ドコモ theo。 THEO(テオ)の評判と私が投資した結果の運用実績を公開!損失も報告中

「テオ+ドコモ」と「テオ(THEO)」の比較。お得なのはどっち?

ドコモ theo

THEO(テオ)とTHEO+(テオプラス)の違いとは? THEO(テオ)はロボアドバイザーにより、資産運用のプロセスを自動で行ってくれる投資一任型サービスで、下記のような特徴があるサービスです。 1万円から国際分散投資を始められる• 自分に合ったポートフォリオを提案• 資産運用の全プロセスを自動化• AIを活用してリスクを抑制• 特定口座に対応• 万が一の時でも預けた資産は守られる 参考 THEO+(テオプラス)は、ロボアドバイザーのTHEOと他社との協業ブランドで、 運用方法に違いはありませんが、提携企業ごとに提携金融機関からの振込手数料が無料となったり、提携企業のアプリとのID連携、運用額に応じたポイントやマイルの付与といった様々な特典があるサービスとなっています。 運用額に応じてdポイントが貯まる• dカード利用でおつり投資ができる• ドコモ口座との連携でワンクリックで入金可能• dアカウントとの連携で、初期登録もログインも簡略に 運用額に応じてdポイントが貯まる THEO+docomoの最大の魅力は、運用額に応じてdポイントが貯まることにあり、預かり資産1万円につきドコモ回線を利用している方は、毎月1. 5ポイント貯まります。 年間の還元率は0. 参考 ただ、ドコモ回線を利用していない方は、毎月1ポイントとなるのでやはりドコモユーザの方の方がメリットがあります。 上記で、例えば100円で設定した場合は、350円のコーヒー購入で400円ー350円=50円をおつりに見立てて積み立てることになります。 一つ昔前に、お財布に入ってる小銭を貯金箱にいれてコツコツ貯金するといった方法もありましたが、今ではこのようなサービスを利用すれば手間なく自動で積み立てることができるので、気付いたら馬鹿にできないほどの資産となってくれるかもしれません。 ドコモ口座との連携でワンクリックで入金可能 ドコモ口座は、ネット上で買い物や送金ができるバーチャルなお財布として利用できるサービスですが、入出金口座としてドコモ口座を利用することで、ドコモ口座からワンクリックで入金したり、THEOで運用中の資産の一部をドコモ口座に出金といった連携も可能です。 ドコモ口座を利用するなら、キャッシュゲットモールを経由してd払いを利用すると、dポイント、ストアポイント、キャッシュバックの3重取りが可能とお得です。 >> (公式サイト) dアカウントとの連携で、初期登録もログインも簡略に dアカウントとTHEOの連携で、初期登録の申し込みも運用開始後のログインも簡単にできるようになります。 THEOとTHEO+docomoはどっちがお得? THEOとTHEO+docomoでポイントなどの還元率だけを考えるとどちらを利用するのがお得でしょうか? THEO単体では、THEO+docomoのように運用額に応じてずっとポイントが貯まるようなサービスはありませんが、「THEO積立応援プログラム」+定期的なキャンペーンで現金プレゼントを実施しています。 「THEO積立応援プログラム」は、新規で積立3ヶ月連続で自動積立を行うことで現金がプレゼントされます。 例えば、3ヶ月1万円を毎月積立したら500円が貰えるので、3万円の投資に対して約1. THEO+docomoでも期間限定(2018年12月3日(月)0:00〜2019年3月13日(木)17:00)で同様の積立キャンペーンを実施していてdポイントが貰えます。 30万円以上毎月積み立てするなら、THEOでの還元額と変わりませんが、それ以下の積立をするのであればTHEOでの「THEO積立応援プログラム」の方が還元額は高くなります。 また、THEOでは定期的にキャンペーンを実施していて入金額に応じた現金プレゼントを行っていて、例えば2018年11月1日~2019年1月31日までのキャンペーンだと入金額に応じて下記の現金をプレゼントしてくれます。 10万円入金すれば1%の還元率とこちらもお得なキャンペーンとなっていて、既に運用している方が対象なのでTHEOでキャンペーンを利用して運用するのがお得ですが、今後も継続的にキャンペーンが行われるのかは確約されてはいないのと、キャンペーン期間中にまとまった資金を入金をしないといけないといったデメリットがあります。 THEO+docomoでお得になる裏技とは? THEO+docomoでは運用額に応じてdポイントが貰えますが、THEO単体でのTHEO積立応援プログラムや定期的なキャンペーンの方が還元率は高いです。 THEO+docomoも期間限定で積立キャンペーンを実施していますが、毎月30万円未満の積立であればTHEO単体でのTHEO積立応援プログラムの方が還元額は高くなります。 そこで、THEO+docomoでいきなり運用を始めるのではなく、まずは THEO単体での積立応援プログラムや定期的なキャンペーンで現金のプレゼントをもらってからTHEO+docomoに切り替えすれば、切り替え後はdポイントを貯めることができます。 参考 THEOからTHEO+docomoへの切り替えについては下記を参照してください。 THEO FAQ「」 現金プレゼントを付与する時点でTHEO+docomoへ切り替えが行われていると対象外となってしまい、例えばTHEO積立応援プログラムは下記のようなスケジュールでプレゼントが付与されるので、口座に現金がプレゼントされたのを確認してから切り替えを行ってください。 評価・まとめ THEO+docomoは、ロボアドバイザーのTHEOを運営する株式会社お金のデザインとNTTドコモとの協業サービスで、下記のようなサービスの特徴があります。 運用額に応じてdポイントが貯まる• dカード利用でおつり投資ができる• ドコモ口座との連携でワンクリックで入金可能• dアカウントとの連携で、初期登録もログインも簡略に 運用額に応じてdポイントが貯まり、ドコモ回線を利用していれば年間の還元率は0. ただ、THEO単体でのTHEO積立応援プログラムや定期的なキャンペーンの方が還元率(現金プレゼント)は高いのですが、今後も継続的にキャンペーンが行われるのかは確約されてはいないのと、キャンペーン期間中にまとまった資金を入金をしないといけないといったデメリットがあります。 THEOの積立応援プログラムはキャンペーンと違って期限がないのでいつでも現金プレゼントされますが、新規で積立したときにだけ対象と継続的に現金プレゼントはされないので、長期での運用を考えた場合には、THEO+docomoで運用額に応じてdポイントが貯まるサービスの方がメリットがあります。 そこで、THEOからTHEO+docomoへ切り替えができることを利用し、運用当初はTHEO単体でのTHEO積立応援プログラム+定期的なキャンペーンで現金プレゼントをもらい、その後THEO+docomoへ切り替えすればdポイントが貯まるのでお得です。 まとめると下記のようになるので、ご自身に合ったやり方を検討してみてください。 THEO単体での定期的なキャンペーンが今後も継続されると考えるならTHEOで運用• THEO単体の現金プレゼントとTHEO+docomoのdポイントを両方得るなら最初はTHEOで運用しその後THEO+docomoへ切り替え• dポイントを貯めたいが切り替えするのが面倒ならTHEO+docomoで運用 ドコモユーザで資産運用しながらdポイントを貯めるならTHEO+docomo もちろん口座開設・維持費用は無料です。 >> (公式サイト) THEO単体の現金プレゼントとTHEO+docomoのdポイントを両方得るならまずはTHEO THEO単体でももちろん口座開設・維持費用は無料です。 >> (公式サイト).

次の

「テオ+ドコモ」と「テオ(THEO)」の比較。お得なのはどっち?

ドコモ theo

2019年5月を現在とします。 THEOの実際のパフォーマンスではありません。 シミュレーションの対象のポートフォリオは、2019年5月時点で、35歳、就業中、金融資産500万円のユーザーのおまかせ運用のポートフォリオです。 その資産配分はグロース 59%、インカム 30%、インフレヘッジ 11%となっています。 初回入金は50万円、毎月3万円の積立を10年間継続、リバランスは月次で実施、配当は権利落ち日に再投資、運用報酬(税込)は月次のリバランス時に控除との前提でシミュレーションされています。 また、月次のリバランスにおいて目標ウエイトとの乖離がないことを前提に計算されています。 なお、税金その他取引手数料等は控除されていませんのでご注意ください。 想定される運用資産額の分布は、95. 45%の確率(2 標準偏差)で10年間のリターンが収まる範囲を示しています。 期待リターンと共分散は 2019年5月のものです。 定期預金については、2019年6月5日日本銀行公表の10年定期預金(300万円未満)の平均年利率 0. なお、簡便な方法により計算しているため、結果は概算値であり、実際のお取引結果と異なる場合があります。 これらは、将来の運用成果・市場環境を示唆・保証するものではありません。 また、月次のリバランスにおいて目標ウエイトとの乖離がないことを前提に計算されています。 なお、税金その他取引手数料等は控除されていません。 dポイントは変動した預かり資産額に応じて付与されます。 投資一任報酬の計算対象となる月末の預り資産額をもとに算出します。 小数点以下のポイントは切り上げとなります。 預り資産額が3,000万円を超えた分については、預り資産1万円につき、0. 75ポイント(ドコモ回線をご利用でない方は0. 5ポイント)となります。 投資一任運用報酬の徴収から、2ヶ月以内にポイント進呈となります。 月末時点で、ドコモ回線を解約されている場合は、預り資産1万円につき、1ポイントとなります。 dポイントクラブを退会した場合、またはdポイントクラブ会員資格を喪失した場合はポイントは付与されません。 株式会社NTTドコモは、お客様と株式会社お金のデザインとの投資一任契約締結の媒介を行います。 したがって、お客様の契約の相手方は株式会社お金のデザインとなります。 株式会社NTTドコモは、所属金融商品取引業者である株式会社お金のデザインの代理権を有しておりません。 株式会社NTTドコモは、いかなる名目によるかを問わず、その行う金融商品仲介業に関して、お客様から金銭若しくは、有価証券の預託を受けることはありません。 当該約款等は、契約時に確認できますので内容をよくお読みください。 当資料は、情報提供を目的に株式会社NTTドコモが作成したものです。 当資料は、信頼できると判断した情報に基づいて作成しておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。 当資料に記載されている予測、見通し、見解は、当資料作成時点のものであり、将来についていかなる示唆・保証をするものではありません。 当資料の内容、データ等は当資料作成時点のものであり、今後、予告なく変更されることがあります。 投資一任運用サービス THEO(以下「THEO」)は、当社との投資一任契約により提供されます。 お客様には、当社に THEO 専用の証券口座を開設いただきます。 投資一任契約に関する投資一任運用報酬は、預かり資産の円貨換算時価残高に対して最大 1. 組入ETFの売買手数料及び取引所手数料並びに為替手数料等の費用は、当社が負担いたします。 なお、THEO 専用の証券口座の管理手数料は無料です。 THEOでは、主に外国籍の上場投資信託(ETF)を組み入れます。 組入ETFの価格変動リスク及び信用リスクのほか、為替リスク、取扱金融機関に係るリスク等があります。 組入ETFの市場価格の下落、為替変動等により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。 したがって、投資元本が保証されているものではありません。 なお、上記に定める以外の事項については、弊社が定めるの内容に準拠します。 All Rights Reserved.

次の

テオプラスドコモは儲かるの?実績や評価からdocomoユーザー必見! | IPO初値予想ブログなら、キムさんのIPO投資日記

ドコモ theo

期限は3月31日まで! >> おつり投資で少額(100円)からTHEOを始められる あの有名なドコモとTHEO(テオ)のタッグ、かなりアツいです。 (読み方は、テオ・プラスドコモ) 100円からのおつり投資もあり、ハードル低く始められるので、少額で資産運用してお金を増やしていきたい方はチェックしてみてください。 >> なお、「テオ・プラスドコモ」はTHEOの口座があると始められて、 サイトでは無料診断をやれます。 この診断では運用で増える額を知れますので、まずはチェックしてみるといいですよ。 大きな特徴は、大元のTHEOにはない「おつり投資」や「dポイントの付与」があること。 THEOでは1万円から始めて、毎月1万円単位の積立しかできませんが、 おつり投資によってもっと少額を投資にまわせるようになったのです。 >> おつり投資とは?その仕組みは? なお、おつり投資に関しは以下の記事をどうぞ。 (投資にまわる際のルーツをまとめています) >> >> dカードで買い物した時におつりが運用へ そして、おつりはdカードで買い物した時に発生する分が対象となります。 運用額1万円ごとに毎月1ポイントもらえて、100万円で運用する場合は月に100ポイント、年間では1200ポイントもらえるのです。 しかも、 ドコモ回線を使っていればポイント還元率が1. 5倍になり、100万円の運用なら1年で1800ポイントもゲットできるのです。 これは他のロボアドバイザーにないメリットです。 大きく 違うのは、「おつり投資ができるか」と「運用中にdポイント付与があるか」「dアカウントでログインできる」の3点。 大元のTHEOでは都度お得なキャンペーンをやっていて、これを使えばdポイント付与以上のメリットが得られるのです。 キャンペーン期間中の入金額 プレゼント額 10万円以上〜20万円未満 1,000円 20万円以上〜50万円未満 2,000円 50万円以上〜100万円未満 3,500円 100万円以上〜200万円未満 10,000円 200万円以上のご入金 15,000円 なので、 キャンペーンごとに多めに買い増す資金がある人であれば、大元の「」を使ったほうがお得なのです。 マイページ「設定」の「お客様情報」をクリック。 あとは流れに沿って作業してけばOKです。 切り替え時にdアカウントが必要 そして、切り替えるときはdアカウントを作る必要があります。 なのでここでは、ぼくのTHEOでの運用成績を書きます。 ドルだ、-22. 61ドル -0. >> THEO自体、素人でも鉄則どおりに運用できる そして、THEOであれば知識なしの人でも金融のプロが採用する手法で運用し、資産を増やしていけます。 また、THEOの運用アルゴリズムをつくってるメンバーは業界で有名な方ばかりで、とくに加藤さんは国の年金の運用にも関わる方でかなりの権威です。 機関投資家向けのサポート開始 あと、以下のこともとても大事なので、覚えておきましょう。 はじめに診断で自分にふさわしいプラン(資産配分)を決めて、増える額のシミュレーションをチェック。 そこで納得すれば、入金して運用を始めればOK。 (おつり投資だけでもOK) なので、興味がある方はまず無料のプラン診断だけでもやっておくといいです。 ロボアドバイザーを利用するならウェルスナビに集中させて、手動で運用がベストな選択なのかな?楽ラップは国内中心なので、将来性に不安だから除外 — りんご杏 ringogakirai ドコモのポイント投資のコツ、攻略法 なお、THEOでのおつり投資でなく、dポイントの擬似運用のコツもあるので、一応まとめておきます。 >> ただ、 これは2018円12月17日のルール改定で旨味がなくなり、やる意味はなくなりました。 以下のように、1日に追加できるポイント数の上限が設定されたのです。 その理由と今後売る人に向けて注意点を書いたので、参考にしてください。 正直、この売却ルールを変えないと相当ヤバいですね。 — タク 3500万円の投資結果&ブログで稼ぐ方法を発信中 guppaon1 >> アクティブコースとバランスコースがある あと、株価が下がる日には「下がり幅の少ないインカムコースへ変更する」という必勝法もあります。 株価が下がりそうなら、債券中心(インカム)のコースに変更することで、損失を減らせるのです。 — ぷーたろー zgxpay >> リスクを抑えたFXで寝てる間もお金を増やしてます カテゴリー• 524• 137• 151•

次の