手指 消毒 用 アルコール ジェル。 アルコール消毒をすると確実に手が荒れます。消毒はほどほどにしよう!

アルコールジェル・消毒液のおすすめ人気ランキング7選【手指の洗浄にも!】

手指 消毒 用 アルコール ジェル

アルコール消毒液の品薄は続いていますが、 最近は、ドラッグストアやネットでちょくちょく見かける機会も増えてきました。 しかし、これまでの大手の商品だけでなく、 これどこが作ってるの? っていうものがけっこう多いですよね。 でもやっぱりアルコール消毒液は欲しい。 そんな時は、 アルコール(エタノール)の濃度を確認することが大切です。 最適な濃度はどれくらいか? 各商品の濃度は? このあたりをまとめてみます。 濃度と殺菌効果 濃度については、諸説ありそうですが、 どこを見ていても、 一つの基準として「 70%」というのがありそうです。 70%あるとウイルス対策として効果が高いということですね。 じゃあ、それより低いと効果が無いのか? という疑問が湧いてきますが、 どうやらそうではないようです。 花王さんのレポートによると、 エタノールの殺菌効果は40%あたりから急激に現れ70%で最大の効果を示します。 出所) とのことなので、 40%以上あれば一定の効果はありそうです。 但し、濃度によって殺菌のメカニズムが異なり、 結果として、ウイルスの死滅時間が変わってくるそうなので、 低めの濃度の消毒液を使う場合は注意が必要です。 それから、あまり売ってはいませんが、 濃度が高ければいいのか? というとそういうわけでもないようです。 例えば90%とかの消毒液があったら、 それは殺菌効果が高いのかと言うと、必ずしもそうではないそうです。 揮発性が高くなるため、 手になじませる前に濃度が下がってしまうことなどが理由のようです。 また、あまりに濃度が高いと手荒れも心配です。 手が荒れてしまうと逆効果になりますので、 肌が弱い方は、保湿剤入りのものを選んだり、 濃度が高すぎないものを選ぶのが良いかと思います。 では、消毒剤別にアルコール濃度をまとめてます。 商品本体に記載があればいいのですが、 無いものもけっこうあるので、 HPやコメント欄などから分かった数値を書きます。 掲載順は、基本的にアルコール濃度の高い順です。 アルコール濃度80%以上 1. プレヴェーユ 薬用ハンドジェル プレヴェーユの薬用ハンドジェルです。 アルコール濃度83vol%と、なかなか見ない高濃度です。 据え置きで使うには、 少し量が少なめかなと感じますが、 高濃度かつ日本製というところに安心感があります。 指定医薬部外品というのも安心ですね。 湿潤剤にアラントインを配合とのことで、 高濃度でありながら、肌にも優しい商品です。 こちらの商品の原材料を見てみると、• 成分:100mL中 日局エタノール83mL含有• 添加物:カルボキシビニルポリマー、アラントイン、DL-アラニン、トリエタノールアミン、 精製水、香料 となっていますが、 実は、上記の赤字部分( 精製水、香料)以外は、 先日販売となり、既に在庫切れとなっている、 薬用ミューズ 消毒ハンドジェルと同じ構成です。 (「ミューズ+(精製水、香料)」というイメージ) しかも、ミューズはベトナム製なのに対して、 こちらは日本製ですので、 ブランド名は違えど、安心して使える商品かと思います。 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0. アルキルグリコシド(0. 1%以上)• アルキルアミンオキシド(0. 05%以上)• 塩化ベンザルコニウム(0. 05%以上)• ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0. 2%以上) ベンザルコニウム塩化物(塩化ベンザルコニウム)が入っていますね。 早く適正価格で手に入るようになって欲しいですが、 会社等で見かけたら、しっかり使っておきましょう。 東亜産業 TOAMIT ハンドジェル 500ml 安心の日本製ハンドジェルで、 アルコール濃度は56~59%です。 最近ではスーパー等でも山積みになっていますね。 手に入れやすく、大容量なのがメリットです。 最近では、北里大学の調査で用いられ、 適切に使うことで 新型コロナウイルスの感染力を失わせる効果がある という報告がありました。 今後、他の商品でも検証を進めていくそうなので、 結果に期待したいですね。 武内製薬 アルコールハンドジェル 日本製ハンドジェルです。 アルコール濃度50%とあまり高くはありませんが、 オーガニック成分の「チャ葉エキス」も配合されており、 手に優しいというのがいいところだと思います。 また、ベンザルコニウムクロリドも配合されています。 こちらは化粧品用の成分表示名称で、 医薬部外品であれば、塩化ベンザルコニウムです。 医薬部外品のような効果は期待できませんが、 殺菌剤が含まれているという点で安心感があります。 しかし、 SKCARAの方には、 韓国検査機関KOTITIの試験結果による成分表があり、 エタノール70%になっていますが、 PU:RECIPEにはそれが付いていません。 また、 アルコール濃度が60wt%(約67vol%)を超えると、 消防法により「火気厳禁」の表示が必須ですが、 PU:RECIPEにはやはり記載がありません。 SKCARAも「火気厳禁」ではなく 「 火気注意」という文言なのは引っ掛かります。 「火気注意」は アルコール濃度が60wt%未満だけど、 エタノールが含まれるので注意してね という業界ルールだと思うので、 SKCARAも本当に70%?という感じがします。 どちらもドラッグストア等で大量に売られているので、 確かなものと信じたいですが、 パッケージにアルコール度数の記載が無かったり、 「火気厳禁」の記載が無かったり、 ちょっとどうなのかな~という商品だなと思います。 まとめ 様々なアルコール消毒液をご紹介しました。 名前を聞いたことがあるものならいいですが、 よくわからないものに出会ったら、 まずはアルコール濃度を調べてみると良いと思います。 一つの基準としては70%ですが、 40%以上あれば、ある程度の殺菌効果は期待できるようです。 また、ちょっとアルコール濃度が低めだなと思っても、 実は主成分はベンザルコニウム塩化物ということもあります。 このような商品の場合、比較的安価でありながら、 エタノールとの合わせ技で高い殺菌力が期待できるので、 アルコール濃度を見た後に、有効成分を確認することも大切だと思います。 アルコール消毒液の品薄で、 次亜塩素酸水にも注目が集まっています。 こちらもいろいろな商品が乱立していますので、 選び方とおすすめ商品をご紹介しています。 lucky90.

次の

手指消毒用アルコールジェル サラヤンジェルSH1|「衛生・環境・健康」のサラヤ株式会社

手指 消毒 用 アルコール ジェル

Contents• アルコール消毒をすると手が荒れる理由とは? 手肌のばい菌をやっつけようと、みなさんこぞってアルコール消毒をしますが、過度にアルコール消毒をすれば必ず手が荒れます。 では、なぜアルコール消毒で手が荒れてしまうのでしょうか? アルコール消毒で手が荒れる理由は 「蒸発するのが早い(揮発性が高い)」「油分を取り除く力が強い」「皮脂膜と皮膚常在菌(肌フローラ)も取り去ってしまう」ことです。 以下、順に説明していきます。 アルコールは蒸発するのが早い(揮発性が高い) 消毒用のアルコールで手が荒れてしまう理由のひとつに、アルコールの蒸発の速さがあげられます。 実は、アルコールは水などに比べて、圧倒的に蒸発するスピードが速いのです。 消毒のために手肌にアルコールを付けると、アルコールが蒸発(揮発)するときに手肌の水分も一緒に蒸発してしまうのです。 これは、手洗いのあと、手を拭かずに置いておくと手肌に付いた水が蒸発するときに手肌の水分も一緒に蒸発してしまう現象と同じです。 しかし、アルコールは水に比べて蒸発するスピードが圧倒的に速いので、消毒用のアルコールを何度も付けていると、手肌はあっという間に水分を失ってしまい、極度の乾燥を招いてしまいます。 アルコールは油分を取り除く力が強い アルコールは、とても油分を取り除く力が強い液体です。 どちらかといえば 「油分を溶かす」といった方が正しいかも知れません。 そのため、消毒用のアルコールを何度も付けていると、手肌表面の油分が奪われてしまい手肌の水分が蒸発して乾燥してしまいます。 ところであなたは 「脱脂(だっし)」という言葉を聞いたことがありますか? 例えば、車の塗装などをする時に、塗装をする面に油分が付いていると塗料を弾いてしまうため、綺麗に塗装ができません。 そのため、塗装の前には必ず油分を取り除く「脱脂」という作業を行います。 そして、「脱脂」は必ずといっていいほど 「シリコンオフ」が使われます。 シリコンオフは有機溶剤で、主成分は 「イソプロピルアルコール」。 そう、つまり アルコールなんですね。 ちなみに、イソプロピルアルコールは医療の現場で消毒用としてエタノールと同じく使用されているアルコールの一種です。 つまり、消毒用のアルコールも油分を取り除くためにつかう「シリコンオフ」も同じアルコールなのです。 そのため、消毒用のアルコールを手肌に付けすぎると手肌の油分がなくなってしまい、極度の手肌の乾燥を招いてしまうのです。 アルコールは皮脂膜と皮膚常在菌(肌フローラ)も取り去ってしまう 先の説明でお分かりいただけると思いますが、アルコールには強力に油分を取り去ってしまう「脱脂力」があります。 そのため、過度にアルコール消毒を行うと手肌の油分はほとんどなくなってしまいます。 そして、手肌の油分がなくなるともうひとつ困ったことになります。 それは、手肌を守っている天然の保護膜である 「皮脂膜」もなくなってしまうということです。 皮脂膜は、手肌から出る汗や皮脂などの油分と手肌に棲みつく皮膚常在菌(肌フローラ)が作り出す有機酸やグリセリンなどによって作られています。 また、皮膚常在菌が作りだす有機酸は、人体にとって有害な黄色ブドウ球菌などの活動を抑えてくれています。 つまり、皮脂膜は手肌を乾燥から守るだけでなく、 細菌やウイルスなどと戦ってくれているのです。 しかし、アルコール消毒を行うことで手肌に付着した雑菌は消毒できるかもしれませんが、それと同時に手肌の汗や皮脂などの油分を取り去るだけでなく、手肌に棲みつく皮膚常在菌を殺菌・消毒してそのほとんどを死滅させてしまいます。 そうなると、肌本来のバリア機能がうまく機能しなくなり、本来であれば皮脂膜で防ぐことができていた細菌やウイルスにも過敏に反応してしまい、思わぬ手荒れなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。 つまり、過度な消毒は 「百害あって一利なし!」ということです。 肌フローラについてはこちらで超詳しく説明しているよ! 肌には消毒ではなく「細菌」の力が必要不可欠! 私たち人間は、数兆~数千兆という数の細菌とともに生きています。 一番よく知られているのが「腸内細菌(腸内フローラ)」ですね。 人間の肌に棲む皮膚常在菌(肌フローラ)が約1兆個と言われているのに対し、腸内フローラに至ってはその数なんと1000兆個以上ともいわれています。 人間の成人の細胞の数が60兆個と言われていますから、私たちは人間は、自分たちの細胞の数の16倍以上の数の細菌とともに共生していることになります。 そして近年の研究で、 腸内細菌が体の免疫の9割を担っているということもわかってきました。 そのため、過度なアルコール摂取や食品添加物、糖質の取り過ぎなどによって腸内細菌のバランスが崩れると、体に様々な不調をもたらすと言われています。 つまり、体に棲みつく細菌たちとうまく共存していくことが美容と健康のために不可欠なのです。 そして、私たちの手肌も無数の細菌たちの活動によって正常に保たれているのです。 そのため、インフルエンザウイルスなどが怖くて過度に手の消毒をしていると、かえって手肌の抵抗力がなくなり、手荒れだけでなく黄色ブドウ球菌などの悪い細菌が手肌に繁殖して、体に様々な不調を起こす可能性があるのです。 腸内細菌や肌フローラは、私たちが健康に生きていくために必要不可欠なものです。 とある商品のセールスコピーから情報を得るのではなく、その業界の「権威」から正しい情報や知識を得るようにしましょう。 ちなみに、私が参考にしている腸内細菌についての情報は、腸内細菌の権威と言われる光岡知足氏、藤田紘一郎氏、竹田潔氏の著書や論文などです。 アルコール消毒は1日に数回で充分! これまでの説明でお分かりの通り、過度な手の消毒は 「百害あって一利なし」です。 そもそも人間は、色々な細菌やウイルスに接触することで、それらと戦うすべを覚えます。 そのため、子供の頃から「無菌室」のようなところで生活していると、普通の人なら全然たいしたことのない弱い細菌にも抵抗できずに病気になってしまいます。 つまり、 「綺麗すぎる環境」はかえって人間には良くないのです。 私たちが子供の頃は、平気で外で泥んこになりながら遊んだものですが、今は時代が変わったのか、何でもかんでも消毒・除菌ばかりですよね。 腸内細菌の権威である藤田紘一郎氏も、清潔すぎる環境が私たちを弱くしていると言っています。 例えばスポーツなら、日頃から運動やトレーニングをしている人は、体がその負荷に耐えられるように進化しています(筋肉が発達している)ので、急に走っても重たいものを持ち上げても割と平気でいられます。 しかし、普段から何もしない人は、100m走っただけでも息切れして、重たいものを持った翌日にはひどい筋肉痛に見舞われます。 これは、普段から「なまけている」(失礼!)せいで、運動に対する「抵抗力(筋力)」が鍛えられていないためです。 しかし、それを少し我慢して運動を続けると、体がその刺激に耐えようと発達していきます。 つまり、人間の体が外敵やその他の刺激に負けないようにするためには、そういった刺激に普段から慣れさせて、免疫や体力を鍛えることが最も重要なのです。 適度な手洗いや手肌の消毒は必要だと思いますが、医療関係者でない私たちには過度な手洗いや消毒は必要ないと思います。 まとめ これまでの説明で、アルコール消毒は手荒れの原因になることが理解できたと思います。 冬になるとインフルエンザが大流行するため、過度に手肌の消毒をしがちですが、消毒をし過ぎるとかえって手肌が本来持っている抵抗力が失われ、ウイルスなどに抵抗できなくなってしまいます。 私たちが暮らす日本には、ひとたび感染して命を落とすような強力なウイルスはそうはありません。 なので、過度に心配しない方が良いと思います。 といいますか、そもそも論で申し訳ないのですが、手肌の消毒に気をつかうことも大切ですが、病気にかかりたくないのであれば 自分の体の抵抗力を見直す方が先決だと思います。 規則正しい生活と、適度な睡眠、バランスの取れた食事をしていれば、そんなに簡単に病気にはなりません。 それに、体の病気の原因を「手肌の消毒」だけで防ぐことなんてできないのですから。 綺麗な手肌と健康を維持するためにも、手洗いと消毒は適度に行いましょう。

次の

消毒 【通販モノタロウ】

手指 消毒 用 アルコール ジェル

写真:朝日新聞社/時事通信フォト 新型コロナウイルスの感染予防に万全を期したい気持ちはあれども、マスクと同じく、いまだになかなか手にできないのがアルコール消毒液だ。 消毒液は、なぜこんなにも足りないのか。 (ダイヤモンド編集部 新井美江子) いつまでたっても全く足りない! 花王がついに通常の20倍の消毒液生産へ 2月は平時の約2倍、3月は同2. 5倍——。 日本全体でそれほど生産が増えているというのに、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う需要の爆発で一向に供給が追い付かないでいる製品がある。 というのも、消毒液は「もともとそんなに市場が大きい製品ではなかった」(経済産業省関係者)。 そのため、数倍レベルに生産量を増やしたところで今のコロナ禍の下では「焼け石に水」(ドラッグストア幹部)なのだ。 例えば「ビオレu 手指の消毒液」などを生産する花王は、既存の自社設備や製造委託先の設備などをフル稼働させることで、2月は2019年の通常月と比べて2倍、3月は同3倍の消毒液を生産した。 しかしそれでも全く足りず、他製品を生産していたラインを消毒液向けに転用するなど、消毒液を生産できる全ての工場での対応を決めた。 4月9日には、こうした措置によって、4月後半からは実に同20倍以上の生産量を確保すると発表。 まずは政府の要請に従う形で医療機関や介護施設等の需要から対応するものの、「何とか一般家庭向けにも振り向けられるようになる」(花王)としている。

次の