専門学校 山形。 独立行政法人 国立病院機構 山形病院附属看護学校

山形県の専門学校一覧(19校)【スタディサプリ 進路】

専門学校 山形

山形県から絞り込み• 上山市 0• 尾花沢市 0• 南陽市 0• 東村山郡山辺町 0• 東村山郡中山町 0• 西村山郡西川町 0• 西村山郡朝日町 0• 西村山郡大江町 0• 北村山郡大石田町 0• 最上郡金山町 0• 最上郡最上町 0• 最上郡舟形町 0• 最上郡真室川町 0• 最上郡大蔵村 0• 最上郡鮭川村 0• 最上郡戸沢村 0• 東置賜郡高畠町 0• 東置賜郡川西町 0• 西置賜郡小国町 0• 西置賜郡飯豊町 0• 東田川郡庄内町 0• 飽海郡遊佐町 0.

次の

入学案内 | 専門学校 山形Vカレッジ

専門学校 山形

| 「探究型選択コース」で学びを深め、多彩なフィールドで活躍するエキスパートになる! メイク、ネイル、エステティック、着付け、まつ毛エクステなど、美容師に求められるものは時代とともに多様化してきています。 山形美容専門学校は、自発的に学ぼうとする学生を徹底サポートするためのカリキュラム「探究型選択コース」を導入しています。 また、創造性とスキルの向上を目的に、各種大会・コンテストにも力を入れています。 本校は、全国規模の大会で毎年優秀な実績を残しており、こうした実績が学生たちの技術力の高さを物語っています。 さらに、美容師国家試験に向けた対策も万全。 一人ひとりのレベルに合わせて丁寧な指導を行うと同時に、過去のデータに基づいた効果的な試験対策を実施しています。 資料請求キャンペーン対象• | 勝利の「V」をつかみ取ろう!幅広いコースでキミの夢を応援します 「キミの夢は? 」「好きなことは? 」 山形V. カレッジは、キミが好きなことをとことん学んでプロを目指したり、夢を実現できるよう、キミを全力で支え応援する学校です。 夢や目標がある人にはスペシャリストへの道を、迷っている人には将来に役立つ知識を。 山形V. カレッジは、さまざまな分野において、基本から学んで専門の知識・技術を身につけ、社会で生きていく上で必要な仕事につながる力を育みます。 実社会で即戦力となる知識・技術、仕事に生かせる豊かな経験、想いを分かち合える仲間、現場で求められる資格…etc。 「7学科13コース」がそろう山形V. カレッジで多くのモノを手に入れて、今よりもっと強い力で目指すミライをつかみ取ることができるはず。 充実の学びの環境を整う山形V. カレッジは、みなさんの夢の実現向けて万全にサポートします!• 資料請求キャンペーン対象• 5%!就職・資格に強い! オフィスビジネス、税理士、情報ビジネス、医療事務、介護福祉士など多彩なコースを設置。 早期からの丁寧な就職指導と全国45都市101校に広がる大原ネットワークで共有している豊富な求人情報により、自分に合った求人を探すことができます。 資料請求キャンペーン対象• | 多様化する社会のニーズに応えられる広い視野と実践力を身につけた人材を育成 平成7年開校以来、地域の医療福祉の担い手である理学療法士・作業療法士を養成しています。 「自ら考え、自ら学ぶ」をモットーにアクティブラーニングの学修方法を多く取り入れ、臨床現場で必要な「問題解決能力」の育成に取り組んでいます。 卒業時には、大学卒と同等に評価される「高度専門士」の称号が授与されます。 学修進捗状況に沿った個別対応を行います。 幅広い知識と技術をより深く学べます。 また、実技や演習科目で実践的な授業を展開します。 25年間で蓄積したノウハウを基に徹底サポート。 模試等を通じ弱点を明確にし、補習、個別指導により合格へと導きます。 資料請求キャンペーン対象• 山形調理師専門学校は、昭和46年10月に開校した山形育ちの調理師専門学校です。 1年制の調理師科、2年制の調理高度技術科の2学科を設置しており、献立の立て方から食材の扱い方、調味料の知識といった調理の基礎を学ぶとともに、現場で即戦力となる調理技術を習得。 豊富な実習量を誇る充実のカリキュラムで「調理のプロ」を育成します。 また、接客サービスや食卓演出、飲食店の開業計画といった関連知識を身につける授業も開講。 時代のニーズに応じた有能で人間性豊かな調理師の養成に力を入れています。 本校を巣立った卒業生たちが築き上げてきた長年の実績・信頼により、地域をはじめ近県でのフード業界から高い評価をいただいています。 資料請求キャンペーン対象•

次の

山形県山形市の専門学校/専修学校一覧

専門学校 山形

阿部 萌子 平成28年度卒業 国立病院機構山形病院 私は慢性期の患者さんと深く関わりたいと思い、山形病院への就職を希望し、脳神経内科・循環器内科・てんかん科の混合病等に勤務しています。 当病等では言語的コミュニケーションが困難な患者さんが多く、文字盤や口唇術等、患者さん一人ひとりに合ったコミュニケーション方法で関わることが必要です。 また同じ疾患でも症状や進行は様々で、個別性のある看護が求められています。 大変なこともありますが、患者さんからの感謝の気持ちや笑顔を見ることが出来ると、看護師という職種を選んでよかったと心から思います。 まだまだ未熟な部分も多いですが、これからも患者さんに合わせた看護が提供できるよう努力していきたいと思います。 渡辺 美律 平成29年度卒業 山形大学医学部附属病院 私が勤務している消化器内科病棟では、治療や検査など様々な目的で入院している患者さんがいます。 治療や検査の種類も多いため、配属当初は不安を感じていましたが、一つ一つ根拠に結びつけて学びを深めていくことで自信に繋がり、現在はやりがいを感じながら働いています。 短期間で退院する患者さんもいれば退院支援を必要とする患者さんや終末期の患者さんもいます。 そのため様々な場面で意思決定支援が必要とされます。 患者さんやその家族との関わりに迷うこともありますが、先輩に相談しながら信頼関係を築き、思いを訴えてもらえるよう努力しています。 患者さんに最善の看護を提供できるようこれからも頑張っていきたいと思います。

次の