スター ウイニング ガンダム エクバ 2。 ガンダムヴァーチェ

「スターウイニングガンダム」が新規参戦! AC「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2」アップデート実施決定

スター ウイニング ガンダム エクバ 2

SDBF 「スターウイニングガンダム」 レビュー SDBFから「スターウイニングガンダム」のレビューです。 『ガンダムビルドファイターズトライ』に登場するガンプラ。 ホシノ・フミナの機体。 レディ・カワグチとのバトルで「仲間をフォローすることばかりに気を取られて 自分の力だけで戦う覚悟を忘れていた」ことに気付かされたフミナが、新たに作り上げたガンプラ。 SDガンダム形態とリアル形態の融合を果たしており、両方の形態に変形する事が出来る。 パーツ分離や、飛行形態への変形機構も残されており、バトル中にはあらゆる戦局に対応が可能となっている。 新たな装備として、粒子ジェネレーターを搭載したガンビットとガードビットをそれぞれ二基持ち、 遠隔操作することで死角からの攻撃や、仲間をビームバリアで守るなど、攻守に活躍する。 ではレビューは下からどうぞ。 パケ横。 付属品一覧。 トライバーニングやライトニングフルバーニアンがベースありきの改造だったのに対し、 スターウイニングは完全にデザインが変わっているので、キットも同チーム後継機で唯一の完全新規キットになってます。 バックパックの無い状態だと腰の裏側が思いっきり開いています。 カラーリング再現度やシールの使われている箇所は基本的にウイニングを踏襲した感じ。 ただ目は従来通り4種類から選べるものの、ギミックの都合で1種類しか使う事は出来ません。 バックパックを装備。 この時点だと全く自立は出来ません。 ウイニングと。 プロポーションが若干細くなった感じですかね。 以下、可動範囲の紹介。 首の可動。 二重ボールジョイント接続。 ウイニングのボールジョイントが抜けやすいとい問題は解消されましたが、 今回はどうもギミック用の根元部分が外れやすい印象。 可動域はSDらしいですが、肩アーマーとかなり干渉する。 胴の可動。 腰部がボールジョイント接続。 デザインとギミックの関係で、見事にどの方向へもろくに動きません。 上下にも気持ち動く程度で、実質的に動かないに等しい。 なんと回転させることも不可能。 肩・腕の可動。 肩は根元がボールジョイント接続、肩アーマーがボールジョイント接続、上腕が肩アーマー内にボールジョイント接続。 前述の通り肩と頭部がかなり干渉するので、肩はほとんど上げられないに等しいです。 ただ上腕の可動域が広めなので、腕は上げられます。 肘は単純スイング。 手首はボールジョイント接続。 下半身の可動。 股関節は上側にボールジョイント接続。 足首はボールジョイント接続。 腰が全く動かないというのが非常に痛いですね。 BB戦士では特に派手なポージングを演出する為に必要な関節なので。 以下、仕様や武装の紹介。 バックパックのガンビットとガードビットに、ブレード状のエフェクトパーツを取り付け。 この状態でようやく自立可能になります。 スタークロス。 ガードビット側面のパーツを中心に、上記のエフェクトパーツを刃として取り付け。 大小2つで、両方をまとめて大きな十字手裏剣にも。 マシンガン、ビームマシンガン、メガブレード。 マシンガンとブレードパーツの組み合わせで3形態。 成型色はグレーで作られています。 ビームマシンガンだけは大きな問題があり、ブレードパーツ側面のピンが尋常ではないほど頭部と干渉する。 本当に邪魔で切り落としたい所ですが、何かに使うかもしれないのでいちおうそのままに。 コアファイター。 前のウイニングと全く同じ構造で、頭部のみを外して構成。 ただ目の選択が出来ない構造に変わっているので、変形時の目はグレーのバイザーパーツで隠す形に。 アンテナのあった場所にはメガブレードを取り付け可能。 コアブースター。 肩アーマーを下げ、脚を前後反転させた胴体にコアファイターを取り付けた形態。 メガコアブースター。 本機の飛行形態は基本的にこの形態。 コアブースターの足にバックパックを取り付けて、左右のパーツの角度を変えて完成。 前のウイニングと違い比較的そのまま変形しているので、フォルムに違和感が無いですね。 比較写真撮り忘れた(汗 ただ大きな問題があり、この形態だとまさかのスタンド接続できる穴が存在しません。 以下、リアルモードの紹介。 頭部を前後分割し、リアルモードの顔を出す。 SDモードの顔はコアファイターの形状にし、アンテナの小さい方をリアルモードの頭部に。 バックパック中央パーツのピンの角度を変え、脚を前後反転。 バックパックパーツを上半身に固定し、下半身を前後反転して取り付け。 ガンビットの砲口部分を回してジョイントを起こし、本体の脚と足の間に取り付け。 ガードビットはジョイントパーツを外し、中に本体の腕を取り付け。 スタークロスはサイドアーマーに。 あとはSDモードの頭部を背中に取り付けて完成。 リアルモード。 SDモードから専用パーツを使用せず変形している事を考えると、かなりのプロポーションの良さ。 唯一、腕がゴツいのがバランス悪いかなと。 リアルモードの顔の出来も良いです。 トライバーニングと。 腕以外は本家のリアル機体と並べても遜色ないほどの仕上がり。 首は二重ボールジョイント接続。 当然ですが、小さいのでSD状態よりも動かしやすいです。 腰はボールジョイント接続。 残念ながらリアル用に調整されているということではなく、SD同様にほとんど動いてくれません。 肩・腕の可動。 肩は根元がボールジョイント接続、肩アーマーがボールジョイント接続、上腕が肩アーマー内にボールジョイント接続。 頭が小さく干渉しにくいので、上方向への肩の可動域が大幅に向上しています。 肘はスイング+前腕がスイング。 前腕にSDモードの腕が取り付けられているので、SDの肘関節で可動。 ただ肘のブレードがあっちこっちに尋常でないほど干渉しており、ポージングに応じて外した方が良いですね。 手首はボールジョイント接続。 下半身の可動。 股関節は上側にボールジョイント接続、腿がボールジョイント接続。 フロントアーマーの可動が無いので、腿を上げる事はほぼ不可能。 膝は単純スイング。 90度ほど曲がります。 足首は前後スイング+ボールジョイント接続。 さすがにボディをSDと共有しているので、プロポーションとは違い可動域は本家リアルHG等には及ばないですね。 相変わらず腰を回す事も出来ないのは辛いし、リアルになると腿が上がらない点は少し引っかかる。 腿が上がらないので立て膝は不可能。 スタークロスを肘に取り付け可能。 以下、適当にポージング。 動かすとリアルモードの腕の大きさは大分和らぎますね。 ただ出来ればリアルモード用に少し小さめの平手なんかを用意してくれると非常に嬉しかったのですが。 新生トライファイターズ。 以上、SDBFのスターウイニングのレビューでした。 新生トライファイターズ最後の1機スターウイニング。 やはり唯一の完全新規という点がキット的にはポイント高いですね。 ただ謎の腰動かない問題があったりと、SDとしての可動域には少し残念な点も。 ウイニングと言えばのギミック面は、前のウイニングが他のキットとの連携ありきだったのに対し、 今回はスターウイニングだけで完結の出来るギミックへと変化。 リアルモードという往年のSDギミックも搭載しており、プレイバリューは前のウイニングに引けを取りません。 SDとしてもBFシリーズとしても満足の出来るキットでした。

次の

【EXVS2】第8弾追加機体|スターウイニングガンダム『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2』 [ニコニコあっぷる]

スター ウイニング ガンダム エクバ 2

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. 2(エクストリームバーサス2)』とは、の作品である。 は『EXVS2』『エクバ2』。 概要 初代エクバから約8年ぶりに、対応の新基盤に換装したエクバの続編。 前作までの機体は続投し、機36作品以上のが参戦する作品である。 新システム• 新基盤・新 画面は、記憶媒体はに、ポート及び端子がで追加される。 2種類のの追加 「モビ」:通称M覚。 機動が大幅に上昇し、ステップのが増加。 「ケージ」:通称L覚。 僚機のの増加、武装の弾数、ブースージ回復。 2投入で3戦最高5戦が保される。 3敗するか、2回以上勝って5回戦が終わるまでできる。 2に関するの商品を紹介してください。 関連コミュニティ 関連項目•

次の

スターウイニングで驚異の火力を見せつける【EXVS2】2019/08/05更新

スター ウイニング ガンダム エクバ 2

価格は1,296円です。 ホイルシールはかなり大きめで付属する目線パーツは正面の他左右と笑顔が付属。 全身のグリーンは全てシールで補います。 付属品はビームマシンガンと変形時に使うバイザーパーツが付属します。 ノーマルのウイニング同様コアブースターなどへの変形ギミックの他、さらにリアルモードへの変形を可能にしたスターウイニング。 色や顔はウイニングの面影がありますが流用パーツは無く新規キットとなります。 頭身バランスはウイニングと同じく顔が大きめのSDらしい体型です。 関節構造はウイニングやレジェンドBBなどと同じタイプです。 胸ダクトなどは色分けされていますが腰アーマーの黄色や額の赤、全身のグリーン部分などはシールか塗装で補う必要があります。 頭部アップ。 変形ギミックがあるので目線の反転ギミックはありません。 顎は別パーツ化され各所のモールドはカッチリとしています。 可動に関しては構造がウイニングと同じ感じなのですが腰があまり回らなかったり足に切り欠きが無かったりするのでやや狭まっている印象です。 足裏はノズルのモールドがあり股間部分は開口されているのでスタンドが使えます。 背面のガードビット&ガンビットはエフェクトの取り外しが可能です。 背負い物が大きいのですがエフェクトが支え棒になるので自立には困りません。 付属武器のマシンガン。 ブレードパーツを取り付ける事でビームマシンガンに組み換えできます。 横に出っ張ったグリップが干渉して取り回し辛いのですが左手で持てばいくらか扱いやすくなります。 ブレードパーツを組み替える事でメガブレードへ。 こちらは肩に干渉もしませんし取り回ししやすいです。 ウイニングと並べてみました。 ゴツゴツしたデザインからシャープなデザインに変化しています。 ガンビット&ガードビットは分離が可能。 ガンビットは足首接続軸があるのですが回転させれば隠れますし砲口のモールドもあります。 エフェクトパーツを組み替える事でスタークロスに。 大小2つのスタークロスを合体させる事も可能になっていました。 コアファイターへの変形ギミック。 基本的にウイニングガンダムと変わりません。 目はバイザーパーツで覆い、下部にライフルを取り付けられます。 肩アーマーを下げ、足を回転させた胴体を接続すればコアブースターに。 つま先の3mm穴にバックパックとビット一式を取り付ける事でメガコアブースターに変形できます。 全てのユニットを縦に繋げていくのでかなりのボリュームになりますね。 続いてリアルモードへの変形ギミック。 顔内部にはリアル用の頭部が収納されています。 リアルタイプの頭部を出した後は胴体と手足に背負っていたビットなどを挟み込み嵩上げしてリアル体型に組み替えていきます。 余った頭部をコアファイターにして背面に装着すればリアル形態の完成です。 各関節を取り外しビットパーツなどを挟み込むだけなので思ったほど手間はかからず変形できます。 プロポーションもギミックのわりに整っていて上手に処理されていると思います。 関節も主要な部分は肘以外ポリキャップ接続なので思いの外しっかりした作りでした。 頭部アップ。 巨大なアンテナはSDのアンテナから分離させたものを装着します。 正面から見れば肉抜きもさほど目立たない作りでした。 腰アーマーは反転する事でフロントアーマーを大型化しますが固定で可動はしません。 脚部は砲口を反転して足首と接続。 背面はコアファイターがそのまま取り付けられています。 腰は相変わらずあまり回らないのですが首や肩の自由度は高く、大きく跳ね上げたりせり出したりする事ができます。 肘も90度ぐらいは曲がるので普通のHG並には動く印象です。 下半身は股関節がSDと同じBJを縦に接続する方式で腰アーマーも固定なのでさすがに限られる部分はありますが 膝は90度ぐらい曲がりますし足首もギミックの関係でシルエットは崩れますがグルリと回転可能です。 ただ接地はそれほど良くありません。 股関節の関係で足を上げたようなポーズは厳しいですが肩周りの自由度が高いので結構動かして遊べると思います。 3mm穴が脹脛などにあるので武装も手軽に盛れそうです。 スタークロスは腕に取り付けられます。 腕のエフェクトが干渉しやすいのですがこうして取り外すと腕周りの自由度が増しますね。 リアル形態にするとトライバーニング以上のボリュームに変化します。 以上SDBF スターウイニングガンダム レビューでした。 今回はリアルモードになるという派手なギミックが追加されていますが 色分けはシールを使う所が多く、各所のグリーンなどは部分塗装するにしても結構大変そうなキットです。 ですがギミックの詰め込み具合が凄まじく、コアファイターなどへの変形の他に各種武装の組み換えギミック さらにリアルモードの変形という非常に遊び甲斐のある機体に仕上がっています。 リアルモードでもプロポーションがまとまっていて股関節などやや制限がある所もありますが全身フル可動するのも驚きのキットでした。

次の