プラス メッセージ mvno。 +メッセージの登場で格安SIMが今後さらに便利に!?最新動向まとめ|SIMスマート

プラスメッセージの初期設定や使えない場合の対処方法、SMSとの違いを解説

プラス メッセージ mvno

LINEなどSNSとは違い友達申請する必要なく、電話番号を知っていれば送受信ができてしまう。 またSMSではやり取りできる文字数が全角70文字までだったものが2730文字まで可能。 スタンプや最大100MBのファイルの添付、グループの作成もでき使い勝手はLINEと同じようだ。 さらに、インターネット通信でやり取りをするため、1通あたりのSMS送信料がかからないのもメリット。 サービス開始が遅れているわけではなく、大手キャリアから提供されるアプリになる。 公式サイトからインストールするか、メッセージアプリをアップデートしてアイコンが変わっていればそのまま使えるだろう。 今後発売される端末にはプリインストールされるらしい。 ドコモは公式サイトから auは公式サイトから ソフトバンクではGoogle Play ストアから iPhone用+メッセージアプリはApp Storeから iPhoneの場合は、どのキャリアを使っていてもApp Storeから提供される。 5月9日のサービス開始時では、まだインストールできない。 準備ができ次第提供予定とのこと。 SIMフリースマホでインストールできるか試してみた 自分のスマホ環境はDSDS対応SIMフリースマホのRAIJINで、ドコモのガラケーSIMと格安SIMの2枚で使っている。 ドコモの電話番号でSMSを受信できるので+メッセージアプリはつかいたいところだ。 ドコモの公式サイトにあるダウンロードをタップしてみると「お客さまのご利用機種では、このアプリをインストールできません。 」と表示されてしまった。 SIMフリースマホではサポート対象外になり、現時点では使うことはできない。 DSDS対応スマホで+メッセージが使えるようになるか またサービス開始当初は3社で立ち上げ、今後はMVNOの参加も促していけるようプラットフォームを整備することも検討しているという。 5月9日のローンチ時点ではワイモバイルやUQモバイルのユーザーも、本サービスを使うことはできないので要注意だ。 少し調べてみると、サービスが発表されたときの記事を見つけた。 これによると格安SIMの電話番号でも使えるようになるのかもしれない。 しかし端末が対応していないと使えないので、DSDS対応のスマホでもアプリがインストールできないと意味がない。 Google Play ストアからダウンロードできるようになれば良いのだけれど、今後に期待したいところ。 SIMロックフリーのAndroid端末に御社と契約したSIM(UIM/USIM)カードを挿入した場合、+メッセージを使うことはできるでしょうか。 ドコモ広報部 サービス開始当初は、docomo Application Managerでのみアプリを配信します。 SIMロックフリー端末についてはアプリのインストール手段がないため利用できません。 ただし、SIMロックフリー端末への対応は検討しています。 KDDI広報部 SIMロックフリー端末では利用できません。 auのSIMとauの端末の組み合わせで使えます(筆者注:auでは+メッセージの利用に「LTE NET」の契約が必要だが、iPhone以外のSIMロックフリー端末ではLTE NETを利用できない)。 ソフトバンク広報室 SIMロックフリー端末でも(SoftBankメールの後継アプリとしての)+メッセージアプリはダウンロードできます。 ただし、動作の保証はできません。 もう少し調べてみたら、キャリアの広報部が回答している記事があった。 SIMロックフリー端末への対応は検討しているという回答なので、期待したいけれど時間はかかりそうな気はする。 まとめ DSDSに対応しているSIMフリースマホのRAIJINで、+メッセージ(プラスメッセージ)アプリがインストールできるか試してみたところサポート対象外となった。 おそらく他のSIMフリースマホでも無理そう。 現時点では、3キャリアから購入したAndroid端末でしか使えないようだ。 DSDSスマホで使えるように、今後の対応に期待したい。

次の

格安スマホでも+メッセージ(プラスメッセージ)は使えるのか?

プラス メッセージ mvno

NTTドコモ、KDDIとソフトバンクは5月9日、統一メッセージングサービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」を開始する。 このサービスは移動体通信に関する業界団体「GSM Association(GSMA)」が策定したメッセージングサービス規格「」に準拠したもので、従来の「SMS(Short Message Service)」よりもリッチなメッセージのやりとりが可能だ。 そこで筆者がサービス提供元の3社に+メッセージにまつわる質問をしたところ、各社から回答を得られた。 体裁を整えた上で掲載する。 質問1:SIMロックフリーのAndroid端末で使える? +メッセージは、Android 4. 4以降またはiOS 9. 0以降を搭載するスマートフォン・タブレットで利用できる(iOS版はサービス開始日以降に提供予定)。 Android版のクライアントアプリはキャリアによって提供方法が以下の通り異なる。 ドコモ:「docomo Application Manager」を通して新規配信• au:「au Market」を通して「SMS(Cメール)」アプリをバージョンアップ• ソフトバンク:「Google Play」を通して「SoftBankメール」アプリをバージョンアップ ドコモとauのアプリ配信基盤は、それぞれのキャリアから発売された端末のみ使える。 ソフトバンクはAndroid共通のGoogle Playを使って配信するものの、ソフトバンクブランド(と、一部Y! mobileブランド)のAndroid端末ではないとアプリの動作が保証されない。 ドコモ広報部 サービス開始当初は、docomo Application Managerでのみアプリを配信します。 SIMロックフリー端末についてはアプリのインストール手段がないため利用できません。 ただし、 SIMロックフリー端末への対応は検討しています。 KDDI広報部 SIMロックフリー端末では利用できません。 auのSIMとauの端末の組み合わせで使えます(筆者注:auでは+メッセージの利用に「LTE NET」の契約が必要だが、iPhone以外のSIMロックフリー端末ではLTE NETを利用できない)。 ソフトバンク広報室 SIMロックフリー端末でも(SoftBankメールの後継アプリとしての)+メッセージアプリはダウンロードできます。 ただし、 動作の保証はできません()。 回答は各社でバラバラとなった。 ドコモについては、利用の前提となる「spモード」はSIMロックフリー端末に対応済み。 何らかの方法でアプリを配信さえすれば利用できるようになるかもしれない。 auは、アプリの配信方法に加えて、利用の前提となる「LTE NET」がSIMロックフリー端末に対応していない点も対応に向けた課題といえる。 LTE NETをSIMロックフリー端末でも使えるようにするか、+メッセージの配信基盤を「LTE NET for DATA」でも利用可能にするといった対策も必要となる。 サービス開始時点において、+メッセージをSIMロックフリー端末で使えそうなのはソフトバンクということになるが、広報室の回答にもある通り動作保証はない。 使えなくても泣いてはならない。 auではSIMロックフリー端末を含む他社端末に「LTE NET」を開放していない 質問2:他社のSIMロック解除済みAndroid端末で使える? SIMロックフリーのAndroid端末への対応は以上の通りとなった。 ドコモ広報部 UIM/USIMカードのキャリアが提供する「+メッセージ」アプリが必要です。 現状では他キャリア端末に弊社用アプリをダウンロードする方法はありません。 逆パターン(他キャリアが提供するアプリがドコモ端末に対応しているか)については、弊社では分かりかねます。 KDDI広報部 先ほどの質問(質問1)と同様です。 ソフトバンク広報室 +メッセージのAndroidアプリは利用するキャリアの提供・配信サイトからダウンロードが必要です。 SIMロックフリー端末と同様に、弊社のアプリは大手キャリアのSIMロック解除済みの端末でもダウンロードできますが、 動作の保証はできません。 質問1とおおむね同じ回答となった。 課題点も同様だ。 【一部修正】NTTドコモの回答について、引用ミスがあったため一部修正しました。 おわび申し上げます(4月13日8時) 関連記事• 「RCS(Rich Communication Services)」の普及に向けて、Googleがパートナーとの協業を強化するという。 そもそも「RCS」とは何なのだろうか?• 3キャリアが5月9日から提供する「+メッセージ」。 SMSの後継となるサービスだが、何ができるのか? フィーチャーフォンや格安SIMでは使えるのか? 今、分かっていることをまとめた。 3キャリアが提供する「+メッセージ」。 3社は「LINE対抗ではない」と口をそろえるが、大きなライバルでもある。 果たしてLINEユーザーにどこまで響くのだろうか?• ドコモ、KDD、ソフトバンクが、新たなメッセージサービス「+メッセージ」を導入する。 SMSを代替するもので、全角最大2730文字のテキストを送受信できる。 ファイルの送受信やビデオ電話などが可能になる。 海外では、SMSやMMSがいまだ広く利用されている。 これらが近い将来、オンラインコマースや決済の中心になりつつある。

次の

「+メッセージ」MVNO開放は見込み薄

プラス メッセージ mvno

SIMフリースマホにアプリをインストールするには、ドコモのスマホでダウンロードしたアプリデータを転送すれば可能なようだ。 他にも試してみたところ、古すぎるスマホだとインストールできませんと表示されてしまった。 Androidのバージョンが、4. 4以上あればインストールできるかも。 アプリデータを転送するには、ES ファイルエクスプローラーを使うことで可能になる。 Google Play ストアからインストールしてアプリを起動する。 中央をタップすると他の項目が表示されるので、アプリをタップする。 Bluetoothでもいいし、Dropboxに保存して共有するのも良い。 base. apkというファイル名のもので、インストールするにはセキュリティの許可が必要になる。 インストールが終わったらオフにしておくのを忘れないように。 ドコモのスマートフォン用のSIMを使っている人ならそのまま設定できると思う。 しかし自分の場合、DSDS端末でガラケーSIMと格安SIMの2枚で利用している。 残念ながらガラケーのSIMではデータ通信ができないため、SIMを選択しても利用条件等が表示されなかった。 通常ならそこで「SMS利用のみ」か「すべて同意する」の選択肢が表示されるはず。 スマートフォン用のSIMで初期設定さえできれば、ドコモのスマホと同様に使えそうだ。 しかしGoogleから提供されているアプリではないため、アップデートができないのはデメリットになる。 バージョンアップされるごとに同じ作業をしてインストールし直すしかない。 しかしガラケーのSIMだとモバイルデータ通信ができないため使うことができない。 どうしても使いたい場合には、FOMA契約からXi契約に変更する必要がありそうだ。

次の