ヤマハ音楽教室 ジュニア専門コース。 ヤマハ

ヤマハジュニア専門コース(通称J専)の実力とは?

ヤマハ音楽教室 ジュニア専門コース

これが ジュニア専門コース、通常J専だ。 このコースは基本的には 先生の推薦とオーディションが必要 で、かなり専門的な指導を受けていくコースとなる。 ちなみに、ここ数年はオーディション不要の期間があったが、今年から、再度、オーディション必須となり、本来の特別コースの色合いが戻るようである。 それ以外は、いわゆる、普通のジュニア科でグループレッスンを進めていく。 グループレッスンではなく、ピアノや個人を専門的にやりたい場合は、個人レッスンを選択する場合もあるが、多くはグループを選択するようだ。 総合コース 今年春から、 「ジュニア総合コース」 という新しい構想が立てられた。 元々、J専も、 グループレッスンと個人レッスンを併用 するコースではあるが、総合コースも併用するコースであり、通常のジュニア科とJ専の中間的立場として立てられたようにみえる。 実際、J専がオーディション必須に戻ったことにより、 先生の推薦があれば行けるコースとして、準J専 という立ち位置なのかもしれない。 J専の浮沈 初期のJ専からは、多くの優秀な人材を輩出している。 特に、作曲を中心としたJOC(ジュニアオリジナルコンサート)は、専門的に作曲を行うJ専が圧倒的に有利である。 ところが、以前のJ専出身者から見ると、明らかにJ専のレベルは落ちたと言われていた。 少子化などにより、幼児科の実数も減る中、 J専のグループを組むことができなく なり、そこからオーディションを廃止して何とかJ専の維持を図ろうとしたが、結果的にJ専のレベルの低下を招いた、という話も多く聞かれる。 そのあたりの話からすれば、今回の 総合コースは順当な流れ ではなかろうか。 J専を組める人数がいればJ専を、そうでなければ、総合コースでレッスンの質は高くできる。 ただ、元々グループレッスンを維持する人数がやっとだった音楽教室、特に地方の教室は、レベルの高い総合コースを組もうとすれば普通のジュニア科グループが組めなかったり、総合コースを維持できずにグループ自体が解散してしまうという弊害も生んでいるようではある。 まとめ 幼児科自体の人数が減っていること自体が憂慮すべき事態 でもあります。 多くのコースが設定されることは望ましいのですが、学年があがるごとにピラミッドのように減っていくのはやむを得ません。 そのときにコースによっては欠員でグループが維持できない、そしてグループ再編、となると、子供たちにとってもなかなか大変でしょう。 実際にグループの解体や編入を目の当たりにしたことはあるのですが、やはり、 せっかく慣れた環境や友人、先生が変わってしまう のは、特に小さい頃であればあるほど、苦しいものです。 同じコースのグループに再編することはもちろん重要なのですが、信頼できる先生であれば、 先生を変えずにコースを変更する、という選択肢も結構重要 だったりするのです。

次の

ヤマハ音楽教室口コミ!ジュニア・幼児科・1歳~3歳・大人 まとめ

ヤマハ音楽教室 ジュニア専門コース

キャッシュバックお申込みには条件がありますので、必ずご確認ください。 お通いのレッスン会場指定のヤマハ楽器特約店でご購入いただくこと• 対象ピアノの納入後6カ月以内に、本ページより「キャッシュバック事前登録」をしていただくこと• キャッシュバック事前登録後6カ月間、以下に掲載している対象コースにお通いいただくこと• ピアノのお届け先=レッスン在籍生のご住所であること• なお、本制度は予告なく変更・終了する場合がございますので、あらかじめご了承ください。 キャッシュバックをお受けいただけるのはご購入者様ご本人となります。 1回完結レッスンは対象外です。 大人のピアノ• はじめてピアノ• ポップスタイルピアノ• ジャズピアノ• エレクトリックギター• アコースティックギター• クラシックギター• ウクレレ• エレクトリックベース• ドラム• ボーカル• フルート• サクソフォン• トランペット• クラリネット• トロンボーン• バイオリン• チェロ• ウインドアンサンブル• ストリングスアンサンブル• ゴスペルコーラス• ポップスコーラス• オカリナ• リコーダー• ケーナ• 大人のギター• バンドコース• キーボード• 大人のエレクトーン• 健康と音楽• 健康と歌 ヤマハのその他のコース 青春ポップス レッスン会場オリジナルのコースは対象外となりますので、必ずお通いのコースが本制度の対象コースとなるかどうかをレッスン会場へご確認ください。 お申込みの流れ Qレッスン入会を予定していますが、入会前にピアノを購入する場合は制度を使えませんか? Aレッスン入会される予定の会場が指定するお店でピアノを購入いただき、かつピアノの納入後6カ月以内にキャッシュバック事前登録をしていただければ対象です。 Q別居している祖父が、レッスン生の孫にピアノを買ってあげる場合、キャッシュバックは受けられますか? Aピアノの納入先がお孫さん(レッスン在籍の方)のご住所と一致しており、かつ、ご購入者であるお祖父様が キャッシュバック事前登録をされた場合にはキャッシュバック対象となります。 登録時と6カ月後にお孫さんの在籍を確認させていただき、確認ができた場合はお祖父様へ「キャッシュバック申込書」をお送りし、ご返送後、お祖父様へキャッシュバックいたします。 Qキャッシュバック事前登録から6カ月が経過するより前に、引越しのためレッスン会場を移動することになりました。 キャッシュバックの対象になりますか? A移動先の会場で対象コースのレッスンを継続されている場合は対象です。 (日本国内の会場に限る) レッスン会場への在籍確認時に「退会済み」「移動手続き済み」であることが確認された場合には、事務局より移動先の会場の情報をおうかがいし、移動先の会場へ再度在籍確認をいたします。 Q通っているレッスン会場ではヤマハピアノを取り扱っていないと言われました。 A事務局にて状況をお調べしますので、キャッシュバック事務局へお電話でお問合せください。 ヤマハお問い合わせ.

次の

【ヤマハ音楽教室】ジュニアアンサンブルコースに進級して3ヶ月が経った|ククーモナミ!☆

ヤマハ音楽教室 ジュニア専門コース

幼児科2年目で通っています。 今後の進路について、何か説明が あるのかと、期待して待っていたのですが、 なんと、今日用紙が配られ 今後の進路については、 ジュニア専門コースを含め 先着順受付になると言われました。 友だちが通っているところでは、 説明会があり、個人面談をしてから 決めると聞いたので、てっきり 娘の所もそうかと・・・・・ ジュニア専門コースは、 とても興味があるのですが、 親がみっちりついてないと ダメですよ・・・と言われました。 なんだか、希望していいものか どうか・・・・・ 悩んでいます。 希望するなら、どうぞ〜という感じです。 (私はフルタイムで働いているので、 そこまで付き添えるのかなぁという不安も・・・・) もし、ジュニア専門コースについて 知っている方がいらしたら 教えてください。 こんにちは。 私も講師をしています。 説明会はうちの楽器店ではことしはなし!ということでお知らせがきました。 本人、保護者ともに意欲があるならきてくださいという感じです。 説明会をなくしたのは、毎年説明会でレッスン風景 を保護者の方にみせるとみんな、うちの子はむりかも・・・とJ専の進級を考えて帰っていくということでした。 説明会に100人きても説明会を終え、いざ進級となると半分くらいに減っちゃうそうです。 えこりさん。 J専はたいへんなクラスですが、その分 力もしっかりつきますよ。 推薦書はあります。 ただ、数年前にオーディションがあったのですが、いまはオーディションもなくなりました。 時代なんでしょうね。 ヤマハが生徒を選ぶ時期はおわったのかな・・と思いました。 付き添いを、私の妹にお願いしていた 時期で気づきませんでした。 >J専はたいへんなクラスですが、その分 力もしっかりつきますよ。 やはり、この言葉には惹かれます。 私たち夫婦は、吹奏楽ですが 音楽に関わっていたので、厳しさの中の やりがいを実感しています。 来週、ジュニア科と専門コース両方の テキストを見せてもらいます。 受付の方は先着順と言っていましたが、 推薦書を書いてもらえなかった人は いるのでしょうか・・・・ なんだか、分からない事だらけなので 講師の皆様からの書き込みは、 とても参考になります! ありがとうございます! こんにちは。 専門コース4年目の娘がいます。 うちの娘は4年制コースの最後の学年らしく、いまのコースとは違うと思いますが何か参考になればと。 専門コースは本人にやる気があり、親御さんも日々の練習をサポートできるならとってもお勧めだと思います。 ただテキストの進度は速いですし、毎日の練習のほかに宿題もでるのでかなり生活の中でのヤマハの比重が高くなる覚悟は必要です 笑) また、そもそも子供というのは進んでは練習しないものなので(例外もあるらしいですが)それぞれの家庭ではかなり親子の修羅場が繰り広げられているようです。 なので、ひとつイベントが終わるとすぐに次のイベントの準備が始まる感じです。 とても忙しいですが、毎年少しずつレベルが上がっていくのを見るのは親としては嬉しいものです。 うちのは本人があまり積極的な性格でなくて、仲のよい友達と一緒にジュニア科に進みたがっているフシがあったのですが、幼児科の先生に「ジュニアだと物足りなくなるでしょう」と勧められてオーディションを受けました。 お子さんのことをよくわかっているのは担当の先生なので、もし不安ならば「専門コースに向いているか、やっていけそうか」を先生にお尋ねになるのが一番だと思います。 先生にしても、ついていけないと判断される場合はそうおっしゃると思うのですが。 うちのはあまり出来るほうではないので、4年間泣いたり笑ったり、何度か「もうやめようか」などと思ったこともありましたが結果としては通わせてよかったと思っています。 初めまして。 どの方の書きこみを見ても本当に感心してしまいました。 うちの娘は、専門ハイクラス1年目です。 確かに本当にず〜〜〜っと追われっぱなしです。 個人レッスンは1週間に1曲仕上げなければ、テキストは遅れてしまいますし。 うちの娘は、かなりヤンチャなので、お嬢様とは程遠く...。 もちろん練習させるのにパワー炸裂、もう嫌だよぉっと何度も思ってしまいます。 どうしてうちの娘はこうなんだろうっとヘロヘロです。 学校の勉強は二の次です。 はっきり言って、私はヤマハ中心です。 そして実は母子家庭。 もちろん、フルタイム。 朝から夕方までみっちり8時間。 ですから鍵っ子当たり前です。 お月謝もイベントも、テキスト代も本当はかなりの負担になっているのも事実です。 でも、例え音楽の道に進めなくても、絶対に無駄にはならないはず。 私自身も3歳からピアノを始めていたので、どんなに大変でもやれる事は全力でしてあげたいと考えています。 もしも、専門コースに入れなかったとしても、うちの様にハイクラスという選択もあるのでは? 確かに2年の差は確実にあります。 専門コースの子は、本当に素晴らしいものです。 ごめんなさい。 まとまりのない文章になってしまいました。 個人的にフルタイムでお仕事なさってるママだと知って、応援の気持ちを込めて書きこみさせて頂きました。 こんにちは。 人に話を聞いたりネットで調べたりすると、J専とひとくち に言っても先生によって千差万別のようです。 特に1年前 (かな?)から教材がジュニア科と共通になって、内容は ホントに先生の裁量しだいという感が強くなりました。 教室でやることって、教材「プラスアルファ」の部分が 大事ですから、そこで先生の力量の差が出ます。 厳しい先生だとそれこそ一日3時間は練習しないときちんと レッスンすらつけてもらえない 笑)という話もありますし、 (毎年教え子がコンクールに多数入賞という先生とか) うちのようにグループレッスンの宿題は前日にちょろっと やるだけで許してもらえる(ある意味悲しい)クラスも あります。 それでも1年生2年生くらいの頃は、ほとんど毎日1時間 ほど親が横について見ていました。 これは趣味の問題です が、たとえば片手ずつ練習するときに一緒に弾いてやっ たりするのは楽しいし上手くやればよい親子のコミュニ ケーションにもなります。 レッスンの連弾曲など、先生の前で親子で弾かせてもらっ たり楽しかったですよ。 (これは先生の方針にもよります が)J専だと親も随分勉強になりました。 レッスンで親が 得たものも含めると月謝はそんなに高くなかった気もします。 それに普通にピアノを習って、ソルフェージュやアンサン ブルや作曲もレッスンだとJ専の月謝どころではないかも。 ただ同じ名称のコースでも、センターによってかなりレベル や上層部の熱心さが違うらしいのは実感します。 うちも 下の子はヤマハだとしたら上のとは違うセンターにする つもりです。 選択肢がある場合は、事前にいろいろ調べた ほうがいいですね。 うちは上の子の場合、ちょっと後悔し ている部分があります。 ・・・ うちの娘は今日グレード6級の受験です〜。 もう4年だし、曲を仕上げるレベルは本人の気持ちまかせ なのでここまでくると親の出る幕はあまりない感じです。 (それでも「練習は?」とまだ尻をたたいてはおりますが) 結構前のトピなので書き込むかに悩みましたが。。。 専門コースはオーディションなくなってるのにビックリしました。 私は10年以上前に幼児科の先生が確か全員に受けさせて一人通ってしまったのを覚えてます。 その後、上級科にも進みましたが家の事情で上級科を卒業してから専門的なピアノから離れた生活をしています。 私の場合ピアノを毎日弾くのが当たり前になっていたし、専門コースに行くことにも躊躇とかはなかったですよ。 でも、最近になって思うのは本当に親が大変ですよね^^; 子供はただただ毎日ピアノ弾いてりゃいいのでその時は何にも思ってなかったです。 確かに、レベルが確実に上のクラスではあるので、ついて行くのが大変でした。 特にそんなハイソサエティな家庭ではないですし、ほかの生徒はすごく上手な人たちばかりで泣いてレッスン受けることもしばしば。。。 でも、今ではかなりいい経験だったと思います。 転勤がなければもっといい経験ができたのですが、それだけは残念でしょうがなかったですね。 私自身が通っていた頃とはシステムもずいぶん違いますし、なんの説明会もされないままJ専を希望しても大丈夫なものか、不安がとてもあります。 息子本人は、エレクトーンを専門に勉強したいという気持ちがあり、エレクトーンの個人レッスンという道もあるとは思いますが、それについてもきちんとした説明を受けてから考えたいですし…。 今月末に基礎グレードを控え、3月には発表会。 先生もお忙しくされていて、個人的な相談もしにくい感じです。 このまま流れでジュニアに全員あげてしまうつもりなのか…。 どうも〜。 今週のレッスンで娘がグレード6級の合格証書をもらいました。 評価は・・・まぁまぁ・・・手放しでは喜べない感じ。 これが たぶん最後なので「次はがんばろう」と言えないのが寂しいです。 現在の(これから受講する年代の)J専については、わたしも どうなっているのかさっぱりわかりません。 うちも下の子を 来年の幼児科からスタートさせようと思っているので、その 先のことがけっこう気がかりだったりします。 うちの娘のグループもこの4月でいちおう一区切りであとは 希望があれば「上級科」に進むのですが、やめそうな気配の 子のお母さんには先生が熱心に「引きとめ」を図っています。 人数がそろわなければグループ解散ですから・・・。 うちも中学受験をするつもりなので、実際どこまで続けさせ るかとても悩みます。 J専との両立はかなり難しいだろうなぁ。 このところバッハのインヴェンションで片手ずつの練習に 付き合っているのですが、わたしのほうがよくトチるので 「なんかお父さんの練習みたいね〜」などと言われてます。 遊びでジブリものの連弾をやったり、難しい曲とは別に 楽しむこともしないと意欲が続かない感じです(笑) はじめまして。 娘@J専2年目が、幼児科のときは、進級の時期に先生から 2年間の一人ひとりを見た上で、その子によってどういう コースがいいかアドバイスをいただきました。 (例えば、「耳がいいので、この先専門コースに進むと もっと伸びると思いますよ」とか・・) 結局、それが、J専の場合「推薦」なのでしょうね。 私もフルタイムで仕事をしています。 J専に進むとき幼児科と同じ土曜日に、会場は違うけど 開講されるということだったので、当初はそうするつもり でした。 娘がエレを専攻したいという希望だったのですが、 最初に入るつもりだったクラスは、ピアノが専門の先生で 説明会に行ってみると、エレは娘一人・・。 ちょっと不安だったとき、急遽、別のクラスが開講される ことになって、そちらはエレの専門の先生で、しかも 水曜日。。。 会社のことも考えましたが、迷わず、そちらに 決めました。 水曜日は1時間早く帰してもらえるように、上司に相談したと ころ、快諾していただき今にいたっています。 (転職しましたが、そのままです) 帰宅後の時間は、本当に目の回る感じですが、なんとか びりっけつをついていってます。 宿題も結構多い(グループと個人それぞれ出るし)、JOCや 発表会など、キリキリしますが、勉強、レッスン、遊びと 時間をちゃんと配分して、リズムを作っていけば、なんとか なっていますよ。 大変なことも多いですが、先生に何でも相談して乗り切っています! やはり親御さんは大変なんですね。。。 作曲の発表会とかほかの発表会の時もですけど、時間無制限で夜中までレッスンとかあって確かに迷惑をかけた気はします。 うちの親はパートだったので、送り迎えとかは問題なかったのですが、パート代が全部私の月謝に消えてたのは痛かったです。 私が専門コース上級科に受かるほど才能があるってわけじゃなかったとは思うのですが、なんでか受かって。。。 やはり本人にやる気があったり、幼児コースの先生が進めるのであるならやらせてみるのはやっぱり子供にとっては良いことだとは思います。 1日のほとんどがピアノにとられ、学校から帰って遊ぶことも無かった時期がありましたが、すごく良かったです。 どういえば良いのか思いつかないのですが。。 汗 私の場合、兄はふつうのエレクトーンのコース かな? に行って、妹は幼児コースで挫折して、個人のヤマハとは関係ないところで習ったり、としてるんですが、みんなピアノを習ったということはとても良かったと思っています。 三者三様だったので、どの道が良いとは一概に言えませんが、お子さんとはお話しなさってるんでしょうか? 私は俄然やる気だったので問題なくオーディション受けましたけどね^^; 長々すみません。。。 こんにちは。 こちらでお話しさせていただいた皆さん、もう進路は決まりましたか? 息子の楽器店では、1月末に進級先についてのパンフレットが配布されて簡単な説明を先生から受けて、進路希望のアンケートを書きました。 実は息子は、幼児科を修了するものの、あと1年幼稚園に通う年齢なので、小学校に入学するお友だちと一緒にやっていくことに対する不安がありました。 1年間他のコースに入れて、入学する時期にJ専に…というお話を楽器店の担当の方にしてみたところ、うちの楽器店では前例がないから…と、財団に問い合わせてしてくださいました。 財団からは、子どもの成長や年齢に合わせて調整することは何ら問題ないですという回答をいただき、5月からジュニア科に1年間通って、その後J専にあらためて進級することに決定しました。 息子の幼児科クラスからは、1人がJ専に進み、息子を含めて3人がジュニア科に進級することが決まりました(あとは辞めてしまったり、転勤してしまったりです)。 ちょっと寂しい人数になってしまいますが、音楽の大好きな子ばかりですので楽しくレッスンに通えればなぁと思います。 お久しぶりです。 いろいろご意見、本当にありがとうございました。 娘は結局・・・・ 兄が習っているピアノ個人の先生に 5月からレッスンを受ける事になりました。 (同じヤマハの個人の先生です) 本当に悩みました。 1度グループを辞めると、もう戻れないので ジュニア科に進ませようかとも思ったのですが、 本人はあっさり結論を出してしまい、 私が何を言ってもきかないので・・・・ 仕方ないか・・・・と思います。 J専は、きっと私の中では 永遠の憧れですよ〜〜〜〜 また、3番目も幼児科には ぜひ入れたいと思っているので、 その時の状況しだいでは、 ぜひ考えてみれたら・・・・と思います。 皆様、本当にありがとうございました。 1つ1つのコメントが とても参考になり、ありがたかったです! ちなみに・・・・幼児科10人中、 ジュニア科に進級した人は7人。 あとの家を以外の2名は、ピアノ個人に移りました。

次の