくさん入れるので、相当辛みが強い四川料理。 本来は辛いのですが、陳建民がホイコーローを日本へ広めた際に、日本人が食べやすいようにと具材をニンニクの芽からキャベツへ変え、甜麺醤(テンメンジャン)を多めに使った甘辛い味へと改良されました。 作り方は、まず甜麺醤(テンメンジャン)や豆板醤、酒、醤油などの調味料を混ぜ合わせておきます。 そのあと豚肉を中華鍋で炒めて一旦取り出し、食べやすい大きさに切ったキャベツやピーマンを油通し、または湯通ししましょう。 ネギや生姜などを香りが立つまで炒めた中に、キャベツや豚肉を戻し入れて合わせ調味料が絡むように炒めれば出来上がり。 クックパッドでホイコーローの人気検索で1位&話題入りしたレシピです。 春キャベツを使って甜面醤(テンメンジャン)がなくてもホイコーローが簡単に作れちゃいます。 味付けは、味噌とみりんと豆板醤で甜面醤を代用。 作り方は、まず豚肉はビニール袋の中で下味をつけ、片栗粉をまぶしてからフライパンで炒めます。 キャベツやピーマンは、炒めた肉の上で蒸し焼きにしてから調味料を回しかければ出来上がり。 つくれぽ3000件超えで話題になり「クックパッドのおいしい厳選!野菜レシピ」本にも掲載された人気のレシピ。 醤油や甜面醤(テンメンジャン)、豆板醤などの調味料の配合が絶妙。 お店で食べるような絶品ホイコーローが作れちゃいます。 また、調味料に片栗粉を少し入れることで、程よいとろみがつき、味の辛みが少し丸くまります。 今晩のご飯のおかずにいかがですか? 代表的な中華料理のひとつであり、日本人の家庭料理の定番にもなっているマーボー豆腐。 四川省の省都、成都にあった料理店のおかみさんが作っていた、豆腐料理が始まりで、一時期わかりやすい料理名への改名を求められて麻辣豆腐と呼ばれていたこともありました。 「麻」は山椒のしびれる味で、「辣」はトウガラシの辛い味のことをさす大変辛い料理。 日本に伝わると同時に、辛みが抑えられた日本人好みの味に変化し、私たちのなじみ深いマーボー豆腐になっています。 最近は、基本のマーボー豆腐をアレンジしたさまざまなレシピがあり、いろいろなマーボー豆腐を楽しむことができます。 今回はそんなマーボー豆腐の、基本のマーボー豆腐レシピをはじめ、さまざまなアレンジレシピをカテゴリー別に紹介します。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

甜麺醤(テンメンジャン)がない!甜麺醤の代わりに代用できるもの

テンメンジャン 作り方

甜麺醤(テンメンジャン)とは 甜麺醤は中華料理の調味料の一つです。 中華の甘口の味噌です。 濃い赤茶色をしていて、独特のコクのある甘い味噌です。 甜麺醤の原材料は 原材料は小麦粉と塩そして特殊な麹と醤油などの調味料を加えて作られています。 日本で製造されている甜麺醤には味噌に砂糖、醤油、植物油脂などが原料となり、原料の一部に小麦、大豆、ごまを含んで作られているものもあり、また中国以外の国では大豆を原料としている製品も多いです。 甜麺醤の味の特徴 色は濃い茶褐色をしています。 甘みのあるドロッとした中国のみそです。 独特の甘味とコクが特徴です。 甜麺醤は味噌の一種 甜麺醤は日本の八丁味噌に似た中国の味噌です。 八丁味噌は辛口の味噌ですが、甜麺醤の味は甘いです。 中華甘みそとも呼ばれています。 甜麺醤とは甘く(甜)、小麦粉(麺)で作られた味噌(醤)という意味からこのようなネーミングが付けられました。 甜麺醤の賞味期限 開封しなければ、高温多湿を避けた場所で2年、開封した後は3ヶ月から約1年です。 保存食なので腐敗はしませんが、古くなると風味は落ちてしまいます。 表面に白い結晶のようなものがでることがありますが、それはみそ由来のカルシウムであるので心配はいりません。 開封後は冷蔵庫で保存することが望ましいです。 甜麺醤(テンメンジャン)のカロリーと塩分 カロリーは? 食品メーカー「YOUKI」の栄養成分表示によると100g当たり264kcalです。 塩分は? カロリー同様「YOUKI」の栄養成分表示によると100g当たり5. 5gの食塩が相当量になります。 甜麺醤(テンメンジャン)の使い方 ポピュラーな使い方では北京ダックにつけていただく味噌として添えられていることはお馴染みですが、甜麺醤の使い方の一つにはこのように肉や野菜にそのままつけて食べこと。 そのほか炒め料理などの調味料として使うことが多いです。 熱を加えると香りがいっそう増すので、炒めものや煮物の隠し味として使われることが多いです。 また甜麺醤は、ピリ辛の中華の調味料・豆板醤を使ったお料理の隠し味として使われることがあります。 北京ダックのほか、回鍋肉、麻婆豆腐、ジャージャー麺、春餅などの中華料理には欠かせない調味料に一つです。 おすすめのお料理 ポピュラーにあがる中華料理のほかに、こんな使い方もできる美味しいレシピをいくつかご紹介します。 時間が経ったら甜麺醤とごま油をまぜ、馴染ませたら出来上がり。 おつまみに最適です。 キャベツはざく切りにし、ソーセージも食べやすい大きさに切ります。 フライパンでソーセージに焼き目をつけそこにキャベツとじゃがいもを入れてなじませたら、甜麺醤と中華スープの素を入れて出来上がり。 お弁当のおかずなど冷めても美味しい1品です。 <中華そぼろ丼>2人前 豚ひき肉200g、[調味料:酒大さじ1、砂糖小さじ1、みりん大さじ1、醤油小さじ2、甜麺醤大さじ1、一般の赤味噌大さじ1、豆板醤・少々、にんにく(みじん切り)・少々、生姜(みじん切り)・少々]、ご飯、刻みねぎ ・鍋に油をひき、ひき肉と調味料をずべて入れて、中火にかけてほろほろに炒める。 炒まったらご飯にかけ、刻みねぎを散らして出来上がり。 忙しい時に簡単にできる美味しい丼ぶり飯です。 ・鶏肉はフォークなどでぶつぶつと刺して数か所穴をあけ、混ぜ合わせた調味料に20分ほど浸けておく。 (浸け終わり残ったたれは、食べる時に温めてかけて食べても美味しいです) ・クレープの生地を準備する(冷凍のものは解凍して焼くなど) ・オーブンで付け込んだ鶏肉を焼きます。 (両面焼きのグリルでない場合は皮目を下にして焼くこと!) ・肉を焼いている間に、大根、キュウリ、人参を千切りにします。 ・肉が焼けたら粗熱を取り、削ぎ切りにして、クレープに野菜と鶏肉をのせ、肉を浸けこんだタレを温めたものをかけていただけば、北京ダック風の鶏もの肉の出来上がり。 *クレープの皮がない場合の(10枚分) 強力粉100g、薄力粉100g、水300cc、塩・少々をよく混ぜ合わせてラップをして冷蔵庫でしばらくねかせます。 時間が来たらピンポン玉くらいの大きさに丸めたものを、麺棒で伸ばしてフライパンに油を薄めにひいて焼くと、具材をつつむ皮になります。 甜麺醤(テンメンジャン)を上手に使ってお料理しよう! 甜麺醤は、美味しいと舌鼓しながら食べていた中華料理に使われている中華には欠かせない調味料の一つだったんですね。 中華料理は味がしっかりと濃いものが多いけれど、その中の甘さは甜麺醤の甘さからくるものがたくさんあるようです。 そのまま野菜やご飯につけて食べることもよし!また火を通すと一層コクや風味がでるようです。 普段のお料理にも甜麺醤をつかってお料理のレパートリーを広げてみてください。

次の