マイクロソフト フライト シミュレーター。 Windows10にアップグレード後、「Flight simulator

フライトスティックのおすすめ人気ランキング10選【フライトシミュレータ用のジョイスティック】

マイクロソフト フライト シミュレーター

概要 ニコニコ動画やyoutube、ブログを見てフライトシミュレータをやってみたい! 始めたい! という人も多いでしょう。 このを読んで体験してみてください。 今回は費用ランク別に紹介したいと思います。 本記事では戦闘行為をするシミュレータは考慮に入れていません。 随時更新している。 もうFlight Simulator XをSteamで買ってしまった、すぐに飛びたいという方は、から読み始めることが可能です。 その1では、下記の内容を説明します。 フライトシミュレータで最低限必要な環境• フライトシミュレータでお勧めの環境• それぞれに必要な金額の目安• 使用するパソコン それでは始めましょう。 どんな環境がいいの? とフライトシミュレータ利用者に聞くと、 「あれもいい。 これもいい。 いや、こっちのシミュレータは負荷が高くてね」 と人によってバラバラと違う回答をしてしまいます。 この記事では、現実的な範囲と将来を考えたところまで説明します。 フライトシミュレータのソフト 民間機のシミュレータはX-Planeというものもありますが、今回はマイクロソフトフライトシミュレータの系統、フライトシミュレータX FSX とPrepar3Dで説明します。 日本では利用者数でこちらがメジャーだからです。 これから始める人は情報が多い方が良いですからね。 ところで、X-Planeは国内のパッケージは紛らわしい名前「フライトシミュレータ Xプレイン」となっています。 注意してください。 後述するフライトシミュレータXの兄弟であるPrepar3D V4はオプションを沢山加えるとこのような感じです。 モスクワのシェレメチェヴォ国際空港の着陸した際のものです。 日本語と英語 今回、念を押しておきたいこと。 それは「英語版」のソフトが前提ということです。 なぜならFSX日本語版は入手困難になったからです。 でも安心してください。 コックピットは、日本語版でも英語版でも同じです。 シミュレータ本体のメニューが日本語か英語かというレベルの違いですし、管制は日本の空でも英語です。 ですから「FSX 日本語版 購入」なんていう単語でGoogleで検索をしなてくもいいでしょう。 だってプレミア価格になって執筆時点で2万円から5万円もしてしまう場合もありますから。 日本語訳 がFSX Steam版にはあります。 公式なものではないので、不具合が出た際はFSXの再インストールなども考えてください。 普通のフライトは英語でも・日本語でもさぼと変わらないので、付属のミッションをやる場合以外は必要ないかもしれません。 本サイトの記事では、英語のまま進めていきます。 筆者はFSX Steam版を既に使っておらず、詳細は分からないというのも理由の一つです。 ノートPCとデスクトップパソコン 「とりあえず始めたい」という場合、今持っているノートPCでも十分です。 画面は綺麗ではないですが、飛ぶことが目的であればそれで十分です。 ただし、「フライトシミュレータをやるために新しくパソコンを買おう」という場合は、考え直しましょう。 その場合は、ある程度大きなタワー型のPCをお勧めします。 いわゆるゲーミングPCと呼ばれるもので、ミドル以上の性能のものをお勧めします。 将来部品を交換することもありますから。 CPUはCorei5かCorei7と書かれているもので、周波数が上から3番目ぐらいまでのものにしてください。 違いが無いって? 空港の建物が無かったり、山やビルの精細さが異なります。 「飛行機の操縦方法を知りたいだけで画面はいいや」という場合は、最少設定で今持っているノートPCで入門しても十分かもしれません。 「買い直したら一番高いのはパソコン」これを忘れないでください。 最大設定 羽田空港 34Rにて FSX SE• 最少設定 羽田空港 34Rにて FSX SE ディスプレイ 新規に買う場合は最低限19インチ。 できれば21~24インチ以上にしましょう。 何故かって? 小さいと計器が読みにくいからです。 今持っているノートPCで始める場合は、本シリーズの説明を見て読みやすい計器画面でプレイするようにしましょう。 いくらぐらいかかるの? ソフトウェアの最少パターン マイクロソフトのフライトシミュレータの販売権は、Dovetail Gamesという会社に移りました。 現在は、です。 2480円が定価になっています。 これで慣れたら、Prepar3Dなどに行くのが良いでしょう。 2480円程度でもったいないと言わずに始めてしまいましょう。 コントローラ選び そしてコントローラですが、ロジテック Extreme 3D Proあたりで入門は十分だと思います。 輸入品が多いため、在庫が無かったり、その時々で値段の上下が激しいです。 最初は安価なもので、慣れた時により良いもの買う前提でも良いかもしれません。 似たようなものだとこのあたりです。 スロットルが別モジュールで1スロットルのもの、丈夫なもの、2スロットルなものという感じですね。 本来の飛行機は、両手両足で、ジョイスティック もしくはヨーク とスロットル、ラダーペダルと呼ばれるものを使いますが、そろえると価格高いので「とりあえず試してみたい。 はまったら揃えよう」という場合はこれで十分でしょう。 捻りラダー機能はないので別途ラダーペダルは必要になりますが、よくお薦めされるのがこちら。 価格は高いですが、確かな作りと評判です。 米軍のA-10Cのレプリカ扱いです。 別の記事で紹介するDCSて戦闘機に乗るような方は持たれている方が多いようです。 それと フライトシミュレータのデバイスは国内で頻繁に在庫切れになることがあります。 国内での価格は並行輸入品の場合は変動が激しいです。 そして並行輸入品はサポートは見込めない場合が多いです。 まずは安いもので慣れた方がいいと筆者は思います。 足で操作するラダーの代わりに多くのスティックはひねることでラダーの代わりになります。 他のコントローラを買う時ですが、ラダー機能が付いていないものやスロットルが付いていないものは選ばないほうがよいです。 USB接続のXBOXやPS3のパッドも利用できますが、飛行機を本物のように操縦したいという場合はお勧めできません。 プレイステーションのゲームを1本買うのとそんなに変わらないでしょう? 学生さんでも2日間のアルバイトで買えるレベルです。 さぁフライトシミュレータを始めましょう。 将来を見据えたパターン 執筆時点ではFSXの直系の後継はPrepar3D 通称: P3D というものになっています。 に書きました。 ここからは中くらいのお金をかけてスタートするパターンです。 最小パターンで始めて別の記事で飛んでみてから、この続きを読んでかまいません。 Prepar3Dは何かというと、ソースコードレベルで直系の製品です。 これが一番と言っているわけではありませんが、描画性能が高いです。 あなたはシミュレータを何で選ぶべきでしょうか? 値段ですか? その場合は前述の最少パターンで十分です。 FSX SEにしましょう。 後でも移行できます。 互換性ですか? これから始める人は過去のアドオンを持っていませんから、Prepar3DとFSX両方に対応しているものを買えばいいのです。 どうしても欲しいFSX 専用のアドオンがあれば、それを利用する時のみFSXを使いましょう。 日本語じゃないから? これは前述の通りです。 日本語版はもう在庫が無い状態です。 に書いてあると通りです。 学生の場合はアカデミックライセンスがあります。 ジョイステックと合わせたらどうでしょうか。 「そんなに最初から出せないよ! 」という方もいるでしょう。 その場合はFSX Steam版で始めて、先に進みたくなったらこちらのソフトに移行すればいいのです。 付属の機体 FSXパッケージ版とFSX Steam版は付属する機体は同じものが多いですがPrepar3Dは全て異なると考えてよいでしょう。 良いこともあります。 Prepar3Dは市販のサードパーティ製の機体が最初からいくつか入っています。 下記のPowered by IRISやCarenadoと書かれている機体なんかはお勧めです。 ただボーイングやエアバスの機体はありません。 ロッキードマーチンのソフトウェアですからね。 どちらにしてもFSXに付属するボーイングやエアバスの機体は見た目だけですから気にしないでください。 空港とアドオン youtubeなどでフライトシミュレータの動画を見ると、綺麗な空港や本物のように細かい操作までできる機体を見かけます。 これらはサードパーティが出している有償の機体製品や精密に作られた空港データを入れてあるものです。 実際、フライトシミュレータ本体は単なるフレームワークで、追加するソフト アドオンと呼びます によって大きく機能を変えることができるのです。 これは筆者の環境でロンドンのヒースロー空港から離陸したエアバスA320の画像です。 先ほどのデフォルトの羽田空港とはぜんぜん精密さが違うでしょ? 国内の空港を選択したフライトシミュレータに導入した場合を参考に書きましょう。 この画像は成田空港の市販アドオンをPrepar3Dで表示した場合です。 FSXのデフォルトの成田空港はこんな感じ。 う~ん。 滑走路の向きもスポットやゲートの数もILSも同じように見えるけど・・・物足りない。 画面はFSXだけれどもPrepar3Dもデフォルトは基本的に同じデータです。 こうなると「買いたくなる」病が発病します。 それは次回の記事で記載します。 離着陸の空港を揃えた場合いくらぐらいかかるのでしょうか? 機体はどうでしょうか? 定番のは、 33. 執筆時点ではPrepar3D v4は将来別製品で対応予定。 ちょっと待って なんでエアバスなの? 理由は二つあります。 1つは実機がジョイスティックだからです。 ボーイング機体のようなヨークだと1万円を超えるハードウェアが必要になります。 さらにラダーペダルも必要です。 こちらも1万円以上します。 ヨークでラダーの代替はできないからです。 またボーイングのアドオンの定番でPMDGと呼ばれるメーカーの製品がありますが、FSX Steam版とPrepar3D用は別ライセンスなのです。 ということはFSX SEで始めて、「後で、Prepar3Dへ乗り換えよう」となったらさらに1万円以上の追加投資が必要になってしまいます。 機体の買い直しです。 特にFSX Steam版を利用する場合は「ひとつのライセンスでFSXとPrepar3Dに対応しているもの」があれば、それを選びましょう。 そうすれば乗換時の費用は最小限に抑えられる場合があります。 ただし、 複数メーカーが連名で「今後FSX用アドオンを開発せず、Prepar3D v4以降のみを対象としていく」と2017年7月に。 Steam上でFSX専用のアドオンは買ってはいけない SteamでFSX本体を購入するのは問題ありません。 しかしアドオンは、将来Prepar3Dに移行することを考えてインストーラが別途用意されている商品を次回説明するsimMarketなどで購入するのが良いでしょう。 安くて良さそうな機体もある? 機体アドオンを出しているメーカーは多数ありますが、「見た目だけがリアルで操作はデフォルトの機体に近いもの」も多いです。 リアルな操作をしたい場合は、見た目だけで選ばないようにしましょう。 最初は、使っている人が多いアドオンがお勧めです。 問題があった際に解決の糸口となる情報が見つかりやすいです。 市販の製品だから素晴らしいというわけではありません。 実はフリーの機体でも市販のもの以上のものあるので、調べてみると良いでしょう。 本サイトでもいくつか紹介をしています。 定番のアドオンソフト その他、定番のアドオンが沢山あります。 どれも必須ではないですが、価格の参考に見てみましょう。 気象アドオン Active Sky 2016 41. 空や海の滑走路の綺麗なテクスチャ REX4 Texture Direct 25. 地面の綺麗なテクスチャ FTX Global Base 99. 空港は4つの場合にしてみました。 どうでしょう? スタートは安く、あとでハマったら増やして行くということもてきるのがよくわかります。 今どきのパソコンを持っていればスタートは安くできるのです。 プランAで始めて気に入ったらPrepar3Dに移行してみるのもありです。 大事なことは「FSXにしか対応してないアドオンは買わない」これだけです。 それだけでいつでも移行できるますし、また移行しなくてもいいのです。 知り合いがFSXを利用しているというような場合は、同じもので始めるのも良いでしょう。 フライトスクール? と今後の最新版 2016年5月に「フライトスクール」というソフトがリリースされました。 中身は、小型機で飛行の練習をするFSXの改造版です。 これはこれで、別記事にまとめました。 また現在の動向にはにまとめてあります。 2000円程度なら、FSX Steam版 本体だけでも良いのでさくっと始めてしまいましょう。 最後に スタートアップにはお金がかからない。 将来を考えて費用対効果を見てフライトシミュレータを始めてみましょう。 次回は、です。

次の

グーグルアースのフライトシミュレーター機能が無料なのにすごすぎる件

マイクロソフト フライト シミュレーター

カスタマイズ性が高いフライトスティックです。 ハンドルグリップは、手の大きさや握り方に合わせて5段階調節が可能。 スロットルの抵抗を調節できるテンション調整ダイヤルも搭載しています。 専用ソフトウェアをダウンロードすれば、カスタムプロファイルを作成することも!19個ものボタンにコマンドを割り当てることもできます。 自動で中心に戻るセンタリング機能付きで操作性も抜群です。 プレイする場所に合わせて取り付けやすく便利。 吸盤設置型よりも安定感が高まります。 ドライバや専用ソフトウェアのインストールは不要。 すぐにプレイを開始できるのもいいところです。 最大75個のコマンドを割り当てることも可能。 精密なベアリングを採用しており、スムーズかつ思い通りの操作を楽しめます。 5~17. 安定感抜群で、激しいアクションにもぴったりです。 スペースシミュレータにも対応済みのため、HMDゲームやVRゲームとも相性抜群。 適合するゲームタイトルも豊富です。 また、デュアルエンジンを装備した宇宙船や飛行機の操縦もできるよう、独自のツインスロットルを搭載。 合計189個以上の操作振り当てが可能です。 ゲーム画面での操作はもちろん、マウスやキーボードのコマンド割り当てにも対応しているハイスペックモデルだといえます。 サイズ ジョイスティック:W22. 大きめのハンドレストを設けた形状なので、 握ったときに手が疲れにくく、安定した操作が可能です。 滑りにくいのでしっかり握って操作できますよ。 また、 振動機能も搭載済み。 プレイ中の衝撃などをリアルに感じられるので、臨場感あふれるプレイが楽しめるでしょう。 回転角度やハードウェアの補正機能もあり、正確な飛行をサポートします。 手に入れやすい価格設定で、試しに使ってみたい方にもぴったりです。 サイズ W18. 本格的な操縦を楽しむのに最適です。 スロットルの反応範囲調節ダイヤルも搭載。 キー割り当て・カスタム調整も自在で、自分が操作しやすいように設定できますよ。 また、 人間工学に基づいた設計により、グリップのフィット感も抜群。 長時間遊ぶときも負担が少ないでしょう。 本体裏面の吸盤でしっかりと固定しておけるので、操作時のストレスもありません。 Windows用のフライトゲームにイチオシです。 サイズ ジョイスティック:W17. 操作感も良好な一台 12のプログラムボタンを搭載。 指先だけで操作が可能 LCDディスプレイにデータを表示。 実機のような使用感 最安値 サイズ ジョイスティック:W17. 5cm ジョイスティック:W22. 5~17.

次の

【stwww.surfingmagazine.com】[体験版]Flight Simulator X

マイクロソフト フライト シミュレーター

概要 [ ] もともとはという会社が1979年にの向けに開発したものであるが、これをマイクロソフトが買収して現在に至っている(開発チームはACE Studioと呼ばれていた)。 後期バージョンでは、アドオンと呼ばれる、PCゲームのに相当する追加データを開発するSDKが配布されており、飛行機・ヘリコプターなどの機体アドオン、地形・テクスチャ・都市や空港などのシーナリーアドオン、本フライトシミュレーターとデータをやりとりできるアプリケーションなどを開発でき、有償・無償含め数多くのアドオンが公開されている。 本シミュレーターに同梱されている機体データのうち、旅客機などでは、元となる実際の航空機の装置・動作などがある程度簡略化されて収録されているが、 主に有償の機体アドオンを中心に、実機の装置・挙動を忠実に再現したものが公開されている。 これら多種多様なアドオンをユーザーが自由に取捨選択することにより、気軽に遊覧飛行を楽しみたいユーザーや、現実の旅客機の運行を忠実に再現したいユーザーなど、幅広い需要に柔軟に対応しているのが特徴である。 長らく2〜3年おきに発売されるのが恒例であったが、マイクロソフトのMSFS開発チームであるACE Studioが人員削減の一環として2009年1月をもって閉鎖されたため、Flight SimulatorXが事実上の最終作となる。 なお、2010年8月に米国Microsoft GamesStudiosから後継シリーズの開発が発表され、2012年1月にはハワイ諸島限定の無償オンラインゲーム版(アカウント所有者に対し、ダウンロード提供)として発表された。 今後 [ ]、接続料(他、開発が予想されるハワイ以外の他地域シーナリーデータなど)が有償課金化されるかについては、現在 [ ]の所、広報されていない。 はMicrosoft Flight Simulatorの知的財産権を取得し、またACES Studioの開発スタッフを集めるなどして2010年11月に Prepar3Dバージョン1. 0をリリースした。 P3D - ロッキード・マーティン Prepar3D [ ] 詳細は「」を参照 、はMicrosoft ESP(エンタープライズシミュレーションプラットフォーム)製品の知的財産(ソースコードを含む)を買収するため、Microsoftと交渉したことを発表した。 Microsoft ESPは、Flight Simulator X SP2の商用バージョンである。 、ロッキードは、ESPのソースコードに基づいて新製品「ロッキード・マーチン Prepar3D」を製作することを発表した。 ロッキードは元ACESスタジオチームのメンバーを雇用し、製品の開発を続けた。 4月、バージョン1. 1がリリースされた。 小売ライセンス費用は499ドル、開発者ライセンスは月額9. 95ドルで利用可能だった。 3月、バージョン1. 3のリリースとともに、価格戦略が改訂された。 プロフェッショナルエディションは現在199ドルで利用可能で、アカデミックライセンスは59. 95ドルで利用可能である。 、バージョン2をリリースした。 、バージョン3をリリースした。 5月、64ビットのバージョン4をリリースした。 歴代バージョン [ ] Flight Simulator Version 1 [ ] 初代フライトシミュレータ。 1979年1月に版が発売された。 画面表示こそ(320x240ドット、4色)にワイヤーフレームであったがコックピット視点に計器表示という基本画面構成は最新版まで引き継がれている。 1982年11月には版も発売された。 Flight Simulator Version 2 [ ] 1983年12月発売。 、、、で発売されたほか、1986年にはサブロジックの日本法人自らがのシリーズにも移植している。 別売のシーナリーディスクによるデータ追加を実現。 用としては本作が最期のバージョンとなった。 Flight Simulator Version 3 [ ] 1988年9月発売。 本作からが販売を担当するようになり、同社の社名を冠することとなった。 版ほか。 解像度がまで上がり、より高精細な画面を実現した。 Flight Simulator Version 4 [ ] 1989年発売。 わずか1年でのバージョンアップだったが、仮想空間の表現に初めてを使用するという革新的なものだった。 対応OSはの。 グラフィックは(640x350ドット、16色、ただしPC9800では640x400ドット、16色)により計器類の表示が精密になった。 Flight Simulator Version 5 [ ] 1993年にのおよび用ソフトウェアとして発売。 フライトシミュレータブーム初期の作品で、これを遊ぶためにパソコンを買うと言わしめたソフトのひとつでもある。 販売媒体は2枚組。 画面表示が(640x480ドット、256色)、グラフィックエンジンはポリゴンにテクスチャーが張られるようになり実写的な表現がされるようになり、サウンドカードによるエンジン音およびエフェクト音がフルサポート。 による操作が可能になり、FS98までほぼ同じ表示エンジンを使用するなど後のバージョンに続く基本形となる。 Flight Simulator 95 [ ] 1996年に発売され、媒体がとなり、コード・データ量が飛躍的に向上した。 によってパソコンが一般家庭にも急速に普及していたのも手伝い大ヒットした。 フライトシミュレータの火付け役となった作品である。 なお、前年の1995年に全ての権利がサブロジックからに売却された。 Flight Simulator 98 [ ] 1997年発売。 FSFW95には入っていなかったMS純正シーナリー(FS98以前は別売だった「Japan」や「Hawaii」、「Caribbean」等)を収録した。 それにより空港数が大幅に増加したが、空港の風景は殺風景なままだった。 アドベンチャーも豊富に用意され、航空機もリアジェット35Aがリアジェット45へ変更になった他、、ヘリコプターが追加された。 なお、FS98になってマルチプレイ機能が初めて追加された。 リアリティは劣るものの動作の軽快さから未だに使っている人も多い。 2007年12月現在、FlightSim. com(フライトシミュレーターの総合サイト)には、製作されたFS98のアドオンが未だにアップされている。 この頃からマイクロソフト側がによるアドオンを認めるようになった(ただし、アドオン追加による正常動作を保証するものではない)。 Flight Simulator 2000 [ ] 1999年に発売されたバージョンで、Standard EditionとProfessional Editionがある。 Professional版にはStandard版にはない機能(新たな機体、IFR訓練パネルなど)が標準装備となっている。 このバージョンではの数が大幅に増え、前作の約3,000件から約20,000件へとなり、ほぼ全世界の空港を収録するようになった。 ただし当時の最高性能のパソコンでも、FS2000を快適に動かせるものはないといわれるほど動作が重かった。 Flight Simulator 2002 [ ] 2001年に発売されたバージョンで、このバージョンから正式にフォトシーナリがサポートされるようになった。 これによりフォトシーナリもデフォルトのシーナリと同じ扱いで描画されるようになりが極端に落ち込むといったことがなくなった。 このバージョンにもStandard版とProfessional版があるが、日本ではProfessional版のみが販売されている。 Flight Simulator 2004 A Century of Flight [ ] 2003年に発売されて、の人類初飛行から100周年を記念したバージョン。 通称FS9。 日本では Flight Simulator 2004 翼の創世記として販売されている。 人類初飛行100周年を記念したバージョンのため、やなど歴史的名機を多数収録している。 また雲の描画を従来の2D(擬似3D)雲から3D雲にしたことによりふわっとした感じがリアルに再現されるようになった。 その他ATCやの改良などが図られている。 とても画面が美しくなりリアルになったが、前バージョンのFlight Simulator 2002よりも動作が軽いと評価されている。 Flight Simulator X [ ] 詳細は「」を参照 オブジェクトの自動生成機能がより一層細かくなり、船や車、木などが表示される。 DirectX10対応タイトルとして開発が進められていることもあり描画が大幅に改善された。 このバージョンよりの動作保証が付いた。 英語版では「Deluxe Edition」と「Standard Edition」の2種類が発売されており、「Deluxe Edition」には「Standard Edition」に収録されていない機体やなどが含まれている。 なお、日本では日本語版オリジナルの1種類のみが発売されている。 日本版では50以上用意される「ミッション」の音声の吹替に、総計31名の豪華声優陣を起用する。 また、ATCについては日本版オリジナルで、いわゆる「日本人英語」が再現される。 こちらは、実際の管制官・航空運航関係者が起用され、よりリアルな飛行環境の提供がなされた。 また、機体データや地形データがより現実に近くなった。 なお細かい所では、2004まで上昇可能高度が100,000ft迄であったが、このバージョンでは1,000,000ftとなっている(なおこれによりシェアアドオンメーカー「CaptainSim」では()のアドオンをリリースしている)。 英語版については2006年10月17日に、日本語版は2007年1月26日にそれぞれ発売された。 ちなみにFlight Simulator Xを快適に動作させるにはPentium D 3. 2GHz以上のプロセッサ、DirectX10対応アッパーミドルレンジ並 Geforce8600GTS RadeonHD 2600XT 、2GB以上のメモリーなど、推奨動作環境以上の性能を持つパソコンが必要。 また、マイクロソフトから発売される、初めての拡張パック『Microsoft Flight Simulator X: 栄光の翼』が2007年12月14日に発売された。 MSFSシリーズの事実上の最終作。 Microsoft Flight Simulator [ ] 2019年ので発表された14年ぶりの新作。 2020年発売予定。 PCをメインとして設計し、等マルチプラットフォームにも対応予定。 衛星データと AIを利用し制作される予定。 脚注 [ ] []• 2010年7月13日時点のよりアーカイブ。 2018年3月11日閲覧。 関連項目 [ ]• 2007年より提供開始。 導入によりMicrosoft Flight Simulator Xのグラフィック表現が飛躍的に向上するが、以前のOS導入PCでは使用出来ない。 犯人の住居を捜索した際、Microsoft Flight Simulatorが押収された(バージョンは不明だが、2001年9月時点の最新バージョンは2000)。 ハイジャックした犯人は、Microsoft Flight Simulatorが実際の航空機操縦を忠実に再現していたことや、・の操縦資格が共通していることからそれによって航空機の操縦法を学び、犯行に及んだと米各紙は指摘した。 また、マイクロソフトはこの指摘を受け、一時Microsoft Flight Simulatorの販売を自粛した。 外部リンク [ ] 公式サイト [ ] 日本版 日本語 [ ] いずれもInternet Archive保管版HP。 閲覧の際、画面右下の「Impatient? 」をクリック。 米国本国版 英語 [ ]• その他サイト [ ]• - (英語)• - (ブラウザを使って無料でプレイできる) この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の