ポインセチア 切り 戻し。 ポインセチアの育て方|水やりや葉を赤くする方法、枯れる原因は?

ポインセチアの育て方!切り戻し剪定の時期と短日処理の方法

ポインセチア 切り 戻し

肥料 季節・日常の手入れ ポイント 冬越しできた株の切り戻し 花を一通り楽しんだ後、株の冬越しに成功したら、4月の中頃(下葉が落ちて鑑賞価値がなくなったら、1~3月でも可)に下から2~3節を残して切り戻しをおこないます。 そうすることで、新芽が元気に伸びてきて、バランスのよい草姿になります。 そのまま切り戻しをせずに放っておくと上の方の枝から芽が出てきてバランスの悪いものになります。 キレイに色づかせる短日処理 ポインセチアは短日植物のため、日の当たる時間が12時間以下にならないと花が咲かない性質を持っています。 そこで、9月以降は光の当たる時間を調節してやることが重要な作業になります。 夜の人工照明は禁物です。 9月下旬から40日間は、毎日欠かさず17時~朝8時まで、段ボールなどをかぶせていっさいの光を遮るようにします。 (この作業を 「短日処理」といいます)。 そのかわり、日中は良く日に当てること。 ここでは目安として40日間と書きましたが、面倒でなければ葉の色が完全に色づくまでやった方が確実です。 この作業をしなくても、葉は色づきますが、売られているように立派なものは期待できません。 短日処理は根気のいる作業ですが葉がきれいに色づいて成功したときは非常にうれしいです。 逆に言うと根気があれば失敗は少ない作業ですので、余力があれば挑戦してみましょう。 日当たり・置き場所 日当たりが悪いと下葉がすべて落ちてしまいます。 短日処理をする時期、時間以外は良く日光に当てるようにしましょう。 10月下旬から3月いっぱいまでは室内で管理します。 この際、短日処理(上記参照)を忘れないようにしましょう。 また、日中は窓際の良く日のあたる場所に置いてあげましょう。 水やり・肥料 生育期間中(4月~10月)は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにしましょう。 冬は生育もにぶりますので、土の表面が乾いて3日~5日くらい間を空けて、控えめな水やりを心がけましょう。 冬は室内で管理することになりますので、暖房が直接あたる所などに置かないようにしないと、一日で枯れてしまいます。 4月~10月まで月に1回、化成肥料を置き肥します。 (量は肥料の袋などに書いてあるのを目安に普通程度)。 開花後は液体肥料を月に3回ほど与えます。 基本的に2月~3月は生育がほとんど止まってしまうので肥料を与える必要はありません。 用土 赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜた土を使用します。 鉢花を育てる上で、もっとも基本となる配合の仕方です。 植え替え・植え付け 4月の中旬頃に、株が生育をはじめた頃が植え替えの適期です。 古い土を半分くらい落としてから、新しい土で一回り大きな鉢に植え替えます。 ふやし方 さし木でふやすのが一般的です。 適期は6月頃で、新芽を7cmくらいの長さに切り取り、上の葉っぱを2から4枚残して、下の葉っぱはすべて取り除きます。 切り口から乳白色の樹液がでてきます、これを付けたままにしておくと発根しにくいので、きれいに洗い流してから、ピートモスを入れた鉢などに挿します。 1ヶ月くらいで根がでてくるので、4号鉢か5号鉢(直径12cmから15cmの鉢)に植え替えてそのまま育てます。 8月頃に一度切り戻しをおこない、ワキ芽を生長させるようにしましょう。 かかりやすい病害虫 オンシツコナジラミ カイガラムシ まとめ 寒さには弱い 普通に育てていては葉が色づきにくい(短日処理が必要) 乾燥させると葉っぱが全部落ちてしまうので、暖房には注意 関連するページ ・ ・ ヤサシイエンゲイ 京都けえ園芸企画舎 すくーでりあY・A・E 2010 お問い合わせ.

次の

ポインセチアの育て方。コツとお手入れ、植え替えや寄せ植えを一挙紹介します

ポインセチア 切り 戻し

ポインセチアの特徴 葉(苞)が赤く色づくので、クリスマスの鉢花として人気の高い植物です。 日が短くなると葉が赤く色づく性質があるため、9月になったら夕方5時~翌朝の8時ごろまで箱や黒布などで覆いをすると、12月ごろから赤い葉が楽しめます。 ポインセチアの植えつけ 冬は日のあたる室内で管理 苗は10月以降出回るので、5号鉢に1株を目安に植えつけます。 赤玉土の小粒6、腐葉土3、バーミキュライト1の割合の用土を使用します。 冬のあいだは日あたりのよい室内で管理し、5月になったら屋外に出して日光に十分あてます。 ポインセチアの植え替え 3~4月が適期 3~4月に、株の3分の1を残して切り戻します。 その後、ひとまわり大きめの鉢に植え替えて化成肥料を施します。 ポインセチアの切り戻し 夏にも切り戻しを行う 夏にも切り戻しをします。 春に切り戻した箇所より2~3センチ上を切ります。 ポインセチアの挿し木 切り戻した枝を利用する 春や夏に切り戻しをしたときの枝を利用して、挿し木で増やすことができます。 新芽10センチほどをバーミキュライトに挿します。 ポインセチアの水やり 表面の土が乾いてから 水をやりすぎると根腐れすることがあるので、表面の土が乾いてから水やりをします。 ポインセチアの肥料 開花中は月2回液肥を施す 1年を通して、月1回化成肥料を、開花中は月に2回液肥を施します。 葉に黒いすすのようなものができた場合 オンシツコナジラミが引き起こしたすす病だと考えられます。 アクテリックを散布して防除します。

次の

ポインセチアの育て方。コツとお手入れ、植え替えや寄せ植えを一挙紹介します

ポインセチア 切り 戻し

ポインセチア・育て方・花図鑑02 ポインセチア 学名 科名 属名 原産地 開花期 Euphorbia pulcherrima トウダイグサ科 ユーフォルビア属 メキシコ西部 短日条件下で開花 私達が花と呼んでいる部分は苞(ほう)と言う葉が変化したものです。 こちらの携帯サイトでも育て方を見る事が出来ます。 萼の外側に存在する普通葉とは形態の異なる葉を苞といいます。 萼は必ず1つの花を包みますが、苞は複数の花をまとめて、包むものもあるとの事です。 由来と歴史 すっかりクリスマスのシンボルのように扱われているポインセチアですが、その歴史はおおよそ次のような経緯だったようです。 昔々、メキシコにアズテク族というインディアンが住んでおりまして、かれらは生活の中でこの植物を上手に利用していました。 苞からは赤紫色の色素をとり、切った時に出る白い樹液からは解熱作用のある調剤が作られ、熱を下げるために使われました。 現在のタスコ(Taxco)付近の地域を起源地とするポインセチアはインデイアンにCuetlaxochitlと呼ばれて、その花は輝くような色から『純粋牲のシンボル』とされていました。 17世紀に入りフランシスコ修道会の僧たちがタスコ付近に住みつきました。 ポインセチアはその色と咲く時期から、『赤はピュアなキリストの血』『緑は農作物の生長』を表していると、聖Pesebreのお祭り、誕生祭の行列に使われるようになりました。 1825年(1828年の説も)、メキシコ駐在のアメリカ大使JoelRobertPoinSett氏(1779-1851 は、優れた植物学者でもあったためアメリカ合衆国の氏の自宅の温室や植物園、氏の園芸仲間などへポインセチアが配られました。 現在の「ポインセチア」はポインセット氏の名前からちなんだ物と思われます。 1906年頃からドイツ系の育種家アルパート・エッケ氏がハリウッドヘ移り住み、最初は市場向けに切り花として生産を始めました。 1919年、原因は分りませんがアルパート・エッケ氏と長男のハンスが亡くなった後、次男のポール・エッケ氏が家業を引継ぎ、1923年、オーク・リーフという、実生から育成された品種ができたことによってポインセチア栽培の新しい時代が始まりました。 この品種は1923年から1960年代の初めにかけて選抜や枝変わりによって育成され、商業用のポインセチアとして多く利用されました。 その後エッケ氏以外にもポインセチアの育種や生産をする人は増え、1950年代中期には様々な大学や研究機関で品種改良に関する研究が始められました。 置き場所 日光を好む植物なので、日当たりのよい窓辺などにおいてください。 それでも厳寒期は窓辺の温度は下がりやすく植物を傷めますので、夜間は部屋の中程の、暖房が直接当たらない場所へ置いてください。 冬には葉を落とす事もありますが、枝が緑色をしていれば心配はいりません。 5月頃、新芽が伸び始めたらじょじょに外の環境に慣らし始め、盛夏を除いては十分に日光に当てるようにした方が丈夫に育ちますが、その年に延びた新しい枝は強風などで折れやすいため、強い風が通り抜けるところは避け、鉢がひっくり返らないようにする工夫や、植え替えのときに重い陶器鉢を使う等すると安心です。 肥料 春に芽が動き出したら緩効性肥料や液体肥料を定期的に与えます。 冬期、開花している状態の株は根の成長が止まっていますので必要ありません。 植え替えてから2週間くらいの間も控えましょう。 栽培経験の長い方におすすめは、春から夏の成長期には窒素分をやや多く含んだ、(市販では観葉植物用)肥料を。 秋から花色が見えてきてからは燐酸:加里の多めの、(鉢花用)肥料を与えると効果的です。 色が付いてしまってからの肥料はじょじょに少なく、薄くしていきます。 水やり 基本的には土の表面が乾き始め葉が少しだけ垂れはじめたら、鉢底から水がしみだす位たっぷりと与えてください。 夏は乾かしすぎないように注意をして、冬は湿らし過ぎないように注意をすると上手くいきます。 冬の水やりは夜間に鉢の中の水分が凍らないよう、土が十分乾いてから天気の良い日の午前中にたっぷりと与えるようにしてください。 (受け皿には季節を問わず水をためないでください) 植え替え 植え替えは先ほどの生育適温から5月中旬〜7月中旬頃が安全です。 市販の培養土で結構ですから、根鉢をくずさないように、また「深植え」はせず古い土の高さとほぼ同じになるように植えてください。 せん定 弱い枝を間引く場合は5月中旬〜8月中旬まで可能です。 切り戻しは葉が無い場合、昨年伸びた枝を低めに切り戻し、葉があれば3〜5枚程度残し遅くとも7月中旬までに済ませます。 注)ポインセチアの多くの品種が、夏が暑すぎると「わき芽」が出なくなる 「芽とび」と言われる症状が出るものがあります。 関東より南の地域や猛暑が続いている年などは、剪定後出来るだけ涼しい所で管理する事をお勧めいたします。 繁殖 せん定の際に、刈り込んだ枝を「挿し木」することで増やす事ができます。 挿し穂はその年に伸びた枝の天頂部の芽が付いた「天芽」 の方が良く、出来れば節の下で切って5cmくらいの長さで挿すところに付いている葉を取りのぞき水につけます。 挿し穂から白い液が出ますがこれは発根する妨げになりますので、水の中で出なくなるまでつけておきます。 肥料分をあまり含まない土(鹿沼土・赤玉土・パーライト・バーミキュライト・ピートモス等)で発根剤を付けて挿します。 いずれも小粒のものがあれば挿し木には そのほうが適しています。 オアシスと呼ばれるフラワーアレンジメントにも使われる生け花用資材を用いる方法もありますが、その際はオアシスの「きめ」の細かい、空気の層(気相)の少ない物を使用します。 挿した穂は葉を乾かさないよう直射日光や風の当たらないところに置き、頻繁に霧吹きもします。 Point 毎年楽しむには ポインセチアは短日性の植物で、1日のうちで夜のように暗い状態が13時間以上になると開花します。 開花にかかる日数は60〜70日で品種によって違いますが、この事を知らずに夜間明るい室内に置いてしまっていると、いつまでたっても「咲かない」ポインセチアになってしまいます。 そして、クリスマスの代表的なお花ですが、自宅で楽しむには気温が下がる前に赤くして楽しむのがコツです。 9月上中旬、夕方5時頃から朝7時までダンボール等で覆います。 途中1〜2日覆うのを忘れたとしても大丈夫です。 暗い状態を毎日作る事は大変ですが、開花した時の感動もひとしおでしょう。 害虫について 近年増え始めた「オンシツコナジラミ」の仲間は葉の裏側に付く白い小さな虫です。 大量に発生するとすす病の原因にもなりますので当園では早期発見に努め殺虫剤や繁殖力の低下資材を用いて細心の注意をはらっております。 ポインセチアに限らず発見したらすみやかに園芸用の殺虫剤等で駆除してください、どうしても農薬は使いたくないけれど虫は苦手という方にお勧めは「掃除機で吸う」という方法もあります。 この方法は園芸愛好家の方に聞いた方法ですが、傷めないように気をつける事と、定期的にする事が必要ですが、大量に発生するのは抑える事が出来ます。 大変問い合わせの多い内容なので補足します 「コナジラミ類の薬剤駆除について」 必ずしも手に入るとはかぎりませんが、市販されている物で有効かと思われる物を調べてみました。 このほかにもコナジラミ類と表示がされていれば有効です。 ベストガード水和剤(粒剤) アクテリック乳剤 モスピラン液剤(粒剤) アドマイヤー乳剤(粒剤) ブルースカイAL 乳剤、液剤タイプの殺虫剤を散布して成虫を退治しながら、なにか粒剤を併用していくと激減します。 その際は散布薬と置き薬は別の種類を使用します。 退治する手順 コナジラミ類は温度のあるときで28日周期で卵、幼虫、繭、成虫に変ります。 いずれも低温には弱く関東より北では 屋外では冬越しできません。 成虫は卵を生むために柔らかい新葉の裏にいて卵を産み、幼虫はあまり移動せず柔らかい葉の裏で吸って繭になります。 したがって繭になるほどに古い葉に多くいることになります。 これらのことから、 1. まず袋をそ〜っとかぶせ飛び散らないようにして屋外に持ち出します。 袋をはずし植物をゆすって成虫を外へ飛ばしてしまいます。 取ってしまってもよさそうな古い葉で、裏に転々と大量に付いている葉をいくらか取り除きます。 これで、随分薬品を使う手間がはぶけます。 卵と繭には効き目が薄いため、まずは週に1回を2〜3回続けて葉の裏側を重点的に散布し、以後2週間おきに2回ほど散布します。 あせらずに気長に。 化学農薬を使いたくないという方は。 必ずしも手に入るとはかぎりませんが、市販されている物で有効かと思われる物を調べてみました NEW碧露 苦参(クジン)、苦楝皮(クレンヒ)、百部草(タマビャクブ)、艾蒿(ガイコウ)、青蒿(セイコウ)など多種の野生植物の有効成分を抽出し配合したもの。 苦参(クララ)の根から抽出した苦参素が主成分で、これを害虫に散布しますと、 害虫の皮膚から吸収され害虫の神経に作用します。 漢方由来の成分ですが、無毒ではありませんので、取り扱いは説明書に従ってください。 園芸用でんぷんスプレー・粘着くん等 デンプンの粘着性を利用し、害虫の体表面を覆うことで窒息させて退治する。 当然ですが、葉や花の表面に散布すると後が残ります。 栽培品種一覧 ポインセチアは一見どれも同じ様に見えますが、良く見ると毎年のように新しい品種が作り出され、花の「色」 「形」「耐寒性」「耐暑性」など様々な改良がなされていて、近年では大変バリエーション豊かになってきています。 それらの殆どが海外から苗として輸入されてくるパテント品種ですが、種苗会社も数社ある事によって育種による種苗会社の市場間競争があり、ポインセチアと園芸業界の活性化にもつながっています。 また、品種は年々変わっており今は栽培していない品種もそのまま掲載しておりますので御了承ください。 これらの名称を参考にしたり、本内容を引用する事について当園は一切の制約はいたしておりませんが、種苗会社の権利を侵害する事のないよう、引用にあたっては全て個人の責任においてご使用ください。 ついては、引用・参考するにあたってなんらかの不利益等が発生した場合も当園は一切の責任をお受けいたしませんのでご了承ください。 あくまで、名古屋近郊の当園で数年栽培した後の結果ですのでご了承下さい。 斑入り葉系 苞や葉に斑が入る観賞価値の高いもの マーブルスター 淡桃色に黄色かかった縁取り がある。 晩生種。 斑入り系では比較的茎がしっ かりした品種 ホワイトジングル 斑入り品種の中には、樹勢が弱く育てにくい点が見られますが、この品種はその点育てやすくかえって伸びすぎないよう注意が必要な位。 斑入りもはっきりとして美しい優良品種。 ココマーブル マーブルスターよりさらに茎が堅く枝折れしにくい。 ピンクの斑と淡黄色がかった縁取りのバランスが良い。 やや矮性 アバンギャルド 2003年発表の新品種。 斑のコントラストがはっきりして、刻みの入る苞が特徴。 すでに販売されているウィンターローズの特徴をそのまま受け継いだ斑入り品種で分枝性は悪い。 極晩生種。 ジェスターマーブル 2005年用に発表された最新品種。 すでに販売されているジェスターの特徴をそのまま受け継いだ斑入り品種。 プリメーロジングル NEW! 2006年用に試作用に一部販売された最新品種。 丈夫で作りやすいプリメーロの系統から出た品種と思われますが、確かに分枝が良く、斑入り種の中では早生性です。 茎もしっかりしていて、仕立て方を替える事も出来そうな今後に期待の品種。 ジョーカー 斑のコントラストがはっきりして綺麗ですが、2004年現在では、日本への導入が早かった為、まだ斑入りの色や混ざり具合が安定していません。 極晩生種で、かなり矮性です。 ジェスターレッド 苞はきざみがありやや立ち気味な事で有名です。 苞はやや遮光を強くして作ると立ちやすいのですが、夏の高温に負けず分枝性がよいのであえて必要以上に陰にしなくてもよい。 枝折れに注意。 プレステージ ブライトレッド 濃い緑色の葉と深い赤の苞が今流行のダークリーフ系で注目の品種。 分枝性良く、茎が太く折れにくい。 やや大振りで幅広の苞のため、中・大鉢向き。 開花前の伸び上がりも少ない。 ツイスターレッド すでに有名な「ウィンターローズ」に似ていますが、これは他の種苗会社より出された品種。 極晩生種ですが、分枝性がよく苞が丸まっているのが特徴。 樹勢弱めで葉色が薄いのが難点ですが、特徴を生かし可愛い仕立てを考えるのは楽しそうです。 苞は少しだけきざみがあり、小型〜中型種で作りやすい品種ですが、植え替えで根をいためやすいので、植え替え後の管理は慎重に。 生育が悪くなるようなら、水は乾いたら与え、肥料をあまり早く与えない方が良い。 ノビア 苞はきざみがあり、深みのある赤。 やや小型種で、分枝性が大変よく作りやすいけれど、高さを必要とする仕立ては不向き。 開花してから花首が不規則に伸びる所を注意すれば、作りやすい品種。 湿気による灰色カビ病に若干注意。 ウィンターローズ アーリーレッド 2005年用に発表された最新品種。 すでに販売されているウィンターローズよりやや分枝は良くなったとの事だが、他よりはやはり分枝性は悪い。 花型・花色はより明るく整っている。 プリメーロレッド NEW! 明紅色で早生種。 株元からも枝吹きが良く、茎は柔軟性があり枝折れも少ない強健種。 色々な仕立てに対応できるオールマイティな品種。 開花の揃いが良く、早い。 わい化剤の効きも良く、株が自然に形良くまとまる。 葉の色も濃く株全体がしっかりしてるので、中〜大鉢作り、スタンド作りに向く品種。 すでに販売されているカルーセルの特徴をそのまま受け継いだピンク花の優良品種。 シナモンスター 2005年用に発表された最新品種。 最初はクリームイエローで、開花が進むと淡いピンクが浮かび上がります。 どうしてもやや大株になりやすいので、5号鉢以上がおすすめ。 ピカソ 2005年用に発表された最新品種。 白い苞が徐々にカクテルピンクに染まっていく時のグラデーションが大変繊細で美しい。 エンデュアリング ホワイト 2005年用の新品種。 苞は少しだけきざみがあり、小型〜中型種で作りやすい品種ですが、植え替えで根をいためやすいので、植え替え後の管理は慎重に。 生育が悪くなるようなら、水は乾いたら与え、肥料をあまり早く与えない方が良い。 苞は少しだけきざみがあり、小型〜中型種で作りやすい品種ですが、植え替えで根をいためやすいので、植え替え後の管理は慎重に。 生育が悪くなるようなら、水は乾いたら与え、肥料をあまり早く与えない方が良い。 ダヴィンチ 有名画家の名を冠したこの品種はサーモンピンクの苞に薄いピンクが浮かぶまさに、印象派的な色合いの品種。 気温が低くなって来てから出荷される物が特に発色が綺麗。 耐暑性に難あり。 マレーン NEW! 明濃桃色の大輪で、生育旺盛な中生種。 2006年は大鉢作りにしてみましたら作りやすかった印象が。 4号鉢でも出来そうですが、樹勢がシナモンスターに似ていて、これだけ大鉢で綺麗な苞の品種をあえてわい化剤で作るのは? プレミアムピンク NEW! プレミアム系の淡紫桃色。 ピンクが決して鮮やかではありませんが、園芸店の方々の意見を聞くと、左のマレーンより好まれる色です。 生育も調節しやすく色んな作り分けがきく品種。 中晩生種。

次の