ムフェト ライト ボウガン。 【MHWアイスボーン ライトボウガン】ムフェト水ライト質問まとめ③

【MHW:IB】ムフェト周回・最安定の覚醒水ライト装備と立ち回り紹介│Canine Conquers

ムフェト ライト ボウガン

おすすめ武器と装備紹介 赤龍ノ狙ウ弩・水 ムフェトジーヴァの討伐報酬で入手可能なライトボウガン。 Lv3徹甲榴弾が移動撃ち可能で、高い攻撃力、真業物と砲術極意が両立可能、睡眠弾が撃てると最強のライトボウガンです。 覚醒能力は迅竜の真髄or熔山龍の真髄を発動させ、残りは攻撃力強化に全振りします。 覚醒武器にシリーズスキルを付与しているので、ゾラマグナ3部位+ナルガ2部位で 真業物+砲術5が可能となりました。 装填拡張3は必須。 落し物の数が増える 地質学1と火力upの 不屈も発動しています。 リロードが回避装填なので、慣れていないと使いにくいのが欠点。 Lv2徹甲榴弾が単発自動装填可能なので、回避装填も不要で初心者にも使いやすいです。 睡眠弾が撃てるのもおすすめポイント。 火力は低いので、討伐を狙っても弾切れになる事が多いです。 しかしスタンや部位破壊を狙うなら火力はあまり気にならないと思います。 単発自動装填なので装填拡張も不要。 砲術5・破壊王3・KO術3でガンガン落し物を狙いましょう。 上記は耳栓を発動した、初心者でも作りやすい構成です。 素材が集まれば赤龍ノ狙ウ弩・水や黒羽の弩に変更していきましょう。 睡眠弾が撃てないというデメリットがあるものの、 Lv3徹甲榴弾が移動撃ち可能なので、赤龍ノ狙ウ弩・水が登場する前までは最強クラスのライトボウガンでした。 赤龍ノ狙ウ弩・水と同じく回避装填が必要なので、慣れを要します。 装備の難易度は高くないので作成しやすいと思います。 地質学で効率良く大霊脈玉を集めよう 導きの地で『 地質学レベル1』を発動させているとモンスターから入手できる 落し物が2倍になるというものです。 導きでは単純に効率が2倍になるので、最優先で発動させるべき最強スキルです。 1スロで発動できるので、 大霊脈玉集めには絶対に地質学を発動させましょう。 ムフェト+ストームスリンガーで不屈を発動させよう 倒れる度に攻撃力と防御力が上昇する不屈は、探索扱いで何度倒れてもOKな 導きの地と相性が良いスキルです。 イベントで入手できるストームスリンガー 逸品 は、特殊弾のストームボルトが使用可能です。 ストームボルトは射撃ボタン押しっぱなしで暴発させることが可能なので、暴発すれば体力が9割くらい減らせます。 そしてムフェトジーヴァ3部位で発動する龍脈覚醒の効果による、攻撃時の自傷ダメージを組み合わせれば、ベースキャンプですぐに力尽きることが可能です。 大タル爆弾も不要なので、ストームスリンガー 逸品 +ムフェト装備は是非作っておきましょう。 スタン+部位破壊+睡眠で落し物を集めよう 近接の睡眠武器による睡眠ぶっ飛ばしも有効ですが、徹甲榴弾による部位破壊+スタンでも落し物集めしやすいのでおすすめです。 特に翼などは徹甲榴弾だと破壊しやすいのがメリット。 睡眠弾が使用できるなら睡眠ぶっ飛ばしも可能です。 討伐を狙うと弾切れになる事が多いので、ある程度落し物を回収すれば探索終了してもいいと思います。 歴戦ネルギガンテを討伐まで落とし物集めをした結果です。 基本はスタンを狙いつつ、翼などの部位破壊も狙います。 途中睡眠弾による睡眠を2回行っています。 落とし物の数は66個!そのうち 大霊脈玉は5個でした。 ソロで気軽に集められるのでおすすめです。

次の

【MHWIB】通常弾と散弾使うなら龍!覚醒武器ライトボウガン「赤龍ノ狙ウ弩・龍」のビルドを紹介。

ムフェト ライト ボウガン

【MHW:IB】属性ライトボウガン・最強テンプレ装備紹介 (例)氷属性ライトボウガンのテンプレ装備 以前は、シルソル装備(銀リオレウス防具)を主体とした『真・会心撃』装備が属性ライトのテンプレ装備でしたが、 ムフェトジーヴァ実装後では、赤龍装備5部位の『真・龍脈覚醒』装備が最強テンプレ装備となりました! 属性ライトボウガンの最強テンプレ装備・防具編 現段階で最も火力を出せる装備構成は、EX龍紋装備を5部位使うことによって発動するシリーズスキル『真・龍脈覚醒』を使う構成となりました。 防具構成 装備は至ってシンプル!どの属性であってもベースはこの防具構成になります。 シリーズスキル『真・龍脈覚醒』• 超会心 Lv. 回避性能 Lv. 属性やられ耐性 Lv. 2 火力アップのための超会心、被弾防止の回避性能、何かと便利な属性やられ耐性、と無駄のないスキル構成です。 (4)(1)(1)• (4)(2)• (4)(2)(2)• (4)(1)• (4)(2)(1) 合計、 4スロットが5つ、2スロットが4つ、1スロットが4つになります。 絶対に入れるべき必須スキルとその他オススメスキル 火力UP・生存率UPのための必須スキルと、その他オススメスキルは、下記の通りです。 体力増強 Lv. 逆恨み(Lv. 属性やられ耐性(Lv. 1分)• スリンガー装填数UP• 力の解放• 2まで入っている 『属性やられ耐性』、 起爆竜弾のダメージUPができる 『特殊射撃強化』、何かと便利な 『スリンガー装填数UP』、 この辺りを余ったスロットに組んでいくのがオススメです。 属性ライトボウガンの最強テンプレ装備・武器編 使用するライトボウガンは、全て覚醒武器を使用するのが理想です。 覚醒武器のほうが基礎攻撃力が高い点、属性弾の装填数が多い点を考慮し、これまでの生産武器を使うメリットは無くなりました。 各属性別・オススメのライトボウガン 各属性別にオススメなライトボウガンは下記の通りです。 火属性:赤龍ノ狙ウ弩・火• 水属性:赤龍ノ狙ウ弩・水(超オススメ!)• 雷属性:赤龍ノ狙ウ弩・雷• 氷属性:赤龍ノ狙ウ弩・氷 覚醒ライトボウガン(龍以外)は、しっかりと強化し装填拡張Lv. 3を組むことで、属性弾を7発装填することができます。 中でも、覚醒水ライトボウガンはある理由から他の属性ライトボウガンと比べて、ぶっ壊れ性能となっています。 理由についてはこちらの記事から。 水属性以外の火、雷、氷に関しては、下記の強化が理想です。 反動抑制パーツ x 3• 攻撃力強化V x 4• 回復能力付与(オススメ!)• 攻撃力強化 『反動抑制パーツ』を3つ付けることで、属性弾速射の反動が【中】になり、歩きながら撃てるようになります。 また、属性弾は貫通し複数ヒットするため、『弾丸重化パーツ』を付けてヒット数UPを狙います。 理想の強化方法(赤龍ノ狙ウ弩・水) 覚醒水ライトに関しては他の属性ライトと違い、覚醒能力に『反動抑制』もしくは『リロード補助』をつけることで、水属性速射を反動【小】にすることができます。 理想の強化方法に加え、なぜ覚醒水ライトがぶっ壊れ性能と騒がれているのか、その理由についても別記事でまとめているため、こちらをご覧ください。 覚醒武器、ムフェトジーヴァの防具が登場したことで、ほとんどの武器種のテンプレ装備が更新されたといっても過言ではありません。 その中でも特に、属性弾運用のライトボウガンはムフェト防具のシリーズスキル『真・龍脈覚醒』との相性が良く、強化されました。 シリーズスキル『真・龍脈覚醒』の効果 ムフェトジーヴァ装備を5部位使うことによって発動するシリーズスキル『真・龍脈覚醒』の効果は以下となっています。 抜刀中に属性、状態異常値、会心率が上昇。 攻撃時にダメージを受けるが、攻撃し続けると自動回復効果を得る。 抜刀時の数値上昇値は以下の通り。 会心率+40%• 属性値+150• 状態異常値+120 属性値と状態異常値の数値を見てもよくわかりませんよね。 僕もあまり分かりません(笑) 確実に言えるのは、これまでのシルソル『真・会心撃【属性】』装備よりも火力が出せるということです。 攻撃を外してしまうと自傷ダメージを受けるだけになってしまうデメリットがありますが、 弾速が早く、攻撃を当てやすいライトボウガンにとっては、そこまでのデメリットにはなりません。 むしろ 体力の赤ゲージをほぼ常に維持できるので、『逆恨み』との相性も抜群です。 龍脈覚醒装備は自傷ダメージが発生するため死亡率が上がります。 そのため近接武器で使う際は上級者向けといっても過言ではないですが、 歩きながら撃つ属性ライトでは、もともと被弾が少ないため初心者の方でも使いこなせると思います。 属性弾の装填数が上がった これまでの属性弾運用のライトボウガンでは、装填拡張スキルを付けても4、5発装填が限界でした。 3』を付けることで、装填数が7発まで増加しました! ライトボウガンに馴染みのない方からするとそれだけ?と思われるかもしれませんが、 「リロード回数減少=手数UP」のため、DPSが大きく向上します。 つまり大幅な火力アップになったのです。 しかも赤龍装備1式には、業物の護石(弾丸節約)を付ける余裕があるため、ガンガン撃ちまくることができます。 【MHW:IB】属性ライトボウガン・最強テンプレ装備紹介まとめ ライトボウガンと赤龍装備『真・龍脈覚醒』の相性は、全武器種の中でも抜群です。 各属性弾に対応する覚醒武器を作る• ムフェトジーヴァ防具5部位を作る これだけで、現状の属性ライトボウガン、最強テンプレ装備の完成です! 効率よくダメージを与えるには正確に弱点を狙う必要がありますが、適当に身体を貫通させるように撃つだけで 歴戦危険度3のモンスターであれど、ほぼ10分以内に終わります。 はっきり言ってめちゃくちゃ強いですね。 武器の好みは人それぞれあるので一概に言えませんが、レア装飾品狙いで脳死周回したいなら属性ライトはかなりオススメです。 水属性速射の覚醒水ライトだけは、他の属性ライトと少しだけ強化方法が異なりますので、その点だけご注意ください。

次の

【MHW:IB】ムフェト周回・最安定の覚醒水ライト装備と立ち回り紹介│Canine Conquers

ムフェト ライト ボウガン

強化パーツ• 反動が少ないほど次の弾を撃つまでの感覚が短くなり、その分ダメージ増加が期待できるので、反動抑制パーツは優先的に装備しましょう。 また、リロード補助パーツを1つ取り付けることで水冷弾のリロード速度を「やや遅い」から「普通」に短縮することが出来ます。 カスタム強化• 会心率強化II EXシルバーソル防具のシリーズスキル「銀火竜の真髄」を覚醒能力で発動。 スキル発動のために会心率も強化しています。 覚醒能力の「会心率強化V」とカスタム強化の「会心率強化II」を合わせると、武器の基礎会心率が40%まで上昇。 会心率がそれほど必要ない場合は「攻撃力強化V」を積みましょう。 攻撃で会心が発生した際に、与える属性ダメージが高くなります。 武器の基礎会心率と見切りLv7の効果で、どの部位に攻撃が当たっても 80%の確率で会心が発生します。 覚醒能力で「攻撃力強化」を積むスタイルでは、ムフェトジーヴァの「翼」破壊を狙う際に「弱点特効」の効果があまり期待できなかったので、武器の会心率自体を上げてみました。 攻撃力の低さはフルチャージで補っています。 弱点部位に関係なく高い会心率が期待できるので、ムフェトジーヴァの部位破壊を狙うのに最適です。 EX龍紋シリーズの水速射ライト装備 EX龍紋シリーズ用のカスタマイズ カスタム強化• 回復能力付与II• 属性・状態異常強化I ムフェトジーヴァ防具のシリーズスキル「龍脈覚醒」が発動していると、攻撃時に自傷ダメージを受けるようになるので、その対策として武器のカスタム強化で「回復能力付与」を積んでおきましょう。 回復能力付与を積んでおけば受ける自傷ダメージ分を回復させることが出来るので、シリーズスキルのデメリットなしに安定して立ち回ることが出来ます。 自傷ダメージを利用して「 逆恨み」を発動させつつ、カスタム強化の「 回復能力付与」で体力を回復するスタイルです。 ただし、攻撃を外してしまうと自傷ダメージを受け続けてしまうので、体力の量には充分に注意して立ち回りましょう。 自傷ダメージがきついと感じた人は「精霊の加護」を「体力回復量UP」に変更して、回復する量を調整してください。 徹甲榴弾運用の装備 徹甲榴弾ライトのカスタマイズ カスタム強化• 回復能力付与• 攻撃力強化 EXゾラマグナ防具のシリーズスキル「熔山龍の真髄」を覚醒能力で発動。 その他の覚醒能力やカスタム強化に関しては「攻撃力強化」で埋めています。 徹甲榴弾運用では会心率を上げる必要はないので、ひたすら攻撃力を強化していきましょう。 スキルの発動確率は約25%ということなので、4発に1発の割合で発動。 非常に弾持ちが良いので、ムフェトジーヴァのような同じエリアで長時間戦うモンスターに効果的です。 覚醒能力を「 迅竜の真髄」に変え、ナルガ2部位とゾラマグナ3部位で運用しても同じシリーズスキルが発動します。 手持ちの覚醒武器に合わせて装備を組んでみてください。 KO術を5まで積むと気絶威力を1. 6倍まで上げることができ、モンスターをスタンさせやすくなります。 ムフェトジーヴァをスタンさせて部位破壊の手助けをするのがこの装備の狙い。 1回のクエストで4回くらいスタンが取れます。 頭の部位破壊を狙うことも出来るので非常におすすめ。 ただし、上で紹介したナルガ&ゾラマグナ装備よりは弾持ちが良くないので注意が必要です。 水速射ライトでの立ち回り方 水速射ライトを担ぐ場合、ムフェトジーヴァ戦では基本的に「 翼」の部位破壊を担当することになります。 部位破壊できていない箇所を優先的に攻撃• エリア3では「腹部」を攻撃• 徹甲榴弾、麻痺弾、睡眠弾の使用はエリア3から クエスト2週目では「部位破壊できていない箇所」や「腹部」を優先して攻撃します。 ムフェトジーヴァが臨界状態になるエリア3で攻撃を集中させたいので、モンスターの動きを止める徹甲榴弾、麻痺弾、睡眠弾の使用はエリア3まで控えましょう。 まとめ 以上、ムフェトジーヴァの水速射ライト「赤龍ノ狙ウ弩・水」用装備の紹介でした。 「水速射ライト」と「徹甲榴弾ライト」、どちらで運用しても強力です。 徹甲榴弾でスタンが狙える他に、麻痺弾や睡眠弾で味方のサポートも行えるので、水速射ライトが1人でもいてくれればクエスト周回が非常に楽になります。 ムフェトジーヴァ周回の際は、是非「水速射ライト」を担いでみてください。

次の