ニコ生ダウンローダー。 これがイチバン★2020年最新最強ダウンロードおすすめ安全決定版YouTubeニコニコ動画をダウンロードする方法無料&動画音楽抜き出し使い方!音声のみ抜き出しmp3フリーソフト(パソコン)WindowsPCpc動画保存VimeoDailymotionbilibiliXVideosエックスビデオ

ニコ生のタイムシフト録画保存したったwww

ニコ生ダウンローダー

生放送であっても映像をデジタル録画するので画質劣化が起きない。 予約機能があるので先の番組でも録画してくれる。 見たい番組が2つ重なっても両方録画してくれる。 ニコ生のコメントも保存ができる。 録画後はすぐに再生できるプレーヤーが付いている。 番組表から録画ができるのでとても簡単に予約が完了する。 お気に入り番組は24時間ずっとチェックをして自動的に録画される。 アカウントを二つ作れるので、見たい番組が3つ以上重なってもすべて録画することができる。 ニコ生に特化して作られているので、 ニコ生の仕様変更があっても素早くアップデート対応をしてくれる。 以前はニコ生グラバーとして優秀なソフトだったが、さらにパワーアップしてこのバージョンになっている。 ニコ生以外にも、USTREAMなどいくつかの生放送動画サイトに対応できる。 デメリット シェアウェアであり、通常エディションでも1万円弱と価格が高めである。 初回使用時に「視聴アカウント」と「解析アカウント」両方を登録しなければいけない。 その他 定番のダウンロードソフト「MXONE」をニコ生専用ソフトとして改良された。 ソフトの安定性 操作性 評価 高価なシェアウェアだけあって安定性は非常に良い。 録画時に裏でアプリケーションを使っても安定して録画を続けてくれる。 ニコ生に特化したソフトなのですっきりしたインターフェイスで使いやすい。 前バージョンのニコ生グラバーではブラウザにニコ生の映像を表示させながら録画する必要があったが、このニコ生グラバー2では映像を再生させなくても録画を開始できる。 もちろん普通にニコ生を見ながら録画保存も可。 ソフトを立ち上げ、右上に表示される「ニコ生ブラウザ」アイコンをクリックし、下矢印のアイコンをクリックすれば録画が開始される。 多機能で操作性が良く、安定性も優れていている非常に優れたニコ生録画ソフト。 多機能ゆえ価格が高いのだが、その分レベルの高いソフトになっている。 まず便利に使うには「視聴アカウント」と「解析アカウント」を作っておくこと。 ふだん使用しているニコ生のアカウントと、もう一つ一般会員でよいのでアカウントを用意しておく。 「解析アカウント」を作ることでタイムシフトの録画ができ、複数同時録画に対応できる。 タイムシフト録画の際は必ず「解析アカウント」の方でログインを行い、クッキー管理をオフに設定しておきタイムシフトを再生させ、下矢印のアイコンをクリックすればタイムシフト録画ができる。 Ustream、ツイキャスやFC2ライブを録画したいならニコ生グラバー2 DX版を購入すればよい。 ニコ生グラバー2はニコ生に特化されているので動作も軽快、裏でネットをしていても録画エラーも起きにくく、画質も良い。 これまで見たい複数の番組を録画したいのにできなかったという人、たくさん番組を録画予約したい人には最適なソフトと言える。 逆にそこまでの多機能はいらないという人にとては無料ソフトのBandicamなどがよいかもしれない ニコ生ダウンローダー メリット フリーウェアで使える。 最近登場した新しいソフト。 ニコ生専用に設計開発されたソフト。 録画キャプチャーではないので高画質でニコ生を保存できる。 専用ソフトなのでソフトが軽い。 操作がシンプルで初心者でもわかりやすい。 生放送だけでなくタイムシフトもダウンロードできる。 無料版が用意されているので画質や使い勝手を試すことができる。 ソフトをインストールする必要がなく、ダウンロードしたexeファイルをクリックするだけでソフトの起動ができる。 新しいソフトなので、ニコ生側でアップデートがあってもすぐに修正してくれる可能性が高い。 専用ソフトだけあって不具合が少ない。 音ズレの報告はあまりない。 ソフトを複数立ち上げることができ、複数の番組を同時にダウンロードすることができる。 デメリット シェアウェアであること。 ニコ生のコメントは保存されない。 他の動画サイトなどでは使用できない。 開発元のシンプルダウンローダーは動画サイト1つずつに対してソフトを提供しているため。 その他 パソコンにインストールせずに使用するタイプ。 無料版の録画時間は最大5分まで。 ソフトの安定性(エラーの少なさ) 容量 評価 ソフトの安定性は高い。 通常の使用では基本的に正常に動作してくれる。 ただしニコ生側が混み合っている場合は動作が遅くなることがある。 このシンプルダウンローダーのソフトはいずれもシンプルで簡単な操作がウリ。 このニコ生ダウンローダーも同様に操作がすぐにわかる。 枠にURLを入力して「ダウンロード」をクリックするだけでよい。 初回の使用時も、インストール作業が不要で良い。 ソフトによってはインストールの際に余計な広告ソフトを入れたりするものがあるので、高機能ソフトはインストールしないと仕方がないが、シンプルなアプリケーションであればインストールせずに使える方が望ましい。 初回使用の際は「会員情報」をクリックしてニコニコ動画会員の登録メールアドレスとパスワードを入力してログインする必要がある。 ニコ生のダウンロードに特化しているソフトなので、目的がはっきりしていて良いと思う。 通常の動画共有ダウンロードソフトでは生放送動画のダウンロードに対応していないソフトが多いが、このニコ生ダウンローダーを使えばダウンロード保存ができる。 パソコンにインストールしないタイプなのでレジストリをいじられることがない。 これはパソコンの上級者ほど安心感があると思う。 このニコ生ダウンローダーで保存したファイルは、FLV形式になっている。 Windows Media PlayerではFLV形式は再生できないが、様々なファイル形式が再生できるプレーヤーを入れるとよい。 またWindows Media Playerでもコーデックを入れることでFLV形式でも再生できる。 複数起動が可能なので、同じ時間に見たい番組が同時に放送されたとしても、ニコ生ダウンローダーを2つ起動すればそれぞれで録画ダウンロードをすることができる。 タイムシフト機能も備わっていて非常に便利。 ニコ生で見たい番組が都合が悪く見れない場合や、見たい番組が同じ時間に複数重なる場合でも、このニコ生ダウンローダーがあればタイムシフト視聴分でもダウンロードしてくれるので見逃すことがなくなる。 残念なのは、ニコ生のコメントは保存されないこと。 これはニコ生ダウンローダーが映像データだけを検出するのでコメントは保存できない模様。 音質も画質もレベルが高く、ニコ生をダウンロード保存するならこのソフトが第一候補と言ってよい。 デスクトップキャプチャー メリット キャプチャーソフトなのでどんな映像でも録画ができる。 USTREAMやツイキャスの録画でもOK。 ニコ生なら映像だけでなくコメントも録画される。 録画範囲を自由に決めることができる。 無駄を省いたインターフェイスがわかりやすい。 キャプチャーソフトの割にパソコンへの負担が小さく動作する。 国内製ソフトである。 デメリット 価格は安いがシェアウェアである。 無料版は3分しか録画できないので有料版を買うしかない。 キャプチャーソフトなので保存したファイルの容量が大きい。 Windows Vista以降のOSのみ対応。 Macは不可。 その他 パソコンへのインストールは不要。 ソフトの安定性 操作性 評価 不安定な動作はあまり起きないと思われる。 ソフト設計がシンプルなのだろう。 録画失敗の報告はあまり出ていない。 シンプルダウンローダー開発者のソフトなので操作性は抜群に良い。 ぱっと見てわかるインターフェイスになっている。 起動すると「エリア設定」があるので範囲を指定する。 デフォルトでは「Full」になっていて、全画面を録画する状態になっている。 録画エリアが決まった、左にある赤い丸のアイコンをクリックするだけ。 録画キャプチャーソフトなのでニコ生はもちろん、それ以外に様々な動画を丸ごと録画保存することができる。 シェアウェアだが活用方法が多いのはメリットになる。 通常の動画ダウンロードソフトでは保存するのが難しいUSTREAMなどの生放送動画でも問題なく録画できる。 シンプル設計なので誰にでも使いやすくパソコンへの負担も小さい。 録画失敗などのエラーもあまりないので録画ソフトでニコ生を保存するならこれがおすすめ。 ただキャプチャーソフトなので保存したファイルは重たい。 幸いAVIではなくFLVなので多少は軽くなっているが、それでも動画ダウンロードソフトで落としたファイルの容量に比べて倍ほど大きくなってしまう。 あとは各自でファイル形式変換ソフトで軽くする必要がある。 価格は1980円と比較的安いシェアウェアなので、ニコ生保存を手軽に始めるならデスクトップキャプチャーはおすすめだと思う。 Bandicam(バンディカム) メリット ニコ生は全て録画できる。 有料放送でも問題なし。 タイムシフト放送でも録画できる。 ニコ生以外でも様々な用途の録画ソフトとして使える。 264キャプチャーで高圧縮させることが可能。 無料版が用意されており、10分という制限はあるものの使える。 インストール型だが初心者でも手順は難しくない。 ファイル形式が選択でき、容量の軽いMPEG4を選択できる。 ビデオカードを利用するのでパソコンへの負担を大きく減らすことができる。 多くのユーザーが利用しているのでネットに使い方が出ている。 デメリット シェアウェアである。 お試し版は用意されている。 ファイルの保存形式はAVIとMP4に限られる。 ソフトの安定性 操作性 評価 動作の安定性については100点満点と言える。 無料版も用意してくれているシェアウェアソフトでこれほど安定性が高いソフトはないと思う。 性能が良くないパソコンでも問題なく使える。 多機能な割にインターフェイスがまとまっていてわかりやすい。 初心者はすぐに使え、上級者は画質調整など自分好みに設定ができる。 動作も多機能なのに軽く、ノンストレスで使える。 多機能で定番人気の録画ソフト。 264の高圧縮保存ができる録画ソフトは他にない。 さらに編集時にも扱いやすいMPEG4を選択することもできる。 これは録画キャプチャーソフトのファイル容量が大きいという一番の欠点を見事に解決してくれている。 上級者なら解像度を細かく指定したり、フレームレートを調整したり、画質項目で数値を変更したりと自由に設定できる楽しさがある。 初心者でも画質項目なら誰でもわかると思うので、容量を確認しながら好みにカスタマイズするといいだろう。 インターフェイスのデザインも良く、アイコンを見てすぐに操作が判断できる。 おそらく初心者でも5分あればだいたい操作が理解できると思われる。 さらにパソコンへの負担がかからないよう、CPU使用率も小さい設定にしてくれている。 「DirectX」ゲームの録画には左上にコントローラーのアイコンが出ているのですぐにゲーム録画だとわかる。 また予約時間を設定しておいて、その時間にキャプチャーを開始させる機能もある。 とにかくユーザーに親切なソフト。 こんなにも高機能で優れたソフトなのに、無料版が10分まで録画できるというスグレモノ。 ロゴは入ってしまうが、このソフトを無料で使えるなら我慢できる。 録画ファイルの容量が軽い。 録画時間の制限なし。 ただし3時間以上はファイルが分割される。 デメリット 有料放送と公式放送は録画できない。 ニコニコ動画の有料プレミアム会員になっていることが使用の条件。 個人は開発支援をしているので、今後ニコ生に対応してくれるか保証がない。 最近録画エラーの報告が増えている。 開発者のコミュニティへの参加が使用条件となる。 その他 類似ソフトのnamarokuRecorder(ナマロクレコーダー)とkakorokuRecorder(カコロクレコーダー)も活用するとよい。 namarokuRecorder(ナマロクレコーダー)はニコ生の録画用、kakorokuRecorder(カコロクレコーダー)はニコ生タイムシフト用途のソフト。 ソフトの安定性 操作性 評価 無料版としてはまずまず悪くないが、ニコ生へのアクセス数が多い時間はエラーが起きやすい。 また最近エラー報告が増えていることから今後の安定性が少し不安である。 ニコ生に特化されたソフトなので使い方には困らない。 インターフェイスも操作がシンプル。 無料の個人アプリケーションだが、録画の画質が良く何時間でもニコ生を録画できる。 ただし有料放送と公式放送は録画できないのでニコ生全てを録画できるわけではない。 またパソコンとの相性や混雑状況によりエラーが起きやすいので、そのあたりは割り切って使用しなければいけない。 今後のニコ生への対応は開発者次第なので、いつまで使用できるかわからない不安もある。 一方でエラーが多い欠点を解決してくれれば快適なソフトに変わる可能性もある。 このソフトは画質にこだわりたい人、パソコンとの相性がいい人向けかと思われる。 無料版で10分録画ができるBandicam(バンディカム)の方が万人受けするだろう。 アマレココ(アマレコTV) メリット 機能が豊富な人気の録画ソフト。 通常のダウンロードソフトとしても使用しながら、録画ソフトとしても使うことができる。 ゲーム録画対応。 老舗の録画ソフトなのでユーザーが多い。 わからないことはネット上で解決できることが多い。 ニコ生の有料放送、タイムシフト放送も録画可。 デメリット 動画ダウンロードの初心者、パソコンが得意でない人には少し難しいソフト。 インストールの段階から難易度が高い。 保存ファイルはAVIなのでそのままだとファイル容量が非常に大きい。 各自でファイル形式の変換を行う必要がある。 画質面はあまり評判は良くない。 録画エラーや音ズレは時々起きる。 その他 アマレココ(アマレコTV)を使うにはAMVビデオコーデックをインストールする必要がある。 アマレココ(アマレコTV)で使う場合は料金はかからない。 ソフトの安定性 操作性 評価 アマレココ(アマレコTV)の安定性はあまり良くない。 ソフト自体が重く安定して動作しにくい。 またエラーの率も高く、特に込み合う時間帯は使いにくい。 AMVビデオコーデックのインストールが必要であったり、インターフェイスなど初心者には難しいソフト。 録音の設定ではパソコンとサンプリングレートを一致させるなど、多機能だが使いこなすには難しいかもしれない。 ただ機能面ではデスクトップキャプチャーと動画ダウンロードができるので慣れれば便利ではある。 機能が豊富で昔から開発が続いている老舗ソフト。 ユーザーも多くネットから情報を得ることができる。 ただし欠点も多い。 AVI保存はHDDを一気に減らしてしまうし、変換ソフトで都度変換させるのも面倒に感じる。 このあたりは開発次第なので今後の仕様変更に期待したい。 ただパソコン初心者、動画ダウンロード初心者であれば無料で使えるBandicam(バンディカム)が無難だと思う。 ニコ生以外の動画も録画できる。 基本は動画ダウンロードソフトだが、ダウンロードできない場合はデジタル録画を自動で行う。 ニコ生へのサポートが素早い。 マルチスレッド対応で、効率良くCPUを稼働させて素早くダウンロードができる。 動画データの分析能力が高いので隅々までデータを読み取り、高画質で保存 できる。 上位版はブルーレイディスクへの書き込みにも対応している。 人気の定番ダウンロードソフトなのでユーザーが多い。 わからないことはネットから情報を得ることができる。 デメリット シェアウェアである。 ニコ生の保存には上位版のExtreme(14,800円)の購入が必要となる。 機能は豊富だが全ての機能を使うには2万円近いUltimateの購入が必要となる。 その他 このMXONEのMac版がDLXというソフトで、定番のダウンロードソフトになっている。 ソフトの安定性 操作性 評価 シェアウェアソフトなのでさすがにエラーはあまり聞かない。 ニコニコ動画の仕様変更にも素早く対応できるので、今後の安定性も期待できる。 ソフトは多機能な割に重さを感じない。 ただメニューが豊富なので上級者や慣れた人でないと難しく感じるかもしれない。 もう少し初心者の利用を考えたインターフェイスにしてもよかったと思う。 高機能と安定性の点から、ダウンロード+録画ソフトとしては文句の付け所がない。 ただしニコ生の保存目的だけで考えると、少々お金がかかる。 ニコ生だけを保存する人にはBandicam(バンディカム)やデスクトップキャプチャーがよいだろう。 ニコ生以外にも、様々な動画サイトから落としたいという人には良いソフトになる。 世界中の豊富な動画サイトに対応していて、ダウンロード速度は高速でノンストレス、しかも動画検出性能が高く高画質で動画を保存できる。 4Kにも対応し、ダウンロードできなければデジタル録画が始まるという、至れり尽くせりのソフトなのだ。 もちろん映像から音声だけをAACで落とすことも可能。 この際ニコ生の活用はもちろん、動画を落とす楽しみを広げたい人におすすめしたい。 Stream Transport ストリームトランスポート メリット フリーウェアである。 ニコ生のタイムシフトを保存できる。 ニコ生以外でもFC2動画やGyaOに対応している。 有料会員向けの映像でもダウンロード可。 デメリット 海外製ツールで英語表記のみ。 IEで使う場合はIEのバージョンを合わせたStreamTransportのバージョンを使用しなければならない。 ニコ生のリアルタイムが保存できない。 その他 2013年に一度タイムシフト保存もできなくなったことがある。 ソフトの安定性 操作性 評価 ニコ生のダウンロードができない報告が上がっている。 このソフトの問題なのかはわからないが、安定性が良いとは言えないだろう。 表記が英語のみなので嫌気がさしてくる可能性有り。 ただ検索枠にURLをいれてダウンロードボタンを押す操作は誰でも見てわかる。 無料ソフトだけあってダウンロード速度は遅く高画質機能はない。 ニコ生の保存はURLを入れてダウンロードボタンを押すと、MP4形式でパソコンに取り込まれる。 ニコ生はタイムシフトだけの保存なので、生放送を落とせるわけではない。 英語のみの表記でもあり、このソフトを無理に使う必要はないと思われる。 ただ無料なので好奇心のある人は試してみるとよいだろう。 Orbit Downloader(オービット・ダウンローダー) メリット フリーウェアである。 無料ソフトとしては画質が良い。 ソフトが軽くキビキビと操作ができる。 ダウンロード速度が速い。 使いやすいインターフェイスである。 デメリット ニコ生ユーザー生放送はダウンロードできない。 コメントは保存されない。 有料放送はダウンロードできない。 その他 ウイルス情報などの注意すべき報告が上がっている。 ソフトの安定性 操作性 評価 ニコ生の保存は上手くできたが、通常のダウンロードではエラーの報告もあるのであまり良いとは言えない。 海外製ソフトだが日本化されている。 基本はシンプルな操作画面なので難しくはないレベル。 ニコ生の保存として考えた場合、ユーザー生放送が保存できないのでそもそもニコ生ダウンロードソフトとしておすすめはできない。 このソフトは画質面とダウンロード速度がウリなので、それを生かして公式放送の保存に活用はできる。 ただ無料でニコ生の保存ができるソフトはいくつかあるので、あえてこのソフトを勧めることはできない。 namareco(ナマレコ) メリット フリーウェアである。 フリーウェアの割に画質が良い。 デメリット コメント、有料放送、公式放送が録画できないのでニコ生のダウンロードソフトとしてはまともに使えない。 エラー報告が多いので要注意。 その他 開発が終了になっている。 ソフトの安定性 操作性 評価 開発が終わったのでエラーが多く録画ができない。 エラーが出るので操作性の評価ができない。 開発が終了しているので使用に向いていない。 無料でニコ生を保存するならBandicam(バンディカム)、ニコ生ダウンローダー、namaroku(ナマロク)をおすすめしたい。 生ペロン(ナマペロン) メリット フリーウェアである。 フリーウェアとしては画質が良い。 デメリット コメント、有料放送、公式放送が録画できないのでニコ生のダウンロードソフトとしてはまともに使えない。 コマンドプロンプトをよく使用できないといけない。 ソフトをインストールする部分から難易度が高い。 ソフトの安定性 操作性 評価 プログラム言語のRubyを使っており、パソコンに性能を求める仕様になっている。 高性能パソコンでないと、音ズレが起きやすくなる。 Rubyが使える状態にしなければならないのでまともに評価はできない。 プログラム言語がわからないと使えない録画ソフト。 ニコ生保存の前にプログラム言語のスキルを持っていることが条件となる。 そこまでたどり着いても、公式放送、有料放送は録画できないので使いものにならない。 あくまで個人の趣味で開発されたソフト。 カハマルカの瞳 メリット フリーウェアである。 国内製ソフトである。 録画ソフトなので有料放送やユーザー生放送も録画できる。 デメリット 保存ファイルはAVIなのでそのままでは非常に重たい。 変換の手間が別にかかる。 昔に開発されたソフトだが、インターフェイスの進化はなく、今後のアップデートも期待できない。 その他 老舗の国内製録画ソフトである。 ソフトの安定性 操作性 評価 安定性はあまりよくない。 無料ソフトなら他に安定性の高いソフトがある。。 昔に開発された当初のまま変わっていないインターフェイス。 ただ使い勝手は悪くない。 わかりやすいが、最近の動画保存ソフトを見ると改善点が見えてくる。 保存したファイルが重たいので余計な時間がかかり、それが操作性を悪くしているように感じる。 昔に個人が開発した録画ソフト、という位置づけ。 当初から変わっていないソフトなのでおすすめはしにくい。 インターフェイスは悪くないので使えるのだが、画質面はもう一つなのと、AVI保存は困る。 MP4などへ変換してくれる機能だけアップデートで追加して欲しい。

次の

【最新】のニコ生録画ソフト

ニコ生ダウンローダー

最も使える 神フリーソフトはこれだ!!!! ウィンドウズ限定です。 このソフトは神以外のなにものでもない。 とんだ先の 「きみどり色」のダウンロードボタンを押下してダウンロード&インストール。 不満も怪しさもストレスも不具合もない。 いくつも候補挙げてるサイトあるけどさ 一番使い勝手いいやつを一発で教えろ!(怒)という話ですよねー。 じゃ、どうぞ。 (ウィン エックス ユーチューブ ダウンローダー) 以上です。 www オンラインで動画ダウンロードするサイトもあるけど私はこれが一番(浮気なし)。 広告入りまくってると気が散り動画に集中できない。 URLだけさくっとコピーして落としパソコンで広告なしで見れて最高。 数百サイトに対応!!ニコ動、ユーチューブはもちろんデイリーモーション、Vimeo,ビリビリもOKという 汎用性の素晴らしさ!非公式だけど X Videosや某サイトPも可能…。 とにかく動画のURLをこのソフトの窓にコピペして「ダウンロード」するだけ。 ただしWindows 限定 BiliBili(ビリビリ)って中国版のYoutubeみたいなものです。 中国は基本的にYoutubeが見られないんですよ。 だから中国人はみんなビリビリを見てるんです。 Youtubeでは削除対象になる 激レア映像とかもあったりするので(サイトの規約が違うから) は以外とお宝映像の穴場。 YouTubeになかった映像はビリビリで探すと発見できることがある、日本の動画も。 存在を覚えておくといいです。 Win X Youtube downloader姉妹品の Video Procというソフトは編集・トリミング機能付きですが 制限付き体験版だけ無料で使えない人だから無視。 動画ダウンロードだけなら 完全無料のWin Xで必要充分です。 プレーヤーがそのファイルの種類をサポートしていないか、そのファイルの圧縮に使用したコーデックをサポートしていない可能性あります。 パソコン画面上の任意の範囲を録画できる無料ソフト パソコン上の 任意の範囲だけ録画(とパソコンから出ている音も同時収録してくれる)ソフトもめっちゃ便利なので紹介。 使い方にクセがあるけど、画面上のどこでも、パソコンから出る音と一緒にとれて便利。 不具合おきたらソフトをいったん終了させて再起動するとOK. ソフトを終了させようとすると「寄付してくれないか?」という英語が出るので 「No」を選べば普通に終了できる。 の使い方。 パソコンのどこフォルダに動画をダウンロードするかは 「Download now」の上の「参照」「開く」で設定できます。 記憶しやすい&取り出しやすいフォルダに動画を入れましょう。 「Download now」を押して しばらく待つと進捗バーが出てきます。 100%になるとフォルダのマークが出ます。 押すと動画の保存先フォルダが開きます。 入ってました。 以上でございます!!! 動画から音楽(音声)だけを抜き出す方法 Youtube Musicアプリをお持ちの方は 1:YouTube Musicアプリで、再生する曲を開き、 2:画面の上のほうにある「音声のみモード」または「動画モード」をオプションを開いて音声のみに切り替え。 アプリを持っていなくても、 youtubeの動画から音だけ抜いて保存する方法。 ソフトのダウンロードが必要ないサイトで抽出する。 オンラインmp3抜き出しサイト がおすすめ。 昔からずーっとここを一途に利用してる。 変換したい動画ファイル FLV,SWF,MP4のみ から 音楽(動画の中の音声)をMP3,AAC,WAVで抜き出せる!! mp3プレイヤーとかで再生できるので音だけ抽出に便利。 変換したい形式(mp3,AAC,WAV)にチェックを入れ、 1:「参照」で自分のパソコンから対象ファイルを呼び出し2:「送信」。 動画の中の音楽だけ取り出してパソコンに保存できます。 ネット速度により相当待つ場合があります。 10分とか長い。。。 別の作業しながら辛抱強く待つと「保存しますか?」のバーが画面の下に出てきます。 これで自分のパソコンに、動画から抽出した音楽(音声)データを保存できます。 ちなみに、ファイル名は意味のない羅列になっているので 名称を変更しておかないとあとで 「これ何の音データだっけ?」となります。 ファイル名だけ、あとで分かりやすく修正しておきましょう。 30代後半女性です。 占い師。 (西洋占星術中心) なったきっかけは周りのすすめ。 もともとは占い全く信じてなかった。 特技は、ちょっと話して相手の星座を当てること。 70%ぐらいは当たる。 写真見ただけでその人の星座分かることがある ~ブログ管理人プロフ~ 【整形は幸福追求権の行使】 元キャバ嬢、イベントコンパニオン、ポートレートモデルなどを生意気にもやっておりましたが彼氏できたことない告白されたこともない。 というわけでアラフォーにして彼氏いない歴年齢。 独身女へのマウント、見栄、あてつけ。 夫や子供がいることをアイデンティティにしてる女ほどアホくさいものはない。 自分は男性から選ばれたんだぞアピールがめっちゃ腹立つ。 両親ともに最凶の猛毒親。 うちよりひどい親見たことない。 凄まじい虐待を幼少から受けていたのでちょっと脳がおかしくなりました。 結婚どころか友達彼氏いない歴=年齢という可哀想な人です。 スマホに個人名が1件もありません。 親がドブスに産んでくれたため、学生時代ずっとイジメに合い普通の学校生活が送れなかった。 親から虐待がすごかった。 加えて小学校6年間~中学に上がってもずっとイジメに合いっぱなし。 学校でも家でもダブル地獄。 顔が悪いってのは人生で最も致命的な諸悪の根源。 中学に入ってもまたイジメられ行きたくても行けなかったので私は【小卒】です。 表面オープンフレンドリーだが親にまでイジメられたので魂の隋まで人間不信。 ブス顔とおとなしさでイジメられたというのもあるけど虐待で情緒不安定になったのか軽く発達障害かADHDで周囲から浮いていた。 大人になっても雰囲気が変わっているとして人に引かれる。 生まれてこのかた友達ゼロ。 ただし私目線で見れば世の中は心ない人だらけである。 出身:東京生まれ東京育ち 好きな音楽:米津さん、スピッツさん 趣味:アニメ、漫画、占い、動物福祉活動 好きなショップ:しまむら様、パシオス様は安くて可愛い服を年中提供してくれる神ショップ。 将来の夢:銀座と海外に店がある雑貨やさんの社長になる。。 というかならねばならない。 (もうなった!と思うことにする。 そしてプラダの隣に店を出す。 じゃなくて出した!と思うことにする。 過去形で夢を引き寄せる。 現在の整形課金額:10年以上かけていじって600万ぐらいじゃないか?それでも元の顔骨格が悪すぎてまだ10人並み以下。 顔偏差値20ぐらい。 今考えてること 【あと何回整形したら初彼氏できるんですかね~?】 アラフォーにして彼氏いない歴=年齢なんですが悟ったのは、女の価値は顔。 愛されるか否かも顔で決まる(正確には顔の骨格のカタチで決まる)というのを今世で嫌というほど思い知らされました。 女性は顔が10割(で男に判断される)のが世の真実ですよ。 女は見た目が100パーセント。 中身がクズだろうが鬼畜だろうが美人は許されるのがこの地球のルール。 ブスは普通の人生が歩めない。 続く困難によってメンタルやられるので人生超絶ハードモード。 顔の責任は全て親。 自分のデザイン・製造責任ではないもので他人から攻撃され人生めちゃくちゃになった理不尽がどうしても納得できません。 来世は普通の顔骨格に生まれたい!!.

次の

「ニコ生ダウンローダー」に関するQ&A

ニコ生ダウンローダー

(フリーソフト) ・ブラウザ上で使えるのでMacでも利用可能。 ・無料動画ダウンロードソフトの中では最も対応動画サイト数が多い。 ・Firefoxのアドオン、Google Chromeの拡張機能なので導入が非常に簡単。 ・動作が軽快。 ・動画だけでなく、画像も保存できる(リンク先の画像を一括で保存する機能) ・ダウンロードした動画を他のフォーマットに変換できる。 デメリット ・日本語化されていない。 ・公式サイトや使い方の説明など全て英語なので、エラーが出た時などに解決するの結構大変。 ・複数の動画ファイルを一括で保存できない。 ・ブラウザのバージョンアップ(特にFirefox)で使えなくなったり、ダウンロードエラーが発生したりすることが結構ある。 (対処法としてはブラウザのバージョンを前回に戻す方法が有効) その他 ・海外製ソフトである。 ・世界で最も利用者が多い動画ダウンロードソフトである。 ・画像一括保存機能は、画像掲示板にアップロードされた画像やブログ、SNS(アメーバブログやtwitter、Facebookなど)に投稿された画像、イラスト投稿サイト(pixivやニコニコ静画など)に投稿されたイラストなどをを一気に保存する場合に役立ちます。 ・有志の方々によりvideo downloadhelperの日本語化ファイルが作られ配布されているそうです。 ただ、導入が少し煩雑なので、どうしても日本語化したいという方以外は導入しない方よいと感じました。 ・2012年に「PC Magazine」で最も優れたFirefoxアドオンと評価されたそうです。 ・2013年にGoogle Chrome版もリリース。 (以前はFirefoxのみでしか使えなかったが、今はGoogle Chromeでも使えるようになった。 ) 機能 操作性(使いやすさ) 総合評価 このソフトの特徴はFirefoxやGoogle ChromeなどのWebブラウザ上で動くことと、サポートしている動画サイト数が多いこと、強力なファイルのダウンロード機能である。 かなり昔からあるソフトであり、現在も開発も継続されドンドンと高機能、多機能化している。 日本ではCraving Explorerに次いで有名な動画ダウンロードソフトだが、機能的にはVideo DownloadHelperの方が上である。 MXONEには機能的に録画機能とストリーミングダウンロード機能があるので及ばないが、無料でここまでダウンロード出来る機能を備えたソフトは他にない。 動作が軽く、サクサク動画を保存できる。 また、Web上で動くのでインストールして使うソフトよりも導入が楽。 ダウンロードできる動画はアドオンが動いて知らせてくれるので非常に分かりやすい。 日本語には対応していないが、Video DownloadHelperの使い方を説明したに日本のブログなどが多いため、それらを参考にすれば使い方は迷わないだろう。 ただ、Craving Explorerなどの日本製ソフトから乗り換えてきた人にとっては英語アレルギーが出るかもしれない。 このソフトを便利に使うには設定などを変更する必要があったりするので、利用する際は「Video DownloadHelper 使い方」などでGoogleで検索して、キチンと使い方を理解してから利用したほうが良い。 機能が良いだけにもったいない。 世界的に有名な動画ダウンロードソフト。 すでに使っている人、ソフト名を聞いたことがある人も多いだろう。 使いにくいが高機能、無料系動画ダウンロードソフトのナンバーワン。 ソフトを一々立ち上げる必要がなく、非常に軽い。 ブラウザのアップデート後はエラーも多いが、ユーザー数も多いのでサポートがすぐに対応してくれるのが心強い。 長く使われてきたソフトなので信頼感もある。 また、インストール型ソフトが主流の動画ダウンロードにおいて、今のITの流れであるWebにきちんと対応している点が非常に素晴らしい。 使いやすさが気にならなければ、無料の動画ダウンロードはこれで決まり。 ちなみに、FirefoxよりもGoogle Chromeの方がブラウザのアップデートでエラーが少ないのでオススメできる。 今後にも非常に期待が持てるソフトの1つである。 ・動作が軽い。 (サクサク動く) ・動画ダウンロードエラーが少ない。 その他 ・Webアプリケーション ・保存される動画のフォーマットはmp4であることが多いです。 ・(2020年1月7日追記)新たにTwitterの動画に対応したようです。 現在の対応サイトまとめ 【】 ・You Tube ・Twitter ・Instagram ・Dailymotion ・Vimeo ・LINE BLOG ・Bilibili 【】 ・XVIDEOS ・Pornhub ・TOKYO Motion ・xHamster ・Tube8 ・SpankWire ・ShareVideos ポケットダウンローダーのURL解析能力の強さはサーバー技術。 Web技術(HTML5)は進化して、どんどんWeb上で出来ることは増えていますが、やはりまだインストール型ソフトには敵わない点は多いです。 特に、動画サイトからの動画のダウンロードなどの複雑で重たい処理になると、インストール型ソフトなら出来る処理でもWebアプリケーションだと出来ないことも多々あります。 最近の動画サイトは動画のダウンロード対策として拡張子のダミー化、データの暗号化など色々なこと行っているので、動画のダウンロードは更に難しくなっているようです。 では、なぜポケットダウンローダーはインストール型のソフト並のURL解析能力を持っているのか。 理由は、ポケットダウンローダーはWebでは出来ないこと、苦手なことをサーバー側で処理しているからです。 ざっくり説明すると、難しい作業はサーバー側でやらせて、簡単な作業はWebで行う、といった感じです。 最近、そういう技術がIT業界で注目され始め、Webアプリケーションなどに応用されているようです。 iPhoneで使える動画ダウンロード系のWebアプリケーションはポケットダウンローダーだけ。 「」にも書かせて頂きましたが、WebアプリケーションはPCやスマートフォン、タブレットなど色々な端末から利用できるという特徴を持っています。 ただ、動画ダウンロード系のWebアプリケーションに関しては、iPhoneからの利用の場合、なかなかうまくいかない場合が多いです。 というのも、iPhoneにはファイル操作の概念がないのでWebアプリケーションで動画の解析はできても、そこから動画の保存までは出来ないのです。 気になる方は、一度iPhoneで動画ダウンロード系のWebアプリケーションを使って動画の保存まで出来るかお試しください。 ポケットダウンローダーの場合は、PCからの処理とは異なる方法で処理することで、うまい具合にiPhoneにダウンロードできるようになっています。 ちなみに、Androidの場合はポケットダウンローダー以外のWebアプリケーションからでも動画保存まで可能です。 機能 操作性(使いやすさ) 総合評価 今注目のWeb技術を使った動画ダウンロードWebアプリケーション。 動画編集機能やフォーマット変換機能などの動画のダウンロードに関係ない機能は一切付いていません。 動画をダウンロードするために最も重要な、動画解析機能だけに特化しています。 なので、機能数で言うと、他の動画ダウンロード系のソフトやアプリケーションに劣ります。 機能数が少ない、多機能ではない、という点は人によって評価が別れるところだと思いますが、私は問題ない、むしろそちらの方が良いと感じました。 動画を編集したり、動画のフォーマットを変換することではありません。 動画編集やフォーマット変換は他のフリーソフトでも出来ますし、そちらのほうが高機能だったりします。 しかも、それらの機能をつけることで動作が重くなったり、動画ダウンロードエラーに繋がったりすることもあるので、いっその事、外してしまうのが正解なのかもしれません。 それが理由かはわかりませんが、ポケットダウンローダーは他の動画ダウンロード系のソフトやアプリケーションに比べて、圧倒的に動画のダウンロードエラーが少なかったです。 基本的にWebアプリケーションは旧来型のインストール型ソフトよりも使いやすいケースが多いです。 動画ダウンロード系のWebアプリケーションに関しても、それが言えると思います。 今まではCraving Explorerのようなインストール型の動画ダウンロードソフトが使いやすくて個人的に好きでしたが、Webアプリケーションの手軽さを体感してしまうと、インストール型ソフトを立ち上げるのが面倒くさく感じてしまいます。 アクセスすればすぐに使え、ソフトのアップデートも必要なく、定期的に来るWindows Updateで急にソフトが突然使えなくなる、なんてことがありません。 ポケットダウンローダーはそれに加えて、広告や余計な表示、機能がないので動作のサクサク感が他のWebアプリケーションよりも良かったです。 また、PC以外にもスマートフォンやタブレットからでも利用でき、各端末に合わせて画面サイズや操作方法が最適化されているので、小さい画面でも操作しやすかったです。 使いやすさに関しては、基本的にPCからの使いやすさを評価していましたが、Webアプリケーションが流行っている今はこういったモバイル端末からの使いやすさというのも重要な気がしました。 私はiPadとiPhoneからも使っているのですが、PCのない環境、例えば通勤中の電車の中や外で休憩中の時、寝る前のベッドの上などでも使えるのは、思っていた以上に便利でした。 ただ、使うブラウザによって動画ダウンロードまでの動作が異なるので、最初は使い方の説明を見ないとよくわからないかもしれません。 このアプリケーションの最大の売りはマルチOS対応だと感じた。 今まで、動画ダウンロードソフトはパソコン用が主流だったが、このアプリケーションはパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでも使える。 動画ダウンロードといったらPCで行うというのが常識だったため、初めてスマートフォンで動画がダウンロードできたときは少し驚いた。 すでにパソコンを使っている人よりもスマートフォンやタブレットを使っている人のほうが多いというデータがあるので、スマートフォンでも使えるWebアプリケーションが今後主流になっていくのだろう。 動画のダウンロードに必要ない機能やボタンは一切ない、フレキシブルUIというのも、今風で良いと思う。 ただ、まだ対応動画サイト数が少ないので、そのあたりは不満が残る。 今後対応サイトを増やしていくようなので、今後に期待。 メリット ・日本製ソフトである。 ・無料で利用できる。 ・対応サイト数が非常に多い(デフォルトの対応サイト数は少ないが、各動画サイトのダウンロードスクリプトを追加することにより対応サイトを増やすことが出来る) ・フォーマットの変換機能あり。 ・動画ダウンロードスクリプトはオープンソースで開発されている。 ・スクリプトのサポートがしっかりしている(ダウンロードエラーが出た場合などに報告があるとすぐに対応してくれる) デメリット ・動作が重い。 ・Macでは利用できない。 ・違法ダウンロード刑事罰化あたり(2012年)から、ソフト本体の更新が停滞気味(スクリプトは更新されています) ・追加スクリプトを入れない状態(デフォルトの状態)ではYou Tubeとニコニコ動画、Dailymotionしかダウンロードできない。 ・追加スクリプトを追加する作業が結構面倒くさい(なぜ最初から入れておかないのか?) ・追加スクリプトを入れても動画ダウンロードエラーがよく起きる。 その他 ・日本で最も使われている動画ダウンロードソフトである。 ・様々なサイト、IT系雑誌で紹介されている。 ・ブラウザ型の動画ダウンロードソフト。 ・2006年からリリースされているソフトです。 ・2015年に公式ページをリニューアルしている。 機能 操作性(使いやすさ) 総合評価 無料の国産動画ダウンロードソフトの中では最も高機能。 デフォルト状態の対応サイト数は少ないが、スクリプトを追加することで対応サイト数を増やすことが出来る。 スクリプトはオープンソースで開発されていて、この動画ダウンロードソフトのオープンソース化というのは今までにない非常に素晴らしいシステムである。 スクリプトはJavaScriptで書かれているので、出来ればソフト自体をWebアプリ化、もしくはブラウザ用のアドオン化して欲しいところだがその動きは全く無いようだ。 また、2013年頃からソフト本体の更新が停滞気味なのでOSが変更した場合の対応など心配な面はある(理由は全体評価の蘭で説明します)。 ただ、スクリプトはオープンソースなので機能面は相変わらず良い。 Craving Explorerは海外製動画ダウンロードソフトが多い中現れた数少ない国産動画ダウンロードソフトの一つである。 日本で動画ダウンロードソフトと言えば、このCraving Explorerを連想する人は多いと思う。 あるいは、Craving Explorerしか知らない人も多いのではないだろうか。 日本人向けに作られた使いやすいUI、対応サイト数も多く、今でも非常に多くの人に使われているソフトです。 ただ、2012年に出来た違法ダウンロードに関する法律(違法ダウンロード刑罰化)によりCraving Explorerを含む国内の無料動画ダウンロードソフトの立ち位置は微妙(グレー)になり開発は停滞気味になってしまった(2012年の夏頃から開発終了、ソフトの配布終了、サポートストップをしてしまった国産動画ダウンロードソフトが増えました)。 Craving Explorerにおいては、今までなかったような基本的な部分のエラーが報告されたり、エラーへの対応の遅さが目立つように(違法ダウンロード刑罰化により、Craving Explorerもなくなるのではないかという話題が一時ネット上で盛り上がりました)。 結果、他の(海外製の)ダウンロードソフトに乗り換えてしまった人も多い。 オープンソースでここまで生き残っている感があるので、ここから先が非常に心配なところ。 この動画ダウンロードソフトのオープンソースでの開発はこれからのトレンドになりうる素晴らしいシステムなので是非続けていった欲しい。 メリット ・無料で利用できる。 (フリーソフト) ・フォーマット変換機能あり。 ・日本語化されている。 ・ダウンロードスピードが速い。 ・対応サイト数が非常に多い。 デメリット ・Macでは利用できない。 ・更新が結構前に止まっている。 (開発中止?) ・インストール時に不要なソフトをインストールさせられる。 (チェック外すことで回避可能) その他 ・海外製ソフトである。 ・GIGAZINEでの掲載歴あり。 ・2010年からリリースされているソフトです。 ・有料版もある。 (永久版だと1ドル100円換算で2000円くらいです) ・寄付制度がある(海外では割と一般的らしいです) FreeMakeDownloaderは危ないソフトなのか? FreeMakeDownloaderは2015年頃から、ソフト本体(FreeMakeDownloader)と一緒に不要なソフトを抱き合わせでインストールされるようなシステムになってしまったようです。 一部セキュリティソフトでは、それらの不要なソフトをウィルスとして認識しているらしく、結果本体のFreeMakeDownloaderもウィルスなのではという疑いがかけられてしまった、というものです。 実際は、不要なソフトというのはウィルスソフトではないので、アインストールしてしまえば特に問題ない。 (ディレクトリを汚されるけど…) もしくは、インストールのウィザード画面で、「追加ソフトウェアをインストールする」というステップの時にチェックマークを外せば不要なソフトのインストールを防げる。 なぜソフト開発者はこんな迷惑なことをするのかというと、これら不要なソフトをユーザーがインストールすると、そのソフトの会社から報酬がもらえるからです。 海外製ソフトのフリーソフトではこういったソフトは珍しくはありません。 機能 操作性(使いやすさ) 総合評価 日本ではあまり知られていない動画ダウンロードソフトだが、海外では結構有名なソフト。 日本人ユーザーが少ないからか、仮に日本で人気のある動画サイトのダウンロードエラーが発生しても対応に時間がかかったりする。 これから、日本人ユーザー数が増えてきたらサポートも手厚くなるかもしれないので、今後に期待。 メリット ・無料で利用できる。 (フリーソフト) ・Macでも利用可能。 ・日本語化されている。 ・メディアプレイヤーとしても使える。 ・フォーマット変換機能あり。 ・動画編集機能あり。 ・CD,DVDへの書き込み機能あり。 ・動画の保存形式が多い。 ・海外の動画サイトに強い。 ・iPhoneやiPad、アンドロイド端末など色々なデバイスと連携できる。 ・クラウドサービスも開始。 デメリット ・利用するブラウザによってエラーが発生することがある。 (IEでは少ないが、Google Chromeでのエラーが多い) ・多機能だが全機能を使う場合にはプレミアムプランへアップグレードが必要となる。 ・アドオンでのエラーが結構多い。 ・Windows VISTA以前のOSでエラーが多く報告されている。 ・ソフトがアップデートしても日本への公開は遅れる。 その他 ・Video DownloadHelperと同じく世界で非常によく使われている動画ダウンロードソフトの一つである。 ・クラウド型のサービスもあり。 ・海外製動画ダウンロードソフトである。 ・非常に歴史のある動画ダウンロードソフトである(1995年から) ・2014年12月20日脆弱性が発見された(現在は修正済み) ・RealPlayはサービス終了したようです。 (動画編集機能がメインです) 機能 操作性(使いやすさ) 総合評価 動画のダウンロード、動画の編集、動画の再生をすべてこなす多機能ソフトだが、その結果エラーが多くなっている。 以前はエラーも少なかったため、非常に残念。 クラウドサービスや色々な端末での連携サービスなども開始されたが、どれもダウンロード機能の強化とは関係ないのでこちらも残念。 RealPlayerに似ている動画ダウンロードソフトのFreeMakeDownloaderと比べると機能、使いやすさの点で見劣りする。 メリット ・無料で利用できる。 ・日本語化されている。 ・Macでも利用可能。 ・動画ファイル形式変換機能あり。 ・動画を3D化することができる。 ・動画編集機能あり。 ・中国系動画サイトに強い。 デメリット ・有料ソフトである。 ・動作が重い。 その他 ・中国製ソフトである。 ・日本ではあまり人気のソフトではない。 ・90日の返金保証あり。 (返金保証については、返金ポリシーというものがありこの条件に当てはまらないと基本的には返金は受け付けてもらえないようです) ・対応サイト数は普通程度。 ・2015年くらいにサイトをリニューアルしている。 ・中国の香港に本社がある会社のようです。 ・Aiseesoftは動画ダウンロードソフトだけでなく、動画プレイヤーやデータ復元ソフトなども販売している。 ・ソフトの受賞歴あり(基本的にこういった賞は身内賞、お金を出せばもらえる賞なのでほとんど意味が無い、中身が無いものが多いので注意) 機能 操作性(使いやすさ) 総合評価 有料ソフトならもう少し機能をアップしてもらいたかった。 無料ならまだしも、お金を出してまでこのソフトに拘る理由はない。 このレベルの動画ダウンロードソフトなら無料でたくさん存在する。 メリット ・日本語化されている。 ・無料で利用できる。 ・Macでも利用可能。 ・マイナーな動画サイトへに対応している。 ・Webアプリケーションである。 デメリット ・主要動画サイトへの対応が弱い。 (対応サイト数が少ない) ・利用するための設定方法がかなりややこしい(Javaのインストールやセキュリティ設定、JavaAppletの設定などが必要となる) その他 ・海外製である。 ・リリース開始年度は不明だが、かなり昔から存在する動画ダウンロードサイトである。 機能 操作性(使いやすさ) 総合評価 他の動画ダウンロードサイトで対応しきれていないマイナーな動画サイトのダウンロードにはVid-DLを使う、という使い方が良い。 全ての主要動画サイトに対応しているわけではないのでメインで使う動画ダウンロードソフトにするべきではない。 このUIで対応サイトを増やして利用設定などがなければ、一気に大人気動画ダウンロードソフトになるポテンシャルを持っているいるだけに、もったいないソフトである。 メリット ・無料で利用できる。 (フリーソフト) ・フォーマット変換機能あり。 ・日本語化されている。 デメリット ・Macでは利用できない。 ・広告の表示が多く、消さないと再生を開始できない広告もある。 ・ダウンロードスピードが遅い。 ・対応サイト数が少ない。 その他 ・海外製ソフトである。 ・2008年に出来たソフトだが、すでに開発が終了している。 ・サポートも終了している。 ・公式サイトで書かれている動作環境はXPのみだが、Windows7、8でも動いた。 機能 操作性(使いやすさ) 総合評価 Craving Explorerのような動画ダウンロードソフトだが、機能的にも対応動画数的にもCraving Explorerに劣る。 Craving Explorerの下位互換ソフトと言った感じ。 まだ使えるソフトだが、ソフトの開発もサポートも終了しているので、このまま廃れていってしまうのだろう。 メリット ・無料で利用できる。 (フリーソフト) ・Macでも利用可能。 デメリット ・日本語化されていない(個人サイトでの日本語パッチ配布はありました) ・インストール時に不要なソフトをインストールさせようとする。 ・以前は対応サイト数は多かったが、今は少ない。 (ソフトの更新が遅れている) ・主要動画サイトに対応していない。 その他 ・中国製ソフトである。 ・以前はかなり有名な動画ダウンロードソフトだった。 機能 操作性(使いやすさ) 総合評価 以前はVideo DownloadHelperに並んで海外で有名な動画ダウンロードソフトだったが、今ではVideo DownloadHelperに機能でも使いやすさでも劣っている。 日本でも結構有名だったが、不要なソフトをインストールさせようとする使用になったため利用者が激減した模様。 変にインストールするとパソコンが重くなったりするので注意が必要。 メリット ・無料で利用できる。 (フリーソフト) ・日本語化されている。 ・ダウンロード機能以外にもいろいろな機能がある。 デメリット ・Macでは利用できない。 ・主要動画サイトに対応していない。 その他 ・海外製ソフトである。 ・2006年からリリースされているソフトです。 ・2014年に(EASTにより)ウィルスが検出されたが、開発元からは何もアナウンスがない模様。 今後の動きに注意。 メリット ・日本製ソフトである。 ・Mac版もある。 (DLX) ・対応動画サイトが非常に多い。 ・コンテンツプロバイダ(動画サイト)にダウンロードブロックされている動画さえもダウンロードできる。 ・(有料)会員限定サイト内の動画もダウンロード出来る。 ・埋め込み動画もダウンロード出来る。 ・SNSにアップロードされている動画もダウンロード出来る。 ・マイナーな動画サイトの動画もダウンロード出来る。 ・ニコニコ生放送やUSTREAM、TwitCasting(ツイキャス)、YouTube Liveなどのライブストリーミングサイト(生放送サイト)にも対応している。 (コメントも保存可能) ・一括ダウンロード機能あり(複数の動画を同時ダウンロードできる) ・自動録画機能あり(ダウンロード出来ないタイプの動画はこの機能で保存します) ・動画ダウンロードスピードが非常に早い。 ・動画ファイルの形式を変換する機能あり。 ・自動検出機能で勝手に動画をダウンロードしてくれる。 ・動画の画質を劣化なく保存するこのが出来る。 ・アドオンでブラウザと連携可能。 ・サポートが充実している。 (日本語によるサポートが受けられる) デメリット ・有料である。 ・価格が高価。 ・エディションにより価格が変わる。 (エディションによって使える機能に制限がある) その他 ・30日安心保証付き。 ・サポートあり。 ・2014年からリリースされているソフトです。 ・2015年にMXONEからMXONE2バージョンアップ。 ・2016年に販売中止されました。 機能 操作性(使いやすさ) 総合評価 使用感は「Craving Explorer」をさらに機能強化したような感じの動画ダウンロードソフト。 動画ダウンロードソフトの中でも最も高機能と言ってよいだろう。 このソフト一つでほぼすべての動画サイトの動画をダウンロードするの事が可能というのは非常に心強い。 ただ、高価なソフトなので、まずは無料動画ダウンロードソフトの「Video DownloadHelper」や「Craving Explorer」を使ってみて、満足できなかった場合や価格と機能のコストパフォーマンスを考えて割に合うと思った場合、MXONEでしかダウンロード出来ない動画がある場合、利用を考えた方がいいでしょう。 メリット ・日本語化されている。 ・Macでも利用可能。 ・iPhone、Androidなどのスマートフォン端末、タブレット端末からでも利用可能。 ・UI(ユーザーインターフェース)がシンプルで使いやすい。 ・Webアプリケーションである。 デメリット ・有料ソフトである。 ・対応サイト数が少ない。 その他 ・海外製ソフトである。 機能 操作性(使いやすさ) 総合評価 Webアプリケーションとは? Webアプリケーションというのは、FirefoxやGoogle ChromeなどのWebブラウザ上で起動するアプリケーションのことです。 特徴の1つとして、PCやスマートフォン、タブレットなど色々な端末から利用できるという点があります。 IT業界も旧来型のインストールして使うソフトウェアからWebアプリケーションに移行しているようです。 Webアプリケーションが流行っている理由 3年くらい前から、Webアプリケーションが流行っています。 理由は主に2つあります。 ・Web技術の発達 ・利用デバイスの多様化 Web技術の発達に関しては動画サイトに顕著に現れていますね。 今まではAdobe Flash Playerというソフトをインストールしなければ、動画を見ることが出来ませんでしたが、今ではそれをインストールしなくても動画を見ることが出来ます。 つまり、Webブラウザだけの力で動画が再生できるようになったということです。 これはHTML5というWebブラウザ上で動作する技術が発達したことで可能になりました。 このHTML5の技術の発達によって、今まではインストール型のソフトウェアでしか出来なかったことがウェブ上(Webアプリケーション)でもできるようになってきているようです。 次に、利用デバイスの多様化についてです。 2007年までは、ネットにアクセスする端末といえばパソコンでした。 ただ、2007年にiPhoneが発売されてから、ネットにアクセスする端末としてスマートフォンが爆発的に拡大しました。 今では、ネットへのアクセスはPCからよりもスマートフォンからのほうが多くなっています。 結果、ネットサービスはサービスを提供方法としてスマートフォンからでも利用しやすいWebアプリケーションとして提供されるケースが増えてきているようです。 スマートフォンからだと、PC用のソフトをインストールしたりすることは出来ませんからね。 動画ダウンロード系のWebアプリケーションは残念なものが多い。 「」を読むとわかると思いますが、今後はWebアプリケーションの時代になっていきます。 インストール型のソフトが完全になくなるとまでは言いませんが、どんどんWebアプリケーションに置き換わっていくことでしょう。 動画ダウンロードソフトにもその流れは来ています。 すでに色々な動画ダウンロード系のWebアプリケーションがリリースされているので、いくつか見てみましょう。 ・ClipConverter() ・KeepVid() ・Offliberty() ・SAVEVIDEO. ME() ・dirpy() ・2conv. com() 実際に使っていただくとわかると思うのですが、あまり実用的ではありません。 サイト上では色々なサイトに対応していることをアピールしているようですが、実際はYou TubeやDailymotionなどの有名な動画サイトにしか対応しておらず、エラーが多い。 Webアプリケーションというトレンドには乗っているのですが、現状はうまくいっていないケースが多いようです。 動画のダウンロードエラーが多い原因とは? 動画ダウンロード系のソフトやアプリケーション、アドオン、拡張機能を使ったことがある方なら誰でも経験したことがある、動画ダウンロードエラー。 昨日は動画のダウンロードに成功したのに、今日は失敗する、なんてケースも結構あります。 なぜこのようなことが起きるのでしょうか。 原因は色々ありますが、一番の原因は「動画サイト側の仕様変更」です。 仕様変更というのは、サイトのUIの変更や動画の配信システムの変更、動画プレイヤーの変更など様々です。 これらの仕様変更が行われると、動画ダウンロードエラーが発生する確率が高まります。 また、各動画サイト仕様変更の頻度多くなっているので、動画のダウンロードエラーが起きる確率は以前よりも上がっているようです。 以前は1年に1回仕様変更があるかないか程度のだったのに対し、最近では数ヶ月に1回程度は珍しくなくなりました。 もちろん、仕様変更が起きたとしても動画ダウンロード系のソフトやアプリケーション、アドオン、拡張機能がその仕様変更に対応していけば問題はありません。 ただ、対応動画サイト数が多いと対応しきれないというのが現状のようです。 なぜ動画サイトは仕様変更を行うのか? 動画ダウンロードエラーの一番の原因である、動画サイトは仕様変更はなぜ行われるのか。 理由はいくつかあります。 ・動画ダウンロード系のソフトやアプリケーション、アドオン、拡張機能への対策 ・寄生動画サイトへの対策 ・UX改善 基本的には動画のダウンロードを防ぐことが目的に行われているようです。 サイト上で動画を見なければ広告などの閲覧回数が減ってしまいますからね。 寄生動画サイトというのは、自分のサイトに設置した動画プレイヤーで外部の動画サイトから映像だけを引っ張ってきて、動画サイトのように見せているサイトのことです。 UX改善というのは、動画サイトのユーザーがもっと利用しやすいようにサイトを改造するということです。 この仕様変更は動画ダウンロードソフトやアプリケーションにかなりの影響を与えていて、定期的なメンテナンスがされていないソフトやアプリケーションはほとんど使えない状態になってしまいました。 1000、2000、1万の動画サイトに対応していることを謳っている動画ダウンロードソフトは本当にそれほどの数の動画サイトに対応しているのか。 対応していません。 これはあくまで理論値です。 例えば「Aという配信システムを利用している動画サイトの動画ダウンロードソフトを作ったら、他のAという配信システムを利用している動画サイトにも対応していることになる。 Aという配信システムを利用している動画サイトは1000サイトくらいあるから、1000の動画サイトに対応していることになる」と言った具合です。 「」を読んだならわかると思いますが、動画サイトは仕様変更を繰り返します。 なので、この理論値がいかに無意味であるか分かると思います。

次の