ライブ配信中 死亡。 【動画】女子高生がライブ配信中に電車(瀬谷駅)に飛び込み自殺する…ネットの声は【人身事故の瞬間映像】

ダーウィン賞がデマ拡散「スマホ片手にライブ配信しながら登山して死亡した」はガセ

ライブ配信中 死亡

道化師(クラウン)を病院に派遣し、闘病中の子どもを励ます活動を続けるNPO法人「日本ホスピタル・クラウン協会」(名古屋市)が、パフォーマンスのライブ配信を計画している。 新型コロナウイルスの感染を防ぐための試みで、クラウドファンディング(CF)で支援者を募っている。 協会は全国の96病院にクラウンを無償で派遣し、子どもたちに手品やバルーンアートを披露してきた。 しかし、新型コロナの影響で2月末から活動を自粛。 病院の面会制限が厳しくなったことも背景にある。 代わりに計画しているのが、オンライン会議システム「Zoom(ズーム)」を使ったライブ配信だ。 対象は闘病中の子どもがいる200家族。 パフォーマンスとともに、プロの似顔絵師が画面に映った子どもたちの顔を描いてプレゼントする特典もつける。 理事長の大棟耕介さん(51)は「ジャグリングやバランス芸も見せて、子どもたちに笑顔を届けられたら」と話す。 自身が経営する「プレジャー企画」(名古屋市)では5月31日、クラウンたちの芸を有料で配信する試みを始めた。 客が喜んで拍手する姿を画面上で確認でき、「オンラインでも楽しませられると手応えをつかめた」という。 CFのアドレスは()。 受け付けは6月20日まで。 (角拓哉).

次の

YouTuberが配信中におにぎりの一気食いで窒息、死亡 医師は「早食い」に警鐘

ライブ配信中 死亡

新型肺炎で試行錯誤する中、200万人以上の会員を持つ中国の旅行会社の取り組みが成果を上げ、大きな注目を集めている。 写真は謝CEO(右)。 世界で最も早く新型コロナウイルスの感染が広がった中国では、感染拡大防止のために長らく外出制限が続き、旅行業界が大きな打撃を受けた。 その後、感染拡大に歯止めがかかり、当局は外出制限や行動制限を続々と緩和。 労働節に伴う5月1〜5日の連休期間中は延べ1億1500万人が国内を旅行した。 一方で、多くの観光地で入場制限が行われるなど、感染の第2波への懸念が強く、完全に回復したとは言えない。 各企業が困難を乗り越えるために試行錯誤している中で、200万人以上の会員を持つ中国最大の親子専門のイベント・旅行会社「麦淘親子(マイタオチンズー)」の取り組みが成果を上げ、大きな注目を集めている。 麦淘親子は2014年に創業し、会員に親子向けのリゾートツアーや研修旅行といったコンテンツを提供している。 創始者の謝震(シエ・ジェン)最高経営責任者(CEO)は中国の大手旅行サイト「芸龍旅行網」の最高執行責任者(COO)を務めた経験を持つ、中国旅行業界の代表的な人物だ。 一方で収益は落ち込んでいくという厳しい状況に立たされていた。 しかし謝氏はいずれ旅行業界は回復すると信じ、逆境の中でもできることをしようと決意。 親子向けのホテルを訪問してライブ配信で会員にその魅力を紹介する案を打ち出した。 この方法であれば、外出を控えている会員も安全に楽しみながら流行終息後の旅行計画を立てることができる。 気に入ればすぐに予約できる仕組みにすることで、ホテルや麦淘親子の収益にもつながる。 圧倒的な反響を呼び、すぐさま人気配信となった。 5月13日時点ですでに26軒で実施され、12軒目に紹介した海南省のプルマン・三亜・ヤロン・ベイ・ヴィラズ・アンド・リゾートでは、配信中に2100室もの予約が入った。 他のホテルでも視聴者の予約率は平均20%で、1軒当たり平均500室予約されている。 これほどの効果が出ている理由の1つは、ホテルとの提携によって高品質・低価格を実現していることだという。 会員に人気があるのは、プライバシーや安全性に配慮されたヴィラタイプの施設などだ。 通常なら高価格だが、配信では1泊当たり平均800元(約1万2000円)という特別料金を提示している(人数ごとではなく部屋ごとの料金)。 新型コロナウイルスの影響で収入が減った人は海外旅行を控え、大きな影響を受けなかった人は自主隔離生活の反動で、積極的に海外旅行し、よりぜいたくなサービス・商品を求めるようになる可能性がある」と推測。 「日本はもともと中国人に人気がある上、新型コロナウイルスの流行を受けて日本の各界が中国に医療物資の支援などを行なったことは中国の人々を感動させた。 これにより、訪日中国人観光客はさらに増加し、日本の高級リゾート施設の需要は一層高まるだろう」と話した。 また、謝氏は2001年、中欧国際工商学院のMBA課程在籍中に交換留学生として日本を訪れ、新潟県の国際大学(IUJ)で授業を受けた。 そのため日本に深い思い入れがあり、日本のホテルでもライブ配信を行うことで、日本の旅行業界の回復を助けたいと考えている。 具体的な実施先はまだ固まっていないが、日本の流行状況が落ち着き次第、各地のホテル10軒をめぐる計画だ。 親子向けで、周りに特色のある観光資源や観光地があるホテルを取り上げたいと考えている。 最後に謝氏は、「旅行業界は今、新型コロナウイルスの影響で混乱しているが、いずれまた盛り上がる。 諦めずに協力すれば困難を乗り越えられるはずだ」と強調した。 (レコードチャイナ編集部).

次の

ライブ配信が日本の旅行業界を救う?中国の旅行会社が活路を開く(2020年5月15日)|BIGLOBEニュース

ライブ配信中 死亡

しかし、ダーウィン賞の内容をよく読むと「スマホ片手にライブ配信しながら登山して死亡した」と解説されており、事実とは異なるデマが拡散されている状態です。 このデマについては当時も勘違いしている人が見受けられました。 改めて配信された映像からわかる事実を書いておきます。 ダーウィン賞とは? まずはダーウィン賞について説明します。 ダーウィン賞とは、愚かな行為によって自分自身を人類の歴史から消したことで、その愚かな遺伝子を残さなかったことを称える賞のことです。 公式なものではなく、インターネット上に存在する悪ふざけサイトのひとつと考えてください。 たとえば2019年は 民間航空機のコックピットに燃料が漏れ、整備士から飛行をやめるよう警告されたのにきかずに飛び立ち墜落死した男性 ドアを開けると拳銃から弾丸が発射されるブービートラップを自分で設置しておきながら、自分でドアを開けて射殺された男性 といった事例に贈られました。 そのダーウィン賞の2020年のアワードに、冬の富士山に登り、滑落死した日本人男性が選ばれました。 「スマホ片手にライブ配信しながら滑落」とデマ この日本人男性とは、2019年10月に『ニコニコ生放送』でライブ配信をしながら冬の富士山を登り、足をすべらせて滑落死したTEDZU(テツ)さんのことです。 この事例についてダーウィン賞は「スマホを片手に持ち、そのカメラでライブ配信をしながら富士山を登っていたため死亡した」かのように解説しています。 しかし、これらの解説は明らかな間違いです。 アクションカメラで撮影&スマホでインターネット配信 TEDZUさんのライブ配信の方法は、帽子につけたアクションカム(アクションカメラ)で映像を撮影しながら、それをスマホのアプリでライブ配信するという方法です。 決してスマホを片手に持ち、そのカメラで撮影しながら登山をしていたわけではありません。 また、視聴者からのコメントもスマホを見ていたわけではなく、視聴者が投稿したコメントを自動で読み上げるソフトを通して耳で聞き、口でコメントを返していただけです。 TEDZUさんがスマホを手に持っていなかったとする証拠としては、ほかの配信でその構成であること、富士登山の映像のなかで「スマホホルダーあったが良かったね。 あの、ポケットにね、スマホ入れてるから」とTEDZUさんが話しているシーンがあるほか、滑落時の映像にスマホが映っているシーンがあげられます。 全体像で見れば、嘘とまでは言い切れないのかもしれません。 しかし、ダーウィン賞の死者を小馬鹿にしている解説は、TEDZUさんという人物を調べたあとに見えてくる人間性とは大きくかけ離れています。 TEDZUさんの事例はNHKの番組『クローズアップ現代+』が追跡調査をしており、これを読めばTEDZUさんが「ソーシャルメディアで人気を得るために冬富士に登ったわけではない」ことが見えてきます。 ダーウィン賞はTEDZUさんのことを「素人ハイカー」と表現していましたが、NHKの取材では「40代に入ったテツさんは富士登山に熱中するようになります」と、富士登山の経験がなかったわけではないことも伝えています。 TEDZUさんが遺した映像や、NHKの取材からわかるTEDZUさんの人間性を見ていると、今回の滑落死はダーウィン賞を贈られるような「愚かな行為によって自分自身を人類の歴史から消したことで、その愚かな遺伝子を残さなかったことを称える」事例ではないように思えます。 そしてもしかしたら、それはダーウィン賞を贈られたほかの事例でも同じかもしれません。 「墜落死した男性」も、「自分の罠にかかって死んだ男性」も、現地の報道をよく読めば異なる印象を抱くかもしれないのです。 一見するとバカな死に方をした人物を、面白おかしく紹介することでその人気を確立してきたダーウィン賞ですが、その事例は作られたものである可能性があります。 少なくとも、今回のTEDZUさんの事例では筆者はそう思いました。 富士登山中に視聴者からの「世界に自分ひとりだけ、孤独や恐怖を感じませんか?」という質問に対して、「まあ大丈夫よ。 そう、東京にいたほうが孤独だもん。 俺の場合」と答えていたTEDZUさん。 彼の行動が結果として死につながったことは事実ですが、ダーウィン賞を贈られるような愚かなものだと言うことはできません。 20 ID:jLrk0BcI0 お弁当を手にピクニックと言われてリュックに入れてたら違うって言うのか?

次の