バチンウニ おきみやげ。 第39話 バチンウニ

バチンウニの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

バチンウニ おきみやげ

皆さんどうも初めまして! のんびり丸と申します。 普段はでなどの動画を投稿しています。 実は最近、マックスレイドバトルで色違いバチンウニを入手しました。 バチンウニの概要 タイプ でんき HP:48 こうげき:101 ぼうぎょ:95 とくこう:91 とくぼう:85 すばやさ:15 合計:435 体重1. すばやさが低いのはいいとして、他のに関しても高くも低くもないといった感じ。 特性 エレキメー 通常特性一つしか無いんですね、この子。 まぁ、エレキメー1択ですね。 有用な物理技• スパーク• びりびりちくちく• どくづき• しっぺがえし• ふいうち• じばく 有用な特殊技• ほうでん• ねっとう• グボルト 有用な補助技• のろい• でんじは• まきびし• どくびし• おきみやげ 水・電気・毒に関する技を覚えます。 おきみやげ・どくびしを覚えるのは偉いですね。 バチンウニのでアタッカーは厳しそうだから、今回はサポート型を考察してみます。 ほうでん• ふいうち• どくびし• おきみやげ HP155【252】 こうげき121【0】 ぼうぎょ158【228】 とくこう115【28】 とくぼう105【0】 すばやさ31【0】 調整• エレキシード発動で、特化のつららおとし2耐え• ふいうちでH4ドラパルトに41. どくびしを蒔いて、裏の耐久でハメる• おきみやげで裏の積みに繋ぎ、全抜きを狙う• でんき技は麻痺を狙えるスパーク・ほうでんの選択だが、アーマーガア・を意識して、ほうでんを選択 使用パーティ 使用パーティはシーズン3で使用した構築を応用してみました。 一応記事も書いてあるので良ければ見てください。 全抜きを狙うとしてを入れており、耐久と全抜きを兼ね備えたアーマーガアとマホイップを添えています。 使用感 やっぱり強くないですね。 というか、どくびしが想像以上に弱かったです。 ・・といった、どくびしが効かないが多く、 環境にいるで毒状態にしたい• 【ねむるで不安定】• 【うるおいボディで不安定】• ヌオー【と組んでいる可能性大】• ピクシー【で不安定】• 毒状態にしたいも不安定な要素が多かったので、環境的にも逆風な気がします。 ただ、ちょうはつを使ってくるアーマーガア・には対面で勝てるので補助技を使いやすかったのは良かったです。 じゅうでんやのろいを絡めた耐久型も少し考えたのですが、他のでしたほうが強いので差別化が難しいですね。 でも覚えてくれれば少し化けそうなんですけどね。 ちなみにどくびし・おきみやげの両立はも可能です。 【ほうでん】を【グボルト】に変更しても良いかもしれません。 まとめ バチンウニを使ってみた感想としては、想像よりは使えるといった感じですね。 最終2桁順位は厳しそうですが、上手くいけば最終3桁順位ぐらいならいける気がします。 気が向いたらまた使ってみて、結果を残せたら構築記事でも書いてみます。 Nonbirimaru.

次の

【ソードシールド】バチンウニの種族値、わざ、特性など能力と入手方法【ポケモン剣盾】

バチンウニ おきみやげ

鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の

【ポケモン剣盾】バチンウニの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

バチンウニ おきみやげ

またダブルバトルの時、自分以外の全てのポケモンの『でんき』タイプの単体攻撃技の攻撃対象が自分になる。 攻撃対象が複数の技の場合はそのまま /『でんき』タイプの野生のポケモンと出会いやすくなる 第8世代から。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、『ねむり』状態にならず、また『でんき』タイプの技の威力が1. 自分の『とくぼう』ランクが1段階上がる。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、『ねむり』『あくび』 ねむけ 状態にならず、また『でんき』タイプの技の威力が1. 3倍になる 第7世代までは1. すでに『ねむり』状態の場合は回復しない。 道具『エレキシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、『ねむり』『あくび』 ねむけ 状態にならず、また『でんき』タイプの技の威力が1. 3倍になる 第7世代までは1. すでに『ねむり』状態の場合は回復しない。 道具『エレキシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. 『ひこう』タイプ、特性『ふゆう』のポケモンはダメージを受けない。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 2回使うと『もうどく』状態になる。 『ひこう』タイプ、特性『ふゆう』のポケモンは効果を受けない。 『どく』タイプのポケモンが出ると効果がなくなる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。 『どく』『もうどく』状態のすべての相手の『こうげき』『とくこう』『すばやさ』ランクを1段階ずつ下げる。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 3倍の効果もさらに加わる。

次の