デルモンテ。 朝の貸切パーティーキャンペーン

LOHACO

デルモンテ

略称は、「NDM」。 スローガンは、「 太陽を、おいしさに。 概要 [ ] 日本における販売及び製造権のある「デルモンテ」製品(・・などの青果物加工製品)と「キッコーマン」ブランドの製品を製造し、「キッコーマン食品(株)」「キッコーマン飲料(株)」が販売権を持つ。 他に、野菜・野菜苗の生産・出荷・販売をする。 設立の経緯 [ ] 日本人の食生活の変化を先取りし、ケチャップなどの加工品や果汁飲料の事業を展開するため、1961年 昭和36年 7月、キッコーマン 当時野田醤油 と等の製造技術を持つ食品・菓子製造業の唐木田食品が共同出資し、亀甲食品工業株式会社を設立した。 本社および長野工場は、トマト生産に適しておりで有名な、良質な水源にも恵まれた長野県 現 に建設。 当時、醤油など醸造食品分野主体のキッコーマンが、その後ブランドと提携するなど総合食品メーカーへと踏み出す多角化の第一歩となった。 米国デルモンテ社との関係 [ ] 米国デルモンテ社(・)との技術提携。 米国デルモンテ社自体の日本法人はでに本社がある。 沿革 [ ]• 1961年 7 月 - 更埴市(現:)に「吉幸食品工業株式会社」を設立。 1962年11月 - 加工専用種のを導入し、契約栽培開始。 1963年 2 月 - 社名を「キッコー食品工業株式会社」に変更。 1963年 7 月 - 本社をに移転。 同 上 - に「群馬工場」を建設。 同 上 - に「福島工場」を建設。 同 上 - 『デルモンテ・トマトケチャップ』瓶詰 福島工場 、『デルモンテ・トマトジュース』 長野・群馬工場 の製造を開始。 1966年 7 月 - 二戸郡福岡町(現:)に「岩手工場」を建設。 1968年 3 月 - 群馬工場で『キッコーマン・ソース』の製造を開始。 1968年10月 - 福島工場で『原料用』の製造を開始。 1973年10月 - 福島工場で『デルモンテ・トマトケチャップ』ソフトチューブ入りの製造を開始。 1974年 7 月 - 福島工場にトマトジュース缶ライン新設。 1975年 8 月 - 長野県に「木島平分工場」を建設。 1980年 7 月 - 群馬工場にトマトケチャップチューブライン新設。 1984年12月 - 西区に「大阪営業所(現大阪支店)」を開設。 1986年12月 - 長野工場にPET飲料ライン新設。 1988年 1 月 - 群馬工場にPET飲料ライン新設。 1991年 7 月 - 社名を「日本デルモンテ株式会社」に変更。 1999年 4 月 - 福島工場で「」を取得。 2000年 5 月 - 群馬工場・研究開発部で「ISO14001」を取得。 2001年 1 月 - 群馬工場で「」を取得。 2001年 7 月 - 長野工場で「ISO14001」を取得。 2005年 4 月 - 全社で「ISO14001」を取得。 2005年 8 月 - 群馬工場の飲料ラインで「」を取得。 2007年10月 - 岩手工場を分社化、「東北デルモンテ株式会社」を設立。 2010年 1 月 - 生産体制の大幅な再編を発表。 2010年 7 月 - 木島平分工場を閉鎖。 2011年 3 月 - 東北デルモンテが事業を終了。 2011年 9 月 - 福島工場を閉鎖。 (実際にはの影響で同年3月11日限り操業を停止)• 2012年 7 月 - 本社機能の一部を群馬工場内に移転(本社所在地:群馬県沼田市)し、東京都港区の事業所を東京本社に変更。 2013年10月 - 野菜苗販売事業を分割して日本デルモンテアグリ株式会社を設立。 2015年 2 月 - 群馬工場・長野工場でFSSC22000取得。 主要製品 [ ] デルモンテブランド• トマト• (トマト・野菜・果実)• 野菜とらなきゃ(野菜・果実混合飲料)• ラクベジ(植物性乳酸菌(殺菌)入り)• 有機ジュース• 乳酸菌シリーズ• 野菜と乳酸菌• 大豆と乳酸菌• ローズと乳酸菌 など。 デルモンテ・共同開発製品• Soytime(豆菜飲料)• 豆菜食房(豆菜スープ) など。 キッコー・NDMブランド 詳しくは、主要商品の項を参照。 事業所 [ ] 本社・群馬工場 群馬県沼田市清水町3748番地 東京本社 東京都港区西新橋2丁目1番1号 大阪支店 大阪府大阪市西区江戸堀1丁目9番1号肥後橋センタービル 商品技術開発部 群馬県沼田市清水町3748番地 長野工場 長野県千曲市桜堂485番地 脚注 [ ]• - キッコーマン株式会社 2010年1月25日付ニュースリリース 関連項目 [ ]• (グループ親会社)• (同業事業者)• (同業事業者)• - 米国フレッシュ・デルモンテ・プロデュース社• - 米国デルモンテ・フーズ社 書籍 [ ]• 「キッコーマンの経営」 佐藤良也 著 読売新聞社• 「風味を売る男たち」 佐藤良也 著 日本リクルートセンター出版部• 「なぜキッコーマンは320年も続いているのか」 荒川進 著 中経出版• 「ケース・スタディー 日本の企業家群像」 宇田川 勝 編 法政大学イノベーションマネジメント研究センター 外部リンク [ ]• - チャンネル この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

デルモンテ100%果汁飲料セット DDF

デルモンテ

国産のトマトジュース作りを支えてくれる契約栽培農家を募集 夏本番を迎えると日本デルモンテの長野工場(長野県千曲市)は、国産のトマトジュース製造でフル稼働。 旬摘みのフレッシュトマトジュースを作ることができるのは、この時期だけのこと。 青森、岩手、福島、茨城、群馬、長野などの産地から、毎日のように真っ赤に熟した加工用トマトが届きます。 「美容や健康への意識が高まったこともあり、ジュースの原料である加工用トマトにも国産志向が強くなっています。 需要に応えるためにも、私たちは加工用トマトの契約栽培に取り組んでいただける次世代の生産者を探しています」と、話すのは同社 農産原料部 原料グループ長の溝口周夫さん。 同社では美味しいトマトジュースのために、専用品種のトマトを栽培してくれる契約農家の開拓に力を入れています。 加工用と生食用とでは、品種から栽培・収穫方法まで異なります。 加工用は皮が固く、実はリコピンをたっぷり含んだ赤色で、ゼリー部分が少なく凝縮感があるのが特徴です。 一般的に生食用は施設栽培で支柱を用いて1本仕立てで栽培しますが、加工用は露地で地這いのまま放任栽培でも大丈夫。 水やり、誘引、芽かきなどの作業が省けるため、生食用ほど手間がかかりません。 生食用は、店頭に並んだときに熟した状態になるように青いうちに収穫することが多いのですが、加工用は真夏の太陽をいっぱいに浴びて赤く完熟した実を収穫します。 栽培スケジュールは産地によって多少異なりますが、霜が降らなくなる4月頃に定植し、梅雨明けの7~9月に収穫期を迎えます。 「加工用トマトは初期投資が少ない農作物です。 出荷経費は当社が負担し、集荷用のコンテナも無料で支給しています。 できたトマトはサイズなどにはこだわらず、私たちがすべて契約価格で買い取るので、相場などに影響される心配もありません。 栽培については、エリアごとに社員が巡回しており、勉強会なども開催しています」と、溝口さん。 加工用トマトは栽培にあまり手がかからず、選果などが不要。 メーカーのサポートもあり、余った農地を抱えている方はもちろん、農業経験の浅い方でも作りやすい作物と言えるでしょう。 夏場の収入源であり、誰もが知る製品に使われるのは嬉しいもの 長野県飯山市の有限会社柏尾精米は、15年前から農作物の栽培を行っています。 地域の生産者の高齢化や担い手不足で空き農地が増えてきたことがきっかけだったといいます。 水稲を中心に、野沢菜、ソバなどを栽培。 10年ほど前から取り組んでいる加工用トマトの栽培について、農事部長の関口栄作さんにお話を伺いました。 「加工用トマトの栽培は、夏場の収入源として始めました。 加工用トマトは契約価格が決まっているので透明性があり、収入を先読みできることが一番のメリットです」と話すのは、笑顔が爽やかな関口さん。 柏尾精米では延べ350aの広大な農地を生かし、作付けした翌年は畑を休ませて連作をしていません。 1日の収穫量はおよそ2tで、収穫の最盛期にはパートも雇用。 JAの集荷所に隔日でコンテナ搬入し、その日のうちに日本デルモンテの長野工場へ出荷しています。 「関口さんは長野県内では若手の生産者です。 さまざまな営農スタイルがある中で、露地栽培の加工用トマトに興味を持ち、長年にわたって栽培規模の拡大や品質の向上に取り組んでいただいています。 当社では国産トマトの品種改良や栽培技術の開発に力を入れていますが、その試験栽培にも積極的に協力していただいています」と、話すのは長野県の契約栽培農家をサポートする日本デルモンテ 原料グループの長谷川翔子さん。 「そんなに手間がかからない作物ですが、病気には注意しています。 栽培を始めた頃は、圃場を見ていてもトマトが何のサインを出しているのかが分りませんでした。 長野県北部の飯山市は、関口さんの祖父母の代から加工用トマトに取り組む適作地。 JAの加工用トマト部会など横の繋がりもあり、栽培技術の向上にも恵まれた環境です。 苗から栽培する契約農家が多い中で、柏尾精米では育苗から行い収益性を高めています。 3月末に除雪をしてハウスを立ち上げ、種をまいて育苗。 5月の連休明けに定植し、8月から9月半ばまで収穫しています。 「農業は汗をかいて稼げるのが気持ちいいですよね。 夏の盛りに収穫する真っ赤な加工用トマトは正にそう。 誰もが知っているデルモンテ用にトマトを作って、僕たちのトマトがあの商品に使われていると思うと嬉しいですね」と、関口さんはやりがいを分かりやすく語ってくれました。 次世代を担う加工用トマトの契約栽培農家を募集している日本デルモンテ。 今回の取材先は、規模の大きな生産者でしたが、現在、契約栽培に参加している生産者は、集落営農で取り組んでいる方々もいれば、JAの組合員でない個人や生産法人など、千差万別だといいます。 詳細は上記担当までお問い合わせください 【募集エリア】 青森県、岩手県、福島県、茨城県、群馬県、山梨県、長野県、新潟県、岐阜県.

次の

【家庭菜園】デルモンテのトマトがおいしすぎる!野菜苗のオススメ|Ryslily's Blog・りすりり!

デルモンテ

国産のトマトジュース作りを支えてくれる契約栽培農家を募集 夏本番を迎えると日本デルモンテの長野工場(長野県千曲市)は、国産のトマトジュース製造でフル稼働。 旬摘みのフレッシュトマトジュースを作ることができるのは、この時期だけのこと。 青森、岩手、福島、茨城、群馬、長野などの産地から、毎日のように真っ赤に熟した加工用トマトが届きます。 「美容や健康への意識が高まったこともあり、ジュースの原料である加工用トマトにも国産志向が強くなっています。 需要に応えるためにも、私たちは加工用トマトの契約栽培に取り組んでいただける次世代の生産者を探しています」と、話すのは同社 農産原料部 原料グループ長の溝口周夫さん。 同社では美味しいトマトジュースのために、専用品種のトマトを栽培してくれる契約農家の開拓に力を入れています。 加工用と生食用とでは、品種から栽培・収穫方法まで異なります。 加工用は皮が固く、実はリコピンをたっぷり含んだ赤色で、ゼリー部分が少なく凝縮感があるのが特徴です。 一般的に生食用は施設栽培で支柱を用いて1本仕立てで栽培しますが、加工用は露地で地這いのまま放任栽培でも大丈夫。 水やり、誘引、芽かきなどの作業が省けるため、生食用ほど手間がかかりません。 生食用は、店頭に並んだときに熟した状態になるように青いうちに収穫することが多いのですが、加工用は真夏の太陽をいっぱいに浴びて赤く完熟した実を収穫します。 栽培スケジュールは産地によって多少異なりますが、霜が降らなくなる4月頃に定植し、梅雨明けの7~9月に収穫期を迎えます。 「加工用トマトは初期投資が少ない農作物です。 出荷経費は当社が負担し、集荷用のコンテナも無料で支給しています。 できたトマトはサイズなどにはこだわらず、私たちがすべて契約価格で買い取るので、相場などに影響される心配もありません。 栽培については、エリアごとに社員が巡回しており、勉強会なども開催しています」と、溝口さん。 加工用トマトは栽培にあまり手がかからず、選果などが不要。 メーカーのサポートもあり、余った農地を抱えている方はもちろん、農業経験の浅い方でも作りやすい作物と言えるでしょう。 夏場の収入源であり、誰もが知る製品に使われるのは嬉しいもの 長野県飯山市の有限会社柏尾精米は、15年前から農作物の栽培を行っています。 地域の生産者の高齢化や担い手不足で空き農地が増えてきたことがきっかけだったといいます。 水稲を中心に、野沢菜、ソバなどを栽培。 10年ほど前から取り組んでいる加工用トマトの栽培について、農事部長の関口栄作さんにお話を伺いました。 「加工用トマトの栽培は、夏場の収入源として始めました。 加工用トマトは契約価格が決まっているので透明性があり、収入を先読みできることが一番のメリットです」と話すのは、笑顔が爽やかな関口さん。 柏尾精米では延べ350aの広大な農地を生かし、作付けした翌年は畑を休ませて連作をしていません。 1日の収穫量はおよそ2tで、収穫の最盛期にはパートも雇用。 JAの集荷所に隔日でコンテナ搬入し、その日のうちに日本デルモンテの長野工場へ出荷しています。 「関口さんは長野県内では若手の生産者です。 さまざまな営農スタイルがある中で、露地栽培の加工用トマトに興味を持ち、長年にわたって栽培規模の拡大や品質の向上に取り組んでいただいています。 当社では国産トマトの品種改良や栽培技術の開発に力を入れていますが、その試験栽培にも積極的に協力していただいています」と、話すのは長野県の契約栽培農家をサポートする日本デルモンテ 原料グループの長谷川翔子さん。 「そんなに手間がかからない作物ですが、病気には注意しています。 栽培を始めた頃は、圃場を見ていてもトマトが何のサインを出しているのかが分りませんでした。 長野県北部の飯山市は、関口さんの祖父母の代から加工用トマトに取り組む適作地。 JAの加工用トマト部会など横の繋がりもあり、栽培技術の向上にも恵まれた環境です。 苗から栽培する契約農家が多い中で、柏尾精米では育苗から行い収益性を高めています。 3月末に除雪をしてハウスを立ち上げ、種をまいて育苗。 5月の連休明けに定植し、8月から9月半ばまで収穫しています。 「農業は汗をかいて稼げるのが気持ちいいですよね。 夏の盛りに収穫する真っ赤な加工用トマトは正にそう。 誰もが知っているデルモンテ用にトマトを作って、僕たちのトマトがあの商品に使われていると思うと嬉しいですね」と、関口さんはやりがいを分かりやすく語ってくれました。 次世代を担う加工用トマトの契約栽培農家を募集している日本デルモンテ。 今回の取材先は、規模の大きな生産者でしたが、現在、契約栽培に参加している生産者は、集落営農で取り組んでいる方々もいれば、JAの組合員でない個人や生産法人など、千差万別だといいます。 詳細は上記担当までお問い合わせください 【募集エリア】 青森県、岩手県、福島県、茨城県、群馬県、山梨県、長野県、新潟県、岐阜県.

次の