カトリック 長崎 大司教 区。 カトリック東京大司教区、主日のミサを動画配信

カトリック東京大司教区、主日のミサを動画配信

カトリック 長崎 大司教 区

6月21日、「カトリック神父による性虐待を許さない会」が発足した。 1年前、月刊「文藝春秋」(19年3月号)で一人の男性が幼少期に神父に強いられた性的虐待を実名で告発したのをきっかけに、各地で被害者が沈黙を破り始めたのだ。 彼ら、彼女らは本格的な被害者支援はおろか実態調査にさえ動き出さない日本のカトリック教会に、憤りを強めている。 この日、長崎市内で開かれた緊急集会で、長崎大司教区(教区長・高見三明大司教)の神父から長時間にわたって胸をもまれるわいせつ行為の被害に遭った50代の女性信徒が、こんな言葉を口にした。 その行動の背景を探っていくと、億単位の信徒からの献金を1人の神父が詐欺的投資に投じて消失させていた。 聖職者たちは教会を私物化し、保身のためには信徒を傷つける、およそキリスト教の教えとは無縁の体質に成り果てていた。 (全2回の1回目/) 司祭研修会で起きた「魔女狩り」 きっかけは、2019年2月4日、原爆投下の爆心地に近い浦上にある大司教館の会議室で開かれた、司祭研修会と題した会議でのことだった。 「わがの思い通りになると思うなよ」 広い会議室の前列から荒っぽい長崎弁を浴びせたのは、やくざではなく、黒い立ち襟の祭服に身を包んだ約150人の神父のうちの1人だった。 矛先を向けられた50代の女性職員は、強張った顔のまま下を向いていたという。 女性職員は大司教区が設置する「子どもと女性の人権相談室」の室長。 03年、当時の教皇ヨハネ・パウロ2世からヒエラルキーの頂点に立つ大司教に任命された高見三明氏(74)は、16年からは国内16の教区(それぞれが独立の宗教法人)を束ねる包括宗教法人「カトリック中央協議会」(東京都江東区)のトップ、司教協議会会長も務める。 昨年、教皇フランシスコが長崎を訪問した際は案内役を担った。 なぜ日本のカトリック教会のトップに立つ高見氏の足元でパワハラが起こるのか。 「その原因はお金の話だった」と証言するのは別の大司教区関係者だ。

次の

カトリック大阪大司教区(大阪府、兵庫県、和歌山県)

カトリック 長崎 大司教 区

大阪大司教 トマス・アクィナス 前田万葉 枢機卿• 1949年3月 3日 長崎県南松浦郡新上五島町仲知に生まれる• 1975年3月19日 司祭叙階• 2011年6月13日 広島教区司教に任命される• 2011年9月23日 司教叙階• 2014年8月20日 大阪教区大司教に任命される• 2014年9月23日 着座• 2018年6月28日 枢機卿に親任される 司教紋章の説明 「復活の十字架」:大阪教区の再宣教150周年にあたり福音の喜びがさらに広がることを目指す。 背景には司祭叙階時決意「お言葉ですから、網を降ろしてみましょう」のイメージをあしらい、大阪大司教・枢機卿としての召命を再決意。 「鳩から下へ広がる黄金色の聖霊」:宣教目標「キリストの平和(Pax Chiristi)」を記銘。 聖霊の内にFides(信仰)、Spes(希望)、Caritas(愛)による不思議な大漁のようにキリストの平和が実現できますようにと祈りを込める。 「最下部の帯」:「NON MINISTRARI SED MINISTRARE(仕えられるためではなく、仕えるために)」を記銘。 「宣教・平和」を実現するためのモットーである。 補佐司教 補佐司教 パウロ 酒井 俊弘• 1960年 3月23日 兵庫県芦屋市に生まれる• 1988年 8月20日 司祭叙階(スペイン)• 2018年 6月 2日 大阪教区補佐司教に任命される• 2018年 7月16日 司教叙階 司教紋章の説明 背景に和柄の麦と海。 麦はイエス自身を表し、実りに溢れる教会も表す。 大阪教区は海に面しており、海は世界とつながっている。 花は椿。 宣教師たちが持参した聖母の絵にあった薔薇は、日本では椿の花で描かれた。 三つの椿は「御父の娘、御子の母、聖霊の花嫁」という意味。 中央の青い星は海の星聖マリア。 VERITAS IN CARITATE(愛における真理)は、「愛に根ざして真理を語る」(エフェソ4章15節)から。 歴代教区長• フェリックス・ニコラス・ミドン(パリ外国宣教会) 1888-1893年• アンリ・ヴァスロン(同会) 1893-1896年• ジュル・オーグスト・シャトロン(同会) 1896-1917年• ジャン・バティスト・カスタニエ(同会) 1917-1940年• パウロ田口芳五郎 1941-1978年• パウロ安田久雄 1978-1997年• レオ池長潤 1997-2014年 教区小史 1888年、日本南緯使徒座代理区に属していた近畿、中国、四国の3地方は日本中部使徒座代理区として独立、パリ外国宣教会に委託されたが、1891年6月15日には司教区に昇格して大阪教区となり、代理区長F.N.ミドン師は司教に叙階された。 1904年1月27日、四国全域が新設の四国使徒座知牧区に、また、1923年5月4日、岡山、広島、山口、島根、鳥取の5県が新設の広島使徒座代理区に委譲された。 さらに、1937年6月17日、京都使徒座知牧区の設立に際しては、京都、奈良、三重、滋賀の1府3県が委譲されたので、その後は大阪府と兵庫、和歌山両県を管轄区域としている。 1940年、J.-B.カスタニエ司教の辞任により、田口芳五郎師が後を継ぎ、翌年12月14日、司教に叙階された。 1969年6月24日、大阪教区は大司教区に昇格、田口司教が初代教区大司教に就任した。 翌年2月5日、安田久雄師が補佐司教に任命された。 1973年3月5日、田口大司教は日本人として二人目の枢機卿に親任された。 1978年2月23日、田口枢機卿が逝去、同年11月15日、安田補佐司教が教区大司教に任命された。 1995年11月2日、イエズス会の池長潤師が協働大司教に任命された。 1997年5月10日、安田大司教の退任に伴い、池長大司教が後を継ぎ、教区司教(宗教法人代表役員)に就任した。 1999年4月19日、松浦悟郎師が補佐司教として任命され、同年7月17日に司教に叙階された。 2014年8月20日、池長大司教の引退が受理、広島教区の前田万葉司教が大阪大司教に任命され、9月23日に着座した。 2018年6月28日に前田大司教は枢機卿に親任。 またその前、6月2日にホセ・マリア・アベイヤ、酒井俊弘両師が補佐司教に任命され、7月16日にともに司教に叙階された。

次の

カトリック長崎大司教区(長崎県)

カトリック 長崎 大司教 区

大司教館• 〒852-8114 橋口町1番1号( ) 教区事務所• 〒852-8113 長崎市上野町10番34号 内( ) 司教座聖堂• - 〒852-8112 長崎市本尾町1番79号 ( ) 教区長• ヨセフ大司教 管轄区域• 沿革 [ ]• (2年)• 日本長に任命された(のち)が代理区長館をからへ移す。 (9年)• 日本使徒座代理区が南北に2つに分割。 プチジャン司教は、近畿、中国、四国、九州の各地方を管轄する 日本南緯使徒座代理区の代理区長となる。 (明治21年)• 日本中部使徒座代理区が新設され、近畿・中国・四国の3地方を委譲し、日本南緯使徒座代理区の管轄は九州地方のみに縮小。 (明治24年)6月15日 - に昇格し、 長崎司教区となった。 (12年)- 長崎司教区の管轄下にあったミッションを担当していたがクーザン司教の依頼に応え、に移住(海外に渡った初日本人宣教師となった )。 現在、列福調査中。 (2年)• 3月18日 - 鹿児島(現在の)の新設に伴い、・を委譲。 7月16日 - が新設されたことにより・・・・の5県を委譲し、長崎県だけが管轄となる。 10月30日 - 神父が日本人として初めて司教に。 日本最初の邦人教区となる。 (昭和12年)- 早坂司教が辞任。 後任に神父が任命される。 (昭和27年) - カトリック長崎大司教区所有の「珠冠のまぬある(スピリツアル修行) 」が国に指定される。 (昭和34年)• 5月14日 - 長崎司教区が 長崎大司教区に昇格。 これにより、福岡・大分・鹿児島・那覇の各司教区を束ねるとなる。 9月27日 - 山口愛次郎司教がに昇任。 (昭和37年)1月1日 - が、それまでのからに変更される。 (昭和43年)12月19日 - 山口大司教が辞任。 後任に鹿児島司教区の司教が任命される。 (昭和44年)3月16日 - 里脇大司教が着座。 (昭和53年)- 松永久次郎神父がに叙階。 (昭和54年)6月30日 - 里脇大司教が日本人として3人目のに親任される。 (元年)• 大司教館が大浦教会敷地()から現在地に新築移転。 浦上教会と道路を挟んで隣接する現在地は、それまで長崎公教神学校があった場所で、同時に長崎公教神学校もその隣に新築移転してに名称を改めた。 (平成2年)• 2月8日 - 里脇大司教が辞任。 後任に浦和司教区(現在の)の司教が任命される。 5月8日 - 島本大司教が着座。 (平成14年)• 1月23日 - の神父が長崎大司教区の補佐司教に任命される。 4月29日 - 高見神父が司教叙階。 8月31日 - 島本大司教が急逝。 長崎大司教区が司教座空位となる。 (平成15年)• 10月4日 - 高見補佐司教が大司教に任命される。 12月14日 - 高見大司教が着座。 (令和元年)• 5月31日 - 中村倫明神父が長崎大司教区の補佐司教に任命される。 9月16日 - 中村神父が司教叙階。 信徒数:62,021人(人口あたりの信徒率:4. 信者数 :63,081人 教会数• :71• 準小教区:1• 巡回教会:60• 集会所:1 教区の教会 [ ] 長崎大司教区では、管轄区域()の教会を7つの地区(長崎中地区、長崎南地区、長崎北地区、佐世保地区、平戸地区、上五島地区、下五島地区)に分けて管理している。 長崎中地区 [ ]• 稲佐教会• 城山教会• 西町教会• 三ツ山教会• 本原教会 長崎南地区 [ ] 青砂ヶ浦教会• 青方教会• (巡回教会)- 冷水教会• 大曽教会• (巡回教会)- 跡次教会• 桐教会• (巡回教会)- 中ノ浦教会、若松大浦教会• 曽根教会• (巡回教会)- 大水教会、小瀬良 (こせら)教会• 鯛ノ浦教会• (巡回教会)- 、船隠教会、佐野原教会• 仲知 (ちゅうち)教会• (巡回教会)- 、赤波江 (あかばえ)教会、米山教会、小値賀教会()• 土井ノ浦教会• (巡回教会)- 大平教会、有福教会• 浜串教会• (巡回教会)- 福見教会、高井旅教会• 真手ノ浦 (まてのうら)教会• (巡回教会)- 焼崎教会、猪ノ浦教会• 丸尾教会 下五島地区 [ ].

次の