ゼルダ ブレス オブザ ワイルド 続編。 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の続編について青沼英二プロデューサーが語る

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドの続編はいつ頃発売だと予想されますか?

ゼルダ ブレス オブザ ワイルド 続編

2019年06月19日 14時00分 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の続編について青沼英二プロデューサーが語る Nintendo Switchのローンチタイトルとしてリリースされた「 」の、 されました。 海外ゲームメディア・Kotakuの 記者が、ゼルダの伝説シリーズのプロデューサーである青沼英二氏にインタビューして続編や新作の「 」などに関するコメントを引き出しています。 Breath Of The Wild Is Getting A Sequel Because The Team Had Too Many DLC Ideas And Other Info From Zelda's Producer Schreier氏はE3の任天堂ブースで通訳を交えて青沼氏にインタビューを行ったそうです。 ゲームボーイ版を手に入れるのは、最近は少し難しいです。 なので、私はしばらくの間、このゲームをリメイクすることを望んでいたのです」と語っています。 また、青沼氏はリメイクについて「オリジナルと完全に同じものにしたくありません。 私はいつも新しい要素を取り入れたいのです。 オリジナル版をプレイしたことのある人でも、リメイク版をプレイすることが新鮮な体験になってほしいのです」と語り、ただリメイクするだけではなくオリジナル版のファンも楽しめるような新要素を入れることを信条としていることを明かしています。 さらに、「ユーザーが自分で何かをゲーム内でアレンジすることができるようなものを組み込むというアイデアについても、個別に議論がありました。 私も何が出来るかを考えて、ダンジョンのアイデアを思いつきました。 ダンジョンをアレンジすることを考えたとき、完全に自分で一からダンジョンを作成するのは少し難しいように感じたので、『プレイヤーがアレンジ出来る簡単な方法は何か?』について考えて、パズルのようにダンジョンを組み立てる というアイデアを思いつきました」と語り、ゲーム内で入手したパズルを組み合わせてダンジョンを作り上げる「パネルダンジョン」誕生についても明かしています。 また、パネルダンジョンが好評な場合は「ゼルダメーカー」のようなものが登場する可能性があるかどうかを問われた際には、「未来を予測することは出来ませんが、ダンジョンを配置するという考えが大好きな人のために、今後もそのアイデアを頭に入れておきます」と語っています。 これを受ける形でSchreier氏は「続編ではどのような新しいイノベーションに取り組んでいるのですか?」と質問。 青沼氏は笑いながら「わかりません」と回答。 続けて、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドから学んだことの1つは、複数の解き方を持つダンジョンを作成することに集中したことで、素晴らしいタイトルが完成したということです。 それこそが我々が磨き上げ、今後のインスピレーションのために使用したいと考える1つのアイデアです」と述べました。 また、続編の制作を決めた理由について、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドのDLC ダウンロードコンテンツ をリリースした際、同じ世界により多くの要素を追加するための最適な方法がDLCであることがわかりました。 しかし、技術的なことでいえば、DLCはデータです。 既存のタイトルにデータを追加しているわけです。 そのため、大きな変更を加えたいときは、DLCだけでは不十分となってしまいます。 そのため、続編を制作することが適切だと考えたわけです」と青沼氏は語っています。 また、続編がもともとDLCとして計画されていたものなのかという質問については、青沼氏は「当初はDLCのアイデアしか考えていませんでしたが、たくさんのアイデアがありました。 そのため、『あまりにもたくさんのアイデアがあるから新しいゲームを1つ作って最初からやり直そう』となったわけです」と語りました。

次の

ニンテンドースイッチ本体&『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』3周年。発表から発売までを振り返る

ゼルダ ブレス オブザ ワイルド 続編

今作『ブレスオブザワイルド』では、厄災ガノンはこの状態で登場していました。 ファンの中では、このガノンドロフの登場がないだけに、残念がられたり、もしくはDLCで言及されるんじゃないか?などと言われていました。 そして今回の『ブレワイ2 仮 』ではついに、ガノンドロフの姿がでてきました。 確定ではないけど、ほぼあの姿はガノンドロフでいいと思います。 次回作『ブレスオブザワイルド2 仮 』では、このガノンドロフがキーキャラとして登場することと思います。 ではそのガノンドロフはどのように物語に絡んでくるのか? その考察は、この記事の最後の方でしていこうと思います。 シーカーストーンの有無 ここでは、マスターソードを背負ったリンクが確認できます。 今までのシリーズでは、マスターソードは役目を終えたら、封印する流れにあります。 それとも1万年以上も経っていて、そういった通例も薄れてしまったのだろうか? 別の考えで、この物語は厄災が起こる前のことだから、マスターソードを持っている状態のリンクだとも推測できます。 リンク達の過去を知ることのできるウツシエの中でも、リンクはすでにマスターソードを使用していました。 ということは、この映像はウツシエ内の時系列で起きていた事件なのではないか?とも推測できる。 メタ的な視点から考察 こっからは、メタ的な考察をしていきます。 ゲームとして見たときに、新しいシステム、新しい要素など、前作地続きで作品を作る時には、前作の要素をどう引き継いで行くかが非常に重要になってきます。 むしろ、この四傑がまだ生きていた時代の方が、キャラの深堀りもできていいし、人類等々が滅亡したハイラルでは登場できるキャラも限られる。 しかし、まだ厄災前の状態であれば、シレッと新キャラを出しても何ら違和感ありません。 少なくとも100年前の話になるわけだから、当時厄災との決戦の時に活躍した四傑以外の重要キャラも出しやすくなるんじゃないかと思います。 ゼルダの髪が短くなっている理由が現状説明できない ただ、ここまで過去編をプッシュしていますが、どうしてもゼルダの髪が短くなっているのが説明できない。 ウツシエの話でも一度もショートカットゼルダちゃんが出ていないので、リンクとの出会いや、四傑との出会いなど、色々矛盾点が出てくる。 映像では少なくとも、リンクとはそれなりの信頼関係になっており、リンクとゼルダだけで冒険できるくらいの関係性になっていないといけない。 そうなってくると、ゼルダの髪が短いのは、どうにも「ブレスオブザワイルド」以降の話でないと辻褄が合わなくなってしまっている。 仮説2「パラレルワールド説」 過去は過去でも、『ブレスオブザワイルド2 仮 』は、分岐する物語なのではないか?と考えも浮かびました。 このパラレルワールド説。 ゼルダの伝説シリーズ好きならご存知だろうが、ゼルダの伝説はパラレルワールド設定があり、とある世界で分岐が起きたことにより、各作品の関わりが異なってくる。 詳しくは、別の記事にまとめているので、知りたい方はそちらをご覧いただこう。

次の

『ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド』の評価は歴代最高。魅力を徹底レビュー!

ゼルダ ブレス オブザ ワイルド 続編

2019年09月04日 16時00分 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」で口笛を吹くだけで魚を乱獲できる漁法が話題に している「 」で、簡単に魚を捕まえることができる裏技が新たに発見され、水辺でビチビチと跳ねている大量の魚を一発でゲットしているムービーが公開されています。 redditに設けられた「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」専用フォーラムでは、口笛を吹くだけで大量に魚を捕まえているムービーが公開されています。 リンクが海上から浜辺の方向を向いて口笛を吹くと…… 魚がぞろぞろと浜に集まってきました。 陸に打ち上げられてしまいそのままビチビチと跳ねているので…… あとは走りながら片っ端からゲットするだけです。 口笛を吹くのは川岸でもOKです。 魚が対岸に向かったのが見えたら、川を渡って…… 回収するのみ。 仕組みは単純で、ゲーム中で馬を呼び寄せるために使う口笛を吹くと、音に驚いた魚が逃げていくという習性を利用し、魚を砂浜や川岸に追い立てているわけです。 陸に打ち上げられた魚は逃げることができなくなるので、泳ぎながら魚を追いかけたり、武器を使って数匹を仕留めたりするよりも簡単かつ大量に魚を捕まえることができます。 裏技を投稿したcharlieboy95さんによると、海や川のうち水辺と陸地の境が緩やかな場所でやるのがオススメだとのこと。 大半の湖や池では岸が高すぎて魚が打ち上げられないのでうまくいかないのだそうです。 charlieboy95さんが投稿した裏技は2万8000ポイントを超えるアップ投票 upvote や、625件のコメントを得るなど大反響を呼んでおり、寄せられたコメントの中には「リモコンバクダン漁法よりよさそうだね」との感想や…… 「いまだにこんな単純なテクニックを教えられることになるなんて信じられないよ」 「これは知らなかったな。 このゲームの可能性はほんとに無限大だね」と、ゲームの自由度の高さを改めて称賛する声が挙がっています。 また、「この裏技ができない場所なら、電気の矢で魚をしびれさせるといいよ」という小ネタを持ち寄るユーザーもいました。 なお、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」ではこれまで、本来なら見られないはずの海中をのぞきこんで、美麗に作り込まれたサンゴ礁などを楽しめる裏技や…… バトルで役立つ驚愕テクニックなどが発見されています。

次の