センシティブ な ツイート 解除。 【Twitter】「センシティブな内容…」を解除する方法

Twitterで設定を解除しているのに「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです」と表示される詳細と対処法を徹底解説

センシティブ な ツイート 解除

Twitterの「センシティブな内容」とは まずは Twitterの「センシティブな内容」がどういったものなのか簡単に解説しておきたいと思います。 「センシティブな内容」と言うのは、 アダルト向けだったり、暴力的な表現だったり、閲覧に注意が必要な内容を規制するための表示です。 Twitter上には多種多様なツイートが掲載されているため、中には 気分を害したり、トラブルに発展するような内容も存在します。 そういった内容の可能性があると判断された場合にこの規制メッセージが表示されるというわけです。 「センシティブな内容」に関する設定の解除方法 では本題である 「センシティブな内容」に関する設定を解除する方法について解説したいと思います。 今回は基本的に スマホアプリ版からの操作手順について解説しますので、PC版をお使いの方は、似たような項目を試してみてください。 では以下の手順で実施してみましょう。 「Twitter」を起動する。 「プロフィールアイコン」をタップする。 「設定とプライバシー」を選択する。 「プライバシーとセキュリティ」をタップする。 以下の項目にチェックを入れる。 「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」 これで、Twitter上で規制表示が出ることがなくなります。 Twitterの設定変更時の注意点 では Twitterの「センシティブな内容」の設定を変更する際に注意しておくべき点についても触れておきたいと思います。 突然英語表示に…? 「センシティブな内容」になってしまっているツイートをタップすると、 Web版Twitterの設定画面に飛ぶことができます。 その際に特に設定していないにもかかわらず、 全体の表示言語が英語に変更されてしまうというトラブルが結構頻繁に起こるみたいです。 そんな時は落ち着いて、以下の手順で 言語を変更してみてください。 「Twitter」を起動する。 「プロフィールアイコン」をタップする。 「設定とプライバシー」を選択する。 「プライバシーとセキュリティ」をタップする。 以下の項目にチェックが入ってないか確認する。 「ツイートするメディアをセンシティブな内容を含む…」 この設定がONになっていると、自分が投稿したツイート内容も自動的に「センシティブな内容を含む」ツイートとして判断されてしまいますので注意してください。 まとめ 今回は、 Twitterの「センシティブな内容」に関する設定を解除する方法について詳しくまとめてみました。 方法がわからなかった方は是非参考にしてみてください。

次の

Twitterのセンシティブを解除する方法・なぜか英語でわからない

センシティブ な ツイート 解除

Twitter:センシティブな内容とは? Twitter社では、デフォルト設定でセンシティブな内容にある程度のフィルターを掛けるようにしています。 フィルターされたツイートやプロフィールはワンクリック タッチ しないと開かれないようになっており、センシティブな内容を視界に入れないようにできます。 そもそもセンシティブな内容とはどんな内容か。 Twitter社では、センシティブな内容を次のように定義しています。 過度に暴力的な内容• 成人向けの アダルト コンテンツ 9割以上は上記に当てはまるツイートがセンシティブな内容として取り扱われます。 特に多いのは、アダルトコンテンツのツイートかと思われます。 これは、3次だけでなく、漫画やアニメなどの2次元、さらに動物でも適用されるようになっています。 センシティブな内容と判断される箇所 どのような内容でセンシティブとTwitterに判断されているのか。 Twitter社では次のように定義を定めています。 ライブビデオ• プロフィール• ヘッダー画像• ツイート内容• フィルターが掛けられる箇所 主に3つの箇所に対して、センシティブな内容のフィルターが掛けられます。 ツイートそのものの内容• ツイート時に貼られた画像や動画• Twitter:センシティブな内容のフィルターを解除する設定方法 そもそもセンシティブな内容でもタイムライン上に表示しても大丈夫という方は、フィルターがかからないように設定を解除することも可能です。 ここでは、iPhone、Android、PCブラウザ上で設定を解除する方法をご紹介します。 なお、アプリはTwitter社がリリースしている純正のものに限ります。 余談ですが、PCブラウザからセンシティブなツイートを見る時はワンクリックで表示することがでいますが、スマホアプリの場合は設定を解除しないと見ることができません。 iPhoneアプリ 大前提として、iPhoneアプリ上の設定ではセンシティブな内容を解除することはできません。 一度、Safari等のブラウザで設定変更をする必要があります。 センシティブな内容のツイートを表示し、「設定を変更」をタップ。 ログイン画面が表示されるので、センシティブの解除を行いたいアカウントでログイン。 Twitterアプリに戻ると、先程までセンシティブな内容としてフィルターが掛けられていたツイートが表示されるようになります。 特にTwitterアプリの再起動も必要ありません。 Androidアプリ Androidアプリの場合iPhoneとは違って設定を変更しなくても「表示する」リンクをクリックすると、その場でセンシティブな内容を閲覧することが可能です。 もし、デフォルト状態でセンシティブな内容を解除しておきたい場合は、設定を変更する必要があります。 これでセンシティブなツイートの閲覧制限を解除することができます。 PC パソコン のブラウザ パソコンのブラウザからTwitterをする場合は、設定を変更しなくてもセンシティブな内容のツイートを閲覧することは可能です。 なぜなら、下記のように「表示」と書かれている箇所をクリックすると見られるからです。 デフォルト状態でセンシティブな内容を表示させる場合は、設定を変更する必要があります。 以上で、センシティブな内容を最初から解除して閲覧することができます。

次の

Twitterの「不適切(センシティブ)な内容」の解除方法|できない時の対処法も

センシティブ な ツイート 解除

ツイッターを利用していると、タイムラインの中の投稿で時々「センシティブな内容が含まれている可能性のあるメディアです」という注意がつき、そこに添付されているであろう画像などが見られないことがありますね。 これ自体は、そこに併記されている【表示】を選択すれば内容を見ることは可能です。 けれど、そうやってツイート内容を見ても、そのツイートからタイムラインに戻るとまた「センシティブな内容が~」となって、画像が見られない状態に戻ってしまいます。 こういう時、「どうにかしてこのセンシティブ設定を解除したい!」と考えるツイッターユーザーは多いはず。 結論からいえばセンシティブ設定を解除することは簡単で、解除した後に必要に応じて設定を変えることもいつでもできます。 ここでは、ツイッターのセンシティブ設定の解除方法を、設定の仕組みからお話していきますね。 この「センシティブな内容」とはどんな表現を指すのかというと、暴力的な表現や性的な表現など幅広いものがあてはまるようですが、実際にメディアを表示させてみると大したことはなかった…と拍子抜けすることも多いもの。 この機能の意味は、センシティブな内容かもしれないよとワンクッション置くことで、ツイッターユーザーが予期せず不愉快なメディアを見てしまう事態を防ぐ目的が大きいでしょう。 なので、別にそういうのは問題ないよという人は、センシティブ設定を解除した方がツイッター閲覧が楽になります。 これだけで、それまで「センシティブな内容が含まれている可能性のあるメディアです」と注意が出て表示されていなかったメディアつきツイートも、はじめから画像や動画が表示されるように変わります。 自分の投稿のセンシティブ設定 それと、ツイッターのセンシティブ設定は、タイムライン上の他人のツイートに対して機能するものの他、自分の投稿に関して設定できるものもあります。 簡単にいえば、自分のツイートの画像や動画を、センシティブな内容を含むものとして申告するかどうか?という設定です。 この設定をオンにすることで、自分のメディアつきツイートは他人からは「センシティブな内容が含まれている可能性のあるメディアです」と注意がされた状態で見えるようになります。 つまり、ネット上でよくある「閲覧注意」のような扱いにできるわけですね。 少しショッキングな内容のメディアである場合や、それを見たくないフォロワーもいると予想されるツイートの場合などに、自分の投稿にセンシティブ設定をかけることを知っておくと便利です。 こうすれば、自分が投稿するメディアにワンクッション置くことができる上、見たいユーザーのみが各自【表示】をタップして見ることになるので、ツイート内容が原因でブロックやリムーブをされる事態も減らせるかもしれません。 相手との設定の兼ね合いにもよる ただし、このツイッターのセンシティブ設定は、相手との設定の兼ね合いによって挙動が変わってきます。 なのでいずれにしても、設定を過信しすぎず、ツイートする前には内容を見直してから投稿するようにしたいものですね。

次の