高輪 皮膚 科。 錦糸町レーザークリニック皮膚科・形成外科|美容皮膚科|JR錦糸町駅徒歩3分

高崎市の皮膚科の病院・クリニック(群馬県) 47件 31~45件目 【病院なび】

高輪 皮膚 科

皮膚科 皮膚科 皮膚科全般(皮膚、口、外陰部、爪、毛)の診断と治療を基本的に保険診療で行っております。 こんなことくらいで…と思われていることはありませんか?例えば、ニキビや虫さされなども早めに治療した方が痕になりにくいのです。 皮膚に関するトラブルは何でもお気軽にご相談ください。 小児皮膚科 小児皮膚科 お子さまの肌はとても敏感で、まわりの環境の影響を受けやすく、発育段階に応じた特有の皮膚症状も生じます。 自分で症状を伝えられないことも多いですので、何かお気づきになられましたらお早めにご相談ください。 アレルギー科 アレルギー科 アトピー性皮膚炎、花粉症、接触皮膚炎、金属アレルギーなど、アレルギーが原因と思われる皮膚疾患の診療を行います。 アレルギー検査は、血液検査やパッチテスト、プリックテストを行います。 アレルギーが原因かな?と思われる症状がありましたらお気軽にご相談ください。 美容皮膚科 美容皮膚科 皮膚は目に見えるため、その症状が大きな悩みとなることがしばしば見られます。 しみ、くすみ、しわ、ニキビ痕、ムダ毛などの保険診療では対応できないお悩みに対しては自由診療で治療いたします。 一人ひとりの患者様に応じた適切な治療をご提案させていただきます。 お知らせ しもだ皮ふ科クリニックからの大切なお知らせです。 2020. 11 【夏季休診のお知らせ】 8月18日(火)〜20日(木)は休診とさせていただきます。 8月21日(金)より、通常通り診療をいたします。 ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど宜しくお願いいたします。 2020. 03 【5月12日診療開始時間変更のお知らせ】 5月12日(火) の診療時間を9:30~とさせていただきます。 終了時間に変更はございません。 ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど宜しくお願いいたします。 2020. 06 【診療時間変更のお知らせ】 2月15日(土)の診療時間を 12:00~15:30とさせていただきます。 ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど宜しくお願いいたします。

次の

白金台皮膚科|港区白金台 皮膚科・小児皮膚科|女医

高輪 皮膚 科

はじめまして。 このたび日頃我が子がお世話になり、育ててもらっているこの高輪の地に「しもだ皮ふ科クリニック」を開院できましたことを心から嬉しく思っております。 私が医師を目指したきっかけーそのもとを辿ると、幼稚園の頃、タンポポがコンクリートを突き破るように生えていた姿を見たことだったと思います。 小さな植物の命の力が硬いコンクリートを押し破って出てきたものだと思った(思い込んだ?)瞬間、なんて命とは力強いものなのだろう、と大きな大きな感動を覚えました。 生きるということは美しく尊いことだと思います。 その方がより健康的に生きて行くための小さなお手伝いができましたらとても嬉しく思います。 小さなお子さまからご年配の方まで皆様が不安なときに気軽に相談にきていただける皮膚科の主治医になりたいと思っております。 健やかな皮膚を保つためのお役にたてるように努力してまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。 院長 下田 貴子• NatuLight IPLという特殊な光を肌に照射します。 メラニン、ヘモグロビンに作用する光やコラーゲンの産生を促す光などさまざまな波長の光が含まれるため、しみ、小じわ、赤ら顔など多くの症状に効果がみられます。 細かいしみが広く見られる方の治療やアンチエイジング治療の導入として適しています。 SPECTRA 2種類の波長の光を使い分けることにより肝斑や炎症後色素沈着、老人性色素斑などの多様なしみの治療に対応できます。 ニキビや毛穴の黒ずみ、たるみに対する効果も期待できます。 老人性色素斑には第一選択となります。 症状に応じたコンビネーション治療もおすすめです。 CLARITY 一般的な日本人の肌の色と毛に適したアレキサンドライトレーザーと、濃い肌の色に適したヤグレーザーの2種類のレーザーが搭載されていますので、幅広い肌質、毛質に対応して脱毛することが可能です。 また、冷却しながら照射していくため、痛みも従来の機器に比べて少なくなっています。 毛穴の開き、たるみ、毛細血管拡張や赤ら顔などに対する治療も可能です。 eCO2 フラクショナル炭酸ガスレーザーで皮膚にごく小さな穴を開けることで、自己治癒力により肌が再生されます。 長期的にコラーゲンの再生が促進され、ニキビ痕やしわ、さらにはたるみ、毛穴の開きなどにも効果があります。 これまで光治療で効果を感じられなかった方も、どうぞご相談ください。

次の

しもだ皮ふ科クリニック

高輪 皮膚 科

メディオスターNeXT PROは、米国・FDA(日本の厚生労働省に位置する機関)に承認された機器で、高い安全性と永久脱毛効果が認められているダイオードレーザーの一種です。 ダイオードレーザーは、人気の高い医療レーザー脱毛機器と言われており、多くの医療機関で導入されています。 メディオスターNeXT PROは、脱毛機の中でも蓄熱式の脱毛機です。 同じダイオードレーザーを搭載した脱毛機でも、ショット式脱毛機は強いエネルギーで照射をしますが、蓄熱式脱毛機は、熱を加えていくことで、熱エネルギーを蓄えさせる脱毛方法です。 毛根よりも浅い位置にあるバルジ領域という発毛因子に向けて、細かくレーザーを照射し熱を与える蓄熱式の脱毛レーザーのため、痛みはほとんど痛みを感じないか、温かさを感じる程度であり、太い毛だけではなく、産毛にも効果があります。 しかし、効果を実感するまでには時間がかかります。 メディオスターNeXT PROは、痛みに弱く脱毛が心配な方、医療レーザー脱毛によるお肌へのダメージが気になる方、忙しいので施術時間・施術期間はできるだけ短く、通院回数も少なくしたいという方に向いています。 効果が高い機器であっても、肌質や毛質・脱毛する部位によって、適切なレーザーは異なります。 高い脱毛効果を実現するためには、最適なレーザーで施術を行う必要があります。 安全・確実な医療レーザー脱毛のために、施術前に患者様のお肌の状態を確認し、メディオスターNeXT PROとYAGレーザーを使用するか決定します。 一人一人のお肌に合わせて脱毛レーザーを使い分け、照射レベルや角度も調整します。 きめ細やかなオーダーメイドの医療脱毛で、美しい肌を目指します。 なお、機器の指定はできません。 あらかじめご了承ください。 治療間隔 メディオスターNeXT PROが永久脱毛効果を発揮できるのは、他の脱毛機器と同じように、メラニンを多く含む、黒く濃い成長期の毛に対してのみです。 メディオスターNeXT PROも、毛周期に合わせて脱毛する必要があります。 したがって、目安は約一年、5~6回の照射を行うことで、効率的に脱毛効果を得られます。 禁忌・注意事項• 日焼け直後の皮膚、色素沈着の強い皮膚• 皮膚炎(ケロイド、炎症性ニキビ、アトピー症状が強く出ている皮膚炎、創傷のある方、ヘルペス感染症、またはその他の皮膚炎をお持ちの方)• 妊娠中、または妊娠の可能性のある方• 予定部分に皮膚がんのある方• レーザー脱毛中に注意する薬剤:抗血小板薬、抗凝固薬、日光過敏症、光線過敏症を誘発しやすい薬(抗生物質、降圧薬、血糖降下薬など)• 光線過敏症の方• 関節リウマチなどで、金製剤の治療をしていた方• 白斑の治療をしている方• ペースメーカーや除細動などの金属機器が体内にある方や、光誘発によるてんかんをお持ちの方は、主治医に脱毛施術の許可をお願いします。 毛穴が反応して、赤くかゆみや痛みを生じる、水疱の形成や浸出液の排出、色素沈着、色素脱失を生じるおそれがあります。 毛の増毛化、硬毛化が起こることもあります。 YAGレーザー ロングパルスNd:YAGレーザーは、米国カリフォルニアに本社を置く由緒ある企業が開発した皮膚治療の複合機です。 複数あるハンドピースを取り替えることで、さまざまな治療に対応します。 ロングパルスNd:YAGレーザーの波長は1064nmあり、メラニンに吸収されるレーザーの中では最も波長が長く、深達度が高いのが特性となっています。 波長が長くなるほど、深い部位にまでエネルギーを到達させることができるのです。 それによって他の機器にはないメリットが多くあります。 アレキサンドラレーザーやダイオードーレーザーよりも深部までレーザーが届くので、産毛を始めとする全身の効果的な脱毛に加え、根が深く脱毛しにくい男性のひげにも適しています。 また、一度の照射で深い毛根にまで熱を与えることができるので、比較的短時間で照射を完了でき、施術時間を短縮できます。 毛は、表面に出ているものだけではなく、埋もれているものが多数存在します。 レーザーは光なので、このような皮下に埋もれている毛にも熱エネルギーを伝え、脱毛の効果を発揮します。 このような皮下に埋もれている毛まで処理できるのは、今のところレーザー脱毛しかありません。 効果が高い機器であっても、肌質や毛質・脱毛する部位によって、適切なレーザーは異なります。 高い脱毛効果を実現するためには、最適なレーザーで施術を行う必要があります。 安全・確実な医療レーザー脱毛のために、施術前に患者様のお肌の状態を確認し、メディオスターNeXT PROとYAGレーザーを使用するか決定します。 一人一人のお肌に合わせて脱毛レーザーを使い分け、照射レベルや角度も調整します。 きめ細やかなオーダーメイドの医療脱毛で、美しい肌を目指します。 なお、機器の指定はできません。 あらかじめご了承ください。 治療間隔 YAGレーザーが永久脱毛効果を発揮できるのは、他の脱毛機器と同じように、メラニンを多く含む、黒く濃い成長期の毛に対してのみです。 YAGレーザーも、毛周期に合わせて脱毛する必要があります。 したがって、目安は約一年、5~6回の照射を行うことで、効率的に脱毛効果を得られます。 禁忌・注意事項• 日焼け直後の皮膚、色素沈着の強い皮膚• 皮膚炎(ケロイド、炎症性ニキビ、アトピー症状が強く出ている皮膚炎、創傷のある方、ヘルペス感染症、またはその他の皮膚炎をお持ちの方)• 妊娠中、または妊娠の可能性のある方• 予定部分に皮膚がんのある方• レーザー脱毛中に注意する薬剤:抗血小板薬、抗凝固薬、日光過敏症、光線過敏症を誘発しやすい薬(抗生物質、降圧薬、血糖降下薬など)• 光線過敏症の方• 関節リウマチなどで、金製剤の治療をしていた方• 白斑の治療をしている方• ペースメーカーや除細動などの金属機器が体内にある方や、光誘発によるてんかんをお持ちの方は、主治医に脱毛施術の許可をお願いします。 毛穴が反応して、赤くかゆみや痛みを生じる、水疱の形成や浸出液の排出、色素沈着、色素脱失を生じるおそれがあります。 毛の増毛化、硬毛化が起こることもあります。 細かく機器の設定を行うことにより、様々な症状を改善します。 米国FDAの承認を受けた安全性の高いレーザー機器で、肌色・肌質を問わずにお受けいただくことができる治療です。 このレーザーは、角質層及び表皮から真皮上層に働きかけ、レーザーの光が美肌、整肌に有効に働きます。 レーザーによるやけどのリスクを減らし肌への刺激がまろやか且つマイルドになるように肌から1センチ~2センチ離れたところで照射をします。 温かく感じる程度の気持ち良い施術で、痛みに弱い方でも安心です。 お肌のキメ、ハリ、毛穴、赤ら顔、ニキビ跡などに様々な治療効果を発揮します。 肌を中からあたためる治療ですから、治療後、肌の表面に多少の赤みが出ますが、その赤みはすぐに消えていきます。 通常は一時的で当日中に治まります。 表皮にダメージを与えない治療ですから、副作用もありません。 治療間隔 本レーザーによる美肌治療は、複数回の治療を継続することにより、お肌が改善していきます。 治療回数は2~4週間間隔で5回を1クールとしておりますが、肌質・症状により異なります。 お肌の状態に合わせて、適切なペースを診察時にお伝えします。 症状の改善が得られたあとは、メンテナンスのために定期的に治療を続けることをおすすめします。 禁忌・注意事項• 照射時は輪ゴムではじかれたような痛みがあり、表面麻酔も有料で行うことができます。 照射後は少し火照ったような感じがし、一時的に治療部位とその周辺が腫れることがあります。 照射した部位はかさぶたになりますが、約一週間で自然にはがれます。 無理に刺がさないようにお願いします。 かさぶたが取れると赤みのある新しい皮膚ができています。 色素沈着の予防のために紫外線予防をし、直後の日焼けは避けてください。 この治療の合併症として一般的には水疱、瘢痕形成、色素脱失などがあります。 治療後に痛みの持続、びらん、水膨れなどを感じた場合には、速やかに当院に連絡し、その指示に従ってください。 光線過敏症の方(副作用に光線過敏のある薬を使用している方)、激しい日焼け直後、皮膚に無治療の病変がある方、てんかん発作の既往がある方は施術を受けられません。 シミ・そばかす・くすみ 本レーザーはノーダウンタイムで痛みのないソフトな照射治療です。 直後は赤みや黒ずみの改善を実感し、繰り返すうちに、長期的なコラーゲン線維の増生から様々な効果を発揮します。 照射中の痛みがほとんどないため、痛みがご心配な方にも安心して治療をお受けいただけます。 フェイシャルレーザーは表皮層に働きかけ、肌の代謝を促進することで、毛穴の開き、くすみ、小ジワ、赤ら顔などを改善します。 お肌は、内側から新しい細胞が生まれ、古くなった細胞は外へ押し出される「ターンオーバー」を繰り返しています。 シミやくすみのトラブルは、このターンオーバーの乱れが大きな原因です。 本器は、レーザーピーリング効果で肌表面に溜まってしまった古い角質を取り除くことでターンオーバーを促進し、肌機能を正常化します。 また、本レーザーは、お顔全体にロングパルスYAGレーザーを照射します。 1ヶ所に集中して打つのではなく、顔中にレーザーを当て、顔全体の肌を良くする効果があります。 毛穴の開き、肌のハリ、キメ、くすみ、赤み、ムダ毛など、複数のお悩みを一台のレーザー機器で改善していくことができます。 繰り返し治療をお受けいただくほど、肌質改善して化粧のりもアップします。 肝斑 当院のレーザーは組織の水分、ヘモグロビンの赤、メラニンの黒にバランスよく反応する治療方法です。 肌の代謝を促進するので、肝斑のレーザートーニングとしても人気の施術です。 ダウンタイムはありませんので、治療直後からメイクをしてお帰りいただけます。 照射中の痛みがほとんどないため、痛みがご心配な方にも安心して治療をお受けいただけます。 光治療器 光治療器を使用した治療光は、520~1,100nmの幅の広い波長の光を顔全体に照射することで、肌の色調トラブル(シミ・そばかす・くすみ・赤ら顔・ニキビ跡の赤み)や質感のトラブル(小ジワ・毛穴の開き・ごわつき)などのトラブルを同時に改善することができます。 こうした様々な症状を同時に改善するため、肌の印象が向上し、ハリのある若々しい肌へと導きます。 日本人の肌を考え、日本人医師により開発された様々な肌トラブルを解消するのに最適な光線治療を当院ではご提供いたします。 特に、日本人に多いシミ治療に高い効果を発揮します。 それにより、光治療器はフォトフェイシャルに比べてより効果的な治療が出来るというメリットがあります。 フォトフェイシャルは白人向けに開発された機器のため、メラニンが比較的多い日本人の場合、強く照射を行うと赤みが強く生じたり、痛みが出るといった デメリットがありました。 当院の光治療器は開発当初から日本人向けに作られているため、メラニン量が多い方でも十分な効果と安全性が両立されたのです。 お顔全体に皮膚保護のジェルを塗布、シミの種類やお肌状態に合わせて、照射レベルを調整しながら照射します。 痛みはほとんど感じない方が多いですが、痛みに弱い方でも輪ゴムをパチンと弾く程度です。 また施術後はお化粧をしてお帰りいただけます。 シミやソバカスは、反応で薄いかさぶたを生じる事がありますが、1週間程度で自然に剥がれます。 治療間隔 光治療器による美肌治療は、複数回の治療を継続することにより、お肌が改善していきます。 治療回数は2~4週間間隔で5回を1クールとしておりますが、肌質・症状により異なります。 お肌の状態に合わせて、適切なペースを診察時にお伝えします。 1~5回はシミを薄くする期間と考え、その後は若返り効果&維持で月に1回ペースの照射が理想的です。 フェイス以外(首・デコルテ・手・背中)の照射サイクルは、1ヶ月に1回が目安となります。 禁忌・注意事項• 照射時は輪ゴムではじかれたような痛みがあり、表面麻酔も有料で行うことができます。 照射後は少し火照ったような感じがし、一時的に治療部位とその周辺が腫れることがあります。 照射した部位はかさぶたになりますが、約一週間で自然にはがれます。 無理に刺がさないようにお願いします。 かさぶたが取れると赤みのある新しい皮膚ができています。 色素沈着の予防のために紫外線予防をし、直後の日焼けは避けてください。 この治療の合併症として一般的には水疱、瘢痕形成、色素脱失などがあります。 治療後に痛みの持続、びらん、水膨れなどを感じた場合には、速やかに当院に連絡し、その指示に従ってください。 光線過敏症の方(副作用に光線過敏のある薬を使用している方)、激しい日焼け直後、皮膚に無治療の病変がある方、てんかん発作の既往がある方は施術を受けられません。 シミ・そばかす シミは、お肌の新陳代謝によって消えていきますが、加齢によって代謝が悪くなると、シミが中々消えない状況を招きます。 特に、女性にとってお肌のシミは大きな悩みのひとつです。 顔のシミは勿論のこと、季節によっては肌が露出される腕や足のシミはコンプレックスの原因にもなります。 光治療器は、レーザーよりも肌に与える負担が少なく、比較的痛みが軽いのが特徴です。 治療後すぐにメイクが可能ですので日常生活にも影響がなく、気軽に受けていただけます。 また、これまでの光治療で諦めかけていたしみやそばかすに対しても高い効果が期待でき自信をもってお勧めできる治療です。 光治療器の光はシミの原因となるメラニンに反応します。 光によく反応した所は数日で黒く浮き上がり、ポロポロとはがれてきます。 シミレーザー シミレーザーメラニン色素やヘモグロビンに反応する波長域の光エネルギー(フラッシュランプ)を照射します。 照射範囲が小さいため、周囲を無駄に傷つけることないのが特徴です。 当院のレーザーは従来のフォト治療器では反応しにくかった色素の薄いしみや赤みに良く反応します。 照射スポットが直径6mmと小さいため、鼻周りシミやピンポイントで照射が可能です。 色素の薄いしみ・そばかす・毛細血管拡張に良く反応し、改善できる治療器です。 本レーザーは、これまで改善が難しかった色素の薄いしみやそばかすをスポットで改善できます。 このレーザーはメラニン色素に反応する波長の光を小さい照射範囲(径6mm)でスポット照射することで、治療部位以外の皮膚に負担をかけずに治療することができます。 照射翌日で薄いかさぶた様の膜ができ、1~2週間ほどでカサブタと共にしみが剥がれ落ち、ピンク色またはうす茶色の肌となります。 その後、色素沈着などで一旦濃くなることもありますが、メラニンの生成を抑える内服薬、美白剤の外用、メラニンの排出を促進する治療などをすることで薄くすることができます。 照射時には、照射部分の冷却機能があるため、ゴムではじいた程度の痛みで治療が可能です。 また冷却により熱傷、その後の色素沈着を軽減します。 本レーザーの治療後はガーゼやテープで保護する必要がありません。 治療直後から化粧をすることができます。 リスクに関しては、シミを治療する機器はたくさんありますが、中でもよく使用されるQスイッチレーザーに比べると、当レーザーの効果はマイルドになります。 その分、テープ保護も必要なく、色素沈着も抑える事ができます。 禁忌・注意事項• 照射時は輪ゴムではじかれたような痛みがあり、表面麻酔も有料で行うことができます。 照射後は少し火照ったような感じがし、一時的に治療部位とその周辺が腫れることがあります。 照射した部位はかさぶたになりますが、約一週間で自然にはがれます。 無理に刺がさないようにお願いします。 かさぶたが取れると赤みのある新しい皮膚ができています。 色素沈着の予防のために紫外線予防をし、直後の日焼けは避けてください。 この治療の合併症として一般的には水疱、瘢痕形成、色素脱失などがあります。 治療後に痛みの持続、びらん、水膨れなどを感じた場合には、速やかに当院に連絡し、その指示に従ってください。 光線過敏症の方(副作用に光線過敏のある薬を使用している方)、激しい日焼け直後、皮膚に無治療の病変がある方、てんかん発作の既往がある方は施術を受けられません。 にきび、ニキビ跡、毛穴の改善• しみ、そばかす、くすみの改善• 皮膚の質感の改善、小じわの解消など 当院で使用しているものは、角質層のピーリング剤であり、薬剤の血中への吸収はほとんど認めず、安全です。 施術について• 1ヶ月に1回の治療をおすすめします。 治療内容や個人差により5~10回を目安とした1クールの繰り返し施術が必要です。 禁忌事項• 日焼け直後の皮膚、色素沈着の強い皮膚• 皮膚疾患(ケロイド、急性期アトピー性皮膚炎、創傷、ヘルペスなどの感染症、その他の皮膚炎など)• 妊娠中、授乳中の方• 皮膚がんの方• アスピリン喘息の方、アスピリンアレルギーの方 注意事項• 治療前はお化粧、日焼け止め、クリームなどの全ての除去をお願いしています。 施術後12時間は、ファンデーションのご使用をお控えください。 日常的に日焼けに注意し、施術後1週間は紫外線吸収剤の入っていない日焼け止めをご使用ください。 施術前後1週間はピーリング剤やレチノイン酸、ディフェリンゲルなどのご使用をお控えください。 副反応• 治療中、多少ピリピリとした痛みを感じることがあります。 一時的に肌が赤くなることがありますが、通常は数時間から数日でおさまります。 赤味が長引いたり、皮膚がはがれてかさぶたになったり、かぶれが生じた場合には必ず医師にご相談ください。 治療期間中は肌の乾燥を生じたり、皮がむけてくることがあるので保湿を行ってください。 肌のターンオーバーが亢進することで、一時的にニキビが悪化することがあります。 皮膚からは吸収しにくい浸透性の低い水溶性の成分を微弱電流で流して、イオン化することにより、皮膚の深部まで浸透させていきます。 ビタミンCやプラセンタなどの有効成分をイオン導入で顔に直接導入した場合、ただ化粧水を塗るケアに比べ、肌への浸透を飛躍的に高めることができます。 その浸透力は化粧品やサプリメントで得られる効果の30倍~100倍とも言われており、しみやしわを改善したり、瑞々しい肌を取り戻すことができます。 禁忌事項• 妊娠・授乳中の方• 皮膚がんの方• ペースメーカー使用中の方• てんかん、心臓疾患の既往のある方• 施術時は、全ての金属製アクセサリーを外してください。 一時的に肌が赤くなることがありますが、通常は数時間から数日で落ち着きます。 赤味が長引いたり、かぶれが生じた場合には必ず医師にご相談ください。 プラセンタ注射 治療の内容 プラセンタとは、胎盤のことを指します。 母体と胎児をつなぐ胎盤には豊富な栄養素が含まれ、古くから肝機能障害や更年期障害の治療として国内でも広く使用されてきました。 プラセンタに含まれる栄養素 アミノ酸(ロイシン、リジンなどの20種類の必須アミノ酸と非必須アミノ酸)、たんぱく質(アルブミン、グロブリン)、活性ペプチド、脂肪酸、ミネラル(カルシウム、マグネシウム、亜鉛など)、ビタミン、核酸、糖質、ムコ多糖類(ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸)、酵素(アルカリフォスファターゼなど) 期待できる効能• 美白;シミの元になるメラニンの生成を抑えて、くすみを改善します。 保湿;コラーゲンの生成を促進し、肌にハリと潤いを与え、小じわを改善します。 細胞の再生;代謝を高め、健康な肌の育成をします。 エイジングケア;老化の原因となる活性酸素を抑える抗酸化作用を発揮します。 抗炎症作用;肌の赤みや炎症を抑えます。 肩こりにも効果があります。 ホルモンバランスを整える;生理痛や生理不順にも効果あります。 更年期の方にもおすすめです。 自律神経の調節;不眠にも効果あります。 抗アレルギー作用;花粉症の辛さにも効きます。 その他;アミノ酸の補給、栄養補給、血行促進、疲れの改善、冷え性、便秘、肝障害、むくみ、筋肉痛、白髪の改善など 禁忌および注意事項• アレルギーを起こしやすい方 ご理解いただきたいこと• 使用するプラセンタは、ウィルスおよび細菌感染のない日本人の胎盤から抽出し、さらに高温高圧蒸気滅菌処理を加えられており、感染症伝播の報告は現在までに国内、国外ともにありません。 しかし、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病や未知のウィルス感染症を完全に否定できません。 そのため、厚生労働省の通達で原則として献血が出来なくなることをご了承ください。 注射刺入部位に皮下出血を生じることがありますが、1~2週間程度で吸収されます。 注射部位の痛み、腫れ、しこり、蕁麻疹などを生じることがありますが、通常は1~2日ほどで自然におさまります。 まれに女性化乳房をきたすことがあります。 まれに過敏症として悪寒、発熱、発疹を生じることがあります。 本剤はヒト組織由来のタンパク・アミノ酸を含有する製剤であるため、ショック症状を起こすことがあります。 治療はおおむね開始後、最初の4週間はなるべく高頻度(週1~2回)に行い、その後は体調に合わせて1~4週間に1回受けることをおすすめします。 ご自分のスケジュールに合わせて点滴するのも良いですが、その日の体調に合わせて点滴を選択していただくことも出来ます。 身体にとって必要不可欠な各種ビタミンやミネラル・身体の機能を整える成分などを組み合わせ、直接体内へ吸収させることで、エイジングケアや疲労など多くの目的に効果を発揮する点滴療法です。 お肌が老化しはじめたのを感じている方や、美しさを維持したいと考える方だけではなく、疲れやすい、疲れがとれにくい、風邪をひきやすいなどの方にも効果的です。 老化を予防するだけではなく、全身の美白・くすみ・肌荒れ・乾燥肌・ニキビなどにも効果を発揮します。 その他、更年期障害・疲労回復・腰痛・肩こり・冷え性の改善・脂肪燃焼・免疫力アップなど、総合的な健康づくりにも役立ちます。 治療間隔 症状に合わせて1~2週間に1回の注射、点滴をお勧めします。 禁忌事項および注意点• 腎機能の低下している方• 高度の心不全や不整脈のコントロールが出来ていない方• 糖尿病治療中の方• 妊娠、授乳中の方 ご理解いただきたいこと• 点滴部に痛みや発赤、点滴時のほてり感、動悸、頭痛、嘔気などが生じることがまれににありますので、そのような症状が現れた場合にはすぐにお知らせください。 いずれの症状も当日に改善することがほとんどです。 注射刺入部位に皮下出血が生じることがありますが、1~2週間程度で消えます。 血管痛を感じる方もいますので、痛みを感じたらお知らせください。 まれに腹痛や下痢、悪心、おう吐などが起こることがあります。 アレルギー反応で皮膚のかゆみや発疹が生じることがあります。 グルタチオンはグルタミン、グリシン、システインなど3つのアミノ酸で構成されています。 このグルタチオンを点滴で摂取をすることで、上記のような効能を発揮し、メラニン抑制作用により、様々なお肌のお悩みに作用し、エイジングケアをして体をさび付きから守ります。 また、当院の白玉注射には、ビタミンCも配合されています。 治療間隔 症状に合わせて1~2週間に1回の注射、点滴をお勧めします。 禁忌事項および注意点• G6PD欠損症の方;G6PD欠損症の方がこの治療を受けると溶血発作を起こす危険性があります。 日本人の0. 1~0. 5%に存在すると報告があります。 腎機能が低下している方• 高度の心不全や不整脈のコントロールが出来ていない方• 脱水症状の強い方• 妊娠中の方• グルタチオンやビタミンCアレルギーの方 ご理解いただきたいこと• 点滴部に痛みや発赤、点滴時のほてり感、動悸、頭痛、嘔気などが生じることがまれににありますので、そのような症状が現れた場合にはすぐにお知らせください。 いずれの症状も当日に改善することがほとんどです。 注射刺入部位に皮下出血が生じることがありますが、1~2週間程度で吸収されます。 点滴中に低血糖を生じることがありますので、空腹時の点滴は控えてください。 点滴終了後の数時間は血糖測定器での血糖が高値になりますが見かけ上のものです。 インスリン注射中の方は主治医とのご相談の上、治療をお受けください。 まれに腹痛や下痢、悪心、おう吐などが起こることがあります。 アレルギー反応で皮膚のかゆみや発疹が生じることがあります。 美白、美肌効果を血液中に直接、注射・点滴することで、吸収率が高まり、細胞や組織に活力を与えていきます。 必要な栄養素はバランスよく食べ物から取り入れるのが基本です。 しかし忙しかったりストレスの多い環境ではビタミン類もどんどん消費されてしまうため、食べ物からだけでは間に合わないこともあります。 点滴や注射ですと、不足している栄養素を直接、血中に送り込み、体の内側から美をサポートして、有効成分がダイレクトに効くので効果を実感しやすいです。 また、体の調子が悪かったり不健康な状態では、お肌のコンディションにも影響を及ぼしてしまいます。 美肌ビタミン注射では、忙しい方にも短時間で内面から美と健康をサポートするのが期待できます。 健やかなお肌を保つために美白作用の高いビタミンCとお肌の再生に重要なビタミンB群を主成分とした注射です。 複数の肌トラブルに効果的です。 治療間隔 症状に合わせて1~2週間に1回の注射、点滴をお勧めします。 禁忌事項および注意点• 腎機能の低下している方• 高度の心不全や不整脈のコントロールが出来ていない方• 糖尿病治療中の方• 妊娠、授乳中の方 ご理解いただきたいこと• 点滴部に痛みや発赤、点滴時のほてり感、動悸、頭痛、嘔気などが生じることがまれににありますので、そのような症状が現れた場合にはすぐにお知らせください。 いずれの症状も当日に改善することがほとんどです。 注射刺入部位に皮下出血が生じることがありますが、1~2週間程度で消えます。 血管痛を感じる方もいますので、痛みを感じたらお知らせください。 まれに腹痛や下痢、悪心、おう吐などが起こることがあります。 アレルギー反応で皮膚のかゆみや発疹が生じることがあります。 ビタミンCはサプリメントや点滴で多く摂取しても、余剰分は尿中に排出されます。 効能について• 美白効果;メラニンの生成を抑え、シミや色素沈着を薄くします。 コラーゲン生成促進作用;肌のハリや弾力のもとになる繊維芽細胞の働きを高めます。 疲労回復;強い抗酸化力で全身の倦怠感や疲労の回復を早めます。 活性酸素の除去;老化の原因となる活性酸素を除去し、エイジングケアを目指します。 免疫力の向上;リンパ球の働きを高めることで免疫力をアップします。 禁忌事項および注意点• G6PD欠損症の方;G6PD欠損症の方がこの治療を受けると溶血発作を起こす危険性があります。 日本人の0. 1~0. 5%に存在すると報告があります。 腎機能が低下している方• 高度の心不全や不整脈のコントロールが出来ていない方• 脱水症状の強い方• 妊娠中の方• ビタミンCアレルギーの方 ご理解いただきたいこと• 点滴部に痛みや発赤、点滴時のほてり感、動悸、頭痛、嘔気などが生じることがまれににありますので、そのような症状が現れた場合にはすぐにお知らせください。 いずれの症状も当日に改善することがほとんどです。 注射刺入部位に皮下出血が生じることがありますが、1~2週間程度で吸収されます。 血管痛を感じる方もいますので、痛みを感じたらお知らせください。 点滴中に低血糖を生じることがありますので、空腹時の点滴は控えてください。 点滴終了後の数時間は血糖測定器での血糖が高値になりますが見かけ上のものです。 インスリン注射中の方は主治医とのご相談の上、治療をお受けください。 まれに腹痛や下痢、悪心、おう吐などが起こることがあります。 アレルギー反応で皮膚のかゆみや発疹が生じることがあります。 症状に合わせて1~2週間に1回の注射、点滴をお勧めします。 皮膚の表皮のすぐ下の真皮の浅い層へ効果の高い薬剤を肌にダイレクトに注入する肌質改善治療です。 真皮コラーゲン密度を高め、内側から潤い・ハリ・弾力・透明感のある若々しいお肌に改善します。 また、薬剤による効果に加え、創傷作用による肌再生、コラーゲン増生効果も期待できるため老化防止の肌ケアとして注目されている肌質改善治療です。 また定期的な施術によってコラーゲン量が増えるなどお肌全体のハリ感、ツヤ感、くすみ・小ジワなどがより改善されていき老化を遅らせることが可能となります。 効果について• 肌の潤い補給• 小じわ、ちりめんじわの改善• 毛穴の引き締め• キメの改善• くすみの解消• 潤い・弾力のある肌• 肌の質改善・若返り• 肌・美白・透明感• しわ・毛穴・たるみ改善 禁忌および要注意• 妊娠中・授乳中の方• 治療部位に傷跡や化膿・感染症の皮膚疾患がある方• 皮膚に炎症のある方• ケロイド体質の方• 極度に皮膚が敏感な方• サウナや長風呂、激しい運動などは1週間ほど控えてください。 お酒は2~3日控えてください。 お顔のほてることはなるべく避けてください。 (炎症を起こす場合があります)• 注入部位以外は当日からマッサージは可能ですが、注入部位は1週間強いマッサージをしないでください。 目の下など、皮膚の薄いところに点々とした内出血(お化粧で隠せる程度)が起こる場合もありますが、通常1~2週間でおさまります。 施術後、2~3日 個人差あり で皮膚がボコボコしたり、赤みが出たり、乾燥しやすくなる場合もあります。 自然な表情を保ちながらシワを改善し、滑らかでハリ艶のあるお肌に促します。 毛穴の開きやシワ、皮脂のベタつき・テカリ、ニキビにも高い効果を発揮します。 肌の衰えが気になる、シミやくすみが気になるなど肌質を改善させたい方にお勧めです。 活性酸素を取り除き、血行を改善して新陳代謝を高め、くすみのない透明感のある肌に導きます。 また、抗酸化作用、抗炎症作用、皮脂抑制作用でニキビを改善します。 ニキビの発生・悪化は、アクネ菌の排泄物ポルフィリンに紫外線があたって活性酸素が発生することが主な原因といわれ、酸化した皮脂が刺激物となって炎症を起こし、その炎症に反応して活性酸素が発生し、さらに酸化が進むことで、より炎症を引き起こすことが明らかになってきました。 高濃度ビタミンCによるニキビ治療で、3割が完治し、9割が改善したと報告されてます。 メラノサイトを活性化させるプラスミンの働きをブロックし、メラニンを作りだす前段階でメラノサイトの活性化を阻害して肝斑の発生を抑え、肝斑を改善していきます。 紫外線を浴びると、メラノサイトの周りにある肌細胞から、メラニンを作らせる情報が伝達されます。 トラネキサム酸は、その情報に含まれるシミ発生成分「プロスタグランジン」などをブロックし、メラニンの生成を抑えてシミ・ソバカスを防ぎ、美白効果の期待ができます。 肌の赤み、かぶれ、ニキビ跡などの頑固な色素沈着の改善にも効果を発揮します。 成長因子は年齢とともに肌の失われていく肌の再生機能を取り戻し、皮膚繊維の増殖を助け、コラーゲンを産生することで、はりツヤのある瑞々しい若い肌を実現します。 乾燥による小ジワ、ハリやキメの低下、毛穴の開き、くすみが気になる方にお勧めです。 毛穴・ニキビ・ニキビ跡 フェイシャルレーザー フェイシャルレーザーは波長1,064nmのロングパルスNd:YAGレーザーを美肌再生用に、マイルドに照射する治療法です。 細かく機器の設定を行うことにより、様々な症状を改善します。 米国FDAの承認を受けた安全性の高いレーザー機器で、肌色・肌質を問わずにお受けいただくことができる治療です。 このレーザーは、角質層及び表皮から真皮上層に働きかけ、レーザーの光が美肌、整肌に有効に働きます。 レーザーによるやけどのリスクを減らし肌への刺激がまろやか且つマイルドになるように肌から1センチ~2センチ離れたところで照射をします。 温かく感じる程度の気持ち良い施術で、痛みに弱い方でも安心です。 お肌のキメ、ハリ、毛穴、赤ら顔、ニキビ跡などに様々な治療効果を発揮します。 肌を中からあたためる治療ですから、治療後、肌の表面に多少の赤みが出ますが、その赤みはすぐに消えていきます。 通常は一時的で当日中に治まります。 表皮にダメージを与えない治療ですから、副作用もありません。 治療間隔 本レーザーによる美肌治療は、複数回の治療を継続することにより、お肌が改善していきます。 治療回数は2~4週間間隔で5回を1クールとしておりますが、肌質・症状により異なります。 お肌の状態に合わせて、適切なペースを診察時にお伝えします。 症状の改善が得られたあとは、メンテナンスのために定期的に治療を続けることをおすすめします。 禁忌・注意事項• 照射時は輪ゴムではじかれたような痛みがあり、表面麻酔も有料で行うことができます。 照射後は少し火照ったような感じがし、一時的に治療部位とその周辺が腫れることがあります。 照射した部位はかさぶたになりますが、約一週間で自然にはがれます。 無理に刺がさないようにお願いします。 かさぶたが取れると赤みのある新しい皮膚ができています。 色素沈着の予防のために紫外線予防をし、直後の日焼けは避けてください。 この治療の合併症として一般的には水疱、瘢痕形成、色素脱失などがあります。 治療後に痛みの持続、びらん、水膨れなどを感じた場合には、速やかに当院に連絡し、その指示に従ってください。 光線過敏症の方(副作用に光線過敏のある薬を使用している方)、激しい日焼け直後、皮膚に無治療の病変がある方、てんかん発作の既往がある方は施術を受けられません。 毛穴・ニキビ・ニキビ跡 フェイシャルレーザーは表皮層に働きかけ、肌の代謝を促進することで、毛穴の開きを改善します。 ピーリング効果によりにきび・にきび跡にも効果的です。 特徴は、毛穴の深さまで、レーザーを届かせることができることです。 ロングパルスNd:YAGレーザーを皮膚から1~2cmほど離して中空照射する事で真皮層上層部の微小血管を加熱する事により肌のキメやクスミ、乱れや衰えたハリに加え目立つ毛穴やニキビ・ニキビ跡に対して非常に高い効果を発揮します。 また、レーザーが毛穴周辺に届き、生じる熱によって、真皮内や毛穴周辺のコラーゲンを熱圧縮させて熱変性が起こります。 コラーゲンが再生するため、毛穴のまわりに引き締め効果が得られるのです。 たるんだ印象の開いた毛穴。 遠目から見ても目立ってしまう肌の黒ずみ。 さまざまな肌のお悩みに対して、「フェイシャルレーザー」は力になります。 光治療器 光治療器を使用したライムライトは、520~1,100nmの幅の広い波長の光を顔全体に照射することで、肌の色調トラブル(シミ・そばかす・くすみ・赤ら顔・ニキビ跡の赤み)や質感のトラブル(小ジワ・毛穴の開き・ごわつき)などのトラブルを同時に改善することができます。 こうした様々な症状を同時に改善するため、肌の印象が向上し、ハリのある若々しい肌へと導きます。 日本人の肌を考え、日本人医師により開発された様々な肌トラブルを解消する最新の光治療器がライムライトです。 特に、日本人に多いシミ治療に高い効果を発揮します。 それにより、ライムライトはフォトフェイシャルに比べてより効果的な治療が出来るというメリットがあります。 フォトフェイシャルは白人向けに開発された機器のため、メラニンが比較的多い日本人の場合、強く照射を行うと赤みが強く生じたり、痛みが出るといった デメリットがありました。 ライムライトは開発当初から日本人向けに作られているため、メラニン量が多い方でも十分な効果と安全性が両立されたのです。 お顔全体に皮膚保護のジェルを塗布、シミの種類やお肌状態に合わせて、照射レベルを調整しながら照射します。 痛みはほとんど感じない方が多いですが、痛みに弱い方でも輪ゴムをパチンと弾く程度です。 また施術後はお化粧をしてお帰りいただけます。 シミやソバカスは、反応で薄いかさぶたを生じる事がありますが、1週間程度で自然に剥がれます。 治療間隔 ライムライトによる美肌治療は、複数回の治療を継続することにより、お肌が改善していきます。 治療回数は2~4週間間隔で5回を1クールとしておりますが、肌質・症状により異なります。 お肌の状態に合わせて、適切なペースを診察時にお伝えします。 1~5回はシミを薄くする期間と考え、その後は若返り効果&維持で月に1回ペースの照射が理想的です。 フェイス以外(首・デコルテ・手・背中)の照射サイクルは、1ヶ月に1回が目安となります。 禁忌・注意事項• 照射時は輪ゴムではじかれたような痛みがあり、表面麻酔も有料で行うことができます。 照射後は少し火照ったような感じがし、一時的に治療部位とその周辺が腫れることがあります。 照射した部位はかさぶたになりますが、約一週間で自然にはがれます。 無理に刺がさないようにお願いします。 かさぶたが取れると赤みのある新しい皮膚ができています。 色素沈着の予防のために紫外線予防をし、直後の日焼けは避けてください。 この治療の合併症として一般的には水疱、瘢痕形成、色素脱失などがあります。 治療後に痛みの持続、びらん、水膨れなどを感じた場合には、速やかに当院に連絡し、その指示に従ってください。 光線過敏症の方(副作用に光線過敏のある薬を使用している方)、激しい日焼け直後、皮膚に無治療の病変がある方、てんかん発作の既往がある方は施術を受けられません。 毛穴 ライムライトは、赤みにも効果を発揮し赤ら顔や毛細血管、ニキビの痕にも作用します。 顔・毛穴の開き・ニキビ・ニキビ跡の赤みなど、混在した症状を同時に改善するため、肌の印象が飛躍的に向上します。 さらに、熱作用によりコラーゲンを増やす作用もあるので、ハリや毛穴、小じわなど同時に複数の肌トラブルを解消します。 フォトフェイシャルの光はメラニンや色素のみに反応するため、素肌へのダメージは最小限に抑えることが可能です。 毛穴セット(フェイシャルレーザー+ピーリング+イオン導入) 通常料金28,300円 税別 費用 1回 25,470円 税別 費用 3回セット 67,920円 税別 費用 5回セット 99,050円 税別 ピーリング(ケミカルピーリング) ピーリングは、酸を使用して古い角質をはがすことにより、表皮の再生を促す治療であり、主に以下のような効果が期待されます。 にきび、ニキビ跡、毛穴の改善• しみ、そばかす、くすみの改善• 皮膚の質感の改善、小じわの解消など 当院で使用しているものは、角質層のピーリング剤であり、薬剤の血中への吸収はほとんど認めず、安全です。 施術について• 1ヶ月に1回の治療をおすすめします。 治療内容や個人差により5~10回を目安とした1クールの繰り返し施術が必要です。 禁忌事項• 日焼け直後の皮膚、色素沈着の強い皮膚• 皮膚疾患(ケロイド、急性期アトピー性皮膚炎、創傷、ヘルペスなどの感染症、その他の皮膚炎など)• 妊娠中、授乳中の方• 皮膚がんの方• アスピリン喘息の方、アスピリンアレルギーの方 注意事項• 治療前はお化粧、日焼け止め、クリームなどの全ての除去をお願いしています。 施術後12時間は、ファンデーションのご使用をお控えください。 日常的に日焼けに注意し、施術後1週間は紫外線吸収剤の入っていない日焼け止めをご使用ください。 施術前後1週間はピーリング剤やレチノイン酸、ディフェリンゲルなどのご使用をお控えください。 副反応• 治療中、多少ピリピリとした痛みを感じることがあります。 一時的に肌が赤くなることがありますが、通常は数時間から数日でおさまります。 赤味が長引いたり、皮膚がはがれてかさぶたになったり、かぶれが生じた場合には必ず医師にご相談ください。 治療期間中は肌の乾燥を生じたり、皮がむけてくることがあるので保湿を行ってください。 肌のターンオーバーが亢進することで、一時的にニキビが悪化することがあります。 コラーゲンを造成させる為に、特殊な機器を用いて真皮にダメージを与えずに行う治療法で、年齢とともに造成されなくなったコラーゲンを新しく作り出すことで、肌の若返りと修復を行います。 ダーマローラーは、マイクロスパイクとも呼ばれ、約200本の極細の医療用ステンレス針がついたローラーであり、エステなどでは扱うことの出来ない医療機器です。 これを肌表面の上で転がし、目には見えない程小さな穴を無数に開けることで、お肌を生まれ変わらせます。 この微細な針が真皮を通ると、皮膚はその刺激に反応し、施術時に薬剤を塗布することで、コラーゲンの増殖や細胞の成長・皮膚を修復しようとし、お肌を活性化させ、お肌の再生および若返りが行われます。 施術後は、新しいコラーゲンの構築が真皮層で始まってから、約1ヶ月の間にコラーゲンが増殖し、皮膚のハリと弾力性を高めます。 加齢により生じた小じわやタルミ、陥没したニキビ跡、ハリのない肌や表皮の凹凸が改善されます。 治療間隔 基本的に1回の施術で効果が得られますが、お肌の悩みに合わせて何度か施術することをおすすめします。 ダーマローラー後は発赤とむくみが出現します。 2日後からは通常通りのお化粧が可能になります。 10日後くらいになると若々しいお肌が現れます。 コラーゲンはこの後も増え続け、最終的な効果が出るのはダーマローラー施術から2ヶ月経ってからです。 禁忌・注意事項 ダーマローラーを行う場合、一時的な赤み、照射箇所のほてりがあります。 治療後は一時的に、お肌が敏感になり、乾燥しやすい状態になったり、日焼けをしやすい状態になるので、十分な保湿と日焼け対策をして頂くようにお願いします。 費用 ダーマローラー 12,000円~ 税別 イオン導入 イオン導入とは、ビタミンCやプラセンタのような有効成分を皮膚の奥に浸透させる方法です。 皮膚からは吸収しにくい浸透性の低い水溶性の成分を微弱電流を流して、イオン化することにより、皮膚の深部まで浸透させていきます。 ビタミンCやプラセンタなどの有効成分をイオン導入で顔に直接導入した場合、ただ化粧水を塗るケアに比べ、肌への浸透を飛躍的に高めることができます。 その浸透力は化粧品やサプリメントで得られる効果の30倍~100倍とも言われており、しみやしわを改善したり、瑞々しい肌を取り戻すことができます。 禁忌・注意事項• 妊娠・授乳中の方• 皮膚がんの方• ペースメーカー使用中の方• てんかん、心臓疾患の既往のある方• 施術時は、全ての金属製アクセサリーを外してください。 一時的に肌が赤くなることがありますが、通常は数時間から数日で落ち着きます。 赤味が長引いたり、かぶれが生じた場合には必ず医師にご相談ください。 毛穴・ニキビ・ニキビ跡 おすすめ成分:ビタミンC(美白、美肌)、GG グリシルグリシン(毛穴の引き締め) コラーゲンの合成促進作用によりニキビ、ニキビ跡、毛穴を目立たなくします。 皮脂や過酸化脂質の生成を抑えるためニキビ治療に効果があります。 細かく機器の設定を行うことにより、様々な症状を改善します。 米国FDAの承認を受けた安全性の高いレーザー機器で、肌色・肌質を問わずにお受けいただくことができる治療です。 このレーザーは、角質層及び表皮から真皮上層に働きかけ、レーザーの光が美肌、整肌に有効に働きます。 レーザーによるやけどのリスクを減らし肌への刺激がまろやか且つマイルドになるように肌から1センチ~2センチ離れたところで照射をします。 温かく感じる程度の気持ち良い施術で、痛みに弱い方でも安心です。 お肌のキメ、ハリ、毛穴、赤ら顔、ニキビ跡などに様々な治療効果を発揮します。 肌を中からあたためる治療ですから、治療後、肌の表面に多少の赤みが出ますが、その赤みはすぐに消えていきます。 通常は一時的で当日中に治まります。 表皮にダメージを与えない治療ですから、副作用もありません。 治療間隔 フェイシャルレーザーによる美肌治療は、複数回の治療を継続することにより、お肌が改善していきます。 治療回数は2~4週間間隔で5回を1クールとしておりますが、肌質・症状により異なります。 お肌の状態に合わせて、適切なペースを診察時にお伝えします。 症状の改善が得られたあとは、メンテナンスのために定期的に治療を続けることをおすすめします。 禁忌・注意事項• 照射時は輪ゴムではじかれたような痛みがあり、表面麻酔も有料で行うことができます。 照射後は少し火照ったような感じがし、一時的に治療部位とその周辺が腫れることがあります。 照射した部位はかさぶたになりますが、約一週間で自然にはがれます。 無理に刺がさないようにお願いします。 かさぶたが取れると赤みのある新しい皮膚ができています。 色素沈着の予防のために紫外線予防をし、直後の日焼けは避けてください。 この治療の合併症として一般的には水疱、瘢痕形成、色素脱失などがあります。 治療後に痛みの持続、びらん、水膨れなどを感じた場合には、速やかに当院に連絡し、その指示に従ってください。 光線過敏症の方(副作用に光線過敏のある薬を使用している方)、激しい日焼け直後、皮膚に無治療の病変がある方、てんかん発作の既往がある方は施術を受けられません。 赤み フェイシャルレーザーは表皮層に働きかけ、肌の代謝を促進することで、毛穴の開き、くすみ、小ジワ、赤ら顔などを改善します。 コラーゲンも増えるので肌のキメが整いハリが戻ります。 フェイシャルレーザーは、レーザーフェイシャルといわれる治療です。 お顔全体に、ロングパルスYAGレーザーを照射します。 1ヶ所に集中して打つのではなく、顔中にレーザーを当て、顔全体の肌を良くする効果があります。 特徴は、毛穴の深さまで、レーザーを届かせることができることです。 さらに設定を変えると、顔の赤味の軽減や、毛細血管の開き(毛細血管拡張症)にも効果があります。 (患者様により個人差があります。 ) ロングパルスNd:YAGレーザーを皮膚から1~2cmほど離して中空照射する事で真皮層上層部の微小血管を加熱する事により肌のキメやクスミ、乱れや衰えたハリに加え、広範囲の赤み・赤ら顔・酒さに対しても効果的です。 隠し切れない顔の赤み。 さまざまな肌のお悩みに対して、「フェイシャルレーザー」は力になります。 すぐに施術が受けられ痛みも少ないです。 光治療器 光治療器を使用した治療法は、520~1,100nmの幅の広い波長の光を顔全体に照射することで、肌の色調トラブル(シミ・そばかす・くすみ・赤ら顔・ニキビ跡の赤み)や質感のトラブル(小ジワ・毛穴の開き・ごわつき)などのトラブルを同時に改善することができます。 こうした様々な症状を同時に改善するため、肌の印象が向上し、ハリのある若々しい肌へと導きます。 日本人の肌を考え、日本人医師により開発された様々な肌トラブルを解消するのが光治療器のライムライトです。 特に、日本人に多いシミ治療に高い効果を発揮します。 それにより、ライムライトはフォトフェイシャルに比べてより効果的な治療が出来るというメリットがあります。 フォトフェイシャルは白人向けに開発された機器のため、メラニンが比較的多い日本人の場合、強く照射を行うと赤みが強く生じたり、痛みが出るといった デメリットがありました。 ライムライトは開発当初から日本人向けに作られているため、メラニン量が多い方でも十分な効果と安全性が両立されたのです。 お顔全体に皮膚保護のジェルを塗布、シミの種類やお肌状態に合わせて、照射レベルを調整しながら照射します。 痛みはほとんど感じない方が多いですが、痛みに弱い方でも輪ゴムをパチンと弾く程度です。 また施術後はお化粧をしてお帰りいただけます。 シミやソバカスは、反応で薄いかさぶたを生じる事がありますが、1週間程度で自然に剥がれます。 治療間隔 ライムライトによる美肌治療は、複数回の治療を継続することにより、お肌が改善していきます。 治療回数は2~4週間間隔で5回を1クールとしておりますが、肌質・症状により異なります。 お肌の状態に合わせて、適切なペースを診察時にお伝えします。 1~5回はシミを薄くする期間と考え、その後は若返り効果&維持で月に1回ペースの照射が理想的です。 フェイス以外(首・デコルテ・手・背中)の照射サイクルは、1ヶ月に1回が目安となります。 禁忌・注意事項• 照射時は輪ゴムではじかれたような痛みがあり、表面麻酔も有料で行うことができます。 照射後は少し火照ったような感じがし、一時的に治療部位とその周辺が腫れることがあります。 照射した部位はかさぶたになりますが、約一週間で自然にはがれます。 無理に刺がさないようにお願いします。 かさぶたが取れると赤みのある新しい皮膚ができています。 色素沈着の予防のために紫外線予防をし、直後の日焼けは避けてください。 この治療の合併症として一般的には水疱、瘢痕形成、色素脱失などがあります。 治療後に痛みの持続、びらん、水膨れなどを感じた場合には、速やかに当院に連絡し、その指示に従ってください。 光線過敏症の方(副作用に光線過敏のある薬を使用している方)、激しい日焼け直後、皮膚に無治療の病変がある方、てんかん発作の既往がある方は施術を受けられません。 赤み ライムライトは、赤みにも効果を発揮し赤ら顔や毛細血管、ニキビの痕にも作用します。 顔・毛穴の開き・ニキビ・ニキビ跡の赤みなど、混在した症状を同時に改善するため、肌の印象が飛躍的に向上します。 さらに、熱作用によりコラーゲンを増やす作用もあるので、ハリや毛穴、小じわなど同時に複数の肌トラブルを解消します。 フォトフェイシャルの光はメラニンや色素のみに反応するため、素肌へのダメージは最小限に抑えることが可能です。 毛細血管レーザー 微小な血管の過剰な拡張は、ヘモグロビンに反応する波長(1064nm)のロングパルスYAGレーザーが効果的です。 レーザーを照射することで、血管内のヘモグロビンに吸収され血管組織へ影響を与えます。 色素を選択し破壊する安全性の高い治療方法です。 鼻の穴の入口や、小鼻の周りに糸ミミズ様の血管が数本出ている時や、 特に皮膚の薄い老年の女性の頬にやはり糸ミミズ様の血管が目立つ場合があります。 パワーが圧倒的に強くなるため接触するハンドピースには強いクーリング機能が付いており一発一発丁寧に照射していきます。 (痛みを伴う場合があるので、麻酔クリームを併用することもあります。 ) 血管は1回で消える場合もありますが、数回の照射を必要とする場合もあります。 個人差、血管の形状により結果は異なります。 照射後の入浴、洗顔、洗髪は可能です。 治療間隔 基本的に1回の施術で効果が得られますが、お肌の悩みに合わせて何度か施術することもあります。 禁忌・注意事項• レーザー照射後、照射部位に赤みや腫れ、発疹が出ることがありますが、数日から1週間程度で消失します。 茶色みが出た時には、数日から3週間程度で薄くなります。 多くの場合は1回で赤身が消失することが多いですが、数回の治療が必要な場合もあります。 その時は1~2ヶ月に1度のペースで照射を行います。 赤みや茶色みが出た場合には、間隔を数ヶ月空けた後の施術になる場合もあります。 照射した部分にかさぶたが発生することもありますが、1週間から10日位で自然にはがれます(手でははがさないようにしてください)。 かさぶたがはがれると赤みのある新しい皮膚が出来ています。 色素沈着の予防のために紫外線対策を行ってください。 痛みを感じやすい方のためには、有料ですが表面麻酔もあります。 日焼け直後の方、妊娠中、授乳中、ピル内服中の方、アートメイクをしている部位の施術はできません。 この治療の合併症として、一般的には水疱、瘢痕形成、色素脱失、色素沈着などがあります。 治療後に痛みの持続、膿、びらん、水膨れなどを感じた際には、速やかに当院にご連絡をいただき、その指示に従ってください。 毛細血管レーザー 費用 1ショット 1,000円~ 税別 費用 鼻下片側 7,000円 税別 費用 両側 13,000円 税別 イオン導入 イオン導入とは、ビタミンCやプラセンタのような有効成分を皮膚の奥に浸透させる方法です。 皮膚からは吸収しにくい浸透性の低い水溶性の成分を微弱電流を流して、イオン化することにより、皮膚の深部まで浸透させていきます。 ビタミンCやプラセンタなどの有効成分をイオン導入で顔に直接導入した場合、ただ化粧水を塗るケアに比べ、肌への浸透を飛躍的に高めることができます。 その浸透力は化粧品やサプリメントで得られる効果の30倍~100倍とも言われており、しみやしわを改善したり、瑞々しい肌を取り戻すことができます。 禁忌・注意事項• 妊娠・授乳中の方• 皮膚がんの方• ペースメーカー使用中の方• てんかん、心臓疾患の既往のある方• 施術時は、全ての金属製アクセサリーを外してください。 一時的に肌が赤くなることがありますが、通常は数時間から数日で落ち着きます。 赤味が長引いたり、かぶれが生じた場合には必ず医師にご相談ください。 赤み おすすめ成分:ビタミンC(美白、美肌、くすみ、シミ、ハリ)、TA トランサミン(肝斑、美白、シミ) 色素沈着の原因となるメラニンの生成を抑え、有色メラニンを無色メラニンに還元するため、シミ、くすみを取り除き美白効果も望めます。 水分に反応するレーザーなので、皮膚に照射した場合、治療部位が蒸散するようになくなり、出血をさせずに切除できます。 ピンポイントの治療なので、治療跡も目立ちにくのです。 患部の組織のみを浅く削りとることや、深く掘ること、切開することができます。 治療時間も短く痛みがないのが利点です。 液体窒素の治療でなかなか取れなかったイボも、このCO2レーザー(炭酸ガスレーザー)なら、短時間での治療が可能です。 メスを使用する治療と比べて出血もほぼなく、仕上がりがきれいなため、安心してお受けいただけます。 炭酸ガスレーザーは、主に盛り上がりのある疾患に使用されます。 ホクロ(色素性母斑)、イボ(脂漏性角化症)などは代表的ですが、盛り上がりのあるアザにも使用することができます。 炭酸ガスレーザー施術後、数日~2週間前後で患部はカサブタになります。 その後、1週間ほどで、カサブタがはがれ、赤く陥没したようになります。 その陥没した傷は徐々に盛り上がり、1ヶ月もすると炎症性色素沈着のシミのような状態になります。 さらに3ヶ月もすると、色素沈着も治まり、半年~1年以内には周囲と同じ肌色、または目立たない程度の肌の色になります。 治療間隔 基本的に1回の施術で効果が得られますが、お肌の悩みに合わせて何度か施術することもあります。 禁忌・注意事項• 施術時には局所麻酔をしますので、針を刺す痛みがあります。 施術後は一時的に治療部位とその周辺が腫れることがあります。 治療後に痛みの持続、びらん、水膨れなどを感じた場合には、速やかに当院に連絡し、その指示に従ってください。 激しい日焼け直後、皮膚に無治療の病変がある方、てんかん発作の既往がある方は施術を受けられません。 中には小さな白色の粒(皮膚の角質)があり、透けて見える場合があります。 皮膚を小さく切り開いて角質の粒を押し出すか、もしくは針先を使って取り除きますが、角質をつくる袋部分が残ると再発する恐れがあります。 炭酸ガスレーザーを使って袋部分ごと角質のかたまりを取り除く施術が確実な治療となります。 治療間隔 基本的に1回の施術で効果が得られますが、お肌の悩みに合わせて何度か施術することもあります。 禁忌・注意事項• 施術時には局所麻酔をしますので、針を刺す痛みがあります。 施術後は一時的に治療部位とその周辺が腫れることがあります。 治療後に痛みの持続、びらん、水膨れなどを感じた場合には、速やかに当院に連絡し、その指示に従ってください。 激しい日焼け直後、皮膚に無治療の病変がある方、てんかん発作の既往がある方は施術を受けられません。 ひりゅう腫(10個) 1回 30,000円 税別 3回コース 8,1000円 税別 5回コース 120,000円 税別 しわ・たるみ ボトックス注射 ボトックスは世界でも広く使用されている薬剤です。 この薬剤はボツリヌス菌の作り出すボツリヌス毒素(天然のタンパク質)を有効成分とするものです。 ボツリヌス菌を注射するわけではないので菌に感染するリスクはありません。 製造工程で加熱処理や充分な検査がなされているので、肝炎やHIVの感染症にかかることはありません。 現在の医療ではまだ未知の疾患による罹患や狂牛病の可能性を完全に否定したものではありませんが、年間200万件以上使用されているなかで感染報告はありません。 効果について 通常、この薬の効果は施術後2-3日目から現れ、3-4ヶ月程度持続します。 その後、時間の経過とともに効果は弱くなり、投与前の状態に戻ります。 再投与することで同様の効果が表れ、繰り返すことで持続の期間を延長できます。 効果が弱い場合には投与2-4週間後に診察をし、追加投与をする場合もあります。 この薬剤は、たんぱく質が主成分になるため、治療を続けていくうちに、ごくまれに体内に抗体が作られ、効果が減弱することがあります。 禁忌および要注意• 全身性の神経接合部の障害を持つ方• 妊娠中または妊娠している可能性のある方・授乳中の方(最終投与後2回の月経を経るまでは避妊する必要があります。 男性は3ヶ月避妊してください。 前回のボツリヌス注射を終えてから、4ヶ月経過していない方• この薬剤を以前に使用しアレルギーを経験したことのある方、ボツリヌス菌が原因と思われる食中毒の既往のある方• 使用中の薬剤がある場合は医師に申し出てください(特に抗生物質、筋弛緩剤、精神安定剤などの投与を受けている方)• 喘息などの慢性的な呼吸器の疾患のある方は医師に申し出てください。 緑内障のある方• 施術部位に他の施術を行っている方は医師にお申し出ください。 考えられる患部の反応としては、かゆみ、痛み、筋痛、発疹などがありますが、一時的なものです。 シワとり注入は表情筋の動きを緩和、止めますので、それに伴う多少つっぱったような感覚が残り、表情に変化が現れる場合があります。 注射による軽い頭痛を感じる場合がありますが一過性のものです。 脱力感、筋力低下、めまい、視力低下が表れることがあるので、自動車の運転などの危険を伴う機械の操作にはご注意ください。 注入当日は激しい運動、サウナ、入浴は避け、飲酒も控えてください。 注入部位へのマッサージ、ゴシゴシ洗いなどの強い接触は1週間程度控えてください。 まれに注射後の赤斑、内出血などが残る方もいますが数日~2週間のうちに消えます。 口角ボトックス注射 口角ボトックス注射では、口角が下がらないように口角を下に引っ張る口角下制筋の力を弱めて、自然と口角が上がるようにしていきます。 口角が下がっていると怒っているように見られてしまうことがあり、印象が良いものではありません。 口角を下げる働きが弱まることで、口角挙筋と大頬骨筋が効果的に働くようになり、常に口角がキュッと上がった魅力的な口元を作ります。 口角が下がる原因の一つは、加齢によるたるみですが、若くて口角が下がっている方というのは、「口角下制筋」という筋肉が発達している場合が多いです。 効果について 通通常、この薬の効果は施術後2-3日目から現れ、3-4ヶ月程度持続します。 その後、時間の経過とともに効果は弱くなり、投与前の状態に戻ります。 再投与することで同様の効果が表れ、繰り返すことで持続の期間を延長できます。 効果が弱い場合には投与2-4週間後に診察をし、追加投与をする場合もあります。 この薬剤は、たんぱく質が主成分になるため、治療を続けていくうちに、ごくまれに体内に抗体が作られ、効果が減弱することがあります。 禁忌および要注意• 全身性の神経接合部の障害を持つ方• 妊娠中または妊娠している可能性のある方・授乳中の方(最終投与後2回の月経を経るまでは避妊する必要があります。 男性は3ヶ月避妊してください。 前回のボツリヌス注射を終えてから、4ヶ月経過していない方• この薬剤を以前に使用しアレルギーを経験したことのある方、ボツリヌス菌が原因と思われる食中毒の既往のある方• 使用中の薬剤がある場合は医師に申し出てください(特に抗生物質、筋弛緩剤、精神安定剤などの投与を受けている方)• 喘息などの慢性的な呼吸器の疾患のある方は医師に申し出てください。 緑内障のある方• 施術部位に他の施術を行っている方は医師にお申し出ください。 考えられる患部の反応としては、かゆみ、痛み、筋痛、発疹などがありますが、一時的なものです。 シワとり注入は表情筋の動きを緩和、止めますので、それに伴う多少つっぱったような感覚が残り、表情に変化が現れる場合があります。 注射による軽い頭痛を感じる場合がありますが一過性のものです。 脱力感、筋力低下、めまい、視力低下が表れることがあるので、自動車の運転などの危険を伴う機械の操作にはご注意ください。 注入当日は激しい運動、サウナ、入浴は避け、飲酒も控えてください。 注入部位へのマッサージ、ゴシゴシ洗いなどの強い接触は1週間程度控えてください。 まれに注射後の赤斑、内出血などが残る方もいますが数日~2週間のうちに消えます。 たれ目ボトックス注射 たれ目ボトックスの施術は、目の周囲を同心円状に取り囲む眼輪筋に対してボトックスを注射し、部分的に下まぶたの眼輪筋の緊張を和らげることができます。 筋肉を弛緩させることにより下まぶたのラインを下げ、たれ目を形成します。 同時に目の面積も広がるため、たれ目の優しく柔らかな印象になり、さらに白目の見えている範囲が広がるため、大きな目も実現します。 ツリ目の改善も期待できます。 効果について 通常、この薬の効果は施術後2-3日目から現れ、3-4ヶ月程度持続します。 その後、時間の経過とともに効果は弱くなり、投与前の状態に戻ります。 再投与することで同様の効果が表れ、繰り返すことで持続の期間を延長できます。 効果が弱い場合には投与2-4週間後に診察をし、追加投与をする場合もあります。 この薬剤は、たんぱく質が主成分になるため、治療を続けていくうちに、ごくまれに体内に抗体が作られ、効果が減弱することがあります。 禁忌および要注意• 全身性の神経接合部の障害を持つ方• 妊娠中または妊娠している可能性のある方・授乳中の方(最終投与後2回の月経を経るまでは避妊する必要があります。 男性は3ヶ月避妊してください。 前回のボツリヌス注射を終えてから、4ヶ月経過していない方• この薬剤を以前に使用しアレルギーを経験したことのある方、ボツリヌス菌が原因と思われる食中毒の既往のある方• 使用中の薬剤がある場合は医師に申し出てください(特に抗生物質、筋弛緩剤、精神安定剤などの投与を受けている方)• 喘息などの慢性的な呼吸器の疾患のある方は医師に申し出てください。 緑内障のある方• 施術部位に他の施術を行っている方は医師にお申し出ください。 考えられる患部の反応としては、かゆみ、痛み、筋痛、発疹などがありますが、一時的なものです。 シワとり注入は表情筋の動きを緩和、止めますので、それに伴う多少つっぱったような感覚が残り、表情に変化が現れる場合があります。 注射による軽い頭痛を感じる場合がありますが一過性のものです。 脱力感、筋力低下、めまい、視力低下が表れることがあるので、自動車の運転などの危険を伴う機械の操作にはご注意ください。 注入当日は激しい運動、サウナ、入浴は避け、飲酒も控えてください。 注入部位へのマッサージ、ゴシゴシ洗いなどの強い接触は1週間程度控えてください。 まれに注射後の赤斑、内出血などが残る方もいますが数日~2週間のうちに消えます。 しわ 表情ジワは、筋肉が表情を作るときに強く収縮することによって皮膚にシワとして現れるものです。 このボツリヌス注射は、末梢神経伝達に関わる物質を阻害することにより、シワの原因となっている表情筋の動きによってできるシワを緩和、改善することのできる治療法です。 費用 額・眉間・目尻・アゴ(各1箇所) 19,800円 税別 費用 口角引き上げボトックス(スマイル・ボトックス) 19,800円 税別 費用 たれ目ボトックス 19,800円 税別 費用 両側エラ(小顔) 29,800円 税別 費用 ふくらはぎ 63,000円 税別 費用 脇 49,800円 税別 費用 額・眉間・目尻・アゴ(各1箇所):アラガン社ボトックス 29,800円 税別 費用 口角引き上げボトックス(スマイル・ボトックス):アラガン社ボトックス 29,800円 税別 費用 たれ目ボトックス:アラガン社ボトックス 29,800円 税別 費用 両側エラ(小顔):アラガン社ボトックス 45,000円 税別 費用 ふくらはぎ:アラガン社ボトックス 88,000円 税別 費用 脇:アラガン社ボトックス 58,000円 税別 フェイシャルレーザー フェイシャルレーザーは波長1,064nmのロングパルスNd:YAGレーザーを美肌再生用に、マイルドに照射する治療法です。 細かく機器の設定を行うことにより、様々な症状を改善します。 米国FDAの承認を受けた安全性の高いレーザー機器で、肌色・肌質を問わずにお受けいただくことができる治療です。 このレーザーは、角質層及び表皮から真皮上層に働きかけ、レーザーの光が美肌、整肌に有効に働きます。 レーザーによるやけどのリスクを減らし肌への刺激がまろやか且つマイルドになるように肌から1センチ~2センチ離れたところで照射をします。 温かく感じる程度の気持ち良い施術で、痛みに弱い方でも安心です。 お肌のキメ、ハリ、毛穴、赤ら顔、ニキビ跡などに様々な治療効果を発揮します。 肌を中からあたためる治療ですから、治療後、肌の表面に多少の赤みが出ますが、その赤みはすぐに消えていきます。 通常は一時的で当日中に治まります。 表皮にダメージを与えない治療ですから、副作用もありません。 治療間隔 フェイシャルレーザーによる美肌治療は、複数回の治療を継続することにより、お肌が改善していきます。 治療回数は2~4週間間隔で5回を1クールとしておりますが、肌質・症状により異なります。 お肌の状態に合わせて、適切なペースを診察時にお伝えします。 症状の改善が得られたあとは、メンテナンスのために定期的に治療を続けることをおすすめします。 禁忌・注意事項• 照射時は輪ゴムではじかれたような痛みがあり、表面麻酔も有料で行うことができます。 照射後は少し火照ったような感じがし、一時的に治療部位とその周辺が腫れることがあります。 照射した部位はかさぶたになりますが、約一週間で自然にはがれます。 無理に刺がさないようにお願いします。 かさぶたが取れると赤みのある新しい皮膚ができています。 色素沈着の予防のために紫外線予防をし、直後の日焼けは避けてください。 この治療の合併症として一般的には水疱、瘢痕形成、色素脱失などがあります。 治療後に痛みの持続、びらん、水膨れなどを感じた場合には、速やかに当院に連絡し、その指示に従ってください。 光線過敏症の方(副作用に光線過敏のある薬を使用している方)、激しい日焼け直後、皮膚に無治療の病変がある方、てんかん発作の既往がある方は施術を受けられません。 しわ フェイシャルレーザーは表皮層に働きかけ、肌の代謝を促進することで、小ジワを改善します。 コラーゲンも増えるので肌のキメが整いハリが戻ります。 レーザーの熱作用によって毛穴を引き締め、真皮上層部のコラーゲンを活性化し肌にハリをもたらせるのです。 レーザーが生じる熱によって、真皮内や毛穴周辺のコラーゲンを熱圧縮させて熱変性が起こります。 コラーゲンが再生するため、毛穴のまわりに引き締め効果が得られます。 また、真皮に熱が入る事で内側から肌が再生してくるのを促す効果があり小じわや目の下のクマにも効果があります。 光治療器 光治療器を使用した治療光は、520~1,100nmの幅の広い波長の光を顔全体に照射することで、肌の色調トラブル(シミ・そばかす・くすみ・赤ら顔・ニキビ跡の赤み)や質感のトラブル(小ジワ・毛穴の開き・ごわつき)などのトラブルを同時に改善することができます。 こうした様々な症状を同時に改善するため、肌の印象が向上し、ハリのある若々しい肌へと導きます。 日本人の肌を考え、日本人医師により開発された様々な肌トラブルを解消するのに最適な光線治療を当院ではご提供いたします。 特に、日本人に多いシミ治療に高い効果を発揮します。 それにより、光治療器はフォトフェイシャルに比べてより効果的な治療が出来るというメリットがあります。 フォトフェイシャルは白人向けに開発された機器のため、メラニンが比較的多い日本人の場合、強く照射を行うと赤みが強く生じたり、痛みが出るといった デメリットがありました。 当院の光治療器は開発当初から日本人向けに作られているため、メラニン量が多い方でも十分な効果と安全性が両立されたのです。 お顔全体に皮膚保護のジェルを塗布、シミの種類やお肌状態に合わせて、照射レベルを調整しながら照射します。 痛みはほとんど感じない方が多いですが、痛みに弱い方でも輪ゴムをパチンと弾く程度です。 また施術後はお化粧をしてお帰りいただけます。 シミやソバカスは、反応で薄いかさぶたを生じる事がありますが、1週間程度で自然に剥がれます。 治療間隔 ライムライトによる美肌治療は、複数回の治療を継続することにより、お肌が改善していきます。 治療回数は2~4週間間隔で5回を1クールとしておりますが、肌質・症状により異なります。 お肌の状態に合わせて、適切なペースを診察時にお伝えします。 1~5回はシミを薄くする期間と考え、その後は若返り効果&維持で月に1回ペースの照射が理想的です。 フェイス以外(首・デコルテ・手・背中)の照射サイクルは、1ヶ月に1回が目安となります。 禁忌・注意事項• 照射時は輪ゴムではじかれたような痛みがあり、表面麻酔も有料で行うことができます。 照射後は少し火照ったような感じがし、一時的に治療部位とその周辺が腫れることがあります。 照射した部位はかさぶたになりますが、約一週間で自然にはがれます。 無理に刺がさないようにお願いします。 かさぶたが取れると赤みのある新しい皮膚ができています。 色素沈着の予防のために紫外線予防をし、直後の日焼けは避けてください。 この治療の合併症として一般的には水疱、瘢痕形成、色素脱失などがあります。 治療後に痛みの持続、びらん、水膨れなどを感じた場合には、速やかに当院に連絡し、その指示に従ってください。 光線過敏症の方(副作用に光線過敏のある薬を使用している方)、激しい日焼け直後、皮膚に無治療の病変がある方、てんかん発作の既往がある方は施術を受けられません。 しわ ライムライトは表皮と真皮に働きかけ、シミ・そばかす・くすみ・小ジワ、赤ら顔・毛穴の開き・ニキビ・ニキビ跡の赤みなど、混在した症状を同時に改善するため、肌の印象が飛躍的に向上します。 さらに真皮層のコラーゲンの産生を促し、ハリのある若々しい肌へと導きます。 熱作用によりコラーゲンを増やす作用もあるので、ハリや毛穴、小じわなど同時に複数の肌トラブルを解消します。 フォトフェイシャルの光はメラニンや色素のみに反応するため、素肌へのダメージは最小限に抑えることが可能です。 日常生活に制限はなく、施術当日からメイクも可能です。 ピーリング(ケミカルピーリング) ピーリングは、酸を使用して古い角質をはがすことにより、表皮の再生を促す治療であり、主に以下のような効果が期待されます。 にきび、ニキビ跡、毛穴の改善• しみ、そばかす、くすみの改善• 皮膚の質感の改善、小じわの解消など 当院で使用しているものは、角質層のピーリング剤であり、薬剤の血中への吸収はほとんど認めず、安全です。 施術について• 1ヶ月に1回の治療をおすすめします。 治療内容や個人差により5~10回を目安とした1クールの繰り返し施術が必要です。 禁忌事項• 日焼け直後の皮膚、色素沈着の強い皮膚• 皮膚疾患(ケロイド、急性期アトピー性皮膚炎、創傷、ヘルペスなどの感染症、その他の皮膚炎など)• 妊娠中、授乳中の方• 皮膚がんの方• アスピリン喘息の方、アスピリンアレルギーの方 注意事項• 治療前はお化粧、日焼け止め、クリームなどの全ての除去をお願いしています。 施術後12時間は、ファンデーションのご使用をお控えください。 日常的に日焼けに注意し、施術後1週間は紫外線吸収剤の入っていない日焼け止めをご使用ください。 施術前後1週間はピーリング剤やレチノイン酸、ディフェリンゲルなどのご使用をお控えください。 副反応• 治療中、多少ピリピリとした痛みを感じることがあります。 一時的に肌が赤くなることがありますが、通常は数時間から数日でおさまります。 赤味が長引いたり、皮膚がはがれてかさぶたになったり、かぶれが生じた場合には必ず医師にご相談ください。 治療期間中は肌の乾燥を生じたり、皮がむけてくることがあるので保湿を行ってください。 肌のターンオーバーが亢進することで、一時的にニキビが悪化することがあります。 コラーゲンを造成させる為に、特殊な機器を用いて真皮にダメージを与えずに行う治療法で、年齢とともに造成されなくなったコラーゲンを新しく作り出すことで、肌の若返りと修復を行います。 ダーマローラーは、マイクロスパイクとも呼ばれ、約200本の極細の医療用ステンレス針がついたローラーであり、エステなどでは扱うことの出来ない医療機器です。 これを肌表面の上で転がし、目には見えない程小さな穴を無数に開けることで、お肌を生まれ変わらせます。 この微細な針が真皮を通ると、皮膚はその刺激に反応し、施術時に薬剤を塗布することで、コラーゲンの増殖や細胞の成長・皮膚を修復しようとし、お肌を活性化させ、お肌の再生および若返りが行われます。 施術後は、新しいコラーゲンの構築が真皮層で始まってから、約1ヶ月の間にコラーゲンが増殖し、皮膚のハリと弾力性を高めます。 加齢により生じた小じわやタルミ、陥没したニキビ跡、ハリのない肌や表皮の凹凸が改善されます。 治療間隔 基本的に1回の施術で効果が得られますが、お肌の悩みに合わせて何度か施術することをおすすめします。 ダーマローラー後は発赤とむくみが出現します。 2日後からは通常通りのお化粧が可能になります。 10日後くらいになると若々しいお肌が現れます。 コラーゲンはこの後も増え続け、最終的な効果が出るのはダーマローラー施術から2ヶ月経ってからです。 禁忌・注意事項 ダーマローラーを行う場合、一時的な赤み、照射箇所のほてりがあります。 治療後は一時的に、お肌が敏感になり、乾燥しやすい状態になったり、日焼けをしやすい状態になるので、十分な保湿と日焼け対策をして頂くようにお願いします。 費用 ダーマローラー 12,000円~ 税別 イオン導入 イオン導入とは、ビタミンCやプラセンタのような有効成分を皮膚の奥に浸透させる方法です。 皮膚からは吸収しにくい浸透性の低い水溶性の成分を微弱電流を流して、イオン化することにより、皮膚の深部まで浸透させていきます。 ビタミンCやプラセンタなどの有効成分をイオン導入で顔に直接導入した場合、ただ化粧水を塗るケアに比べ、肌への.

次の