ロマンティックアセクシャル。 恋愛感情の存在しない愛の姿「アセクシュアル・アロマンティック」

恋愛嫌いは人間嫌いか? 〜Aセクシュアル兼スキゾイドの勘違いと自己分析〜|鬼|note

ロマンティックアセクシャル

記事の目次• アセクシャルとは何か アセクシュアルとは、恋愛感情が全くなく、性的な欲求もない人のことです。 見た目はごく普通の人であり、女性にも男性にもいます。 性格も、優しい人も多く存在しています。 恋愛することが一切ない人 アセクシャルは、全く恋愛をしない人のことを言います。 日本では、「無性愛者」と呼ばれることもあります。 ある調査によると、世界のおよそ1~2パーセント程度の方が、このアセクシャルであるとも言われています。 誰かを恋愛対象としてみることができないのはもちろん、性的な関係を求めることもありません。 もちろん、見た目はご普通の方と同じなので、全くそれが分かりません。 容姿を見ても、普通の方もいますし普通よりもかなり上の方もいます。 また、若い方に増えていると聞くこともあります。 恋愛対象として誰かを見ることが難しいと言うと、なんだか冷たい人のように感じる方もいるかもしれませんが、決してそうではありません。 恋愛感情や性的欲求がないだけで、後は一般的な人と同じです。 思いやりがある人、優しい人もたくさんいます。 アセクシュアルの診断セルフチェック10項目 恋愛に興味がないと思っている人の中には、単にまだ理想の人に出会ってないだけの人もいます。 また、恋愛よりももっと興味がある事があるため、そちらに注目しているだけの人もいます。 ここでは、アセクシュアルの診断セルフチェックについて紹介します。 異性に対する恋愛感情が湧かない 好きなものや好きだなと人はたくさん想像できるかと思いますが、恋愛感情だけは別物です。 心の中は、いつもその人で埋め尽くされてしまいます。 アセクシュアルの場合、誰かを思い胸がキュッとなるようなことがありません。 誰かと特別な関係になりたい、誰かの特別な人になりたいなどの欲求もなし。 誰かを思い、会いたくて会いたくて辛く感じるようなこともありません。 異性に憧れることもありません。 友人の恋愛話に興味がない ある程度の年齢になると、いわゆる「コイバナ」に花を咲かせることが多いものですが、そういった内容の話に全く興味がありません。 コイバナで盛り上がっている友達を目のまえにして、何がそんなに楽しいのか全く理解できません。 好きな人から好きになってもらうために、メイクやヘアスタイルを工夫して綺麗だと思ってほしいなどの気持ちも理解できません。 どうしてそんなに、恋愛の憧れるのか理解することも難しく感じます。 他人に対して性的な興味が芽生えない 魅力的な人を目に前にした時に、キスやハグ、セックスなどをしたいと思ったことが全くありません。 また、好きな人と、肉体関係を結びたいとも思いません。 しかしながら、性的な欲求がなくても、一つの貴重な体験として自分で実際に経験してみたいといった興味を持つ人はいます。 恋愛ドラマや映画に共感できない ロマンチックな場面や、甘く切ないストーリーに涙している仲間を横目に、なぜそんなに感動しているのか全く分かりません。 何が面白いのかさっぱり分からない。 好きな人のために、自分を犠牲して助けたいとか、好きな人の幸せのために、自分が身を引くといった行動のどこに感動するのかさっぱり理解できません。 恋愛ドラマやや映画よりも、他のジャンルのドラマや映画の方が楽しいと思います。 恋愛感情を説明されても理解できない 恋愛感情を上手く説明するのは、誰が話すとしてもなかなか難しいことです。 これは、実際に自分が経験して初めて分かるようになるものです。 しかし、なんとなくならイメージすることができるもの。 ところが、誰かに恋愛感情についての説明をされても、全く理解できません。 四六時中、頭の中に好きな人が存在し、その人をいつも意識してしまうといったことも分からない。 好きな人が他の人と仲良くしているところを見ると、悲しくなったり嫉妬したりするといったことも理解することができません。 LGBTの恋愛観にも違和感がある 恋愛の形は様々です、最近は、LGBTの方が自身のそれについて告白することも多くなってきたように感じます。 アセクシュアルの場合、こういった恋愛観についても違和感があります。 過去に性的なトラウマはない かつて、性的なことで嫌なことを体験したことがある人は、恋愛に対して否定的になったり距離を置きたがったりすることがあります。 また、異性に対して怖いと感じる場合もあります。 しかし、生まれてからこれまで、そういったトラウマになるような経験がありません。 異性に対する恐怖も感じません。 それでも、特別恋愛に憧れるようなことがありません。 恋人がいなくてもつらく感じることはない 恋人がいなくても、全くつらいと感じることがありません。 また、寂しいとか誰でも良いから恋人がほしいといった焦りも感じません。 家族への愛情は理解できる 恋愛感情が今一つ分からなくても、家族への愛情を理解することができます。 自分にとって家族の存在が特別なものであり、大切なものであることをよく理解しています。 恋愛恐怖症と聞かれて違和感があった 恋愛に興味がない人や、恋愛したいと思わない人がいる場合、恋愛に対して嫌な思い出があったり不愉快な経験があったりするのではないかとおもわれることもあります。 その為、中には恋愛恐怖症なのかと聞いてくるような人がいます。 恋愛恐怖症とは、恋愛に興味がないわけではなく、何かしらの理由があって恋愛することに恐怖を感じている状態です。 しかし、質問されても恋愛が怖いと思っているわけではありませんので、答えはノーになります。 恋愛が、怖いとも嬉しい楽しいとも思わないのです。 アセクシャルが快適に過ごす方法 信頼できる相手なら性的マイノリティへの理解を促す 本当は色々なタイプや価値観があって良いはずなのに、どうしても多数決で多い方が常識とされやすい傾向があります。 アセクシャルは、わずか2パーセント程度しかいない為、人に理解されるのがなかなか難しいようです。 しかしながら、最近は様々な性的マイノリティがあることを多くの人が知り始めているので、必ず理解してくれる人がいるはずです。 あなたに、もし心から信頼できるような人がいるのであれば、打ち明けてみても良いかもしれません。 相談が難しい相手なら恋愛話は適当に受け流す 中には、自分の意見や価値観以外の全てを受け入れたり、ありのまま受け入れたりすることができない人もいます。 そして、上からご指導してくることもあります。 相手がこういったタイプであることを知っているのであれば、無理して告白する必要はありません。 話が面倒くさくなるだけだからです。 性的マイノリティについての相談が難しい相手なら、恋愛話は適当に受け流すのが一番です。 肯定も否定もしないで、「そうなんですね」と言って、さらりと流してしまいましょう。 まとめ アセクシュアルは、およそ2パーセントいると言われています。 性的マイノリティについて理解できる人ばかりではありませんので、相手を見てから告白したり相談したりするようにするのがオススメです。 アセクシュアルの特徴は、恋愛感情が理解できなかったり、全く興味がなかったりすること。 性的な欲求もありません。 過去に、恋愛野性的なことで不快なことがあったわけではないのに、恋愛に興味がないのです。 もちろん、恋愛恐怖症でもありません。

次の

恋愛嫌いは人間嫌いか? 〜Aセクシュアル兼スキゾイドの勘違いと自己分析〜|鬼|note

ロマンティックアセクシャル

アセクシャル、ノンセンシャルについて。 もうすぐ20歳になる女です。 私は最近になってこのセクシュアリティを知りました。 そこでもしかして私はこれに当てはまるのかな?と感じています。 し かし、知恵袋など見ていても人それぞれ違くて、よく分からなくなってます汗 アセクシャル、ノンセクシャルかもといって何か起こるわけではありませんが、他人から見て私はアセクシャル、ノンセクシャルなのか気になります。 とりあえず私の体験談?を書いておきます。 ・付き合った人、告白した人、された人0人 ・男性と遊んだ事なし グループ、個人どっちも ・人を好きになったことはある 1、2回 しかし、そこから先の事は何も思わなかった。 他の方から見て私はアセクシャル、ノンセクシャルの部類に入るのでしょうか?自分でもよくわからない状態です。 アセクを自認している20前半の女です。 長文失礼します。 読みにくいと思われます。 まずセクシュアリティの定義から。 「アセクシャルとノンセクシャル」というのは日本での呼び方で、 アセクシャルは性的欲求が他人に向かず恋愛感情がない ノンセクシャルは恋愛感情は抱くが性的欲求が対象に向かない という意味で使われていることが多いです。 アセクシャルだけど恋愛感情があるという説明をしているのも見られます ただ、この分類だと恋愛感情が無くても性行為ができる人が含まれないことがあるのであまり自分は使いません。 混乱も多いですし。 自分はアロマンティック・アセクシャルという海外での呼び方を好みます。 以下判断の参考に体験談です。 あくまでも私の場合です。 アセクシャル全ての人に当てはまる訳ではないです。 私も中学生の時に好き?になったことはありますが、告白してフラれても何も感じなかったのでただ周りに合わせて好きだと思い込んでいただけだと後で分かりました。 また、好きと思っていても手をつないだり、キスしたりしたいと思ったことはありませんでした。 恋人同士でそうすると思うのは漫画の中だけだと無意識に思っていたからです。 フィクションによくある大げさな表現だと思っていました。 それでも恋愛漫画は読みます。 ただヒロインを自分と重ねる?ことはしたことがないです。 恋バナは聞く分にはあまり気になりません。 自分の番になった時はそういうの一切無いといって回避しています。 と言っても、自認のきっかけは告白してきた彼氏の嫉妬やその他諸々の感情が分からずキスしても何も感じなかったことです。 彼のことは人間性が好きだったのですが、そこにドキドキ等は感じませんでした。 アセクシャルやロマンティックは大きなくくりであって、個人差があり、グラデーションになっています。 性行為自体がダメな人大丈夫な人、自慰しない人する人、性的欲求が向く時向かない時がある人、たまに恋愛感情を持つことがある人、様々です。 デミセクシュアルという親しくならないと性的欲求が向かないセクシュアリティもあります。 上記でアセクシャルかな?と書きましたが、セクシュアリティは他人が判断して決めつけるものではありません。 「人それぞれ違う」のはそうあって当然だからです。 私だけでなく、他の方の回答をご参考にごゆっくり決められると良いと思います。 もちろん、決めなくても 当てはめなくても それで良いんだと思えば決めなくても良いです。 ご自身が気楽な方に向かわれてください。 今はセクシュアリティーが細分化されて、名前がつけられてるので、「自分がどこに属するのか」は気になってしまいますよね。 ただ、ガチガチに属性を決めることに意味はありますか? 「そんな人はゲイではない」とか「性同一性障害ならもっとこう思うはずだ」とかの議論がよく盛り上がってますけど、もっとグラデーションで良いのではないですか? セクシュアリティーに名前がついてるのは、自分が安心するため、仲間を見つけやすくするため、人に説明しやすくするため、理解してもらい市民権を得るため、つまり自由を得るためです。 属性に縛られて自由を失っては本末転倒です。 その上で、やはり自分のことはよく分析しておくべきだと思います。 安心しますからね。 アセクシャルは「性的欲求を持たない人」なので、「恋はするけどセックスはしないよ」とか「他人に性欲わかないけどエロ本は読むよ」とか「セックスはしたくないけどキスはしたいよ」とか「セックスしたいと思わないけど、嫌悪感はないからできるっちゃできるよ」とかはよくあることです。 ちなみに恋愛しない人をアロマンスといいます。 恋愛はしないけどセックスはしたいアロマンスの人もいますよ。 よくよく自分を分析して、いろんなことを試してみて、自分のことを知ると足元がしっかりしてきます。 そして、それらは流動的なので、変わっても良いものです。 そのときどきで、自分の気持ちをよく見つめて、自分の気分の良い方に進めると良いですね。

次の

しのごのうるさい笑【アロマンティック】とは?恋愛感情の不在には、原因や診断はいりません

ロマンティックアセクシャル

「あー、アセクシュアルでしょ? 聞いたことあるよ!」 なんて言うものだから安心して話を進めていたら、実は とんでもない勘違いをされていた、ということがたまにあります。 どうやらwebメディア上の記事などで、間違った、あるいは偏った情報が流布されているのが現状のようです。 そこで今回はアセクシャルが受けがちな誤解をアセクシュアルの筆者の経験をもとにいくつかご紹介します。 中には結構「 惜しい! 近いとこまで来てる!」というのもあるのですが……。 誤解1. 「草食系みたいなものだよね!」 一時期テレビで話題になった「草食系男子」という言葉。 実は筆者自身「草食系」の定義がよく分からないのですが、どうやら 恋愛に奥手で平和主義な男子のことを言うようです。 なるほど、 草食動物のように内気でおとなしいという意味なのですね。 ところで過去に動物園で完全な草食動物の カピバラが、一緒に飼育されていた クモザルを襲って死なせてしまった事故なんかもありましたが、本当にその認識で大丈夫なのでしょうか。 ともあれ、「草食系」はあくまで 恋愛に対して消極的という程度の意味なので、アセクシュアルとは異なります。 アセクシュアルはセクシュアリティなので、「 消極的な性格」とか「 異性への接し方がわからない」などとは根本的に違うのです。 ところで「草食系」を調べるうちに「 仏男子(ブッダンシ)」という単語にも遭遇したのですが、こちらは草食系男子以上に謎に包まれていたので保留にしておきます。 多分、 奥さんや子供を捨てても悟りを目指すタイプの男子のことなのでしょう。 誤解2. 「人間が嫌いなんだよね!」 そういう質問ばかりされるうちに嫌いになっていくケースはあります。 そもそも、人間が好きか嫌いかなんて人それぞれです。 異性が好きな人にも同性が好きな人にも 人間が嫌いな人はいますよね。 人付き合いが苦手だったり、狭い交友関係を好むタイプだったり……。 セクシュアリティの話題を抜きにしても、ひとりの人間としてどのように他者と関わるかは人それぞれです。 ちなみに筆者の友人には「 彼氏よりキャラメルちゃん(ダックスフンド・5歳)の方がどう考えても大切」と公言して憚らない女の子がいます。 来月入籍予定だそうです。 お幸せに。 実はこのあたり、アセクシュアル・ノンセクシュアルの人たちの中でも単語の使い方にばらつきがあります。 ノンセクシュアルというのは 他者に対して恋愛感情を抱くけれども性的欲求は抱かない人のことを指します。 が、これは日本でしか使われていない単語で、海外ではこうした人々も「アセクシュアル」と呼ばれているのです。 他者に対して恋愛感情も性的欲求も抱かない場合は特に「 アロマンティック・アセクシュアル」と呼ばれます。 現状日本でごく普通に「アセクシュアル」という場合はこちらのみを指すことが多いのですが、海外の方が相手の場合は気をつけましょう。 というより、当事者も気をつけていきたいところです。 「じゃ、結局アセクシュアルってどういう人なの?」 「あれも誤解、これも違うって言うなら 結局アセクシュアルって何者なの?」と思われる方もいるかもしれません。 一言で「アセクシュアルとは何か」と説明する際には、私はいつもこう話しています。

次の