中西 圭三。 BIOGRAPHY

中西圭三

中西 圭三

『 SINGLES』 の リリース 時間 74分27秒 チャート最高順位• 週間4位()• プラチナ() アルバム 年表 () SINGLES () () 『 SINGLES』( シングルス)は、日本の歌手の1枚目のである。 発売元は。 概要 [ ] 1991年のデビュー曲から1995年までのシングルを中心に収録。 1995年年間順位: 49位, 48万8590枚 収録曲 [ ]• 4:18 作詞:、作曲:中西圭三・、編曲:・ 1stシングル。 系「」オープニングテーマ• 4:40 作詞:、作曲:中西圭三、編曲: 2ndシングル。 4:53 作詞:売野雅勇、作曲:中西圭三、編曲:小西貴雄・ 3rdシングル。 「」CM / 「」CM• 4:49 作詞:売野雅勇、作曲:中西圭三、編曲:小西貴雄・遠山淳 4thシングル。 Ticket To Paradise 4:48 作詞:売野雅勇、作曲:中西圭三、編曲:小西貴雄 5thシングル。 テレビ朝日系『』エンディングテーマ/「V. P」チョコレートCM• あの空を忘れない 4:04 作詞:売野雅勇、作曲:中西圭三、編曲:小西貴雄 6thシングル。 テレビ朝日系「'92FIVBワールドスーパー4バレー」メインテーマソング• 君のいる星 4:24 作詞:売野雅勇、作曲:中西圭三、編曲:小林信吾 7thシングル。 「」イメージソング/テレビ朝日系「」オープニングテーマ• You And I 5:00 作詞:売野雅勇、作曲:中西圭三・小西貴雄、編曲:小西貴雄 8thシングル。 三貴「カメリアダイアモンド」CM• 眠れぬ想い 4:32 作詞:、作曲:中西圭三、編曲:小西貴雄 9thシングル。 「トゥデイ」CM/系「」エンディングテーマ• たったひとつの愛を 5:02 作詞:売野雅勇、作曲:中西圭三、編曲:小西貴雄 10thシングル。 「」エンディングテーマ• 4:12 作詞:売野雅勇、作曲:中西圭三、編曲:小西貴雄 11thシングル。 非情階段 Radio MIX 4:16 作詞:朝水彼方、作曲:中西圭三、編曲:小西貴雄 12thシングル。 がゲスト・ボーカルとして参加• 哀しみのストーム 4:41 作詞:、作曲:中西圭三・小西貴雄、編曲:小西貴雄• Tiny Planet 4:44 作詞:売野雅勇、作曲:中西圭三・小西貴雄、編曲:小西貴雄• 君住む街角 5:09 作詞:川村真澄、作曲:中西圭三、編曲:小西貴雄• Kiss, Merry X'mas 4:31 作詞:川村真澄、作曲:中西圭三、編曲:小西貴雄 14thシングル。 「ジャイアント・ワイド43」CM.

次の

圭三プロダクション トップページ

中西 圭三

1991年3月「タンジェリンアイズ」 Pioneer LDC でデビュー この年、ダンスユニットZOOに提供したシングル「Choo Choo TRAIN」 2003年EXILE によりリメイク はミリオンヒットに。 90年代のポップダンスシーンを牽引する代表曲となり、第 13 回 JAM広告音楽大競技会作曲賞を受賞。 翌1992年自らの楽曲「Woman」「You and I」がCMタイアップとともにヒット。 同年、「Woman」で日本レコード大賞作曲賞を受賞。 第 31 回紅白歌合戦へ出場。 ア ルバム「Yell」「Steps」「STARTING OVER」はオリコンアルバムチャートNo1に。 1994年には森永製菓の企画ユニットICEBOX に参加。 シングル「冷たいキス」がヒット。 1995年以降はWendy Morton・Peabo Bryson・Christina Aguileraなど海外のアーティストとも楽曲をリリース。 Peabo Brysonに提供した「LIGHT THE WORLD」 デビーギブソンとのデュエット曲 が収録されたアルバム「Unconditional Love」はグラミー賞にもノミネートされる。 最近では NHK「おかあさんといっしょ」月の歌として好評を博した「ぼよよん行進曲」や「まんまるスマイル」の制作、「ぱわわっぷたいそう」の歌唱等、次世代への作品に多数参加。 2007年から子供達への読み聞かせ企画「うたえほん」の制作。 円谷プロ制作による「大怪獣バトルNEO」への音楽制作での参加。 佐渡在住の篠笛奏者・狩野泰一、アメリカ市民権を持つジャズピアニスト・宮本貴奈と共に「WA-OTO」コンサートの開催。 弦楽ユニットSEASONSとの「ネオクラッシックコンサート」、童謡歌手・はいだしょうことファミリーコンサートを開催。 社会貢献活動として、児童虐待の啓蒙運動である「オレンジリボン運動」や様々な福祉施設に対するチャリティー活動への参加。 東日本大震災から端を発した日本中の家族を元気にする国づくり「ぼよよん共和国プロジェクト」。 地元、岡山「岡山国際音楽祭」のプロデュースなど地域や国境、さらにはさまざまな境遇を超えた音楽でのコミュニケーションを目指して精力的に活動を続けている。

次の

BIOGRAPHY

中西 圭三

Contents• 中西圭三プロフィール 生年月日 1964年11月11日(51歳) 出身地 岡山県 出身校 日本大学経済学部 シンガーソングライターで作曲家の中西さん。 デビューは1991年。 27歳と遅咲きです。 3枚目のシングル「Woman」で有名となり、これは自身最大のヒット曲だそう。 また EXILがカバーして再ブームとなった ZOOの「Choo Choo TRAIN」の作曲者でもあります。 全米デビュー前のクリスティーナ・アギレラとコラボしたり、中山美穂さんに楽曲を提供するなど、国内外で活躍。 2005年、NHK「おかあさんといっしょ」の「ぱわわぷたいそう」のメインボーカルを担当し、楽曲も提供しています。 最近あまり目にすることがないような印象でしたが、多数の楽曲を提供したり、コラボしたりと音楽活動継続中でした。 元妻高樹沙耶 出典:ameba. jp この2人が夫婦だったことは驚きでした。 『相棒』に出演していた頃の高樹さん、好きだったー。 2人は1998年結婚していますが、すぐに不仲となり、2000年性格の不一致で離婚しています。 この辺は黒いうわさがありますね。 高樹沙耶さんは実は男性関係がオープンな方で、しかも付き合った男性は皆潰れてしまうのだとか。 彼女と付き合って幸せになった男性はいないといいます。 中西さんは潰される前に別れを決意したのでしょうか。 離婚後、高樹さんは趣味のダイビングに夢中となり日本とハワイの往復生活に。 その時行動を共にしていた水中カメラマンでフリーのダイバーコーチでもあった方と婚約しますが後に破局。 最近では石垣島に移住し、「虹の豆 浮世離れ」という宿泊施設を経営し、 4人の男性と同棲していたのだとか。 かなり行動力のある自由な女性のようなので、そもそも「結婚」には向いていない方だったのかもしれません。 早々に気づき、再婚相手を見つけた中西さんはある意味さすがかも。 再婚相手は誰? 中西さんは高樹さんと離婚した7年後の2007年、作詞家の 田角有里さんと再婚されました。 2005年に『おかあさんといっしょ』に楽曲の提供を始めた中西さん。 その『おかあさんといっしょ』に提供した「ぼよよよん行進曲」の作詞をしたのが奥様となった田角さんです。 「毎日のささやかな事を喜びあえる 今の心の有り様をいつまでも忘れる事無く、 二人力を合わせて何があろうと 『ぼよよ~ん』と明日に向かって笑顔で 歩いてゆきたいと思っています。 と当時コメントしています。 「ぼよよよん行進曲」なんと中西さん自身がカバーしていました。 この曲、 見ているお母さんが涙する。 と話題になっていました。 中西さんは今度こそ幸せを掴んだようですね。 スポンサーリンク 現在は!? 音楽活動はずっと継続されているのですが、今回元奥様のことで話題になった中西さん。 「久々に見たらゴツくなっていた」と若干ざわっとしていました。 そんな最近の画像がこちら。 出典:keizo. jp ゴツイ。 というか、太りましたね。 幸せ太り? 現在は作曲家としての楽曲提供の他、他アーティストとコラボしたりライブで歌うことをメインに活動しているようですね。 順風満帆です。 今回の元奥様の事件で「風評被害があるのでは?」 と心配の声もありますが、見た目ごつくても中身堅実なようなので大丈夫そうです(笑) まとめ テレビに出ないとすぐ「消えた?」と思ってしまうのですが、活動の場は無限にあるんですよね。 自分狭いわー。 と思いました。 中西さん、幸せそうで何よりです。 それにしても今年は薬物と不倫のニュースが多いですね。

次の