ヒカ キン ドクター x。 米倉涼子が「ドクターX」降板の申し出か 代役に剛力彩芽も?

木曜ドラマ ドクターX 〜外科医・大門未知子〜|テレビ朝日

ヒカ キン ドクター x

来歴 生い立ち 1989年4月21日、(現・新潟県)で次男として生まれる。 小さい頃は、教室の隅の方にいる変わった少年だった。 雪の多いで育ったことから、小学生の頃の夢は「でオリンピックに出場すること」で、高校生までスキージャンプをしていた。 小学生の頃に、当時系列で放送されていたバラエティ番組『』のコーナー『』の影響で、に興味を持つ。 を経てに進学し、でのライブ活動などを開始。 そして、2006年12月ににて自身の公式チャンネル「HIKAKIN」を開設する。 当初は海外のの動画を閲覧する目的で始めたが、自分で投稿すれば逆に見てもらえるのではと思い動画投稿を始めたと語っている。 開設してすぐに動画を投稿したが、当時の動画はほとんど残っておらず、現存している最古の動画は2007年にとなっている。 当時は高校3年生だった。 高校卒業後 2008年に新潟県立新井高等学校を卒業。 その後、上手いビートボクサーが集中する東京に活動拠点を移し、スーパーマーケットの店員の仕事をしながら生計を立てていた。 当時は自分の銀行口座を持っていなかったため貯金はなく、親から貰った2万円のみで上京した。 勤め先のスーパーには社員寮があり、毎月の給料から家賃が引かれるため住む場所に困ることはなかった。 それからは、夜の社員寮の浴室や自室などで安いマイクを使ってビートボックス動画を何回も撮影し、その中で完璧に上手く出来たと思えるものを厳選し、月1・2本ずつ動画をアップロードしていた。 YouTubeパートナー(広告収入を得るシステム)に申請したこともあったが、当時は却下される。 その出来事をきっかけに、「YouTube側からオファーされるようになってやる」と考えるようになり、視聴者側の視点に立った動画作りを心掛けるようになった。 上京から2年程は特に大きな出来事は起こらなかったが、徐々に閲覧数が増えていき、当時一番伸びていた動画で約20万再生だった。 当時の日本ではYouTubeの知名度が低く、殆どが海外からの閲覧で日本からの閲覧は1・2割程だった。 そして、2010年に『』シリーズのBGMをビートボックスでメドレーにした動画「Super Mario Beatbox」をアップロード。 この動画がYouTubeにおける日本国内月間アクセス一位を記録し、の『』のトップニュースで取り上げられる。 アップロードの24時間後に20万アクセス、1週間後に100万アクセスを記録しその後、YouTube側からYouTubeパートナーのオファーが来る。 HIKAKINにとってはこの出来事による喜びが自分の原点だと語っており「スーパーの店頭で客に怒られたり、上司に嫌味を言われても自分にはYouTubeがある」と思っていたとのこと。 そして更に、2010年度YouTube世界ベストパートナートップ500人に選出 、「WOWスタープロジェクト2010」では優勝しに招待された。 これらの出来事をきっかけに、パフォーマーとしてライブやテレビへの出演依頼も少しずつ来るようになった。 2011年6月に日本で「YouTubeパートナーフォーラム」が開催される。 当時は動画を投稿して生活するという考えさえなかったが、当イベントでアメリカのYouTuberであるに出会い、彼女の演説 に感銘を受けたことが転機となり、本格的に動画投稿を始める。 その後、「YouTube NextUp 2011」という受賞者は10組、賞金が200万円のコンテストが開催されチャンスが訪れる。 当時、チャンネル登録者数が日本で1位だったため、周りからも受かるだろうと思われていたこともあり「これで会社を辞めて、YouTubeに専念できる」と自信を持ってコンテストに挑戦したが、落選した。 屈辱的な挫折を味わったその後、YouTuberへのアドバイザーの仕事をしている佐藤友浩に相談を求める。 そこで、動画作りの基本をまとめたハンドブックをもらい、個別にも沢山のアドバイスを受ける。 自身でも、国内外のトップクリエイターの動画を研究し、タイトルやサムネイルなどの編集スキルを真似していった。 そうすること3ヶ月程、気づいたらYouTubeからの収入が会社員の給料を超えていたという。 2012年にはスーパーの仕事を退職し、動画の投稿を通じた広告収入で生活する道を進むことになる。 会社員時代については、「好きなことを仕事にできていなかった事から辛かった。 でも、『僕はただのサラリーマンじゃない。 動画を作って、海外からもたくさん見られてるんだ』という意地のおかげで、仕事も続けられた。 」と語っている。 2013年5月のシンガポール滞在中ではと共演をし、1万5000人規模の会場で「」を共に演奏した。 その後も、 などの海外アーティストとの共演を行っている。 同年6月にはYouTuberの事務所「UUUM」の設立と共に同社のファウンダー、最高顧問に就任する。 人物 YouTuberとして 動画での挨拶は「 ブンブンハロー YouTube! どうも HIKAKIN です」。 YouTubeにて4つのチャンネルを保有しており、2018年1月現在、全チャンネルの合計登録者は約1130万人、合計再生回数は59億回に達している。 自身のファン層について、小学生や中学生がメインだと語っており、家族みんなでご飯を食べながらでも見ることのできるコンテンツをやっていきたいと語っている。 HIKAKINという名前の由来は、小3から高3まで行っていたスキージャンプの先輩に本名のヒカルを捩ってヒカキンと呼ばれ始めたことから。 小学生の時に一時期呼ばれていたアダ名で、「キン」がどこから来ているかは本人も覚えていない。 中学生の頃に「HIKAKIN」という名前で掲示板にビートボックスの音声を投稿していたら少しずつ名前が広まってきたため、このまま定着したと語っている。 チャンネルの概要 HIKAKIN 自身が最初に開設したチャンネルで、ヒューマンビートボックスの動画がメイン。 下記の『HikakinTV』が開設されるまではこのチャンネルをメインに活動していたが、『-TV』開設後は投稿が徐々に減少し、2015年以降は投稿がごく稀になっている。 HikakinTV 2011年7月19日に初回投稿が行われる。 当初は後ほど開設されたHikakinBlogと同様のビデオブログというコンセプトで開設されたが 、現在は商品紹介(企業とのを含む)などの動画を主に投稿し、自身のメインチャンネルとなっている。 2020年5月15日時点で登録者数が840万人、最も再生された動画はのの約1億再生である。 2012年10月以降はオープニングアニメが登場。 このオープニングは、アニメーションをABTV Network、歌を、ビートボックスをHIKAKINが担当した。 初代の映像は2019年4月30日まで使われ、2019年5月1日からオープニングアニメがリニューアルされた。 HikakinGames の実況動画。 HikakinBlog 自身のプライベートなどの気軽な動画。 ヒューマンビートボックス 誰かにヒューマンビートボックスを習った事はなく、YouTubeで見られるビートボックス動画を参考にするなどして、独学により今のスタイルが出来上がった。 特に影響を受けたビートボクサーとして国内では、海外だとを挙げている。 当初は「ビートボックス=」だと思っていたが、上京してクラブでパフォーマンスをしていくうちに日本人にも聞きやすい音源の方が受け入れやすいのではと思い、やといった、お茶の間で流れるような誰もが口ずさめる音を取り入れるようになった。 スキージャンプ 高校までスキージャンプの競技をやっており、全国で8位に入る腕前だった。 そのスキージャンプ選手時代に所属と所属の選手で合同合宿をやった際に、当時小学生だったのフォームチェックのパートナーを務めていたこともあった。 にもチャレンジしており、夕方からの部活で20km走るトレーニングを行うなど「青春のすべてをスキーに捧げていた」と語っている。 同年9月12日には、まるおと同じ日に生まれた血のつながった兄妹「もふこ」を飼い始めた。 もふこはまるおと似ているがメス猫であり、やや目が大きく、しっぽが太いなどの違いがある。 私生活 自宅の専用スタジオで、企画・撮影・編集を全て一人で行い動画を投稿している。 多忙で、飲みに行ったり食べに行ったりすることが少ない為コンビニで食事を済ませることが多く、週刊誌に撮られた際もTシャツに短パン姿のラフな格好でコンビニを訪れ、栄養ドリンクやスイーツなどを購入していた。 その一方で、ブランド品などに関心があり、大のファンで同社のトランクやバッグなどを購入している。 交友関係 同じくYouTuberのは2歳年上の実兄。 また、同じくYouTuberのは幼稚園時代からの幼馴染である。 ヒューマンビートボックス関係ではとはビートボックス仲間であり、ビートボックスで共演 したりDaichi主催のライブではゲストで参加している。 また、のとは高校生の時にビートボックスを投稿できるサイト「レッツアカペラ」で知り合い、自身の楽曲のプロデュースも手掛けている。 評価 旧知の仲であるのフロントマンであるによると、HIKAKINの性格について「こんなに裏表がない人はいない」と表現しており、一般人目線で誰にでも優しく、損得勘定なしで行動ができる人だと語っている。 初めて出会ったのは2013年の主催のパーティであり、HIKAKINが当時挙げていた目標が「企業チャンネルのチャンネル登録者数を超えたい」だったことに対し「普通、ライバル視するなら個人じゃないですか。 その相手が企業だったのが凄い」と評価した。 はHIKAKINの印象について「普通の子」と表現している。 また、「ネットで人気のある人は押し出しが強い人はあまりいなくて、学生時代もめちゃくちゃ目立っていたかといえばそうでもない、普通の人が多いんですよ。 だから、想像していた通りでした」とも語っている。 フジテレビの番組『』にゲスト出演した際、自身の悩みを「何をしていてもこれは動画にすると面白いのではないかと365日考えてしまうということ」、「年を取るにつれ感動しなくなってきた」と語っていることについて、心理学者のは「評価が他者のものしかないのはつらい」と分析。 過去の自分と今の自分を比べ、自分を基準に評価すればより楽しくより長くYouTuberとして活動可能と語る。 また、中部大学の教授である によると「1つの動画が1つの経験となり脳に蓄積されているため、HIKAKINは人の何倍も多い経験をしているのと同じことになり、他の人よりも速いスピードで老い始めている」と分析した。 著書 単著• 僕の仕事はYouTube(2013年7月19日、)• 400万人に愛される YouTuberのつくり方 (2014年10月30日、) 所属事務所UUUM代表取締役、鎌田和樹と執筆。 Hikakin - Human Beatbox Break 2011年4月27日 「FUNDAMENTAL」 HPJ-0008 11. LIFE HIKAKIN Remix 慈善活動 東日本大震災でのチャリティー活動 2011年に起きたの際にはチャリティー握手会イベントで集まった募金200万円を公益財団法人東日本大震災復興支援財団に寄付した。 九州北部豪雨での募金 2017年に起きたの際はを通して100万円を募金し、その際、動画公開前日にのプレゼント動画を公開し、視聴者を多数集めた上で募金の呼びかけを行った。 2018 FIFAワールドカップ時の清掃活動 2018年のの際は、試合後に渋谷でゴミ拾いを行い、この動画内で「マナーを守って応援しましょう」と呼びかけも行っていた。 西日本豪雨での寄付 7月に起きたの際は、100万円と自身のTポイント全額を寄付した。 コロナ医療支援募金 2020年5月21日、の感染拡大を受け、と共同で「コロナ医療支援募金 」を設立。 設立に伴って1億円を寄付したことを自身の動画で明らかにした。 動画内で募金立ち上げのきっかけがツイッターのダイレクトメッセージで受け取った医療関係者の現状への恐怖感の吐露であることを明かし、「僕はYouTuberという仕事を始めて、インターネットやSNSを通じて本当に自分の人生が大きく変わりました。 僕がここまで来ることが出来たのも、このインターネット、YouTubeを通じて本当にたくさんの人と繋がることが出来たからです。 ネットには本当に沢山の人を巻き込む力があると信じています。 今回、YouTuberの本気とネットの本気を出し切りたいです」 と思いを語った。 その後人気YouTuberのコロナ対策支援が相次ぎ 、実業家のも賛同し寄付を宣言。 サッカー選手のも 募集期間中にYouTubeに投稿した動画の収益を全額寄付することを表明した。 募金は開始3日でHIKAKIN自身が寄付した1億円を含め2億円を達成。 HIKAKINはツイッターで「立ち上げ3日で募金2億円突破!18万人の皆さん本当にありがとうございます!」と報告した。 受賞歴• 青春アカペラ甲子園全国ハモネプリーグ11『ボイパ日本一決定戦』準優勝()• カスペ! 青春アカペラ甲子園全国ハモネプリーグ12『ボイパ日本一決定戦』優勝(フジテレビ)• YouTubeチャンネル登録者数10万人突破記念銀の楯()• YouTubeチャンネル登録者数100万人突破記念金の楯(Google)• 「」 2014年• (10月) 2015年• 「DXふなごろーの触角」 2017年• 「」- と共演。 「」- と共演。 テレビCMでは声のみ。 WebCMのプロデュースも担当。 2018年• 「 ば〜じょん」• ゆる〜い 妖怪ドタバタ大戦争 - ぬりかべ役(10月)• (12月) 2019年• 「メルペイ」(8月) - と共演。 (メルペイスマート払い、12月)- 生徒役 映画• (2015年) - ファミレス店員の斉川 役• (2016年) - 玉男の手下 役• (2017年) - 本人 役 テレビアニメ• (2016年、) - ヒカ次郎 役• (2019年、) - 本人 役 吹き替え• (2018年) - バズチュー蜂、ストームトルーパー 役• (2019年) - イーグル・トイ 役 インターネットテレビ• (2017年11月3日、)• (2018年1月27日、AbemaTV) テレビドラマ• 第5話(2019年11月14日、) 関連項目• - 実兄• - 落語家。 HIKAKINの指導の下、「KIKUKIN」としてYouTuberデビュー。 脚注 [] 注釈• 上越タウンジャーナル. 2014年11月23日閲覧。 2017年12月7日閲覧。 2015年12月1日閲覧。 上越タウンジャーナル. 2017年12月7日閲覧。 2015年5月20日閲覧。 2014年10月6日閲覧。 ガジェット通信. 2017年9月28日閲覧。 2017年1月4日閲覧。 froggy. 2018年8月7日閲覧。 2018年4月6日閲覧。 2014年9月26日閲覧。 Digital Sky. 2014年10月6日閲覧。 2014年10月6日閲覧。 2011年5月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年10月6日閲覧。 上越タイムス. 2014年11月23日閲覧。 FROGGY. 2018年5月30日閲覧。 2017年12月7日閲覧。 2015年4月24日時点のよりアーカイブ。 2015年4月25日閲覧。 E-TALENTBANK. 2017年9月28日閲覧。 2015年4月25日閲覧。 2017年11月18日閲覧。 2017年12月23日閲覧。 2018年8月27日閲覧。 WWD Japan. 2015年12月10日閲覧。 2017年12月7日閲覧。 2018年8月16日閲覧。 2020年4月21日閲覧。 2018年8月15日閲覧。 Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 2019年4月17日. 2019年4月17日閲覧。 nifty ニュース. 2018年8月7日閲覧。 HikakinTV 2018-07-22 , , 2018年7月30日閲覧。 2018年10月7日閲覧。 2017年12月23日閲覧。 nifty ニュース. 2017年9月28日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年9月28日閲覧。 2018年6月28日閲覧。 TUNECORE. 2017年10月3日閲覧。 2017年10月3日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年10月3日閲覧。 2015年4月25日閲覧。 2015年4月25日閲覧。 TUNECORE. 2015年10月18日閲覧。 2018年8月15日閲覧。 2018年8月15日閲覧。 2018年8月15日閲覧。 2018年8月16日閲覧。 KAI-YOU. 2017年9月28日閲覧。 2018年6月28日閲覧。 Yahoo! ネット募金. 2020年5月21日閲覧。 日本語 , 2020年5月21日閲覧。 Yoshida, Yuya. BuzzFeed. 2020年5月21日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2020年5月27日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2020年5月27日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2020年5月27日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2020年5月27日閲覧。 財経新聞. 2014年12月8日. 2014年12月8日閲覧。 YouTuberとしては、初の「ミュージックステーション」 スーパーライブ 出演。 YouTube. 2017年8月18日閲覧。 YouTube. 2017年8月18日閲覧。 YouTube. 2017年8月18日閲覧。 電ホビ. 2017年8月18日閲覧。 2017年8月18日閲覧。 2018年3月2日閲覧。 UUUM 2018年7月12日. 2018年7月19日閲覧。 日刊スポーツ 2018年10月2日. 2018年10月7日閲覧。 楽天WOMAN 2018年8月29日. 2018年9月3日閲覧。 ORICON NEWS 2019年8月30日. 2019年9月6日閲覧。 AbemaTIMES 2019年12月3日. 2019年12月6日閲覧。 2015年5月2日閲覧。 2017年8月18日閲覧。 映画『亜人』. 2017年8月18日閲覧。 [ ]• ガジェット通信. 2017年8月18日閲覧。 まんたんウェブ 2019年3月23日. 2019年3月23日閲覧。 シネマトゥディ 2018年11月21日. 2018年11月21日閲覧。 ふきカエル大作戦!!. 2018年12月16日. 2018年12月22日閲覧。 2019年7月13日閲覧。 スポニチ 2019年11月13日. 2019年11月13日閲覧。 参考文献• HIKAKIN『僕の仕事はYouTube』、2013年。 外部リンク• - (2016年1月18日アーカイブ分)• YouTubeチャンネル• - チャンネル• - チャンネル• - チャンネル• - チャンネル• - チャンネル• hikakin -• hikakin -• hikakin -.

次の

ドクターX【2017年第5期】大門未知子のあらすじとネタバレ。最終回の結末は?

ヒカ キン ドクター x

女優の米倉涼子(44)が主演と務めるテレビ朝日ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜後9・00)の第3話が10月31日に放送され、平均視聴率が18・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが1日、分かった。 初回で、今年放送された民放連続ドラマ1位となる20・3%をマーク。 前週の第2話は19・0%とし、さらに今回は0・9ポイント下降したものの、高水準を維持している。 高視聴率を続けるドラマシリーズは今回が第6弾。 2012年に第1弾が放送され、平均視聴率19・1%を記録。 第2シリーズから第5シリーズまでは全て平均視聴率20%以上を叩き出し、決めゼリフ「私、失敗しないので」も流行した。 今シリーズは、前シリーズまでの舞台だった「東帝大学病院」が倒産寸前の危機に直面し、新たな権力闘争が激化。 第3話は、失言を繰り返し、マスコミから逃れるため大学病院に入院させてほしいとやって来た厚生労働相・梅沢(角野卓造)。 たまたま彼の口の中を見て、舌がんを発見した未知子(米倉)は手術を含め、48時間での治療を提案する…という展開だった。 同局朝の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」コンビの登場に、ネットで大盛り上がりを見せた。

次の

超特急ヒカリアン

ヒカ キン ドクター x

前作は初投稿にも関わらず予想以上の方々から好評価を頂けました!筆者にとっては励みになります。 カントー地方・ニビシティ 〜タケシside〜 いつかの夢であったポケモンドクターという夢を叶えてポケモンセンターの手伝いをしていたタケシは暫く見ていない彼奴を思って溜息をついた。 タケシはカントー・ジョウト・ホウエン・シンオウ地方をサトシと共に旅していた、ピカチュウとロケット団に次いで付き合いが長い頼れる兄貴である。 「サトシのやつ・・・元気にしてるかな・・・?」 -そう、サトシのことだ- 「そんなに気になるのなら暫くお休みを上げてもいいわよ?」 「わっわっ・・・ジョーイさん、聞いてたんですか!?・・・大丈夫ですよ。 申し訳ないですし・・・」 「いいのよ。 こっちの事は気にせずに暫く休みなさい・・・。 最近ずっと働きっぱなしでしょう?」 「・・・いいんですか?」 「勿論、いつもお手伝いでお世話になってるしね!」 「では、お言葉に甘えてお休みさせていただきます!」 「ええ。 ・・・人手が足りなくなったらポケギアで呼ばせて貰うけど・・・」 「それくらいいいですよ。 休ませて頂くんですし」 「そう、ありがとう。 ならタケシくん、今日はもうあがっていいわよ?」 「そうですか・・・ありがとうございます。 失礼します。 」 ・・・・・・・・ ・・・・ ・ 「じゃあ・・・サトシのところに行こうかな?」 カントー地方・ハナダシティ 〜カスミside〜 「どうしたの?・・・最近ショーに身がはいってないじゃない」 「お姉ちゃん・・・」 彼女はカスミ。 サトシとはカントー・ジョウト地方・オレンジ諸島を共に旅している。 「いや・・・彼奴が心配でね・・ハァ」 そう言って大きな溜息をつく。 「そうねぇ、彼は無茶をよくする子って言ってたわね・・・」 「ホントに人の気も知らないで・・・もう!」 「そうだカスミ・・・暫くジムは任せてサトシ君に会いに行ってきたら?」 -やはり彼奴とはサトシの事のようだ- 「そんな・・・お姉ちゃん達に悪いわよ・・・」 「いいのよ!今までカスミに任せっきりだったんだから・・・」 「いつものお礼よ!」 「お姉ちゃん・・・分かった、私サトシに会いに行ってみるよ!」 「じゃあ此処は任せておいてね!」 「よろしくねお姉ちゃん!」 [newpage] ホウエン地方・トウカシティ 〜ハルカ・マサトside~ トウカジムに2人の仲睦まじい姉弟がいる。 「ねえねえお姉ちゃん」 「どうしたの?マサト」 ハルカとマサト。 ホウエン地方とカントーバトルフロンティアをサトシと旅した付き合いがある。 ハルカはトップコーディネーター『舞姫』。 マサトはホウエンリーグベスト4『神童』と呼ばれていた。 「サトシどうしてるかなぁ・・・」 「サトシ・・・ねぇ・・・」 「元気にしてるかなぁ」 「大丈夫よマサト!きっと今もポケモンと馬鹿みたいに遊んでるわよ!」 「・・・そうだよね!なんたってシロガネ大会ベスト8のサトシだもんね!」 「・・・随分古いネタ引っ張ってきたわね・・・」 ハルカは乾いた笑を零した。 イッシュ地方・サンヨウシティ 〜デントside〜 「お疲れデント。 少し休憩にしよう。 」 「助かるよ兄さん。 」 この青年、デントはサンヨウジムジムリーダーでありレストランにも務めているポケモンソムリエだ。 サトシとはイッシュ地方を旅していた。 「・・・ハァー・・・」 「?どうしたデント?らしくないよ。 」 「えっ?」 「さっきから溜息ばっかり吐いてるよ?」 「なにかあったのかい?」 「いやぁ・・・サトシが心配なtasteでね・・・時々無茶していないか気になるんだ。 」 「なら行ってきなよ」 「え!?」 「サトシ君の所へ」 「でもそうするとジムや店が大変なtasteだよ!?」 「僕達ふたりを」 「甘く見てもらっちゃ困るよ!」 「大丈夫だから行ってきな」 「2人とも・・・ありがとう!必ず最高なmariageにしてみせるよ!」 イッシュ地方・竜の里 〜アイリスside〜 「ハァ・・ハァ・・みんな、少し休憩!」 「バウ!」 「エモ!」 「リュウ!」 「キバ!」 この少女はアイリス。 ドラゴンマスターを目指して修行中だ。 サトシとはイッシュ地方を共に旅していた。 「はぁ〜」 「キバ?」 「キバゴ・・・ううん、なんでもないよ」 「キババ、キバ!」 「なっ・・・あんなお子ちゃまのことなんか考えてないわよ・・・!」 アイリスはドラゴンタイプのポケモンの言葉は分かる。 キバゴに『サトシの事を考えてるの?』と図星を突かれたのだ。 「その反応だとあの少年のことを考えている・・・で合っているようだな」 「・・・え!?シャガ様!?」 「・・・行くが良い・・・」 「えっ」 「あの少年の元へ行っても良いと言っておるのだ」 「で、でも・・・」 「これは私からの命令だ!」 「わ、分かりました・・・!」 [newpage] カロス地方・ミアレシティ 〜シトロン・ユリーカside〜 「ねぇデデンネ。 」 「デネ?」 「サトシ達元気かなぁ」 「デネネェ・・・」 シトロンとユリーカ。 カロス地方をサトシと旅した仲間だ。 シトロンはミアレジムのジムリーダー。 ユリーカはカロスリーグベスト4『嬢熱』と呼ばれている。 「ユリーカ、サトシ達ならきっと元気ですよ。 」 「でもこの前会ったのっていつ?」 「・・・3年前です・・・」 「お兄ちゃん!会いに行こうよ!」 「そんな無茶言わないで下さいよ。 僕にだってジムの仕事が・・・」 「シトロンサマ、ジムノコトハオマカセクダサイ。 」 「でも家だって開けておく訳には・・・」 「話は聞いたぜ、シトロン」 「お父さん!じゃあ・・・」 「あぁ、ユリーカ行ってきていいぞ!シトロン、家は任せな!」 「いいんですか!?」 「ほらお兄ちゃん!早く行くよ!」 「ユリーカ!まだ準備してないでしょ!」 カロス地方・アサメタウン 〜セレナside〜 「サトシどうしてるかなぁ?」 「そんなに彼が気になるのかしら?」 「ヤっヤシオさん・・・ 声に出てたのね・・・ 」 彼女はセレナ。 カロス地方をサトシと共に旅をしていた。 今ではホウエン巡りも終わり、ヤシオの事務所に所属、エルを破りカロスクイーンになっていた。 「セレナ」 「なんですか?」 「これを上げるわ」 「なんですか?これ・・・」 「いいからあけてみなさい。 」 「これは・・・カントー地方行きの航空券!?どうして・・・」 「あなたのことはなんでもお見通しよ」クスッ 「じゃあ・・・」 「暫くあなたは休業!その間にエルに頑張ってもらうわ。 」 「あ、ありがとうございます!」 アローラ地方・ポケモンスクール 〜クラスメイトside〜 「アローラ〜!」 「おはようございます。 」 「みんな、アローラ。 」 「「アローラ!!」」 マオ、リーリエ、スイレン、カキ、マーマネ。 アローラ地方のポケモンスクールにサトシが通っていた頃のクラスメイトだ。 「・・・。 」 「どうしたんですか?マオ。 」 「・・・少し前ならそろそろサトシとヒカリが慌てて入ってきて『アローラ!』って言ってるなって思うと寂しいなってね。 」 「仕方ないだろ。 サトシの故郷はここじゃないんだから。 」 「でも久し振りに会いたいよね。 」 「・・・ってそろそろ言う頃だと思ったよ!」 「「「「「ククイ博士!?」」」」」 「どういうこと?」 「・・・たった今校長に許可を貰ってきた?」 「何のですか?」 「カントー地方マサラタウン行きの修学旅行だ!」 「えっ!?」 「マサラタウンって・・・サトシの故郷よね?」 「ということは・・・」 「サトシ達に久し振りに会える!」 「出発は明後日の朝7時スクール集合だ。 遅れるなよ。

次の