パガニーニ大練習曲第6番。 ピアノの技巧的な難易度についてリスト:パガニーニによる大練習曲第六番リス...

パガニーニ「ヴァイオリン協奏曲」全6曲

パガニーニ大練習曲第6番

イ タリアはより音楽の先進国ともいうべき国だった。 弦楽器が以前からクレモナで制作され、ピアノがフィレンツェのによって発明され (1709年) 、それらはヨーロッパで貢献していた。 作曲については特に教会音楽やオペラが高い評価を受け、イタリアの作曲家と演奏家 (声楽&器楽) はヨーロッパ中で大活躍していた。 こうしてパガニーニが登場する。 7歳でヴァイオリン始め、11歳で公開演奏会を開き、その後正規に作曲を学ぶ。 1799年になってイタリアの各地へ演奏旅行を開始し、1828年より国外で演奏会を行う。 自作自演のパガニーニの演奏はヴィーン、ベルリン、パリ、ロンドンの聴衆を魅了し、大フィーバーとなる。 それはひとえに作品と演奏の非凡な質の高さのためで、彼の演奏技巧は悪魔に魂を売り渡して得たと語られ、彼の個性と特異な生活ぶりも相まってパガニーニ伝説が生れていく。 こうした彼の人間像は、典型的なロマン派人間を具現していたように思われる。 筆者はロマン派の旗手と捉えている。 理由はロマン派初期に活動し、後人に強力な刺激と影響を与えたからである。 一例をあると法律を学んでいた(1810-56)には音楽家への転向をもたらし、また若い(1811-86)にはめざすべき道、つまりピアノ演奏と作曲の両道を指し示した。 さて、パガニーニの演奏を聴きたいもの。 それは秘かに筆者が天の国での楽しみとしていることの一つ。 でもね、パガニーニが残した作品からそのよすがに触れることはできる。 そうしたい方に2つの作品集をご推薦する。 「ヴァイオリン協奏曲第1~6番」と無伴奏ヴァイオリンの「24の奇想曲Op. 1」 (1800-10年作曲) が最適。 先人たちのヴァイオリン音楽の伝統の影響がみてとれ、パガニーニはそれらを超越してしいる。 しかも自分の演奏技術におもねることなく、またひけらかすこともなく、無心に純粋に音をあみ出し展開させている。 1820年になると慢性的な咳や体調不良が起こる。 この頃から毒素を抜くためということで下剤を常用しはじめた。 1823年は梅毒と診断され、水銀療法とアヘン投与を開始。 1828年頃には結核と診断された。 その後、水銀中毒が進行して次第にヴァイオリンを弾くことができなくなり、1834年頃についに引退となる。 そして1840年に水銀中毒による上気管支炎、ネフローゼ症候群、慢性腎不全によりで死去。 しかし、梅毒や結核のうわさが原因で埋葬を拒否された。 遺体は防腐処理が行われ、転々として改葬ををくり返した。 1926年ジェノヴァの共同墓地にやっと落ちついた。 、 一般に死因は咽頭結核咽頭癌ともいわれている。 しかし、主治医の診断は結核ではないとしている。 記録に残っている死因として歯肉炎、振戦 (ふるえ)、視野狭窄などの症状から、水銀中毒だったとされている。 < 「ヴァイオリン協奏曲」 全6曲> a.協奏曲について 協奏曲concerto 伊語 は 期に生まれた器楽曲の音楽形態である。 そして後に solo concerto が盛んになっていく。 この協奏曲書法は、声楽作品ジャンルにも適応された (教会音楽にも世俗音楽にも)。 独唱、重唱と合唱、合奏との掛け合い (つまりコンチェルト)は、 、 、 、 においても応用され、一般的な様式であり書法となる。 協奏曲は器楽の自立性を高め、楽器の音色による表現法を生み出した。 技法の開発と表現能力の拡大、また名人芸virtuosoの出現をもたらした。 そして協奏曲はよい遊び心も感じられ、管弦楽のコンサートのプログラムに華麗さを添える。 concerto は、今もイタリア語では協奏曲と音楽会の2つの意味をもっている。 協奏曲でなければ音楽会ではなかったのかもしれない (? )。 b.パガニーニ 「ヴァイオリン協奏曲」全6曲 現在、パガニーニのヴァイオリン協奏曲は6作品伝えられている。 20世紀になって第6番として加わった「ヴァイオリン協奏曲第6番ホ短調」が、「第1番ニ長調Op. 6」 (1817年か1818年に作曲か) より古いということになる。 どちらも歌謡性、つまり抒情的な旋律が特徴で、その点でもこれらの両曲は共通している。 器楽におけるオペラという趣もあり、独奏ヴァイオリンと管弦楽による両者を効果的に描き方が特にオペラと似通っているといえる。 まことに巧みなすぐれた書法は特筆すべきことであろう。 (1792-1868)のオペラを連想してしまう。 イタリアで生まれた協奏曲は、ヴィヴァルディによって華麗な音楽となっている。 やはりバロックの産物オペラの要素とよい意味での娯楽性をも加味したものとパガニーニはした。 ここに古典派(1750-1820)の協奏曲の構成感にセンセーショナルな要素を拡大したと言えるだろう。 また曲の時間的な長さにおいても後世の大協奏曲と引けを取らないものである。 事実、パガニーニの中でもロッシーニ・オペラとの接点があった。 1814年か1818年にボローニャでロッシーニと知り合い、生涯親しい交わりを結んだ。 ヴァイオリンと管弦楽のための「ロッシーニのの主題による序奏と変奏曲」が残されている。 他にもオペラ「」や「」の主題を変奏曲にした独奏ヴァイオリンと管弦楽による作品がある。 パガニーニ ヴァイオリン協奏曲 全6曲 曲番 作曲年 備考 第1番 ニ長調 Op. 140第3番変イ短調」(1838年作曲)の後半部分に用いた 第2番 ロ短調 Op. 700i」(1845年作曲) 「パガニーニの主題による大幻想曲S. 700ii」(1845年改作) 「パガニーニ大練習曲S. 141第3番ラ・カンパネッラ変イ短調」(1851年作曲) 第3番 ホ長調 1826年 第4番 ニ短調 1830年4月26日 第5番 イ短調 1830年 独奏部のみしか書かなかった? 第6番 ホ短調 c. 1815年 原曲はヴァイオリンとギターのための作品。 1815年5月26日ミラノ・スカラ座でパガニーニによる初演だったと考えられている。 20世紀になっピエトロ・ベッリによって発見され、フェデリーコ・モンペッリよって再構成・管弦楽化され、1973年10月に初演(vl. アッカルド).

次の

第48巻:パガニーニ練習曲全稿

パガニーニ大練習曲第6番

ピアノの技巧的な難易度について リスト:パガニーニによる大練習曲第六番 リスト:半音階的大ギャロップ リスト:ハンガリー狂詩曲第二番 ショパン:英雄ポロネーズ ショパン:バラード第 一番 ショパン:スケルツォ第二番 これらを技巧的な難易度順に並べてください。 回答者様の主観で構いません。 実体験もあればお願いします。 あとどれが一番弾けたらかっこいいと思いますか? テキトーな質問ですみません、、、。 補足みなさん回答ありがとうございます。 私もパガ6は他の曲に比べてなかなか演奏困難だと思いました。。 でも結局パガ6もリズム練習や片手練習、ゆっくりのテンポで練習を繰り返せば演奏可能ですよね? どうしてもパガ6を攻略したいのです。 ピアノ講師です。 私見ですが簡単な順に、 スケルツォ 英雄 バラード リストは3曲とも同程度 という感じです。 ただし、どの曲も必要とされるテクニックに偏りがありますから、 オクターヴの連続が苦にならない人、 叙情的にメロディを歌うことが得意な人、 それぞれによって難易度は違ってきますよ。 それでも、リストの3曲は難しいです。 私はハンガリー狂詩曲のラッサンの部分の弾き方が一番難しいと思います。 民族性というのは一番理解が困難な部分です。 私が弾けないのはパガニーニですがいつか弾こうと思っています。 補足の件 この曲は指使いを工夫すればだいぶんと楽になりますね。 私は9度がギリギリなのですが、指使いや左右の公差などを考えれば、 なんとかなるかなと思いますがこの曲は体力も必要ですよね。 私はもう少し体力もつけなければと思っています。 難易度は人によって違います。 ただその中では、ショパンの曲、特にスケルツォ2番は割と演奏容易、リストの3曲とくにパガ練6番はちょっと演奏困難、という点では多くの人が一致するのではないかと思います。 自分としては、パガ練6番はよほど上手に弾いてもらわないと、聞いていて退屈します。 つまり、演奏表現もそれだけ難しく、かっこよく聴かせるのが困難ということ。 これ以外の曲は、どれもきちんと仕上げればかっこいいと思います・・・が、バラード1番はネチネチ演奏されるとカッコ悪いと思いますw あと実体験ですが、英雄の中間部のミレドシが弾けなくて、しばらく(10年間ほど)放っておいたら、いつの間にか弾けるようになっていましたw パガニーニは、先生に勧められてブラームスの変奏曲を練習したんですが、あまりにも難しくて悶絶しました。 弾きにくいのに演奏効果が上がらない典型ではないかと思います。 ただ、ものすごく指に効くので、練習曲としてときどき弾いてます。

次の

マゼッパ 超絶技巧練習曲 フランツ・リスト

パガニーニ大練習曲第6番

2014.8.16 パガニーニ 人と経歴とCDなど 史上最高のバイオリンの名手と言われた ニコロ・パガニーニ(1782~1840)。 バイオリンのテクニックに大変革をもたらし、多くの音楽家達に計り知れない影響を与えました。 1782年10月27日、イタリアの北西部ジェノバに生まれたパガニーニは、7歳の時から、父親よりバイオリンの手ほどきを受けました。 父親のレッスンは超スパルタ、遊ぶことさえ許されず1日10時間以上に及びました。 少しでも熱意が感じられないと食事抜きで練習させられたといいます。 父親に猛特訓を受けるパガニーニ そんな生活が続くこと10年以上。 10代の終わり頃には、各地の演奏会で大喝采を浴びるほど腕を上げていました。 後に、彼は「私の父よりも厳しい父親を想像するのは容易ではない」と語っています。 しかし、このことがパガニーニが バイオリニストとしての道を着実に歩むことの源となったことは間違い無いところでしょう。 他には、当時の大バイオリストA.ロッラ(1757~1841)に半年間だけ教えを受けました。 それ以外、驚異的なテクニックをほとんど独学で身につけました。 若き日のパガニーニ しかし、まさに、これからという時期にパガニーニは忽然と姿を消してしまいます。 空白の期間はおよそ3年ほど (1801年~1804年・・・19才から22才まで)。 一体、彼に何が起こったのか ? 実はこの間、 ディダという貴婦人と出会い、恋に落ちていました。 そしてトスカーナ地方の彼女の邸宅でひっそりと暮らしていたのです。 なんと表向きは「庭番」として。 二人は世間の目を欺き、愛に溺れた生活を送りました。 ディダはギターが好きでした。 ある日、彼女はパガニーニにいいます。 「ねえ、ニコロ貴方もギターを弾きなさい」。 バイオリンそっちのけで恋とギターに没頭したパガニーニ。 やがてギターを使って作曲もするようになりました。 たくさんのギター曲を書き続けるうちに、パガニーニはあるアイディアを思いつきます。 左手で弦を押さえ、左で弦をはじくというギターの奏法。 パガニーニは、これをバイオリンに取り入れたのです。 普通バイオリンは、弦を指ではじくピチカート奏法を右手で行いますが、パガニーニはこれを左手にも応用したのです。 ( 左手ピチカート) パガニーニの場合、ギターが弾けるというレベルが、ヴィルトーゾ、名人芸の域に達していました。 バイオリンをだけを弾くのとは違う視点で、より豊かな広がりのある音楽を作りました。 天才パガニーニとっては恋の寄り道も芸の肥やしでした。 1809年フリーランスの演奏家としてイタリア各地で演奏活動を初めます。 1813年にはミラノスカラ座で全11回の公演を行い、音楽会には一大センセーションが巻き起こります。 1828年3月、 45才の時からウィーン公演(全14回)を皮切りに、海外公演を始めました。 フランフルト、ワルシャワ、パリ、ロンドンなどヨーロッパ各地でリサイタルを催し、ヨーロッバのバイオリン界を席巻しました。 「 入場料3倍でも完売」、「 1時間前に超満員」などの逸話もできました。 痩せて死人のような青ざめた顔をしていたパガニーニ。 すでに病気がちだった 彼は、ガイコツのようなやせた体で、死人のような青ざめた顔をしていました。 目も止まらぬほどの早さてバイオリンを演奏、時には弦1本で演奏して、観るもの、聴くものを圧倒しました。 あまりの超絶技巧なので、その技を盗み取ろうとするものも現れます。 パガニーニは自分の技が盗まれないよう極度に警戒していました。 自分の楽譜は門外不出。 演奏会の後は、オーケストラの楽譜まで回収していました。 演奏会がどんなに上手くいっても、決して楽譜を出版しようとはしませんでした。 さらに、演奏旅行中はほとんど練習しませんでした。 ホテルの部屋の外に音が漏れるのを恐れていたためです パガニーニは「悪魔に魂を売ってバイオリンの技法を身につけた」という噂がまことしやかに拡がります。 ウィーン市内では、「パガニーニ風の衣装」、「パガニーニ好みの食品」が売られ、彼の周囲には、多数の貴婦人が群がりました。 演奏を聴いて興奮の余り、気絶する女性ファンまで出ました。 一方、シューベルト、ショパン、シューマン、リスト、ベルリオーズなどの著名な音楽家が、その演奏を聴きいて大きな衝撃を受け、彼の曲をもとにした作品を書き残すことになります。 シューベルトは彼の演奏会の高価なチケットを買うために、家具を売って参加。 「私は天使が歌っているのを聴いた」と評しました。 若きリストは、「私はピアノのパガニーニになりたい」と言ったそうです。 1822年、私生活の乱れからか、梅毒と診断され、水銀療法とアヘン投与を始める。。 1832年、この頃から疲労を訴えるようにな。。 1837年、最後の演奏会。 水銀治療の悪影響が出たとも言われています。 1839年、後輩などの指導に当たっていましたが、容体が悪化。 1840年5月27日、息子アキレリウスにニースで死去。 享年57才。 そんな彼が、1820年に満を持して出版したのが「 24の奇想曲(24 CAPRICES)」で彼の超絶技巧が盛り込まれています。 なぜ、この曲集を出したか?、圧倒的な人気がありながら、同時代の人々が批判されたように、すごくアクロバテックな演奏をする人、技巧だけが先走りしている、人を驚かせるだけの演奏、などといわれることに対し、実はこれはテクニックのためのテクニックではなく、自分の音楽を表現するため必要なテクニックであると伝えたかったようです。 24曲の中にはパガニーニの技巧はほとんど盛り込まれているといわれていますが、特に最後のの第24番が有名で、11の変奏からなっています。 第5変奏ではファとミの音だけですが、激しく9度の上下が続く。 この結果が、曲の中に激しい感情を表すことになる。 左手の柔らかさが必要ということです。 第9変奏で聴くことのできる「左手ピチカート」(楽譜では+で表示)。 「左手のピチカート」は、1の指(人差し指)で音階をつくり、3の指(薬指)で弾く。 この時、深く弦を引っかけて弾く。 そうでないとクリアな音が出ない。 しかも目にも見えないほどの超スピードで。 右手の弦で弾く音もあれば、左手のピチカートは音階を作った上で行うので、大変な 運動量、技術力が必要になる。 パガニーニならではの超絶技巧です。 この、24番からは、リストの「パガニーニ大練習曲第6番」、ブラームスの「パガニーニの主題による変奏曲」、ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」など多くの作品が生まれています。 この曲集を聴けば、技巧だけでなく、気品にあふれた優美な曲も多いことを知ることができるでしょう。 五嶋みどりの 24の奇想曲 (24CAPRICES)のCD 17歳の時の録音、才気あふれる演奏です。 パガニーニの作曲したバイオリン協奏曲は6曲といわれています。 このうち良く演奏されるのは、作品6の第1番と第2番です。 有名なリスト作曲の「ラ・カンパネラ(鐘)」は、バイオリン協奏曲第二番第3楽書をモチーフにしています。 サルバトーレ・アッカルドのバイオリン協奏曲第1番と第2番のCD ところで、パガニーニの死後しばらくは、「24の奇想曲」はパガニーニ以外は演奏不可能とされていました。 後にベルリンで「パガニーニの夕べ」を開いたブルメースターという人は、「バイオリン協奏曲第1番」と「24の奇想曲」のうち5曲を弾いて一躍名声を確立しましたが、回想録の中で「第11番」の奇想曲ほ4276回も練習したと述べています。 現在は、日本のバイオリニストである、 五嶋みどりや1999年にパガニーニ国際音楽コンクールで史上最年少の優勝した 庄司沙矢香などは、24の奇想曲を演奏しますし、2010年中学生で日本音楽コンクール第1位の 山根一仁は、在学する桐朋音楽大学で「24奇想曲」が試験曲になったり、コンクールの課題曲なったりすると語っています。 それだけ、現在はバイオリンの技術がより高度なものを要求されているということでしょう。 また、モーツアルトやベートーヴェンなどのバイオリン演奏をするにしても、パカ゜ニーニを練習してからというバイオリニストも多いようです。 映画「パガニーニ・・・愛と狂気のバイオリニスト」 映画では、パガニーニを演じるのは現代の有名なバイオリニストの デイビット・ギャレット。 パガニーニの作曲した曲を見事に演奏してくれるので、とても楽しめます。 バイオリンはストラディバリウスで5億円するとか。 なお、パガニーニの愛用したバイオリンは グァルネリで、現存しています。 このため、忠実に描こうとしてもデイビット・ギャレットの個性が出てしまいます。 伝わっているパガニーニの風貌に比べても、ずいぶんとイケメンです。 パガニーニの女性関係では、少なくとも3人が知られています。 一人は若き頃に3年間同棲した貴婦人 ディダ、息子アキレウスを産んだ歌手の アントニア・ビアンキ。 ビアンキとは3年で別離しアキレウスを引き取ります。 そして、ロンドン公演の時に出会った、指揮者ジョン・ワトソンの娘 シャーロット。 シャーロットは美しい声で、パガニーニの演奏会で何度か活躍します。 このシャーロットとの愛が、この映画では大きなテーマになっています。 しかし、結婚を望み、駆け落ちを図ろうとしたとき、パガニーニは51才、シャーロットは16才。 スキャンダルが巻き起こり、直後にワトソンとシャーロットは渡米し、結局、シャーロットは米国人と結婚してしまいます。 これが題名の狂気の一部となっているのかも知れません。 映画の中の曲では、シューベルトの「魔王」の編曲が私には印象に残りました。 終わった後のタイトル表示で演奏されます。 <完>.

次の