良性 発作 性 頭 位 めまい 症。 家庭の医学、原因不明のめまいの正体は良性発作性頭位めまい症と意外な部分が | 健康備忘録

耳石が起こすめまい「良性発作性頭位めまい症」とは?

良性 発作 性 頭 位 めまい 症

翌日、耳鼻科を受診すると、 『良性発作性頭位めまい症に間違いない』と言われ、 『メリスロンは、石に作用する薬ではないから飲んでも無駄。 飲む必要は無い。 良性発作性頭位めまい症には薬が無い。 』とも言われました。 私のめまいは、両耳から来ているらしく、上下左右どちらを向いても目が回ります。 会話や食事の時などに、少し頭が揺れたり、ちょっと視線を下に落とす程度でも、 目というか頭がぐわんぐわん回り、我慢できずに吐いてしまう事もあるので、 ここ4日ほど仕事も休んでいます。 耳鼻科の医師から『薬を飲んでも無駄』と言われても、 今の状況では、とても苦しく辛いので、 たとえメリスロンが直接的に治す効果が無いとしても、 めまいの回転が少しでも緩くなるとか、めまいを感じさせる神経が鈍くなるとか、 私が感じる症状が少しでも軽減されるなら、メリスロンを飲んでみたいです。 インターネットで、メリスロンについて調べてみると、 「メニエール病のめまいの薬」と書かれていました。 メニエールと良性発作性頭位めまい症では、やはり根本的な原因が違うから、 薬の効果も違うのでしょうか? メリスロンは、良性発作性頭位めまい症のめまいの症状には、 あまり効かないのでしょうか? ご存知の方、又は、ご経験のある方いらっしゃいましたら、 ご意見・ご回答をお聞かせ下さい。 どうか宜しくお願い致します。 メリスロンは良性発作性頭位めまい症にはまったく効かないと思います。 良性発作性頭位めまい症のメカニズムは下記です。 サイトから引用 良性発作性頭位めまい症が起こる原因は現在のところ完全に解明されたわけではありませんが、耳の奥にあり聴覚と平衡感覚を司る内耳の耳石器(頭の傾きを感知する器官)にある耳石(主に炭酸カルシウムを成分とする小さな結晶体)が何らなの原因で脱落して半規管内に入り込み、堆積したり、またはコロコロ転がるように移動や浮遊することで、耳石の動きが感覚神経を刺激しめまいが起こると考えられています。 (引用ここまで) 一方、メニエールは内リンパ水腫が原因です。 で、メリスロンは脳や内耳の血管を広げて血液循環をよくする薬です。 メニエールならともかく、感覚器官の中を石が転げるから起きる良性発作性頭位めまい症にメリスロンが効くはずもなさそうです。 良性発作性頭位めまい症の治療は頭の向きを操作することで外れて彷徨う耳石の位置を無害な位置に移動してやる事です。 メリスロンは効果ないけど、良性発作性頭位めまい症は練れた耳鼻科医なら理学療法で比較的簡単に治せるはずですよ。 内科医がメリスロンを出したのは専門ではないから仕方ないでしょう(彼の立場で考えたら、何も持たせずに帰すわけにも行かないでしょ?) メリスロンだけでなく良性発作性頭位めまい症にはどんな薬も効かないと思います。 効くのは耳鼻科医の理学療法です.

次の

本当にきつかった…「良性発作性頭位めまい症」のお話し

良性 発作 性 頭 位 めまい 症

良性発作性頭位めまい症の原因は「耳石」の移動 良性発作性頭位めまい症は、 実際にしている姿勢とは違う情報が神経を通じて脳に送られることで起こります。 たとえば、 体は起き上がっているのに、脳が体は横になっていると判断しているような状態です。 これは 本来なら「耳石器」にあるはずの小さな砂つぶのような「耳石」が、何らかの原因ではがれ落ち、半規管内へ入り込んでしまうことが原因です。 半規管は体のバランスをつかさどる器官で、3つの半円状のループから成り立っており、それぞれ前後・左右・上下の平衡感覚に関連しています。 耳石がいずれかの半規管に入り込み、体位により移動することで、中を満たしている内リンパ液が動き、神経の一部がその動きを感じて脳に伝え、めまいが起こるという場合と、クプラ(リンパの流れを感知する神経)に付着し、体位の変化により耳石が傾くことによりクプラを刺激することによりめまいが起こる場合があります。 これらは頭を強く打ったり、寝たきりだったりすることでも起こります。 澤選手のケースでは、プレイ中のヘディングの影響が大きかったといわれています。 また 更年期以降の女性に多いことから、加齢や女性ホルモンの低下も関連しているのではないかと考えられています。 良性発作性頭位めまい症のおもな症状は、回転性のめまいと吐き気 良性発作性頭位めまい症の症状は、 視界がぐるぐると回るようなめまいと吐き気や嘔吐が中心です。 めまいは 数秒〜長くても2、3分程度と短い時間ですが、何度も繰り返し、立っていられなくなるような場合も少なくありません。 めまいや吐き気、嘔吐の他に症状が出ることはあまりなく、難聴や耳鳴りなどはないことも特徴です。 つらい症状の場合も多いですが、 「良性」であるため悪化することは少なく、後遺症や命の危険性もありません。 めまいの他にこんな症状が出たら要注意 良性発作性頭位めまい症の他にも、めまいを誘発する疾患は多岐にわたります。 生命の危険も「悪性頭位めまい症」 めまい発作とともに次のような症状があらわれた場合は耳が原因ではなく、小脳の出血や梗塞、腫瘍などによる、脳が原因の「悪性頭位めまい症(中枢性めまい)」のケースがあります。 ろれつがまわらない• 手足に力が入りにくい• ものが二重になって見える• 麻痺やしびれをともなう• 激しい頭痛がある 生命の危険にもかかわるため、めまいとともにこのような症状がみられたら、すみやかに医療機関を受診しましょう。 良性発作性頭位めまい症の検査 良性発作性頭位めまい症ではおもに 眼振検査(眼球の動きを観察する検査)がおこなわれます。 眼球を拡大して診ることができるフレンツェル眼鏡をかけた、直接あるいは小型のCCDカメラを使ったりして眼球の動きを観察すると、耳石が半規管のどこに入り込んでいるのかを判断することができる場合もあり、診断の根拠となります。 また良性発作性頭位めまい症では難聴の症状がほとんどあらわれないため、 聴力の検査をおこない、他のめまい疾患ではないかどうか確認することもあります。 良性発作性頭位めまい症の治療法 良性発作性頭位めまい症は特別な治療をおこなわなくても、 数日から2週間ほどで症状が改善していく場合がほとんどです。 原因となる部位(左右およびどの半規管か)が明らかになった場合は、 移動した耳石を元の位置に戻す、耳石置換法と呼ばれる治療方法をおこなうことで、より早く症状を改善することができます。 これは 眼球の動きから耳石がどこに迷い込んでいるのかを判断し、患者の頭を上下や左右にゆっくりと動かして耳石を半規管から追い出す方法です。 ただし 首や腰に病気がある場合には、この方法で治療することはできないので注意が必要です。 また、平衡訓練やリハビリなどの理学療法が有効な場合もあります。 良性発作性頭位めまい症は耳石の移動という物理的な原因のため、薬物療法ではあまり効果がない場合もあります。 しかし 症状が強い・長期化しているといったケースでは、抗めまい剤や制吐剤など、症状を緩和する薬が処方されることも少なくありません。 良性発作性頭位めまい症の自宅でできる予防法 良性発作性頭位めまい症を起こさないためには、耳石が半規管に入ることを防ぐのが大切です。 そのためには日常生活のなかで、次のような点に注意しましょう。 いつも同じ方向で横にならない 寝るときなどいつも同じ方向を向いて横になっていると、下側の耳の半規管に耳石が入り込みやすくなってしまいます。 テレビを見る際も、横になりずっと同じ姿勢で見ることは避けるようにしましょう。 枕を高くして寝る 寝る際には高めの枕を使うと、耳石が半規管に入り込みにくくなるためおすすめです。 積極的に体を動かす 良性発作性頭位めまい症は、パソコン作業など同じ姿勢のままでいることや運動不足が原因の場合もあります。 そのため 頭を動かしたり、寝返りを繰り返す運動をしたりすることも効果的です。 運動不足を解消するために、積極的に体を動かしたいものですね。 まためまいが起こると恐怖心からじっとしてしまう場合が多いようですが、 耳石を半規管から追い出すためにも、無理のない程度にめまいのする方向に頭を傾けるとよいでしょう。 重度の良性発作性頭位めまい症の場合は手術も まれに1年以上再発を繰り返す、眼振(眼球の揺れ)が止まらないといった日常生活に強く影響を及ぼす難治性のケースもあり、その場合には手術を検討することもあります。 「半規管遮断法」という方法でおこなわれ、半規管のリンパの流れを遮断することで耳石が半規管の中を浮遊しないようにする手術です。 まとめ 良性発作性頭位めまい症は治療をおこないやすい病気ではありますが、重度のめまいを引き起こすこともあるつらい症状が特徴です。 自然治癒する場合も多いですが、つらいめまいや吐き気があるなら、耳鼻咽喉科を受診することをおすすめします。 また 一概にめまいとはいっても、さまざまな病気や脳が原因である悪性頭位めまい症の場合もあるため、自己判断は危険です。 気になる症状があれば、できるだけ早く医師に相談しましょう。

次の

良性発作性頭位めまい症

良性 発作 性 頭 位 めまい 症

良性発作性頭位めまい症って治らないのでしょうか? 私は32歳の頃に、夜中寝ていたら回転性のめまいに襲われて病院にいったら、良性発作性頭位めまい症でしょうと診断されました。 その後ネット等で調べたら、やはり症状が似ていたので良性発作性頭位めまい症なんだなぁと理解しました。 その後、何年かおきに回転性のめまいがします。 普段も肩こり首こりがあって、調子が悪い事が多いです。 肩こり首こりがひどい時に大体めまいが起こる気がします。 似たような方いらっしゃいますか? 最近では4月中旬頃に良性発作性頭位めまい症が再発して寝返りうつたびに、回転性めまいがしました。 でも、目眩がしても寝返りをした方がよいとネットで見たので、我慢してしたら、1日で良くなりましたが、ずっとそれから肩こり首こりあります。 調子はあまりよくありません。 長時間外出して、買い物したりすると、気分が悪くなったりします。 回転性のめまいまではしませんが、ふわふわとした感じで船酔いのような感じになり具合悪くなります。 はやく、普通にスッキリとした毎日を過ごしたいなぁと思ってるんですが、中々難しいです。 この症状は耳石が剥がれて起きると言われてます。 季節の変わり目や低気圧なども影響していると思います。 一度なるとなりやすいと言いますね。 疲れがたまったりストレスが負担になったり肩首痛い重いなどあると血流が悪くなるので症状が出てくると思います。 ふわふわめまいは個人差があると思いますが私は経験しています。 はじめてこの症状が出たのは3年前でしたが耳鳴りや難聴も併用していることから二年間薬を4種類服用してました。 ふわふわめまいつづき肩首、目の奥が痛かったり生理 前後などにも症状が出て身体が傾いた感じになったりと私はたち仕事ですので症状が出てたときは裏で休み休み仕事している時もありました。 原因わからずめまい外来で現在も治療中です。 今は質問者さんの症状ではないようですね。 平衡機能が弱っていて回転めまいやふらつきが毎日ではないのですがあるため現在休職中です。 ストレスや睡眠不足もめまいにつながりやすいようです。 焦らずゆっくり休んで長いめで治した方がよいと私は言われました。 質問者さんのお気持ちわかります。 本当に不安になりますよね。 毎日、めまいリハビリをやっています。 仕事復帰も早くしたいのでその焦りが本当はよくないのかも知れません。 私みたいに症状が長引かないように耳鼻咽喉科ではめまいに詳しい先生がいませんのでめまい専門医を探され行かれた方がよいと思います。 より詳しい事がわかると思います。 また合った薬が処方されると思います。 名医が出している本でリハビリしてます。 良性発作めまいにも効くと書いてあります。 よろしかったら参考にされてください。 よくなる事を信じてお互いに頑張りましょう。 お大事になさってください。 食生活はいかがでしょうか。 原因不明の急性発症病の殆どは食生活や環境汚染などで身体が汚れの限界を感じて発症します。 花粉症が良い例ですね。 腸内環境を整えて、デトックスをすることをお勧めします。 断食やプチ断食、週末断食などでも効果があると思いますよ。 ググって下さい。 体のリセットです。 もちろん添加物や農薬野菜 有機以外 、ファストフードやレンジものなどはやめて、生の生きた野菜や新鮮な魚介類、大量の果物に食事を変えて見て下さい。 私は数十年生理痛に悩まされ、ほぼ毎日編頭痛があり、お腹を壊しやすく疲れやすく最悪でした。 腸内洗浄と食生活を変えて3ヶ月目には全ての症状は消えました。 特に砂糖は病気を引き起こすので摂りませんでした。 お大事にして下さい。 Q 良性発作性頭位めまい症は完治しますか? めまい症になりかれこれ5年になるのですが 未だに発作が起きます。 私は左の耳石がどうやら悪さをしているようで、左に頭を傾けると回転性のめまいが起きます。 この病気に関して、ウェブ検索で他の人の体験談を見るとほとんどの方が"完治した"と言っています。 私の病気がよくならないのは、めまい体操が足りないから?生活習慣がよくないのか?はたまた、別の病気なのか? 過去めまいや脳神経の病院へ行き、検査も行いましたが明確な原因は見つかりませんでした。 治らず困っております。 似たような経験をお持ちの方いらっしゃいましたら、お話をうかがいたいです。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 私も良性発作性めまい症 BPPV になりましたよ。 ほんっとうに吐き気、気持ち悪さできついですよね。 今年の4月にはじめてめまいがあって、5月に1回、6月に1回なりました。 7月、8月はめまいはありませんでした。 この病気はご存知の通り、耳石の一部が欠けて三半規管に入る事で起きます。 耳石がなぜ欠けるかは現在の医学ではわかっていません。 統計的に年齢が高い人、鬱などの精神疾患がある人にBPPV患者が多いそうですが、相関が確認されているわけではなく、BPPVの原因が何なのかは解明されていないんです。 耳石はカルシウムの結晶なので、骨粗鬆症のように体内のカルシウムが不足していることが関係しているかもしれないという仮説がありますが、実証されていません。 仮に骨粗鬆症とBPPVが同じカルシウム量の低下が原因とします。 野菜やサプリメントでカルシウムを摂れば、これら病気が治ると一見思いそうですが、そうではありません。 体内のカルシウム保存量は20代から歳を重ねるにつれて減り続けるからです。 カルシウムをいくら摂っても体内に貯蓄されていくものではないんです。 だから、予防と対処療法しかありません。 予防は、 ・枕か傾斜マットを使って寝る ・ウォーキングする ・腹筋、腕立て、セックスなど頭を動かす運動をする ・ごろごろ寝返りをうつ こんなこと?と思いますが、めちゃめちゃ効果があります。 耳石は必ず欠けるんです。 ですから、欠けた耳石が三半規管に入らなければいいんです。 枕が低かったりすると寝ている間に、欠けた耳石が三半規管に入りやすくなります。 そのための枕や傾斜マットです。 また、ウォーキングをしたり、頭を動かす運動をすると、欠けた耳石が粉々になり体に吸収しやすくなります。 予防をしても発作でめまいが起きた時にどうするかという対処療法は何かというと、 1. まずはじっと寝て強いめまいをやり過ごす 2. 強いめまいがなくなったら、寝返りをうってみる。 寝返りしてから30秒まつ 4. 反対方向に寝返りして30秒まつ 5. これを1日何回か繰り返す 頭を動かすとめまいがあると思いますが、我慢できる弱いめまいなら、どんど寝返りして、頭を動かして、めまいを誘発して下さい。 頭を動かせば動かすほど、三半規管に入り込んだ耳石のかけらご粉々に壊れていきます。 だんだんめまいが弱くなります。 私は今のところ予防が効いていて、めまいが2ヶ月ありません。 でも、いつかまた、めまいが起きると思います。 その時は「またか」と思って災難が過ぎるのを待ちます。 で、「きもちわる…」となりながら寝返りうって治すのです。 BPPVなんて大した病気じゃないです。 よくある病気で、なったら頭を振って治すだけです。 私も良性発作性めまい症 BPPV になりましたよ。 ほんっとうに吐き気、気持ち悪さできついですよね。 今年の4月にはじめてめまいがあって、5月に1回、6月に1回なりました。 7月、8月はめまいはありませんでした。 この病気はご存知の通り、耳石の一部が欠けて三半規管に入る事で起きます。 耳石がなぜ欠けるかは現在の医学ではわかっていません。 統計的に年齢が高い人、鬱などの精神疾患がある人にBPPV患者が多いそうですが、相関が確認されているわけではなく、BPPVの原因が何なのかは解明されていないんです。... Q こんばんは。 良性発作性頭位めまい症と診断されて約2週間経ちました 頭位めまいは完全に出なくなったのですが あたまのが違う感じにふわふわになったので 再び耳鼻科へ。 起立性めまいでした 実はこのパターン2回目なのですが、 このパターンを半年に1回 前回が半年くらい前 くらい繰り返してしまうということでしょうか… 頭位めまいの気にしすぎで自律神経が狂い、起立性めまいに陥ると医師からは説明されたのですが、 2回目なので治るだろうとあまり心配はしていませんでした 背景は鬱持ちで投薬を受けています 四物湯、エビリファイ、ジプレキサを飲んでいます 時期と波で食欲が増進し、そちらの方ばかり気にかけていました これはもう繰り返したくないです もし繰り返してしまうのであれば 自分でそのサイクルを断ち切れるのでしょうか。 ご回答お願い致します Q 一生めまいは治らないのでしょうか 10年前に、最初の良性発作性頭位めまい症を、発症しました。 以降、2回、再発しています。 回転性のめまいは、しばらくすると無くなりますが、ふらふらするめまいや、一瞬意識が遠のくようなめまいが、一日中、たびたびおこります。 今までに、脳外科で、MRI. MRAを撮りましたが異常なし。 脳波のてんかんの検査も異常なし。 頸椎ヘルニア5. 6番がありまして、整形外科を受診するも、首のヘルニアではめまいは起きないとのこと。 耳鼻科に行くと、良性発作性頭位めまい症と診断されますが、1年以上通い続けて、治らず、心療内科を勧められ、、、 自律神経の乱れという診断で、リーゼを処方されましたが、眠気がすごくて、生じる事態は変わりません。 座っている時に、特に頭を動かしていないのに、ふわふわしたりします。 ストライプ柄を見ると歪んで見えます。 良性発作性頭位めまい症+自律神経失調症なのでしょうか。。。 薬を飲んでも、適度に身体を動かしてもスッキリすることはありません。 めまいが無かった生活って、なんて幸せだったのだろうと今は思います。 今は、耳鼻科と心療内科に通っていますが、春と秋は特にキツいです。 一生めまいは治らないのでしょうか T-T 一生めまいは治らないのでしょうか 10年前に、最初の良性発作性頭位めまい症を、発症しました。 以降、2回、再発しています。 回転性のめまいは、しばらくすると無くなりますが、ふらふらするめまいや、一瞬意識が遠のくようなめまいが、一日中、たびたびおこります。 今までに、脳外科で、MRI. MRAを撮りましたが異常なし。 脳波のてんかんの検査も異常なし。 頸椎ヘルニア5. 6番がありまして、整形外科を受診するも、首のヘルニアではめまいは起きないとのこと。 耳鼻科に行くと、良性発作性頭位めまい症と診... A ベストアンサー MRIや耳鼻科で、異常がないのは幸いなことです。 首肩の筋肉が凝ると、なんと、頚椎 首の骨 の 骨がすこしズレたりし、めまいの原因になります。 応急処置は、首の横のスジの筋肉をほぐして、 首と頭蓋骨のつなぎ目に手をあて、暖かくなると イメージし念じながら、ゆっくりほぐし、 首の付け根と鎖骨あたりもほぐすとききます。 首を回してめまいがするのは、モロに首の筋肉が こっている時です!! ある程度ほぐれていると、まわしても平気な事が多いです。 kamome-seikotsuin. cgi? 首の治療をしてくれます。 整骨院によって、治療方法が様々で首のコリとめまいの関係のことをいうと 「はぁ??なにそれ??」なんていうとこ、もマジであるんです。。 信じられないのですが、 きちっとそれを知っていることを行くと直りますよ!! 整骨院でダメだったら、 ワンランク上の整骨院、普通の一般の整体の技術よりも レベルの高い、野口整体のやりかたを取り入れているとこ探されてみてください。 値段はむちゃくちゃ高いですが。 私は、お金と相談して時と場合により、両方のタイプの 整体にいっております。 MRIや耳鼻科で、異常がないのは幸いなことです。 首肩の筋肉が凝ると、なんと、頚椎 首の骨 の 骨がすこしズレたりし、めまいの原因になります。 応急処置は、首の横のスジの筋肉をほぐして、 首と頭蓋骨のつなぎ目に手をあて、暖かくなると イメージし念じながら、ゆっくりほぐし、 首の付け根と鎖骨あたりもほぐすとききます。 首を回してめまいがするのは、モロに首の筋肉が こっている時です!! ある程度ほぐれて...

次の