哲学哲学ニュース。 哲学書&思想書がブーム! 思想家のイケメン度にも注目の3冊

哲学ニュースnwk : トースター速報

哲学哲学ニュース

富裕層に限らず、高所得者や仕事ができると言われる人の多くは、自分なりの人生哲学を持っているものです。 人生哲学から導き出される「意見」がある人は、自然とビジネス上で評価される存在になります。 評価される人間は習慣的に意見や主張を持つニュースや新聞で社会の動向を知るのは必須のことであり、知らないのは社会人としては問題であると一般的には思われています。 しかし大切なのは、情報を押さえると同時に、そうした出来事や事象について自分の意見や主張を持つ習慣があるかどうかです。 凡人は、「へえ、そういうことが起きたんだ」と知るだけで終わります。 あるいは、テレビのコメンテーターやニュースキャスターの意見に同調し、「けしからん」「おかしい」「その通りだ」と感情的に迎合しがちです。 だからこそ、たとえばドローンや3Dプリンタを使った悪質な事件が起こればネガティブに受け止め、ビジネスチャンスという発想には思考が及びません。 自分の意見を持とうとしないから、たとえば消費税の増税は皆と一緒に反対するものの、所得控除の廃止(実質増税)は反対する人が少ないから反応できない。 職場や取引先で何かが話題になったときも、「それ、知ってる!」では、聴く側にしか立てないでしょう。 本の著者やブロガーを見ればわかるとおり、自分なりの主義主張を持つことが価値であり差別化であり、それが個性としてビジネス社会で評価される要素のひとつでもあります。 英語バカではビジネスで評価されないところで、人材紹介ビジネスでの用語に「英語バカ」という言葉があります。 これは、英語ができるけれども中身は空っぽという意味で、実は外資系企業にこういう人は少なくないそうです。 特に海外のビジネスパーソンと仕事の話をすれば、必ずといっていいほど「で、お前はどう思う?」と意見を求められます。 その際に、他人の受け売りや当たり障りのないコメントしか言えないと、「お前の意見を聞いてるんだ!」と叱られるか「つまらないやつ」と評価されることがあります。 いくら話せる語学力を持っていても、肝心の話す中身を持っていなければ意味がないということです。 哲学で思考法を学ぶこれを避けるには、もちろん日ごろから様々な情報やニュースに対し、自分なりの考えを持とうとする姿勢が必要なのは言うまでもありません。 しかし、その考えが個性として光を放つものにするには、意見や主張を持つための基盤であり自分自身が寄って立つ根拠、つまり人生哲学を持つことです。 なぜ哲学が必要かというと、ものごとを「自分の感情や価値観から見て、良いか悪いか」などという、単純な評価で終わらせないためです。 社会の出来事や事象のほとんどは多面的であり、立場や時代背景などによって見え方は変わります。 それを自分の勝手な価値観で善悪を判断するのは、逆に考えが浅い人に映ってしまうのです。 前述したような、たとえば3Dプリンタで拳銃を作った人が逮捕されたという事件を知っただけで「3Dプリンタは危険」と決めつけるのではなく、「そういう側面もあるけれども、医療や製造業ではメリットがある」という反対方向からの考察をするとか。 ドローンも、盗撮などの犯罪に悪用される側面がある一方で、調査や災害支援といった利点もあるでしょう。 そういった様々な側面を踏まえたうえで、「だから自分はこう思う」という意見が述べられれば、説得力や納得性を持った主張展開となります。 哲学から答えのない問いに向き合う富裕層に限らず、高所得者や仕事ができると言われる人の多くは、自分なりの人生哲学を持っているものです(だからといって自分の考えの押し付けではありません)。 そんな人生哲学を持つには、学問としての哲学を学ぶという方法が挙げられます。 哲学では、しばしば白黒を判断できない命題があげられ、それをどう考えるべきか、さまざまな思索が求められるからです。 たとえば、「トロッコ問題」という有名な思考実験があります。 「疾走しているトロッコの先で、5人の男が線路に縛りつけられていて、このままでは全員ひき殺される。 あなたの目の前には巨漢の男がいて、この男を線路に突き落とせば、その男が防波堤となってトロッコは止まり、5人を助けられる。 しかし巨漢の男は死ぬ(あなたは細身で小柄なので、線路に飛び降りてもトロッコは止められない)。 さあ、あなたはどちらを選ぶか」 という命題で、もちろん正解はありません。 個々人が持つ哲学が論拠となるからです。 哲学から導き出される意見は収入につながる正解がないのは、社会のほとんどの事象も同じで、それらに対しどういう結論が考えられるのか、それを導くロジックとしてどんなものがあるか、その論拠は何であるかを、哲学は考えさせようとします。 最近は哲学をやさしく解説した本も多く、楽しんで考えることができます。 もし哲学にあまり興味が持てなければ、たとえば偉人の伝記や自伝など、個人の生き方(人生哲学)が反映された本を読むという方法もあるでしょう。 そうやって自分自身の哲学があれば、そこから導かれる意見は、本人の個性を反映するオリジナルの主張となります。 それで、もし「キミの意見はユニークだね」という評価が得られれば、あなたの意見はそれ自体でビジネス上の価値を持っていることを意味します。 だからこそ、普通のサラリーマンであってもブロガーやユーチューバー、あるいは副業作家などとしてお金を稼ぐこともできるのです。 自分の哲学に基づく意見を持ち、それを発信することは、収入にもつながるということです。 出典:「年収1億の勉強法 年収300万の勉強法」(学研プラス).

次の

哲学ニュースnwk : トースター速報

哲学哲学ニュース

しかし大切なのは、情報を押さえると同時に、そうした出来事や事象について自分の意見や主張を持つ習慣があるかどうかです。 凡人は、「へえ、そういうことが起きたんだ」と知るだけで終わります。 あるいは、テレビのコメンテーターやニュースキャスターの意見に同調し、「けしからん」「おかしい」「その通りだ」と感情的に迎合しがちです。 だからこそ、たとえばドローンや3Dプリンタを使った悪質な事件が起こればネガティブに受け止め、ビジネスチャンスという発想には思考が及びません。 自分の意見を持とうとしないから、たとえば消費税の増税は皆と一緒に反対するものの、所得控除の廃止(実質増税)は反対する人が少ないから反応できない。 職場や取引先で何かが話題になったときも、「それ、知ってる!」では、聴く側にしか立てないでしょう。 本の著者やブロガーを見ればわかるとおり、自分なりの主義主張を持つことが価値であり差別化であり、それが個性としてビジネス社会で評価される要素のひとつでもあります。 これは、英語ができるけれども中身は空っぽという意味で、実は外資系企業にこういう人は少なくないそうです。 特に海外のビジネスパーソンと仕事の話をすれば、必ずといっていいほど「で、お前はどう思う?」と意見を求められます。 その際に、他人の受け売りや当たり障りのないコメントしか言えないと、「お前の意見を聞いてるんだ!」と叱られるか「つまらないやつ」と評価されることがあります。 いくら話せる語学力を持っていても、肝心の話す中身を持っていなければ意味がないということです。 しかし、その考えが個性として光を放つものにするには、意見や主張を持つための基盤であり自分自身が寄って立つ根拠、つまり人生哲学を持つことです。 なぜ哲学が必要かというと、ものごとを「自分の感情や価値観から見て、良いか悪いか」などという、単純な評価で終わらせないためです。 社会の出来事や事象のほとんどは多面的であり、立場や時代背景などによって見え方は変わります。 それを自分の勝手な価値観で善悪を判断するのは、逆に考えが浅い人に映ってしまうのです。 前述したような、たとえば3Dプリンタで拳銃を作った人が逮捕されたという事件を知っただけで「3Dプリンタは危険」と決めつけるのではなく、「そういう側面もあるけれども、医療や製造業ではメリットがある」という反対方向からの考察をするとか。 ドローンも、盗撮などの犯罪に悪用される側面がある一方で、調査や災害支援といった利点もあるでしょう。 そういった様々な側面を踏まえたうえで、「だから自分はこう思う」という意見が述べられれば、説得力や納得性を持った主張展開となります。 そんな人生哲学を持つには、学問としての哲学を学ぶという方法が挙げられます。 哲学では、しばしば白黒を判断できない命題があげられ、それをどう考えるべきか、さまざまな思索が求められるからです。 たとえば、「トロッコ問題」という有名な思考実験があります。 「疾走しているトロッコの先で、5人の男が線路に縛りつけられていて、このままでは全員ひき殺される。 あなたの目の前には巨漢の男がいて、この男を線路に突き落とせば、その男が防波堤となってトロッコは止まり、5人を助けられる。 しかし巨漢の男は死ぬ(あなたは細身で小柄なので、線路に飛び降りてもトロッコは止められない)。 さあ、あなたはどちらを選ぶか」 という命題で、もちろん正解はありません。 個々人が持つ哲学が論拠となるからです。 最近は哲学をやさしく解説した本も多く、楽しんで考えることができます。 もし哲学にあまり興味が持てなければ、たとえば偉人の伝記や自伝など、個人の生き方(人生哲学)が反映された本を読むという方法もあるでしょう。 そうやって自分自身の哲学があれば、そこから導かれる意見は、本人の個性を反映するオリジナルの主張となります。 それで、もし「キミの意見はユニークだね」という評価が得られれば、あなたの意見はそれ自体でビジネス上の価値を持っていることを意味します。 だからこそ、普通のサラリーマンであってもブロガーやユーチューバー、あるいは副業作家などとしてお金を稼ぐこともできるのです。 自分の哲学に基づく意見を持ち、それを発信することは、収入にもつながるということです。 出典:「年収1億の勉強法 年収300万の勉強法」(学研プラス) 午堂 登紀雄(マネーガイド)•

次の

松山英樹が結婚の発表を伏せていた理由とは?素顔を見せない松山の“哲学”【Pick Up 米国男子ツアー十大ニュース】(No.79992)

哲学哲学ニュース

しかし大切なのは、情報を押さえると同時に、そうした出来事や事象について自分の意見や主張を持つ習慣があるかどうかです。 凡人は、「へえ、そういうことが起きたんだ」と知るだけで終わります。 あるいは、テレビのコメンテーターやニュースキャスターの意見に同調し、「けしからん」「おかしい」「その通りだ」と感情的に迎合しがちです。 だからこそ、たとえばドローンや3Dプリンタを使った悪質な事件が起こればネガティブに受け止め、ビジネスチャンスという発想には思考が及びません。 自分の意見を持とうとしないから、たとえば消費税の増税は皆と一緒に反対するものの、所得控除の廃止(実質増税)は反対する人が少ないから反応できない。 職場や取引先で何かが話題になったときも、「それ、知ってる!」では、聴く側にしか立てないでしょう。 本の著者やブロガーを見ればわかるとおり、自分なりの主義主張を持つことが価値であり差別化であり、それが個性としてビジネス社会で評価される要素のひとつでもあります。 これは、英語ができるけれども中身は空っぽという意味で、実は外資系企業にこういう人は少なくないそうです。 特に海外のビジネスパーソンと仕事の話をすれば、必ずといっていいほど「で、お前はどう思う?」と意見を求められます。 その際に、他人の受け売りや当たり障りのないコメントしか言えないと、「お前の意見を聞いてるんだ!」と叱られるか「つまらないやつ」と評価されることがあります。 いくら話せる語学力を持っていても、肝心の話す中身を持っていなければ意味がないということです。 しかし、その考えが個性として光を放つものにするには、意見や主張を持つための基盤であり自分自身が寄って立つ根拠、つまり人生哲学を持つことです。 なぜ哲学が必要かというと、ものごとを「自分の感情や価値観から見て、良いか悪いか」などという、単純な評価で終わらせないためです。 社会の出来事や事象のほとんどは多面的であり、立場や時代背景などによって見え方は変わります。 それを自分の勝手な価値観で善悪を判断するのは、逆に考えが浅い人に映ってしまうのです。 前述したような、たとえば3Dプリンタで拳銃を作った人が逮捕されたという事件を知っただけで「3Dプリンタは危険」と決めつけるのではなく、「そういう側面もあるけれども、医療や製造業ではメリットがある」という反対方向からの考察をするとか。 ドローンも、盗撮などの犯罪に悪用される側面がある一方で、調査や災害支援といった利点もあるでしょう。 そういった様々な側面を踏まえたうえで、「だから自分はこう思う」という意見が述べられれば、説得力や納得性を持った主張展開となります。 そんな人生哲学を持つには、学問としての哲学を学ぶという方法が挙げられます。 哲学では、しばしば白黒を判断できない命題があげられ、それをどう考えるべきか、さまざまな思索が求められるからです。 たとえば、「トロッコ問題」という有名な思考実験があります。 「疾走しているトロッコの先で、5人の男が線路に縛りつけられていて、このままでは全員ひき殺される。 あなたの目の前には巨漢の男がいて、この男を線路に突き落とせば、その男が防波堤となってトロッコは止まり、5人を助けられる。 しかし巨漢の男は死ぬ(あなたは細身で小柄なので、線路に飛び降りてもトロッコは止められない)。 さあ、あなたはどちらを選ぶか」 という命題で、もちろん正解はありません。 個々人が持つ哲学が論拠となるからです。 最近は哲学をやさしく解説した本も多く、楽しんで考えることができます。 もし哲学にあまり興味が持てなければ、たとえば偉人の伝記や自伝など、個人の生き方(人生哲学)が反映された本を読むという方法もあるでしょう。 そうやって自分自身の哲学があれば、そこから導かれる意見は、本人の個性を反映するオリジナルの主張となります。 それで、もし「キミの意見はユニークだね」という評価が得られれば、あなたの意見はそれ自体でビジネス上の価値を持っていることを意味します。 だからこそ、普通のサラリーマンであってもブロガーやユーチューバー、あるいは副業作家などとしてお金を稼ぐこともできるのです。 自分の哲学に基づく意見を持ち、それを発信することは、収入にもつながるということです。 出典:「年収1億の勉強法 年収300万の勉強法」(学研プラス) 午堂 登紀雄(マネーガイド)•

次の