最初 は グー 由来。 じゃんけんで最初はグーというのはなぜ?地方別の掛け声も調査

最初はグーの起源(由来)は志村けんは本当?アイーンはいつどうやって誕生したかとバカ殿誕生秘話とは?

最初 は グー 由来

近年まで「じゃんけん」も「最初はグー」も定番ではなかった 近年まで、じゃんけんの掛け声として「最初はグー」は使われていませんでした。 「ぐーと、ぱーで」「ぐっぱー」など、地方によって違う掛け声に。 そして、地方によって違うのは、掛け声だけではなく、「じゃんけん」そのものも。 「いんじゃん」「じゃいけん」など、地域によって違う言い回し。 いつからか、 全国で「じゃんけん」掛け声も「最初はグー」に統一。 では、いつからなのでしょう。 なぜ、「最初はグー」なのでしょう。 近年っていつから? 100年前? 戦前? じゃんけんで最初はグー以外の言葉が使われていたのは、どのくらい前かというと、100年前でも戦前でもありません。 少なくとも、 40年くらい前まではバラバラ。 引っ越しをすると、住んだ場所ごとに言い回しが変わるので、その都度その場所に合わせていく必要も。 じゃんけんのグー・チョキ・パーの勝ち負けや出し方は同じなのに、掛け声や「じゃんけん」の言い方までが違う言い方。 しかし、30年ほど前から、なぜか全国で「じゃんけん」で「最初はグー」が当たり前に。 じゃんけんで最初はグーが始まったのはTV番組から。 「8時だヨ!全員集合」はTBSで1969年~1985年までの16年間続いた、ザ・ドリフターズの怪物番組。 1977年以降に放送された芸能・バラエティ番組の中で、番組平均世帯視聴率47. 6%だったそうですが、その視聴率はダントツトップ。 いまだに破られていません。 紅白もこれには及ばないので、 見たことがない人がほぼいない番組とされています。 「じゃんけんで最初はグー」がなぜ使われるかは別にしても、ここからなら一気に広まってもおかしくないですよね。 ちなみに、志村けんさんは1973年12月からドリフ見習いとして、1974年から正式メンバーとして参加されています。 「最初はグー」のルーツは「じゃんけん決闘」 「8時だヨ!全員集合」の中で、志村けんさんと仲本工事さんがじゃんけん対決をする 「じゃんけん決闘」のコーナーで「最初はグー」の掛け声が使われたのがきっかけで、全国に広まったようです。 「じゃんけん決闘」のコーナーは、1979年5月29日に始まったとも、1981年2月7日に始まったともいわれています。 「じゃんけん決闘」のコーナーで「最初はグー、じゃんけんぽん」が使われ、一気に全国に広がりました。 じゃんけんで最初はグーがいつから始まったかは、2017年4月現在からすると、なんと 36~38年前から! 番組収録後の飲み会で「支払いは誰がするか?」をじゃんけんで決めようとして、みんな酔っ払っていて、タイミングが合わなかったので、タイミングを合わせる意味で「最初はグー!」と合わせてうまくいったとか。 みんなで「最初はグー」とこぶしを出すと、 息を合わせる意味でも、勢いをつけるという意味でも効果的。 自然発生的な意味合いでスタッフ内で広まり、 番組でも使われることであっという間に広まったもの。 なぜかといえば、使いやすかったからではないでしょうか。 番組人気だけでない、使いやすさに意味がある 最初はパーでも、最初はチョキでも、息を合わせる意味としては同じ。 でも、なぜか最初はグー。 言いやすさや使いやすさ・タイミングの合わせやすさなどから考えると、じゃんけんで最初はグーなのは、意味があるのかもしれません。 なぜか酔っ払っていてもタイミングが合うのは、まさに使いやすさのしるし。 使いやすい言葉という意味でも、地方色豊かだった「じゃんけん」・掛け声「最初はグー」を一気に全国区に広めた影響力という意味でも、すごい出来事ですね。 まとめ じゃんけんで最初はグーというのはいつからかというと、意外に最近の36~38年前から。 TBS「8時だヨ!全員集合」の番組の中のワンコーナー「じゃんけん決闘」で使われ、一気に全国区に。 それまで地方ごとにばらばらだったものが、一気に全国区で統一されたという意味からも、番組の人気と影響力がどれほど高かったかがわかります。 なぜか酔っ払っていてもタイミングが合わせやすい「使いやすさ」という意味から考えても、本当に画期的。

次の

ジャンケン

最初 は グー 由来

1981年って、かなり昔からあったから衝撃ですね! 元ネタ紹介!「最初はグー、またまたグー、いかりや長介頭はパー、正義はかつ、ジャンケンポン」!? 元ネタのじゃんけんは「 最初はグー、またまたグー、いかりや長介頭はパー、正義はかつ(ここでガッツポーズをします)、ジャンケンポン(ここでじゃんけんをする)」でした。 これが短くなり、現在では一般的に「最初はグー、じゃんけんぽん」になっている事が多いです。 【なぜ?】なぜ「最初はグー」だけは続くのか!? 最初はグーが現在まで続く理由、そして長い元ネタから「最初はグー」だけが生き残っているのかは「 タイミングを合わせる為」です。 いきなり「 じゃんけんぽん」で始まると、複数人でじゃんけんをする時にタイミングがずれてしまう人がいるからです。 しかし、「 最初はグー」で合わせる事で次の「 じゃんけんぽん」でスムーズに後出しや先出しなどがなく実施出来る為です。 長すぎる元ネタのじゃんけん歌はいらないけど、タイミングを合わせる為の「最初はグー」だけは必要と皆の経験が判断したって事です! 最初はグーのじゃんけん歌(掛け声)についてのネット上の声まとめ! このじゃんけん歌(掛け声)のネット上での声をまとめています。 それってスゴイことだよ… 私たちの代はこの後に「またまたグー、いかりや長介頭がパー、正義は勝つ!」まで続けてたけどね。 バカ殿! 志村後ろー! 全部志村さんだ。 正義が勝つとは限らない。 ジャンケンぽりぽり、加トちゃんペッ、ジャンケンぽりぽり、加トちゃんペッ。 今は亡き「志村けん」って本当にすごい人だな・・。 志村けんの3兄弟や親、また、志村けんの声を発するヤギについては以下でまとめているので興味があれば一読お願いします。

次の

じゃんけんで最初はグーというのはなぜ?意味といつから始まったかを調査

最初 は グー 由来

ミスター・ドーナツの夏の新作、「ポン・デ・抹茶 ミルククランチ」は旨いね! まだ食べたことのない人はぜひ! さて、それはともかく 今朝方、まさに眠りから覚めようという時、夢現の中で何故かジャンケンのことを考えていたワタクシ。 最近、ジャンケンをするというと、「最初はグー、ジャンケンポンッ!」って言うじゃないですか。 あの「最初はグー」というのは一体何だろうと。 私が東京で子供時代を過ごしていた頃、ジャンケンをする時に「最初はグー」なんて言いませんでしたよ。 じゃあ、何と言ったか。 「ジャンケン、ジャンケン、ジャンケンポイッ」ですね。 あるいは「グー・パー・ジャス!」とも言ったなあ。 「グー・パー」までは分かるけど、「ジャス」ってのはなんだったのかしら。 その後、「ジャンケン、ほかほか北海道!」というのが流行った時期がありましたが、それは主流ではなかったような。 で、起きてから家内に聞いたら、家内の世代ですと、もうかなり小さい頃から「最初はグー」だったとのこと。 あの、「最初はグー」というのが、どの地域の発祥で、それがどのようにして日本のジャンケン作法の主流になったのか。 興味がありますね。 あと、もう一つ、ジャンケンに勝つために、ジャンケンをする前、変な占いをするじゃないですか。 腕をねじって交差させ、指を組み合わせ、その組み合わせた指の隙間から「御告げ」を見るという奴。 あれは一体、いつの時代からあることなのか。 ジャンケン(あるいは、一般に「三つ巴の勝負」をするゲーム)ってのは、世界中に普遍的にあるというものではなく、かなり地域が限定されています。 西欧には基本的にジャンケンはないんじゃないかしら。 スポーツだって、西欧では先攻後攻を決める時、コイン・トスが普通でしょ? ジャンケンはしない。 あ、西欧は「表・裏」しかない世界だから、「0」と「1」だけから成るデジタルな発想が出て来るのか・・・。 その辺のことも含め、日本で特異な発展をしているジャンケンの歴史って、調べてみたい気がしますね。 そういう民俗学の本って、すでにあるのかしら。 今度調べてみようっと。 ま、しょーもない話ですけど、今朝方、そんなことを考えていたワタクシだったのでした。 もし、「自分は子供の頃、こういうジャンケンをした」という方、いらっしゃいましたら、ぜひコメントをお願いしまーす。

次の