テセウス の 船 犯人 予想。 テセウスの船犯人考察は校長が初代みきおで真犯人?衝撃の真実がヤバい!

日曜劇場「テセウスの船」犯人は誰だと思う?みんなの予想は?|陽だまりのひなた

テセウス の 船 犯人 予想

加藤みきお です。 そして8話で、田村心が言っていた 共犯者も加藤みきおだと思います。 どういうことかとういうと、ドラマ版の現世に出てくる木村みきお(安藤政信)は加藤みきおの大人の姿です。 その木村みきおが、田村心が再びタイムスリップした時に同時にタイムスリップして過去に戻っていたのです。 そして、木村みきおは加藤みきおにアドバイスをするのです。 加藤みきおは音臼小学校の生徒。 佐野鈴のクラスメイトです。 子供の頃から猟奇的だった加藤みきお。 加藤みきおは佐野鈴に特別な想いを抱いていました。 そして、佐野鈴を悲しませる人間をためらいもなく殺していきました。 佐野鈴から「将来結婚するならお父さんみたいな人がいいな。 」と聞いた加藤みきお。 加藤みきおは、佐野鈴の父の佐野文吾(鈴木亮平)が殺人犯になる夢を抱きました。 つまり、音臼小無差別殺人の目的は佐野鈴の父の排除で、罪をなすりつけて冤罪にさせたわけです。 冤罪にさせて、社会的に抹殺 刑務所に入ることで死刑となり社会的に抹殺させる を企んでいたのです。 しかし、その後未来からやってきた大人の加藤みきお 加藤信也 が子供の加藤みきおに、田村心と佐野文吾を殺すようアドバイスし、物語は田村心が知っている過去と変わっていきます。 漫画版の最終回あらすじ 原作最終話は89話です。 88話 未来からタイムスリップしてきた大人の加藤みきお 加藤信也 が、佐野文吾をナイフで刺そうとします。 そこに田村心が身を挺して守ります。 ナイフは田村心の心臓に深々と突き刺さりました。 なおも、佐野文吾に襲いかかる加藤みきお。 佐野文吾は持っていた拳銃で加藤みきおの心臓を撃ち抜きます。 倒れている田村心の元に駆け寄る佐野文吾。 田村心の手を握り泣きながら「お前は俺の息子だ。 」と言うと、田村心は涙を流しながら息絶えました。 最終話(89話) 原作最終話(89話)は、田村心が亡くなった平成元年、音臼小無差別殺人事件が起きなかった年から、月日が経っての2017年6月10日。 (原作ではドラマと違い2017年の話 当時、子供で逮捕された加藤みきおは大人になり、すでに少年院から出ています。 佐野文吾は殺人犯ではなくなり、家族と共に幸せに暮らしています。 和子・鈴・慎吾とともに、閉村した音臼村の佐野家へ戻ってきてそこで庭に埋めたタイムカプセルを開けると、田村心が入れていた封筒には指輪と家系図が書かれているという内容になります。 そして、タイムスリップした田村心は亡くなりましたが、佐野心として生まれて平和に過ごしています。 つまり田村心が過去を変え、新たな世界が生まれたということです。 最後はハッピーエンドになるようなので、一安心ですし今後もしかしたら続編が作られるのかもしれませんが、良い結末を迎えている漫画なので、これ以上新たに物語が作られると言う事はまずないと思われます。 やはり心の願い通り佐野大吾は冤罪でした。 そして、タイムスリップすることにより父親の無罪を晴らすことができたので、本人的は死んでしまいましたがかなり満足をしている結末だったのではないかと思います。 第一話で毒薬で殺されてしまった少女は 鈴の同級生・三島千夏ちゃんをパラコートという農薬を飲ませて殺害されてしまいます。 それは単純な興味による殺人でした。 原作漫画「 テセウスの船」は eBookJapanで 2巻まで無料で読めるキャンペーン中です!*2020. tbs. 田村信 平成元年6月24日に、加藤信也=加藤みきお(安藤政信)にナイフで刺されたのが死因で亡くなってしまいます。 つまりタイムスリップしたことが原因で結果的に過去の世界で亡くなってしまうということです。 しかし、その後の別の世界の現代では佐野文吾の息子、佐野心として誕生し生きます。 結婚相手は由紀ではなく、教師として務めている同僚の女性と結ばれるようです。 加藤みきお 当時、少年だった加藤みきおは事件後、少年院に入り現在は出所済みです。 佐野文吾 警察官を引退。 家族仲良く暮らしています。 佐野和子 最終話では、タイムスリップしたことによって現実の未来が変わり、今では家族と幸せに生活しています。 佐野鈴 心の姉で第一話で心が救ったために顔の傷が無くなったため、歴史が変わることを実感していた人物で、この人物も書き換えられた現代では幸せに暮らしています。 原作漫画「 テセウスの船」は eBookJapanで 2巻まで無料で読めるキャンペーン中です!*2020. 18時点 「テセウスの船」ドラマ版の最終回予想 テレビドラマも非常に原作に似ているシーンなどがあり、3年はずれていますが、今のところ原作通りにことが進んでいると思いますし、大きな違いはないと思います。 ですので、このドラマの最終回も原作と同じ最後はハッピーエンドの展開になるのではないかと思っています。 実際父親が犯罪者として生まれてしまったのは辛いものだとは思いますが、タイムスリップすることにより、自分を捨て駒にすることによりこの家族を作ったと考えれば、最後は感動的な最期を迎えいるのではないかと思っています。 原作の最後はとても素晴らしい感動的な体力だと思っています。 自分の命を引き換えに家族を幸せにしたと考えることができるでしょう。 ただ、テレビドラマはあまり悲しさを求めていないのかもしれないですし、最後は田村心は生きているかもしれません。 もしかしたら、そこだけ違うのではないかと思います。

次の

テセウスの船犯人ネタバレ最終回すずが黒幕!ツイッター予想も紹介

テセウス の 船 犯人 予想

Contents• 音臼小学校で開催されていたお泊り会で、夕食時に出されたオレンジジュースに青酸カリが混入されていたことで39人の生徒と教師が病院に搬送されることに。 結果、21人が亡くなるという大惨事が巻き起こります。 しかも、この毒殺事件以外にも、この町ではさまざまな人たちが謎の不審死を遂げているのです…。 そして、その犯人として逮捕されたのが、この町の警察官・佐野文吾(鈴木亮平)。 主人公・心(竹内涼真)の父親です。 その逮捕理由は、なんと文吾の家から青酸カリの入った瓶が発見されたのです。 文吾は無罪を主張しますが、その後、死刑が確定。 それでも、文吾はずっと自分の無罪を主張し続けます。 というのも当然のことなのです。 だって、 文吾は本当に犯罪を犯していないからです。 この事件の真犯人によって、犯罪者へと仕立てあげられてしまった文吾…。 では、その黒幕・真犯人はいったい誰なのか!? テセウスの船 原作漫画の黒幕・真犯人はこの人! こちらが『テセウスの船』のキャスト相関図です。 tbs. みきおは鈴に恋心を抱いており、鈴のためならどんなことでもする子でした。 鈴をいじめた子を殺すことだって、みきおにはどうってことなかったのです。 それくらい、みきおは純粋な鈴に陶酔していました。 みきおの生い立ちは、父親がおらず、母親に育てられていたのですがその母も死亡。 その後、祖母にずっと育てられてきました。 そして、 このみきおが大人になり成長した姿が、車いすの男・木村みきお(安藤政信)。 苗字が変わっているのは、育ててくれていた祖母の死後、教師の木村さつき(麻生祐未)に引き取られたためです。 そして、この教師の木村さつきは、みきおの犯行を後に知った上で彼のことをかばい続けます。 大人になったみきおは、今も大好きな鈴のそばにいるのですが… では、どうしてそんなに大好きな鈴の父親・文吾を陥れるようなことをしたのか? テセウスの船 原作漫画の黒幕・真犯人の犯行の理由 みきおが文吾を陥れた理由は、鈴への歪んだ愛情表現と、みきお自身の愛情不足が原因だと言えます。 両親は共に早くに亡くなり、自分を育ててくれていた祖母も亡くなり、みきおは天涯孤独の身となりました。 さらに、母親が生きていた時には虐待を受けていたという噂も…。 そんなみきおの心を救ってくれたのが、純真無垢な鈴の存在でした。 ですが、鈴はみきおに振り向いてくれませんでした。 そこで、怒りの矛先が向いたのが、鈴の理想の男性である父・文吾。 父親を犯罪者に仕立てあげることで、鈴の父親への尊敬の念を打ち砕き、気持ちを自分へと向けようとしたのです。 結果、2020年の現在、鈴はみきおのそばにおり、みきおの子を身籠ることとなるのですが…。 鈴は父親の事件を機に、顔も性格も、みきおが大好きだったあの頃とは全く別人になってしまっていたのです。 あの頃の、あの純粋なままの鈴が好きだったみきおは、過去の鈴に戻って欲しいと思うようになります。 そして、とあることをきっかけに、心が未来(2020年)からタイムスリップしてきたことを知り、新しい計画を練り始めるのです…。 鈴への愛情が歪んだ形で今回の事件を引き起こすこととなったのですが、そんな自分のせいで大好きな人の運命を変えてしまったみきお。 しかも、小学生がこんなに手の込んだ事件を起こすことができたのかと驚きさえ出てきます。 これも、みきお自身が愛情を注がれたことがなかったため、愛情の表現方法がわからなかったのでしょう…。

次の

テセウスの船 犯人・黒幕は誰?原作漫画からネタバレ【最終回結末・各キャラ結末あらすじまとめ】|ドラマ情報サイトのドラマイル

テセウス の 船 犯人 予想

竹内涼真主演、鈴木亮平、上野樹里らが共演する「テセウスの船」の8話が3月8日放送。 みきおに翻弄されながらも心と文吾は音臼小事件を止めるが、今度は和子たちが誘拐され…怒涛の展開に視聴者の真犯人予想も過熱している。 竹内さんが過去と現代をタイムスリップして父の無実を証明する主人公・田村心を演じるほか、平成元年の世界で心と出会い、ともに大量殺人を防ごうとする父・文吾に鈴木さん。 最初の時間軸では妻として、心のタイムスリップによって歴史が変わった現代では週刊誌記者として心を支える田村由紀に上野さん。 平成元年の世界では優しい母親だが事件がきっかけで心中することになる母・和子に榮倉奈々。 心の姉で整形して村田藍として生きてきた鈴に貫地谷しほり。 事件の舞台となった音臼小学校の教員・木村さつきに麻生祐未。 音臼小学校に通っていたがその後さつきに引き取られた木村みきおに安藤政信といったキャスト。 ご注意ください。 事件の当日、加藤みきおの行動を監視する心と文吾だが、みきおに翻弄され続けついに事件が起きた昼食の時間を迎える。 心は事件を止めるため死を覚悟して、子供たちに配られたはっと汁を口にするが、毒は入っておらず事件は阻止されたかに見えた。 しかしそこに村を出る途中の和子たちが行方不明になったとの一報が。 現場に駆け付けるとそこには置き去りにされた車と犯人が描いたイラストが…心は犯人の狙いが文吾ではないかと推測する。 翌日和子たちが音臼小の倉庫から発見されるが、発見したのはみきおだった。 その後、文吾はみきおに電話で呼び出され、キャンプ場へと向かう。 さらに共犯者はみきおにもスタンガンを向け…というのが今回のあらすじ。 緊迫感溢れる展開に今回も「息を詰めて見てて酸素足らなくなった」「見入りすぎて疲れる」「手に汗握る怒涛の展開すぎて吐きそう」などの声があふれる。 「やっぱり犯人は未来のみきおなの?」と未来のみきお犯人説を挙げる声のほか、「ずっと前から校長先生があやしいと思ってる」「校長が真犯人と繋がってる気がする。 」など石坂(笹野高史)校長犯人説を唱える声や、「子供版みきおが消えて現実世界で影響無いのゆき」とまさかの由紀犯人説を唱える視聴者も。 《笠緒》.

次の