ドコモ 電話帳。 ドコモスマホで電話帳をバックアップする方法

ドコモ電話帳をGoogleコンタクトへ同期する方法

ドコモ 電話帳

選んだ連絡先をひとつに統一させる• スマホの連絡帳アプリを開く• 右上の「︙」メニューをタップ• 「選択」をタップしてまとめたい連絡先にチェックを入れる• 再度右上「︙」メニューをタップ• 「統合」をタップすればひとつの項目にまとめてくれます 仲のいい友人だったりすると、会ったときのテンションでおかしな名前で入力してしまったり、仕事先など気付いたら違う名前で、複数登録してしまっていることってありますよね。 選んでまとめられる機能は、連絡先の整理にとても役立つ便利な機能です。 活用してスッキリさせましょう。 間違って違う連絡先をまとめてしまった!元に戻すには? 統合したあとに「間違った!」というときは、操作をしてから30日以内であれば元に戻す方法があります。 連絡先の変更を元に戻す方法• 連絡帳アプリを開く• 「変更を元に戻す」をタップして戻したいタイミングを選択• 「確認」をタップ これで、間違った連絡先の統合や変更を元に戻すことができます。 削除にも対応できるので、覚えておくと便利そうですね。 連絡先はなぜ重複してしまう? 機種変更のときに思いっきりカブってしまうのは、Googleアカウント同期で「連絡先」は移行されるのですが、違う「電話帳」などに違うデータ移行アプリで、2重に書き込んでしまうということがよくあります。 機種によりますが、「電話帳」、「連絡先」などで複数の連絡先管理アプリが存在したり、Googleアカウントと本体端末の2ヶ所に保存されたりとややこしくなっている場合もあります。 統合すればあっという間にまとめられますので、あわてずに対処して下さいね。 連絡先は定期的にスッキリさせて、大切な電話はすぐに表示できるようにしておきましょう。

次の

ドコモ契約解除後にドコモ電話帳やドコモメールアプリはどうなったか 私の場合

ドコモ 電話帳

以前にクラウドを利用したことがあり、クラウドのサーバに連絡先が存在する場合は以下のような画面が表示されると思います。 利用するデータを選択します。 クラウドと端末のデータを両方利用 クラウドに保存されている連絡先とスマートフォンに保存されている連絡先の両方を利用する場合に選択する。 同じ連絡先があると、片方のみが利用される。 端末の連絡先データを利用 スマートフォンに保存されている連絡先のみ利用する場合に選択する。 クラウドに保存されている連絡先は削除されるので注意。 クラウドの連絡先データを利用 クラウドに保存されている連絡先のみ利用する場合に選択する。 スマートフォンに保存されている連絡先は削除されるので注意。 OKをタップします。 クラウドの利用設定は以上です。 ログイン設定 クラウドの設定とは別に、ドコモ電話帳(ブラウザ版)のログイン設定が必要です。 をタップします。 クラウドメニューをタップします。 ログイン設定 電話帳ブラウザ版等 をタップします。 「利用する」を選択します。 ドコモ電話帳(ブラウザ版)の利用設定は以上です。 ドコモ電話帳(ブラウザ版)の利用 ドコモ電話帳(ブラウザ版)を利用する準備が整いましたので、パソコンから操作してみます。 パソコンのブラウザからに接続します。 ログインをクリックして「dアカウント」でログインします。 ドコモ電話帳(ブラウザ版)が表示されました。 編集してみます。

次の

ドコモ電話帳と電話帳サービスのデータを削除(データ消去)する方法

ドコモ 電話帳

目 次• 全てのデータをワンクリックで移動する方法は「」をご覧ください。 1.連絡先データの保存先は2つある Android端末の連絡先データの保存先は2つあります。 本体・・・Android端末本体に保存される• Google連絡先・・・Googleのクラウドに保存される 保存先によってデータの移行方法が変わってきますし、両方の保存先を利用している場合は別々にデータ移行しないといけません。 そこで、 まずはデータがどちらに保存されているかを確認するところからはじめましょう! 確認はカンタン! 各連絡先の登録先欄の表示されているアイコンを見てみてください。 本体に保存されているデータであれば 【スマホのアイコン】、Googleに保存されているデータであれば 【Googleのロゴ】が表示されています。 AndroidスマートフォンはほとんどがSDカード対応機種です。 このSDカードを使えば、スマートフォンからスマートフォンへスムーズにデータを移行することができます。 基本、Androidの電話帳移行はSDカードを使って行います。 または、 Googleアカウントで移行する方法があります。 Googleアカウントに移行しておけば、なにかトラブルがあった時のバックアップにもなるのでおススメです。 キャリアや機種によって移行方法が異なりますが、基本的でカンタンなデータ移行方法をご紹介します。 2.本体に保存されたデータの移行方法 先ずは、本体に保存されたデータの移行方法からご紹介します。 この場合は、手動での移行作業が必要となります。 SDカードに連絡先データを保存して、新しい端末に移行する方法がメジャーです。 スマホの連絡先 連絡帳アプリ から 「メニュー」ボタンを押します。 「SDカードに保存」または 「SDカードにエクスポート」を選択すると、SDカードに連絡先が保存されます。 購入したAndroidスマホにSDカードを差し込みます。 Androidスマホの連絡先を選択し、 「メニュー」ボタンを選択します。 「SDカードからコピー」または 「インポート」を選択すると連絡先の移行が完了します。 3.Googleに保存されたデータの移行方法 Androidスマホは「Googleアカウント」で管理されているため、新しいスマホで今まで使っていたアカウントを利用すれば、連絡先やメールなどのデータをカンタンに移行することができます。 端末のアプリ一覧画面から 「設定」を開き、 「アカウント」欄のGoogleアカウントをタップします。 Googleアカウント一覧から目的のアカウントをタップします。 Googleアカウントの同期設定画面が表示されるので、ここで 「連絡先を同期」にチェックが入っていることを確認してください。 Androidの初期設定では、Googleアカウントを設定すると同時に 「Google連絡先」が同期されるようになっています。 なので、新しい端末にGoogleアカウントを設定するだけでデータの移行が完了します。 同期した連絡先データは端末内にも保存されるため、オフラインでも利用できるので安心してください。 4.iPhoneからAndroidへ無料&簡単に移行できる方法 スマホOSの世界シェアNO. 1のAndroid。 アプリも豊富でカスタマイズの幅も広い等の理由で移行される方も多くいらっしゃいます。 初めてAndroidを手にする人にでもカンタンにデータの移行ができる方法がありますのでご紹介いたします! まず、Gmailのアカウントをお持ちでしょうか? お持ちの場合はGmailアカウントを利用してデータ移行がカンタンにできます!• まずお使いでしたiPhoneの操作から始めます。 お持ちのGoogleアカウントを選択してください。 以上の操作を行うことで、 iPhone上のGoogleアカウントの登録情報とクラウド上のGoogleアカウントの登録情報が同期されます。 次にAndroidの方で操作していきます。 あたらしいAndroidにGoogleアカウントを登録します。 iPhoneで使っていたGoogleアカウントのメールアドレスを入力し 「次へ」を選択し、パスワードを入力したら、また 「次へ」を選択します。 利用規約とプライバシーポリシーを読んだら 「同意する」を選択して 「次へ」を選択します。 これで、GoogleアカウントはAndroidに登録されました!• 以上の操作で、同期つまりデータ移行が完了しました。 アプリを使って移行する 出展: Googleアカウントをお持ちではない場合は、無料の「」というアプリをインストールしてデータ移行をします。 こちらの場合もiPhoneの操作から行います。 パスワードを設定し、 「データ取り出しスタート」を選択します。 取り出し終わると、QRコードが表示されますので、Androidで読み込みます。 Eメールで転送するかスクリーンショットで保存しておくといいでしょう。 続いて、Androidでの操作です。 読み取りが終わったら、設定したパスワードを入力し、 「このパスワードで実行」を選択してから 「データ取り込みスタート」を選択したら完了です! まとめ スマートフォンからスマートフォンのデータ移行のテクニックのご紹介でしたが、基本的にはGoogleアカウントを使えば簡単に移行することができます。 また、最近ではアプリやDropbox等のクラウドサービスを利用している方も多くいらっしゃいます。 ここまで目を通していただきありがとうございます。 ここまで読んではみたもののやっぱり不安…!という方もいらっしゃいますよね! 大丈夫です。 そういう方は当サイトでは、 データ移行の代行サービスをご用意しております。 ちょうどソフトバンクへ乗り換えを検討されていた方ならGOODタイミング!是非一度お問合せください。 さらに、 も行っております!!! 【機種変更関連記事】•

次の