ディズニー 王様と私。 【王様のブランチ】ディズニー35周年 クリスマス徹底ガイド! アニバーサリー

ディズニーパークの心くばりはここまで凄い

ディズニー 王様と私

Everybody deserves true love. 誰しも真の愛に出会う資格がある。 If you keep on believing, the dreams that you wish will come true. 信じていれば、夢は叶う。 No matter how your heart is grieving, if you keep on blieving, the dream that you wish will come true. どんなにあなたの心が深い悲しみに満ちても、信じ続ければあなたの望む夢は実現するわ。 Even miracles take a little time. 奇跡でさえ起こるのには時間がかかるものなの。 (フェアリー・ゴットマザー) ディズニー映画の中でも特に名言の宝庫であるシンデレラ。 シンデレラやフェアリーゴットマザーの素敵な勇気が出てくる名セリフです。 辛いことがあっても、夢を信じて頑張っていこうと思えますね。 Look inside yourself. You are more than what you have become. 自分自身の中身をよく見つめろ。 本当のお前は今のお前以上なんだぞ。 Sometimes bad things happen, and there's nothing you can do about it. So why worry? どうしたってどうにもならないことは時々起こるんだ。 起こる前から心配する必要なんてないさ。 何事にも不安で失敗を恐れるあまり一歩踏み出せない方も多いはず。 You are braver than you believe, stronger than you seem, and smarter than you think. 君は、自分が信じているよりも勇敢で、見た目よりも強くて、自分が思っているより賢いんだ。 The things that make me different are the things that make me! — Winnie the Pooh 自分を変えてくれるものが、自分を作るものだ。 Piglet: "How do you spell love? " Pooh:"You don't spell it, you feel it. " ピグレット:「love(愛)って、どうやって書くんだっけ?」 プーさん :「書くものじゃないよ、感じるものなんだよ」 4. How lucky I am to have something that makes saying goodbye so hard. — Winnie the Pooh さよならを言うのがこんなにもつらい相手を持っているなんで、ぼくはなんて幸せなんだろう。 Yesterday is a history. Tomorrow is a mystery. Today is a gift. That's why it's called the present. 昨日はヒストリー(歴史)、明日はミステリー、今日はギフト(贈り物)。 presentに"現在"と"贈り物"という2つの意味があることから生まれた名言です。 実は、普段のほほんとしているプーさんですが、ディズニー映画の中ではあっと驚くような名言が多いのです。 プーさんやクリストファー・ロビン、プーさんの仲間たちの素敵なセリフが満載です。 Well, that's the good part I guess. You get to go find a new dream まだ見ぬ次の夢を探せばいいのさ!(フリン・ライダー) 2. You are my new dream. 君が僕の新しい夢だ。 (フリン・ライダー) 3. All at once everything looks different, now that I see you. あなたといると、何もかも違って見える。 (ラプンツェル) 1番はラプンツェルとフリン・ライダーとの会話の中の名言です。 「灯りを観る夢が叶ったら、次は何すればいいの?」と問いかけるラプンツェルに、フリンが答えた時の名セリフです。 夢や希望が叶ったとしても、それに満足せずにまた次の夢を見つけて向かって行くことが大事なんですね。 I'm bad, and that's good. I will never be good, and that's not bad. There is no one I'd rather be than me. 今の自分以外になりたい自分はいないよ。 悪役に嫌気をさしたラルフが、自分の仕事に誇りを持てるようになった大事なセリフです。 現状の自分に満足できない人も多いと思います。 Well, you can't never let anything happen to him. Then nothing would ever happen to him. 子供になにも起きないようにしたら、子供はなにもできないわ(ドリー) 過去の恐ろしい出来事のせいで過保護になってしまったマーリンにドリーが言ったセリフです。 このセリフのおかげでマーリンの気持ちが一気に変わった大事なセリフでもあります。 かわいいわが子を思えば過保護になってしまう気持ちも分からなくはありません。 でも本当に子どもの成長を考えれば、少し危険な目にあったとしても冒険させることも大事だと思います。 Who says that my dreams have to stay just my dreams? 私の夢は私の夢で終わらなければならないって誰が言ったの?(アリエル) 2. What makes someone special? I suppose it all depends. 特別な人になるには何が必要なのかしら?それは全部人によると思う。 だからこそ私たちみんなユニークなのよ(アリエル)。 アリエルの心に突き刺さる名言です。 特別な人間になる必要はない。 みんな元から特別なものを持っているという素敵なセリフに感動した人もおおいはず。 Happiness is not about having or not having problems. Everyone has problems but not everyone is unhappy. 幸せとは問題を抱えているか、いないかということじゃない。 誰でも問題は抱えているけど、みんなが不幸せなわけじゃない。 What is done cannot be undone, but what is left to be done should not be left undone. やってしまったことは取り返しがつかない。 でもやらずにそのままになっているものはそのままにしてはいけないよ。 我らがミッキー・マウスも数々の名言を残しています! ミッキーは数々の映画やアニメの中で深いセリフで私たちを勇気づけてくれています。 Disneyland will never be completed. It will continue to grow as long as there is imagination left in the world. ディズニーランドが完成することはない。 世の中に想像力がある限り進化し続けるだろう。 ディズニーの生みの親、ウォルト・ディズニーの心に残る素敵な名言です。 完成してしまったらそこで終了。 でも人々の想像がある限り、これから先もさらにディズニーランドは成長し進化するのでしょうね。 私たちに希望を与えてくれるウォルトらしい名言ですね。 落ち込んだ時、パワーを充電したい時にこの名言を思い出してみてください。

次の

【王様のブランチ】ディズニー35周年 クリスマス徹底ガイド! アニバーサリー

ディズニー 王様と私

アラジン 1993年8月公開のディズニー映画『アラジン』に登場するディズニープリンス「アラジン」。 アラジンは王子ではなく貧しい暮らしの中、泥棒をしている青年でした。 いつか貧しい暮らしではなく、豪華なお城で優雅に暮らしたいと夢見ます。 美しいジャスミンに恋しますが、王女だと知ってジーニーに魔法で助けてもらいながら、ジャスミンにプロポーズして結婚します。 ジャスミンが王女ですので、結婚したアラジンは王子(アリ王子)になりました。 エドワード王子は、思った通りに突っ走りやすく、素直というか物事を深く考えない性格です。 プリンスらしく女性を大切にして礼儀作法が美しいです。 ジゼル(プリンセス)を追いかけて、おとぎ話の中からニューヨークに来てしまいました! エドワード王子は、『美女と野獣』のガストンがモデルなんだとか。 サザンアイルズ王国のハンス王子は、13人兄弟の末っ子の13人目なのでハンス王子が国王になることは、ほぼありません。 兄弟が多くくて幼少から兄弟にいじめられ、国王にはなれないといじけていたことで、ハンス王子は計算高くて口がうまくなったのでしょう。 アレンデール王国はエルサとアナの姉妹ですので、結婚して婿入りすれば王様になれるとハンス王子はたくらんだのです。 しかし、ハンス王子のたくらみは、エルサとアナにばれてしまいました。 兄弟が多くて王位が低いだけでユーモアがある楽しい人なのに、少しかわいそうなプリンスです。 ディズニープリンス:番外編 ディズニープリンスではないけれど、プリンスのようなヒーローを紹介します。 ゴリラに育てられたターザンは、誠実で純粋で仲間思いに育ちました。 イギリスの貴族の息子だったターザンは、船が難破したことによって両親を亡くしてしまい、ターザンはジャングルで生き延びました。 ゴリラの研究に来た研究者に言葉などの教育を受けました。 研究者と故郷のイギリスに訪れようとしましたが、研究者の中にゴリラを売ろうとした裏切り者がいて、イギリスへ行くのを辞めてジャングルに残ります。 育ててくれたゴリラや動物たちは、ターザンにとってかけがえのない存在なのですね。 イギリスの探検家で、イギリスからポカホンタスがいるアメリカを開拓しに来た探検家のジョン・スミスは、ポカホンタスから自然の素晴らしさを教えてもらいました。 一緒に過ごすうちに、ジョン・スミスとポカホンタスは少しずつ惹かれ合っていきます。 しかし、ジョン・スミスのイギリスと、ポカホンタスのいる種族が戦争状態になります。 イギリスの発展のための開拓を選ぶか、大好きなポカホンタスの故郷を守るのか、ジョン・スミスは悩みます。 ポカホンタスをイギリスに連れて行こうとしますが、ポカホンタスの希望でジョン・スミスだけイギリスに帰ることにしました。

次の

ミュージカル「The King and I 王様と私」WOWOWリピート放送 渡辺謙&ケリー・オハラ、大沢たかお

ディズニー 王様と私

先日、「王様と私」の家庭教師役としてアメリカの演劇界で最も権威ある賞のトニー賞を受賞したケリー・オハラさん。 2001年にブロードウェイにたってから途中で出産のため舞台の世界から少し離れていた時期もあったのですが、ブローウェイ、オフブロードウェイで活動をされていらっしゃいます。 また、アニメの声や、2014年末にはオペラにも挑戦されています。 2005年 『The Light in the Piazza』で『Best Performance by a Featured Actress in a Musical』ノミネート 2006年 『The Pajama Game』で『 Best Performance by a Leading Actress in a Musical』ノミネート 2008年 『South Pacific』で『 Best Performance by a Leading Actress in a Musical』ノミネート 2012年 『Nice Work If You Can Get It』で『 Best Performance by a Leading Actress in a Musical』ノミネート 2014年 『The Bridges of Madison County』で『 Best Performance by a Leading Actress in a Musical』ノミネート 2015年 『The King and I』で『 Best Performance by a Leading Actress in a Musical』Won(受賞) これだけの実績をだしてきた彼女。 今回の受賞もある意味当然といえば当然なのかもしれませんね! ちなみにだんなさんはGreg Naughton(俳優)、こどもは Owen James(2009. 6 27生まれ) Charlotte(2013. 9 16生まれ)の2人。 とのことです。 (From Wikipedia, the free encyclopedia) トニー賞とは アメリカの演劇界で最も権威ある賞。 映画界のアカデミー賞、音楽業界のグラミー賞、テレビ業界のエミー賞、文学・戯曲におけるピューリッツァー賞と肩を並べる存在 ミュージカル『王様と私(The King and I)』とは 『王様と私』(おうさまとわたし、The King and I)は、マーガレット・ランドンの小説を元にして1951年に初演されたミュージカル作品。 この初演は3年間で1246公演のロングランを記録し、1952年のトニー賞では作品賞・主演女優賞など5部門を受賞。 初演より王様役を務めたユル・ブリンナーは、1985年に他界するまで4,625回の主演公演を務めた。 あらすじ 1860年代のこと、夫を亡くしたイギリス人女性、アンナ・レオノーウェンズは、王子・王女の家庭教師として、タイ王国の首都バンコクの王宮に迎えられた。 アンナは、封建的なタイ王室に近代の風を取り込もうとして、伝統としきたりを重んじる頑迷な王様と対立してしまう。 しかし、衝突と対立を繰り返すうち、次第に二人は引かれ合うようになる。 2015年の第69回トニー賞では、「ミュージカル・リバイバル作品賞」、ケリー・オハラが「ミュージカル主演女優賞」、ルーシー・アン・マイルズが「ミュージカル助演女優賞」、ミュージカル衣装デザイン賞を受賞しましたが、それもそのはず観客の反応は「初演に忠実」「すばらしいの一言!」という反応が多く、トニー賞を熱望されていたミュージカルだったのです。 また、渡辺謙さんの英語も完璧に近く「英語圏以外の俳優があのように英語を完璧にはなすのはすごい」という意見も。 今回の「王様と私」は本当に脚本、衣装、キャスト、スタッフ全てが最高だったすばらしいミュージカルだったわけなのですが、こうやって見てみるとそこには、5度もトニー賞にノミネートされ歌唱力も認められているケリーオハラさんの活躍も大きく後押ししたのかなあ、と思ってしまいます。 1度生で観てみたいですね!.

次の