コービー ブライアント 死亡。 コービー・ブライアント氏、ヘリ事故で死亡 米バスケ元スター選手

コービー・ブライアント(元NBA)スーパースターと13歳娘がヘリ墜落で死亡・原因は?(ロサンゼルス郊外)

コービー ブライアント 死亡

【AFP=時事】米プロバスケットボール(NBA)、ロサンゼルス・レイカーズ(Los Angeles Lakers)の元スーパースター、コービー・ブライアント(Kobe Bryant)氏がヘリコプターの墜落事故で死亡したことを受け、同じくNBAのレジェンドであるマイケル・ジョーダン(Michael Jordan)氏が26日、「弟のような」レイカーズの象徴の死を悼んだ。 この日、41歳のブライアント氏と娘のジアナ(Gianna Maria-Onore Bryant)さんらが乗っていたヘリコプターがロサンゼルス郊外の丘陵地帯に墜落し、乗っていた9人全員が死亡した。 事故を受けてジョーダン氏は声明を発表し、ブライアント氏はNBAで最も偉大な選手の一人として記憶されると話した。 6度のファイナル王者に輝き、史上最高の選手とされるジョーダン氏は、「コービーとジアナがこの世を去ったという、悲劇的な知らせにショックを受けている」「言葉にならない痛みを感じる。 コービーを愛していた。 私にとっては弟のような存在だった。 よく話したし、もうそれができないのが非常に悲しい」と述べた。 「彼は強烈な負けず嫌いで、バスケ史上有数の偉大な選手であり、創造性も持ち合わせていた。 コービーは家族を深く愛する素晴らしい父親でもあり、娘がバスケットボールというスポーツを愛していることをとても誇らしく思っていた」 事故の知らせに対しては、バスケットボール界だけでなく、世界中から哀悼のメッセージが寄せられている。 【翻訳編集】AFPBB News.

次の

ヘリ墜落事故でコービーさん死亡!?娘も同乗か?事故原因・事故現場はどこ?

コービー ブライアント 死亡

スポンサーリンク では、コービーさんが乗っていたヘリの 墜落原因についてです。 なぜヘリが墜落事故を起こしてしまったのか、という点ですよね。 事故原因についてはまだニュースが出たばかりで情報が追いついていないので、明らかになりましたら記事を更新していきたいと思います。 Twitterの反応 コービーの死を受けて、皆さんがどのような反応を示しているのか、 ツイッターの投稿の中から一部をご紹介します。 コービー事故死?嘘…でしょ… ご冥福をお祈りします… — マサル14 ilng14 コービー亡くなったのがショックすぎてなんも手につかない。 あの生き様の人間を…家族まで…。 意味わからん。 — 三輪t t25436845 コービーが亡くなった なんて信じられない — 正 ヶ 峯 Syogamine やはり皆さん大スターの突然の死に、驚きとショックを隠せていない様子です。 コービーの乗っていたヘリにはコービーを含め5人乗っていたということですが、残念ながら全員の死亡が確認されているとのことです。 その中にはコービーの 次女も一緒だったそうです。 まとめ 今回はNBAの大スターだった、コービーブライアントさんの訃報に関する記事をお送りいたしました。 心からご冥福を申し上げます。 正直まだまだわからないことが多すぎて筆者も追いついていないので、情報が追加で公開されましたら、追って記事も更新していきます。 それでは今回は以上になります。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次の

元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡→悲し過ぎる

コービー ブライアント 死亡

「悪い夢みたいだ」 元NBAコービー・ブライアントさん急死に 事故当時の様子は 事故機が離陸した当時の天候は霧で、地元警察は警察ヘリの使用を取りやめていた。 によると、事故機は26日午前9時過ぎにオレンジ郡ジョン・ウェイン空港を離陸。 その約40分後に、丘が燃えているという通報があったという。 記者会見したNTSBのジェニファー・ホメンディ調査官によると、事故機のパイロットは墜落の数分前、航空管制官に連絡し、最適ではない気象条件で飛行するための特別許可を申請。 許可を得るまで12分間、空中を旋回していたという。 パイロットはその後、衝突をさけるために管制官と常時連絡を取り続ける「フライト・フォロイング」を依頼したものの、管制官は機体の高度が低すぎると伝えた。 さらに数分後、操縦士は「雲の層を避けるために高度を上げる」と連絡。 レーダー記録によると、上昇した後、左に旋回して下降を始めたが、「事故位置に合致する」形で通信が途絶えたという。 墜落現場では機体の破片が約150メートルの範囲で散乱。 尾翼と主回転翼が胴体から離れており、「ひどい事故現場だった」とホメンディ調査官は話した。 事故機にはフライトレコーダーの搭載義務がなく、レコーダーは使われていなかったという。 ブライアントさんが死亡したヘリ墜落事故の現場 南カリフォルニア大学(USC)航空安全治安センターのトマス・アントニー所長はBBCに対して、雲が多い状況での飛行は視覚的インプットが少なく、パイロットは「空間識失調」を経験することがあると説明。 「そのため人工的な地平線を表示してくれる計器を使う必要がある」という。 その一方で、墜落事故の原因は常に複合的で、「どういう要因の組み合わせがこの悲劇的な事故につながった」か、調査官たちは調べる必要があると、アントニー氏は話した。 さらに、S-76については「世界中で使われている高度に洗練された機種」で、ジェットエンジン2基の双発機のため、たとえ片方のエンジンが故障しても飛び続けられると述べた。 ブライアントさんはなぜヘリで移動 ブライアントさんは事故当時、小中学生の大会に出場する娘のバスケットボール・チームを指導するため、自ら主宰するマンバ・スポーツ・アカデミーの会場に向かっていた。 ロサンゼルスの交通渋滞を避けるために自家用ヘリを使うことが多く、この日はニューポート・ビーチ近くの自宅からサウザンド・オークスにある会場へ移動するはずだった。 渋滞がなければ車で1時間余りの距離だが、渋滞すれば3時間以上かかることもある。 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のマイケル・マンヴィル教授(交通専門)は、ロサンゼルスの交通渋滞がひどい理由として、混雑課金がないことと、「ロサンゼルスは人口も経済も都市化が進むのに、郊外のようなレイアウト」のため住民は運転しないわけにはいかないことを挙げる。 、ロサンゼルスのドライバーは2018年、渋滞によって平均128時間を失っている。 NBA史上最も偉大な選手の1人 ブライアントさんは、NBAロサンゼルス・レイカーズの主力選手として5回優勝。 NBA史上最も偉大な選手の1人とされてきた。 ブライアントさんはNBAでプレーした20年間、一貫してレイカーズで活躍した後、。 2008年に最優秀選手(MVP)に選ばれ、NBAファイナルズのMVPにも2度選ばれた。 NBA最多得点選手は2回。 オリンピックでは2008年の北京五輪と2012年のロンドン五輪で、アメリカ代表チームの優勝に貢献した。 2006年にはトロント・ラプターズ相手に81得点を記録。 これはNBA史上2番目の最多得点だった。 2018年には、。 これは、自分が2015年に書いたバスケットボールへのラブレターをもとにした作品だった。 ブライアントさんと妻ヴァネッサさんの間には、ほかに娘が3人いる。 2003年にはコロラド州のリゾート地で働いていた19歳女性から、性的に暴行されたと告訴された。 ブライアントさんは、合意の上での性行為で強制はなかったと反論。 女性が法廷での証言を拒否したため、刑事訴追は取り下げられた。 ブライアントさんは後に謝罪し、「彼女がこの件を自分と同じように受け止めなかったし、受け止めていない」ことは理解すると述べた。 双方の間には後に示談が成立している。

次の