流れ星 の 正体。 流星群の正体は何?流れ星との違いを分かりやすく解説

BUMP OF CHICKEN 流れ星の正体

流れ星 の 正体

まず、流星群と流れ星の違いをお話しましょう。 次に、流れ星とは何か、流星群とは何なのか順を追って説明しています。 流星群と流れ星の違い 流星群と流れ星の違いは何なのでしょうか。 解説書を読んでも分かりにくいです。 結論から言うと、流星群と流れ星の正体は同じです。 流れ星は1個のことで、流星群は流れ星の群れです。 短時間に出現する、一群の流星のことをいいます。 流れ星と流星は同じ? ここで、流れ星と流星は同じなのって思いますよね。 流れ星と流星は同じです。 「流星」というのは専門用語です。 流れ星(ながれぼし)、流星(りゅうせい)と呼び方が違いますが、私たちには流星よりも流れ星の方が親しみやすく、身近に感じられますね。 専門的には流星と統一されて呼ばれていますが、日常では流れ星と読んで、私たちの生活に溶け込んでいるのでしょう。 流星群、流れ星、流星は英語で 流星群は英語で「 Meteor shower」 流れ星は英語で「shooting star」 流星は英語で「 meteor」 「shower」の主な意味は、にわか雨、急に降りだした雪、雨、シャワーなど。 「shooting」 の主な意味は、撃つ、発射する、放つ など。 「star」 の主な意味は星ですね。 この英語からも、流星群、流れ星、流星の意味を想像できますね。 次に、流れ星とは何なのか、流星との違いも解説していきます 流星群の正体とは何 流星群とは、天球上のある一点 放射点 から放射状に広がるように出現する、流星の一群のことをいいます。 流星群に属する流星を「群流星」、流星群に属さない流星は「散在流星」と呼ばれます。 散在流星とは放射点がなく、さまざまな方向で観測される群の無い流星の事です。 流星群に属する流星は、星空のある一点から放射状に飛び出すように見え、流星が飛び出す中心となる点を「放射点」と呼びます。 流星群は3つある 流星群には、毎年同じ時期に出現する定常群と、 数年~数十年おきに活発に出現する周期群、突然活動する突発群があります。 しし座流星群は、毎年11月17、18日頃をピーク(極大日)に数日間、流星が出現しますが、33年を周期として流星出現数が大きく増減する特徴があります。

次の

流れ星の正体 解説

流れ星 の 正体

さん bumpofchickenofficial がシェアした投稿 — 2019年 4月月11日午前2時04分PDT 2019年4月11日。 なんとBUMP OF CHICKENの 公式Instagramで藤原さんの 弾き語りが公開されました! しかも藤原さんの誕生日の前日に。 なんて素敵な事でしょう。 特別な日の前日に、私たちリスナーは逆にプレゼントを貰っちゃいましたね。 どんなメッセージが 込められているのでしょうか。 本題の楽曲考察に移ります。 楽曲名「流れ星の正体」の意味 大切なのは 「流れ星」というのが 何を対比しているのかということ。 下記に述べていく歌詞考察を 踏まえた上で答えさせていただくと 藤原基央の音と私たちリスナー。 のことではないでしょうか。 本楽曲が作られたのが2017年で、コラムを聞いていた人に向けて作られたということですから、その聴き手と聴き手に伝わっていく想いを流れ星と例えて歌っている訳です。 流れ星の正体を知っている。 つまり 君のことを分かっている。 といったところでしょうか。 歌詞を深追いすることで、うっすらと見えてきます。 歌詞 誰かの胸の 夜の空に 伝えたい気持ちが生まれたら 生まれた証の 尾を引いて 伝えたい誰かの 空へ向かう いつも迷路 終わらないパレード 止まったら 溺れる ゴールなんて わからないままで いつまで どこまで 時間と距離を 飛び越えて 君の手から ここまで来た 紙に書かれた 文字の言葉は 音を立てないで 響く声 そうやって呼んでくれただろう 見上げれば ちゃんと聴こえたよ 僕の上にも届いたように 君の空まで 届いてほしい せめて君に見えるくらいには 輝いてほしい 流れ星の正体を 僕らは知っている 足元をよく見て 階段一つずつ どれくらいざわついていてもひとり 肩を擦るよに 避けながら 世界に何億人いようともひとり 今日は何もない 一日と 言えばそこまでの 毎日 増え続けて 溢れそうな 唄の欠片たちが 早く会いたがって 騒ぐんだ 変わらないで 変われなくてずっと それでも続いてる ゴールなんて 決められないだけで なんなら 今でも 君が未来に零す涙が 地球に吸い込まれて消える前に ひとりにせずに 掬えるように 旅立った唄 間に合うように 命の数と同じ量の一秒 君はどこにいる 聴こえるかい 君の空まで 全ての力で 旅立った唄に 気付いて欲しい どんな事も こんな熱も 街に紛れる 流れ星の正体を 僕らは知ってる 作詞作曲:藤原基央 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 誰かの胸の 夜の空に 伝えたい気持ちが生まれたら 生まれた証の 尾を引いて 伝えたい誰かの 空へ向かう 作詞作曲:藤原基央 これは藤原さん視点。 コラムを通して、リスナーの胸に想いを届けようとしている。 夜の空というのは、 リスナーの寂しい心 を比喩しているのではないでしょうか。 伝えたい誰かの空へ向かう という表現から、自分の文字を流れ星に例えていることが推測されます。 いつも迷路 終わらないパレード 止まったら 溺れる ゴールなんて わからないままで いつまで どこまで 作詞作曲:藤原基央 いつも迷路 終わらないパレード で比喩されるのは 社会の人混み といったところでしょうか。 パレードというのは、 行列を組んで練り歩くこと。 後ろからどんどん人が押し寄せてくるから 止まったら 溺れる とある。 少なくとも誰もが感じているであろう社会の規律やプレッシャーが表現されているのです。 サビ1 時間と距離を 飛び越えて 君の手から ここまで来た 紙に書かれた 文字の言葉は 音を立てないで 響く声 そうやって呼んでくれただろう 見上げれば ちゃんと聴こえたよ 作詞作曲:藤原基央 時間と距離を飛び越えることができる伝達手段は、携帯やラジオなどたくさんありますが、 紙に書かれた文字とあるように、ここではコラムのことを言っているのでしょう。 聴こえたのは、リスナーの声。 見上げたという表現から リスナーの声を流れ星 に例えてることが推測される。 僕の上にも届いたように 君の空まで 届いてほしい せめて君に見えるくらいには 輝いてほしい 流れ星の正体を 僕らは知っている 作詞作曲:藤原基央 リスナーの声が星になって届いたように 自分が発するものも、 流れ星になって届いてほしい。 最低限、リスナーに届けるくらい光を放って。 そんな想いが込められているのではないでしょうか。 自分が伝えたいことと リスナーが伝えてくれること。 それらを流れ星に例えているから 「僕」ではなく 「僕ら」とある。

次の

【流れ星の仕組み】なぜ光るの?色は?大きさは?尾はなに?《物理学大学生が教える》|ウィリスの宇宙交信記

流れ星 の 正体

流れ星(流星)の正体は? 流れ星は流星とも言います。 流星は、ちょうど夜空の星と同じ程度の明るい物体が突然現れ、すばやく一直線に移動して消滅する現象です。 一見すると、星が流れたように見えますが、夜空に輝く一般の星と流星は全く別の物です。 夜空の星は恒星といい、太陽のように自ら光り輝く天体です。 太陽を何光年もの彼方に移動させると、恒星のように光って見えます。 流星のほとんどは宇宙に漂う数mmから数cmくらいの大きさの塵の粒が、地球の大気圏とぶつかって光り輝くため、距離的にはとても近い現象です。 発光する高度は100km前後です。 塵の粒の重さは、正確には分かっていませんが、地球を取り巻く宇宙空間から塵の粒を採取したところ、塵の多くは、砂や石のような硬いものではなく、綿のようなふわふわとした構造であることが分かっています。 このことから、通常の流れ星の重さは0. 1gから重くても1g以内ではないかと推定されています。 塵の粒はどこから来るの? 流星のもとになっている塵の粒を 流星物質と呼びますが、 流星物質は 彗星や小惑星から放出されたものです。 彗星は、夜空に尾を引くことから、ほうき星ともいわれ、細長い楕円の軌道を描きながら、太陽の周りを長い年月をかけて回わっています。 彗星の核の部分は、汚れた雪だるまといわれ、大量の氷やドライアイス、塵などが混じった状態になっています。 太陽の熱により、核から氷やドライアイスなどが揮発して吹き出す時に、塵も吹き出します。 太陽に近づくにつれて、吹き出す量は増加していきます。 一方、小惑星はその名が示すように、小さな惑星で、大きさは普通の惑星などに比べると小さいですが、惑星と同様、太陽の周りを回る天体です。 小惑星から流星物質が放出されるのは、何かが小惑星に衝突したときです。 天体同士の衝突はそれほど頻繁に起きませんが、小惑星は非常に数が多いので、小さな天体と衝突することがあり、その際に破片が飛び散り、流星物質となるのです。 このような彗星や小惑星から放出した塵の粒がどのようなタイミングで地球に飛び込んでくるのかを予測することは難しく、いつ流星を見られるのかは分かりません。 では、字宙の塵である流星物質がなぜ発光するのでしょうか? スポンサーリンク 流れ星の発光の原理、仕組み 彗星や小惑星から放出された流星物質は、大気圏に秒速数十kmという猛スピードで突入します。 大気圏に突入した流星物質は壊れ、次々と大気中にある気体分子に衝突し、それらを蹴散らします。 この時に流星物質も大気も、衝突のエネルギーにより、気体分子が電子が引きはがされて、励起状態と呼ばれるエネルギーの高い状態になり、 プラズマ状態になります。 プラズマ状態は不安定な状態なので、すぐに周囲の原子、分子と反応して安定的なエネルギーの低い基底状態に戻ります。 励起状態から基底状態へ戻る際にそのエネルギーの差が光となって放出されます。 この時、流星物質に含まれていた原子だけでなく、大気中の原子も発光します。 最終的に、このように流星物質は地表に到達することなく途中で燃え尽きます。 プラズマとは? プラズマは固体、液体、気体に続く物質の第4の状態です。 私たちの身の回りのものは、この3つの状態にあるのがほとんどです。 しかし、さらにエネルギーを加えると電子は原子の束縛を振り切り、自由に動き回ることができ、プラスの電荷をもったイオンとマイナスの電荷をもった電子に別れてしまいます。 これが物質の第4の状態でプラズマと呼ばれています。 オーロラ、雷などの自然現象はプラズマの例です。 また、蛍光灯は、ガラス管の両端に設置された電極に電圧を加えることにより、グロー放電を起こさせ、水銀をプラズマ状態とし、紫外線が発光することを利用しています。 まとめ 流れ星(流星)の正体は彗星や小惑星から放出された塵の粒(流星物質)です。 流星物質が、猛烈な速度で地球の大気圏に突入し、その時のエネルギーにより、分子や原子の中の電子がエネルギーの高い励起状態になり、一時的にプラズマ状態になります。 プラズマ状態は不安定なため、安定なエネルギーの低い基底状態に変化します。 このエネルギー差により、流星物質や大気の原子が発光します。 これが流れ星(流星)が発光する原理、仕組みです。

次の