サポカー 補助 金 審査 状況。 【随時更新】サポカー補助金 いつから? 【絶賛受付中】

自動ブレーキは後付けできるの?メーカー別の後付け装置から補助金のまとめ

サポカー 補助 金 審査 状況

65歳以上の高齢運転者による衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進等抑制装置が搭載された安全運転サポート車の購入等を補助する「サポカー補助金」の申請受付を、3月9日より開始します。 これに先立って、補助の対象となる車種・装置、申請に必要となる書面等の概要をとりまとめましたので、公表します。 対象となる車種・グレード を御参照ください。 ロ)中古車• 対象となる車種・グレード 令和2年3月6日に公表予定です。 対象期間 令和2年3月9日以降に中古車として登録(登録車)又は検査証交付(軽自動車)された自動車が対象です。 申請書• 申請者本人の運転免許証の写し• 自動車検査証の写し• 車両を購入したことが分かる書類(領収書の写しなど)• 補助金振込先金融機関の通帳の写し• 対象となる装置はを御参照ください。 令和元年度中に満65歳以上となる高齢運転者 *に後付け装置を販売する者であって、「後付け装置取扱事業者」として認定を受けた者が対象となります。 (高齢運転者は、後付け装置の設置に要する費用から補助金分が控除された額を支払うこととなります。 「後付け装置取扱事業者」については、令和2年3月6日に公表予定です。 令和2年3月9日以降に販売・取付された後付け装置が対象です。 申請書• 後付け装置を設置しようとする高齢運転者本人の運転免許証の写し• 自動車検査証の写し• その他センターが定めるもの (*)事業用自動車については、令和元年度中に満65歳以上となる高齢運転者を雇用す る事業者。 3.留意事項• サポカー補助金の概要は、補助事業執行団体であるにおいて公表しています。 交付申請書の様式は、上記ホームページにおいて令和2年3月6日に公表予定です。 事業用自動車については、1事業者につき雇用する満65歳以上の高齢運転者の人数を超える数の車両または後付けペダル踏み間違い急発進抑制装置の補助の交付は受けられません。 中古車について、対象車種に該当しても「衝突被害軽減ブレーキ」「ペダル踏み間違い急発進等抑制装置」の機能を備えていない車両は補助の対象外となります。 後付け装置について、認定を受けた取扱事業者以外が取付を行ったものは補助の対象外となります。 申請総額が予算額を超過次第、募集を終了しますので御了承ください。 関連リンク• (サポカー補助金の申請について) (一社)次世代自動車振興センター サポカー普及促進部 電話:0570-05-8850 03-6831-0615 03-3527-9669(FAX)• (事業用自動車について) 国土交通省自動車局技術政策課長 野津 担当者:玉屋、伊堂寺、八田 電話:03-5253-8111(内線 42254) 03-5253-1639(FAX)•

次の

申請書類の進捗状況|審査状況の確認|自動車導入補助金|補助金情報|一般社団法人次世代自動車振興センター

サポカー 補助 金 審査 状況

65歳以上の高齢運転者による衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進等抑制装置が搭載された安全運転サポート車の購入等を補助する「サポカー補助金」の申請受付を、3月9日より開始します。 これに先立って、補助の対象となる車種・装置、申請に必要となる書面等の概要をとりまとめましたので、公表します。 対象となる車種・グレード を御参照ください。 ロ)中古車• 対象となる車種・グレード 令和2年3月6日に公表予定です。 対象期間 令和2年3月9日以降に中古車として登録(登録車)又は検査証交付(軽自動車)された自動車が対象です。 申請書• 申請者本人の運転免許証の写し• 自動車検査証の写し• 車両を購入したことが分かる書類(領収書の写しなど)• 補助金振込先金融機関の通帳の写し• 対象となる装置はを御参照ください。 令和元年度中に満65歳以上となる高齢運転者 *に後付け装置を販売する者であって、「後付け装置取扱事業者」として認定を受けた者が対象となります。 (高齢運転者は、後付け装置の設置に要する費用から補助金分が控除された額を支払うこととなります。 「後付け装置取扱事業者」については、令和2年3月6日に公表予定です。 令和2年3月9日以降に販売・取付された後付け装置が対象です。 申請書• 後付け装置を設置しようとする高齢運転者本人の運転免許証の写し• 自動車検査証の写し• その他センターが定めるもの (*)事業用自動車については、令和元年度中に満65歳以上となる高齢運転者を雇用す る事業者。 3.留意事項• サポカー補助金の概要は、補助事業執行団体であるにおいて公表しています。 交付申請書の様式は、上記ホームページにおいて令和2年3月6日に公表予定です。 事業用自動車については、1事業者につき雇用する満65歳以上の高齢運転者の人数を超える数の車両または後付けペダル踏み間違い急発進抑制装置の補助の交付は受けられません。 中古車について、対象車種に該当しても「衝突被害軽減ブレーキ」「ペダル踏み間違い急発進等抑制装置」の機能を備えていない車両は補助の対象外となります。 後付け装置について、認定を受けた取扱事業者以外が取付を行ったものは補助の対象外となります。 申請総額が予算額を超過次第、募集を終了しますので御了承ください。 関連リンク• (サポカー補助金の申請について) (一社)次世代自動車振興センター サポカー普及促進部 電話:0570-05-8850 03-6831-0615 03-3527-9669(FAX)• (事業用自動車について) 国土交通省自動車局技術政策課長 野津 担当者:玉屋、伊堂寺、八田 電話:03-5253-8111(内線 42254) 03-5253-1639(FAX)•

次の

サポカー補助金のご案内_サポカー補助金_サポカー補助金交付を行う次世代自動車振興センター

サポカー 補助 金 審査 状況

また、後付け安全装置の装備も対象となります。 ニュース報道でもあるように、高齢ドライバーの事故が多く報道されている現状を汲み取った対策ですね。 高齢者の運転について、賛否両論があるのは事実です。 免許返納などを勧められたり、検討してる方も多いのではないでしょうか? とは言っても、車が生活に密着していて車を手放せない方もいらしゃるでしょう。 そこで安全サポート付きの車に乗り換えるというのはどうでしょう?? そんな65歳以上の高齢ドライバーを対象にサポートする政策です。 最近では、後付けでサポート機能を装着できるものもあり、今回の補助金は後付けの補助装置の設置も対象になっているんですよ。 車の買い替えまでしなくても補助を受けることができる訳です。 もし前車に衝突しそうになった場合、インジケータや音により警告。 さらに自動でブレーキをかけ、もし衝突してしまった場合でも被害を軽減する機能です。 各メーカー独自開発していて、レーザーレーダセンサーを搭載したものやカメラを使用したもの、またはセンサーとカメラの双方を使用したもの様々あります。 人間の目を同じくカメラを2つ搭載し、ステレオカメラとすることで対象物を立体的にとらえることができ、その精度を高めています。 最近の主流はステレオカメラを搭載し、対車だけでなく歩行者にも反応するものが主流になっていますね。 その状態でアクセルペダルを強く踏み込んでも車側が踏み間違いと検知し、インジケータや音により警告します。 さらにアクセルを踏んでいたとしても、車側が適宜判断しエンジン出力が上がらず車が急発進することはありません。 もし踏み間違いがあっても最悪な事態は回避できそうですね。 運転操作中、ペダルの踏み間違えをしてしまいパニック状態になった場合、さらに強くペダルを踏むこんでしまうという傾向があります。 「ペダルを踏み間違えた」という感覚ではなく、「踏み込み量が足りない」と判断してしまうんです。 だからまさに火に油を注ぐ結果になってしまうんですね。 こういった人間の習性なども、運転者として知っておく必要があると思います。 サポカー補助金の対象車種は? 対象グレードは? さて、閣議決定を受け「サポカー補助金に関する審査委員会」が審査しメーカー・車種・グレードごとに取りまとめられました。 国産車だけではなく、外国産車でも基準を満たしていれば「サポカー補助金」の対象車種になっています。 国産車多くの車種やグレードが対象になっていますが、「大丈夫だろう!」などと安易に考えず、良く確認することをお勧めします。 言い方を変えれば、対象外の車種・グレードは高齢者が運転するには危険とも言える訳です。 (主観です) 各メーカーの対象車種・グレードはこちら メーカー別になっていますので、購入を検討しているメーカー・車種をさがしてみてくださいね。 サポカー補助金の補助金額 サポカーを買う場合(新車・中古車) 対象者: 令和3年4月1日までに65歳以上となる高齢運転者。 補助額:• 補助額:• 障害物検知機能付き 4万円• 障害物検知機能なし 2万円 となっています。 後付け装置は、「認定対象装置」でなければいけません。 認定対象装置の一覧は・・・ 各認定対処装置の特徴は・・・ サポカー補助金の金額を詳しく下表にまとめてみました。 サポカー補助金の申請に必要な書類• 補助金交付申請書• 車検証のコピー• 車両を購入したことが分かる書類(領収書の写しなど)• 本人確認書類(住民票、運転免許証、健康保険証等のコピー)• 補助金振り込み先が分かるもの(通帳の写しなど) 上記の5つが必要となります。 カーディーラーや車屋さんはこの制度を知っているはずですので、購入時に「サポカー補助金を受けたいんだけど!」と言えば申請用紙を用意してくれるかもしれませんね。 サポカー補助金はいつから申請できるの?? 令和2 年3月9日から申請できます。 とコメントしています。 中古車や後付け安全装置のサポカー補助金申請は対象期間に注意! 中古車や後付け安全装置の取付および申請には注意が必要です。 新車の場合は対象期間が令和元年12月23日からですが、中古車と後付け安全装置の対象期間は令和2年3月9日からとなります。 新車は遡ることができますが、中古車と後付け安全装置は遡ることができません。 中古車の購入は、令和2年3月9日以降に登録しないと補助が受けられないということですので、注意が必要です。 また、後付け装置も令和2年3月9日以降に販売・取付したものが対象になります。 購入者が後付け装置の購入・取付を依頼• 販売・取付け業者は購入者がサポカー補助金の対象条件を満たしているかを確認し、販売・取付けをする。 取付け代金は、補助金相当額を控除して購入者へ請求する。 購入者は補助金相当額を控除された金額を販売・取付け業者へ支払う。 販売・取付け業者は、執行団体へ補助金申請。 執行団体から販売・取付け業者へ補助金交付。 以上のような流れになります。 後付け装置は購入者への直接的は交付ではなく、販売・取付け業者への交付を介して購入者へ還元される流れとなります。 簡単にいうと、購入者は補助金相当額を値引きされた金額で、後付け装置を購入・取付けができると言うわけですね。 購入後に銀行振込等の煩わしさがなく、簡単ですね! サポカー補助金 まとめ さて、このサポカー補助金ですが予算がなくなり次第終了となっています。 65歳以上の方で、対象となる新車を購入を考えていらっしゃる方はお早めに行動された方が良いと思います。 必要書類の中に車検証とありますが、これは受注ではなく登録ベースだということを意味します。 (車検証の使用者が申請者になっていないとNG つはり、お車が納車された後の申請ということです。 これから車業界は繁忙期に突入しますし、人気の車種であれば納車が3ヶ月待ちなんて事も十分にあり得ますよね? 車を注文したが、車が納車される間に補助金の予算が底をついていたら・・・その辺も考慮し今すぐ行動しましょう。 お目当ての車があるのでしたら、ディーラーに納期状況だけでも聞いておくべきです。 今回の予算は1,100億円規模とされていますが、貰えるものは貰いましょう! 近頃、各自動車ディーラーが「高齢者安全運転講習」など、高齢ドライバー向けに自動ブレーキの体験会や運転適性試験、視力・視界検査などを実施して高齢者をサポートしているところもあるそうです。 車を売るだけではなく、そういた社会貢献活動も頑張っています。 一度、出かけて試乗してみるもの良いかも知れません。 安全・快適において今の車は進化しているのを実感することができます。 審査委員会による対象とならなかった車種・グレードも某メーカーのマニュアル車については、メーカーがその補助金分を還元するという噂もありますよ(裏情報です)。

次の