ポッサム 動物。 ポッサムとオポッサムはどんな動物?違いは!?日本でもペットにできる?

ポッサムとオポッサムはどんな動物?違いは!?日本でもペットにできる?

ポッサム 動物

分布 [ ] アメリカ合衆国西部には元々分布せず人為的に移入されたが、その後分布域を北上し現在はカナダ南西部にまで分布している。 、南部、、北部、、、、 形態 [ ] 35-55cm。 尾長25-55cm。 1-2. 5kg。 オポッサム科最大種。 尾には体毛がなく、物に巻きつけることができる。 頭部の毛は白い。 耳介は大型で、体毛がない。 乳頭の数は13。 分類 [ ]• Didelphis virginiana virginiana Kerr, 1792• Didelphis virginiana californica ,• Didelphis virginiana pigra ,• Didelphis virginiana yucatanensis , 生態 [ ] や、農耕地、市街地といった様々な環境に生息する。 主に地表棲だが、木登りも上手く樹上でも活動する。 で、昼間は木の洞や岩の下、地面に掘った穴の中などで休む。 オスは唾液を物につけて、自分の存在を主張する。 外敵に襲われると体を丸め舌を出し臭い匂いを発する行動を行う。 食性はで、、、、、やその卵、小型哺乳類、動物の死骸、などを食べる。 繁殖形態はで、1回に10頭以上の幼獣を産み1回に56頭の産んだ記録もある。 しかし乳頭の数が足りないため、多くの幼獣は乳が飲めず命を落とす。 そのため母親が育てる幼獣の数は1-15頭(約7頭)である。 幼獣は生後70日ほどは育児嚢の中で過ごす。 幼獣が大きくなると親は胴体や尾に乗せて移動する。 人間との関係 [ ] 毛皮や食用目的で狩猟されることもある。 しかし市街地などでも見かけられるなど人間の生活空間に入りこみ適応している。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 参考文献 [ ]• 『原色ワイド図鑑3 動物』、、、10、194頁。 今泉吉典監修 D. マクドナルド編 『動物大百科6 有袋類ほか』、、、104-111、172頁。 『小学館の図鑑NEO 動物』、、、24頁。 外部リンク [ ]• , Emmons, L. , Helgen, K. , Reid, F. , Lew, D. , Patterson, B. , Delgado, C. 2008. In: IUCN 2008. 2008 IUCN Red List of Threatened Species. この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

オーストラリアの動物 - オーストラリア政府観光局

ポッサム 動物

平均寿命 5~7年くらい 標準体重 30~60g前後 標準体長 230mm~290mm前後 特徴 オーストラリア・ニューギニア島・スラウェシ島に生息する樹上動物です。 ポッサムとは有袋類カンガルー目クスクス亜目の複数の科にまたがっていて、厳密な定義なく30種類もの動物にポッサムと呼ばれる名前がついています。 ピグミーポッサムはフクロヤマネとも呼ばれ、クスクス亜目ブーラミス科でポッサムの中では最も体の小さいグループです。 ピグミーポッサムは夜行性で日中は木の洞などに作った巣の中でかくれています。 また、ヤマネのように気温が低くなると冬眠する習性を持っています。 飼育用具• ケージ樹上性の動物なので高さのあるケージで飼育します。 リス用の金網のケージや爬虫類用の水槽ケージなどが良いでしょう。 金網の場合、網の間から逃げ出してしまうこともあるので注意が必要です。 また、扉や隙間などから逃げることが得意な動物なので扉にはしっかりとロックをしましょう。 えさ入れ、水飲みハムスターやウサギ用の陶器でできた物やステンレス製の食器がいいでしょう。 水飲みはドリンクボトルで与えましょう。 毎日新鮮なものを用意してください。 床材、シェルター昼間は木の洞などに隠れる習性があるのでリス用の巣箱などのシェルターを用意して、高い位置に設置してください。 床材は木材のチップや牧草などを4㎝ほどの厚さに敷いてください。 主食自然界では果実・種・昆虫などさまざまなものを食べています。 ハムスター・リス用のミックスフード・リンゴ、バナナなどの果物を主食にして、動物性のタンパク質であるドッグフード・フェレットフードなどを朝夕一日二回に分けて与えてください。 与えすぎに注意しましょう。 病気の種類• 皮膚糸状菌症:脱毛・かゆみ・フケがでる・皮膚が炎症を起こす• 自咬症:ストレスなどにより自分自身の手足を噛んでしまう• 共通感染症と予防方法 人と動物の共通感染症として腎症候性出血熱・レプトスピラ症・真菌症・エルニシア症・野兎病・ペストなどがあります。 予防方法としてはケージや他の飼育用具をこまめに掃除しましょう。 また、定期的にケージや飼育用具の水洗いと日光消毒を行いましょう。 ピグミーポッサムとの過度の接触は避け、遊んだあとは手洗いを必ず行いましょう。

次の

オーストラリアはコアラではなくポッサムの天下だった

ポッサム 動物

Possum おそらく日本で【 Possum(ポッサム)】と聞いて頭に浮かぶのは、ポッサムの毛を使用したふわふわの手袋やセーターなどではないでしょうか? ポッサムの毛は内部が空洞になっているため熱を保つことに優れており、非常に暖かいことで知られています。 しかし、毛皮製品としては大変高価。 そのため【 ポッサムメリノ】といって、ポッサムの毛はメリノウールとの 混紡毛がほとんどです。 ですが、ニュージーランド産のメリノウールも快適で温かい素材ですから、ポッサムメリノの組み合わせは軽くて丈夫で保温性に優れており、冬の寒さの中でも暖かく包みこんでくれます。 そんなニュージーランドのお土産品として人気のポッサムなのですが、意外なことにニュージーランドでは 害獣なのです。 ニュージーランドのPossum(ポッサム) 【 ポッサム Possum 】とは有袋類双前歯目クスクス亜目の小型の動物なのですが、6科にわたりポッサムと呼ばれる種がおり、あわせて約30種ほどいます。 ニュージーランドでポッサムと呼ばれるのは【 Common Brushtail Possum(コモン ブラッシュテイル ポッサム)】のこと。 大型の猫ぐらいのサイズで、灰色から暗褐色の毛、ピンクの鼻に茶色の突き出た目。 ずんぐりとした体に短い前足で、木に登るための長い爪を持っています。 そして、物にしがみつくためのモコモコとした長い尻尾が特徴的。 ポッサムは夜行性で、日中は主に木のくぼみや地面の巣穴などに隠れて寝ています。 日没後約30分で巣穴から出てきて活動。 ほとんどの時間を木で過ごし、全体の時間の10〜15%しか地上にはいません。 主な繁殖期は秋ですが、秋と春の2回のこともあり、わずか17〜18日間の妊娠後に1匹もしくは稀に2匹を出産。 まだ目が開かない赤ちゃんポッサムは、カンガルーのようにお腹の袋の中で過ごします。 約70~120日間をお腹の袋の中で過ごし、その後5~9か月後には自立。 ポッサムは巣穴と餌がある所ならどこでも生息可能ですが、牧草地、ブナ林、ポドカープ林、亜高山地帯に生息することで知られています。 多いところで、1ヘクタールあたり25匹にも達することが。 現在、ポッサムはニュージーランド全土(タラナキ山やルアペフ山などの高地を除く)に渡り生息していますが、害獣として駆除対象になってから沖合のいくつかの島では既に根絶。 2016年7月に、ニュージーランド政府は2050年までに 国内の害獣とされる外来哺乳種をすべて根絶するといった政策を発表しており、ポッサムもその対象となっています。 Possum(ポッサム)の歴史 今ではニュージーランド全国どこにでもいるポッサムですが、ポッサムは 外来種でニュージーランド固有の動物ではありません。 1837年 毛皮貿易を確立するために、初期のヨーロッパ人入植者達によってポッサムはオーストラリアからニュージーランドに持ち込まれました。 最初のポッサムは繁殖に失敗しましたが、その後80年をかけて30回にわたり約200頭をニュージーランド約460か所にて解放。 繁殖は成功し1858年サウスランドで最初の個体群が確認されます。 しかし、その後ポッサムは思わぬ増殖を繰り返し、1921年に政府はポッサムの持ち込みを禁止しました。 1946年には、ポッサムをニュージーランドの害獣として公式に宣言。 1950年頃になると、ニュージーランド全土の半分以上でポッサムが確認され、更に範囲は広がり続けました。 1960年代、ノースランドにはほとんどいなかったポッサムもその30年後の1990年代には1,000万~1,500万匹のポッサムが住んでいたとされています。 ポッサムの数が頂点をむかえたのは1980年代で、なんとその数 5,000万~7,000万匹! その頃、ポッサムスキンは良い値で取引され1981年には 320万個のポッサムスキンが輸出されました。 1990年代以降、自然保護を目的としたポッサムの捕獲、毒殺、射撃により個体数は減少しましたが、それでもニュージーランドには現在も約 3,000万匹のポッサムがいるといわれています。 Possum(ポッサム)が害獣として駆除される理由 つぶらな瞳でかわいいポッサム。 中にはペットとして飼っている人もいるほど愛らしい容姿なのですが、恐るべきはその食欲。 森林への被害 ポッサムは木の花やつぼみ、柔らかい新芽、木の葉を食べつくし、木の皮を剥ぎ2~3年で森を枯らしてしまいます。 開花と結実をできないとで種の形成が出来なくなり、木も枯らしてしまうため、森林の再生能力が低下。 ポッサムは特にニュージーランド固有の木であるラタ、タワ、コヘコヘ、カマヒ、タタラなど、背の高い木を好んで食べるため固有種の衰退が懸念されています。 今のところニュージーランドではポッサムの被害によって絶滅した種はありませんが、一部の地域では、ポッサムの好む植物種の姿が消えており、被害は深刻なようです。 ウェストランドのラタカマヒ南部の森林では、ラタカマヒの森の75%が深刻なポッサムの被害を受け、高木の多かった森林は低木の開いた森林へと姿を変えました。 林冠(りんかん)と呼ばれる太陽光の当たる高木の枝葉が茂る部分が減ったことで、そこに住む昆虫や林床の落葉に生息する生物の減少し、今度はその昆虫たちを食料源とするニュージーランド固有の鳥や爬虫類にも大きな影響がもたらされました。 まさにポッサムによってもたらされる 負のスパイラル。 ニュージーランド全土のポッサムによって失われる緑は1日で数十トンにも及ぶといわれています。 在来動物への被害 ポッサムの食欲による被害は森林だけではありません。 雑食であるポッサムは在来種の鳥が食料源とする花の蜜や果物や昆虫、カタツムリも食べてしまいます。 なんと1匹で60以上のカタツムリを食べることができるというのだから驚きです。 しかし、繁殖期に鳥達の食料が減少するということは、在来種の鳥達の繁殖成功率が低下することにつながります。 さらにポッサムは鳥たちの住処である巣穴を横取りする上に、絶滅危惧種であるキウィやコカコを含むニュージーランド固有の鳥達の卵やひな、時には成鳥さえも襲って食べてしまうのです。 年間2500万羽の鳥が餌食になっており、特にニュージーランド固有の鳥達(特に飛べない鳥)が絶滅又は数の減少に瀕しています。 また鳥だけなくニュージーランド固有のコウモリも襲われる対象となっています。 家畜である牛や鹿の群れに病気を広め肉輸出産業を脅かくだけでなく、ポッサムは牧草地を食べ荒らし農場生産の低下を引き起こします。 これには園芸農作物なども含まれており、ポッサムによる農家への被害は、毎年約 3,500万ドル以上。 そのため、ニュージーランド政府は、ポッサム制御に年間1 億1,000万ドル以上を費やしています。 Possum(ポッサム)の現状 ニュージーランドでは自然環境に対する最大の脅威の1つといわれ、深刻な害虫動物となっているポッサム。 オーストラリアでは現在保護動物となっているのに皮肉な話です。 ニュージーランドとオーストラリアのポッサムの運命をわけてしまったのは、ニュージーランド特有の環境に他なりません。 オーストラリアのポッサムは通常ユーカリの森のように開かれた森で生息します。 そのため食料となる木の栄養価の低く、巣穴も不足がち。 それに比べてニュージーランドには栄養価のある高木が多く、緑豊かな原生林は巣穴に適した洞穴も多く不自由することがありません。 そして何よりニュージーランドにはポッサムの天敵となる動物(熊や蛇)が存在しないこと。 繁殖の条件がこれ以上ないくらい揃っているのですから、増殖した理由もうなずけます。 現在害獣として駆除の対象になり数を減らしつつあるものの、それでも現在ニュージーランドには約3,000万匹のポッサムがいるといわれています。 数字ではなかなかピンとこないかもしれませんが、これはニュージーランドの羊の数(約2,700万頭)をはるかに超える数が生息しているということです。 これだけ数がいるポッサムですが、夜行性なため日中に姿を見ることはほとんどありません。 しかし、夜になるとオークランドでも中心部から少し離れた場所であればポッサムの鳴き声が聞こえてきます。 民家の庭に出没することも珍しくなく、ガレージや物置などを巣にしてしまうことも。 これだけ増殖してしまうと郊外の道路で車に惹かれていることも多く、無残な姿を目にすることも少なくありません。 生殖ワクチンや毒薬、罠やポッサムハンターによるハンティングなど、様々な方法で駆除され続けるポッサム。 【Possyum】美味しいポッサムの意。 駆除されたポッサムは毛皮やペットフードの材料として取引されています。 ポッサムの肉はオメガ3および6の不飽和脂肪酸が豊富で、非常に栄養価が高い赤身。 特にドッグフードとして人気があり、犬の健康な皮膚と毛に光沢のある艶を作ります。 ポッサムの肉は人間も食べることが可能なのですが、羊に似た野性味あふれる肉のため食肉しての需要は少ないようです。 自然生態系に影響を与えるほど、増殖してしまったポッサム 害獣として駆除されるのは仕方のないことなのかもしれませんが、見た目も愛らしいだけに根絶となると国民の中でも賛否両論。 地域保護や森林再生など色々な取り組みがされていますが、現状況に多くの森林生態学者はニュージーランドの原生林の将来について悲観的だとみており、自然観光産業が盛んなニュージーランドが外来種根絶に踏み切ったのは苦肉の策なのかもしれません。

次の